立花レッドファルコンズ。 ハイキュー 397話 ネタバレ 感想 第4セット 6年越しの再戦 白馬の今

ハイキューのVリーグとは何ですか?プロチームが参加する試合...

立花レッドファルコンズ

ハイキュー!! 【第397話】のネタバレ それぞれの強さを見せつけるものの、 BJの勝利で終了した第3セット。 そして 第4セットが開始されたが、ここまでのプレーで、ずっと 「スタートからトップギア」だった試合展開が、 まさかのもう一段階上に上がったような気がしていた。 しかし、こんなに盛り上がりを見せていても、 祭りは必ず終わる。 それが あと1セットなのか、2セットのなのか、それはまだ、誰にもわからないのだった。 しかし 今自分はちゃんとコートの中にいて、自分は「決着」をつけるための「つづき」をしているようにも感じられる。 そんななか、 放たれた宮侑のサーブ。 それは 星海光来にレシーブされ、 ロメロの強烈なスパイクでBJコートに打ち込まれたが、 明暗と日向のブロックにワンタッチし、なんとかその後もつながっていった。 そしてその後のBJの攻撃は、 同時多発位置差 シンクロ 攻撃。 宮のトスに合わせて、 あらゆる方向から駆け出してきて混乱させつつ、 アドラーズコートに打ち込んだのだ。 しかしそれは、 アドラーズリベロ・平和島に見事レシーブされ、 そこからアドラーズも、なんと同じく 同時多発位置差 シンクロ 攻撃 をしかけてくる。 ただ アドラーズの「最後の打ち込み」は牛島で、 あまりに強力すぎるスパイクが飛んできたため、 宮は反応していたものの、ボールが吹っ飛んでしまい、 ここまで続いたラリーはアドラーズの得点につながったのだった。 牛島と明暗の攻防の先 その後、 サーブは影山。 それは ラインギリギリの、かなり速さを持ったものだったが、 結果はアウトでBJの得点に。 そして得点は、 BJ 10-9 AD。 次のサーブは木兎で、 人の間を狙ったかなりいいコースだったものの、 見事ADはレシーブを成功させ、 またも レフトにいた牛島 までつながり始めていた。 しかし、今度の牛島のスパイクに関しては、 日向とともに飛んでいた明暗がブロックに成功し、ボールは 再びADコートに戻っていく。 ただ そこで終わらないAD・星海は、 大声で影山と、ボールを呼び始めた。 それを見ていた宮は、 嫌な顔をしつつも、 自分もきっと「そう」するだろうと思う。 そして 宮の同意を得つつ、影山と星海がしたプレーとは、 今の ブロックの逆サイド・バックライトにいた星海に対して、 影山がトスするものだった。 こうなってしまうと、 当然BJ側はブロックが追い付かない。 「小さな巨人」に慣れない星海 しかし星海の予想を裏切り、 手を伸ばしてブロックしてきたのは、 日向翔陽。 先ほどまで逆サイドにいたはずなのに、日向は 駆け込んできて見事、ブロックを揃えて星海を止めたのだ。 それを見た星海は、 思わず歯噛みしながら、悔しそうに思う。 「小さくて見えなかった」と。 というのも、確かにもともと、 バレーは基本「見上げている」競技であり、 限られた視界で他者の動きを把握しなければならないスポーツだ。 当然、 光来はこのことを理解していて、この能力に優れている。 しかし、 「小さい光来」だけは、自分とは戦えないため、 「小さな相手」に一番慣れていないのだ。 だからこそずっと、 星海は日向を「倒して」みたいと思っていた。 ただ その願いは6年越しになってしまい、それを画面越しに見ていた、 現在立花レッドファルコンズのMB・白馬芽生は、少し笑ってしまう。 日向と牛島の勝負の行方 するとこの日向の様子を 観客席から見ていた武田と鳥養は、ふと、 「ビーチの2人体制」を経てきたからこその、このコート上での「執着」だろうと察していた。 そこでさらに、 鳥養は 日向が、「ビーチへの転向」を口にした時のことを思い出す。 そして日向が、 「ビーチでつけてきた能力」のことを、思っていた。 確かに、 今のような「位置取りの技術」や「駆け引き」も、確かに学んできただろう。 でも 日向が学んできたのは、 学びたかったのは、 それだけではないのだ。 そして それを証明するように、 日向は AD側にボールが渡り、影山がトスするのを見ながら 思い出す。 それは、 白鳥沢との試合中、牛島のボールを、 反応していたのにレシーブできずに吹っ飛ばされ、力の差をまざまざと見せつけられたときのことだ。 そして影山がトスしたボールは、 日向の思い出と重なるように牛島に渡る。 【第397話】最新話ネタバレ考察 前回の396話にて、ついに 第3セットがブラックジャッカルの勝利で終結。 ただここで、 ロメロの「圧」などちょこちょこ、 「プロからの選手」にも影響が出てきて、 さらなる盛り上がりが見えそうですね。 でもその反面、 「祭りの終わり」が見えてきて、 最終回が近いのかなとも思わせる展開。 ということで、 今回も個人的なものですが、 ここからの展開を予想していきたいと思います。 ここからの試合展開予想 (第4セットの活躍は?オリバーバーンズ登場は?) さて、今回はまずは 試合展開の予想からいきたいと思います。 ここまでは、 ブラックジャッカルが既に2セットを先取しており、 「王者」と呼ばれているアドラーズが、 現在追いかける形になっていますね。 しかも予想とは違い、 デュースにもならずに第4セットに突入! さらには アドラーズの勝利にも流れず、ブラックジャッカルに勢いがついたままの勝敗となりました。 ただここからの展開として、 個人的にはやっぱりフルセットに持ち込んでほしい! なので、 第4セットは アドラーズに頑張ってほしいですね。 ただ、ここまでの流れとして、 かなりアドラーズは実力を出している感じがあり、 ここから逆転して勝利をとなると、 なにか隠し玉がないと…という感じがあります。 となると、誰かの さらなる成長や、 限界を超えたプレーなどを見せてきたりするのかもしれませんし、それかもしかしたら、 誰かしら 選手が交代したりということも、あるのかもしれません。 もしかしたら、そこで 意外な選手や登場人物が出てくることもあるんでしょうか。 そこで個人的な一番注目は、ずっと言ってる BJ側のオリバーバーンズですが、 今まさに波に乗っているブラックジャッカルが、第4セットに選手交代をするのかどうか…は難しいかもしれないなあ…。 まあでも、もし 本当に第4セットがアドラーズに取られてしまった場合は、勢い的にも体力的な部分でも、 日向が最終セットで少々交代することはあり得るかもしれませんね。 そこで少し温存してからの、 最後に実力を爆発させる展開がありえるのかも。 ただでももし、予想とは違いここで アドラーズ側が「変わらないまま」で、隠し玉もなく現状維持だとしたら、 ブラックジャッカルは「疲労で調子が落ちる」とか、そういうことはなさそうなメンバーなので、 アドラーズの勝利は難しくなるかもしれません。 粘りはするでしょうが、もしかしたら このままストレートでBJが勝利することも、 あり得るのかも、ですね。 ここからの展開予想 (最終回はどこで?さらなる掘り下げはくるか) そしてここからは、 試合以外の展開の予想。 というか、とにかく気になるのは、 あとどれくらいで最終回を迎えるか、というところですよね。 だって前回の396話の最後… 完全に最終回直前のノリではなかったですか…? 最初は オリンピックに標準を合わせているのかな~なんて言ってましたが、 現実社会もこんな展開 笑 になってしまいましたし、本当にこれは、 この試合が終わったらハイキュー!!も終わるのではということですよね…。 でもそうなってくると、徐々に物語は 主人公・日向翔陽中心の展開にまた戻ってくるのかもしれませんね。 そして、 日向とライバルである影山飛雄に関しても、少しずつ 「他の強い奴」から「日向」に対しての印象を語る場面に、戻ってくるのかもしれません。 と同時に、 個人的な予想ではありますが、最終回が近づくにつれ、 少しずつ「妖怪世代」全体がまとまりを見せるのでは…?とも思い始めています。 具体的に言うと、 敵に対して「悔しい」と同時に「賞賛」があがり、さらには「一緒にプレーすることを意識」するような考えを持つ…的な。 まあ要は、 「日本代表として全員で戦う」ことを意識し始めるのではってことですね。 ただこれは願望なので、どう転ぶのかわかりませんが 笑。 でもその一方で、 ちょっとまだ終わってほしくない気持ちもあり、となると、前回予想した「 プロ編から登場した人物の掘り下げ」が入ってきてほしいなあとも思っています。 そしてちょっと期待したいのは、 プロ編からの登場人物に、これまでまだ進路発覚していない人物が関わっていること。 それで、 新たな人物の進路発覚があったら、ちょっとおもしろいかなあと思っています。 誰かの進路発覚は? (青葉城西?音駒?天童の進路発覚はいつ?) そして、これを今回もまだふれておきます 笑。 前回 完全に試合展開が熱すぎて 、誰の進路も新たにはふれられませんでしたが、次回は誰かの発覚が来るのでしょうか? 来そうで来ないまま、 過去の状態だけ明らかになった天童は、 次回はもう一度(?)チャンスが来るのか否か。 前回天童は メンタルトレーナーとか、何かしら サポート役の方に回っているような気がすると予想したのですが、それは当たっているのでしょうか 笑。 そしてやっぱり、ずっと気になる 黒尾の進路。 というか、 音駒勢ほとんど発覚していないのが、本当に気になるんですよね! もしかしたら、上に予想したように、 現選手の「何か」にかかわっていて、深掘りさせるときに一緒に出てくるんでしょうか。 それか、もしかして黒尾は BJやアドラーズに直接かかわるサポート役に入っているとか? 397話も色々と、目の離せない展開になりそうですね! 次回もどうなるのか、楽しみに待ちたいと思います! 続きを含め漫画ハイキュー!の最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 の最新巻を無料で読む 以上、ハイキュー!! 【第397話】のネタバレを紹介しましたがやはり絵つきで読んだ方が面白いですよね。 U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます! 週刊少年ジャンプの漫画の 最新話を無料で読むことはできませんが、最新巻は無料で読むことはできますのでオススメです! ハイキュー!! の 最新巻を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。 」を全巻読みたい方はコチラ! ハイキュー!! 最新話 第397話の感想 なんていうか、なんかもうついに、終わりが近づいている感じがひしひしと感じられました。 そして日向がこうやって成長している姿と当時に、 ここに出ている全員がバレーが好きで、プロであることが伝わってきて、感動しましたね。 さあ次回、日向は牛島に対して、成長を見せつけることが出来るのでしょうか! 展開的には見せつけられることを祈りますが、そうなるともう本当に、本格的に終わりそうで泣ける…。 どうなるのか、次回も見逃せませんね! 次回のハイキュー!!【第398話】 掲載の週刊少年ジャンプ2020年29号の発売日は6月22日になります! ハイキュー!! 最新話 第397話のネタバレ情報まとめ 以上、ハイキュー!! 【第397話】のネタバレ・考察・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

漫画「ハイキュー!!」名言・格言集!ランナーの心にも響く? | 【シリアスランナー】に送るおすすめのトレーニング・レース・ランニングギア情報

立花レッドファルコンズ

ハイキュー 396話 ネタバレ MSBYブラックジャッカルとシュヴァイデンアドラーズの第3セット、両チームのラリーが続きロメロが繋げと叫ぶ 両チーム、ロメロの鬼気迫る言葉を繋がなかったら殺すという意味だと理解する。 木兎、牛島が強烈なアタック。 しかし決まらず。 宮侑が繋いだボール、日向が代わりにセッターを務める。 影山はツーアタックを警戒。 自分の背後に注意を払う。 日向はトスの体勢を空中で変えアタック。 しかもそれは左手でだった。 日向のアタックでブラックジャッカルが第3セットを奪取。 — 8 シュヴァイデンアドラーズ 9 牛島 — 1 NEW? — 8 NEW 第3セット終了 ブラックジャッカル25 — アドラーズ23 MSBYブラックジャッカル 25 宮侑 — 5 明暗 — 1 木兎 — 5? — 11 佐久早 — 1 日向 — 1 スポンサーリンク 影山 — シュヴァイデンアドラーズ セッター 2016年オリンピック日本代表 188cm 牛島 — シュヴァイデンアドラーズ オポジット 192cm 星海 — シュヴァイデンアドラーズ アウトサイドヒッター 173. 1cm 月島 — 仙台フロッグス(Division2) ミドルブロッカー 大学4年 卒業後仙台市博物館(宮城)勤務 黄金川貫至 — 仙台フロッグス(Division2) セッター 自動車メーカー(仙台)勤務 尾白アラン — 立花レッドファルコンズ アウトサイドヒッター 白馬芽生 — 立花レッドファルコンズ ミドルブロッカー 大平獅音 — キンイロスポーツジャンパーズ(Division3) アウトサイドヒッター スポーツメーカー勤務 中島猛 — キンイロスポーツジャンパーズ(Division3) リベロ スポーツメーカー勤務 山形隼人 — 日脚自動車ライオンズ(Division2) リベロ 五色工 — Azuma Pharmacyグリーンロケッツ(Division1) アウトサイドヒッター 大学4年 桐生八 — Azuma Pharmacyグリーンロケッツ(Division1) アウトサイドヒッター 古森元也 — EJP(東日本製紙)RAIJIN(Division1) リベロ 鷲尾辰生 — EJP(東日本製紙)RAIJIN(Division1) ミドルブロッカー 角名倫太郎 — EJP(東日本製紙)RAIJIN(Division1) ミドルブロッカー 金田一勇太郎 — たまでんエレファンツ(Division2) ミドルブロッカー 大学4年 卒業後電気工事会社(埼玉)勤務 尾長渉 — たまでんエレファンツ(Division2)ミドルブロッカー 大学4年 卒業後電気工事会社(埼玉)勤務 百沢雄大 — 大日本電鉄ウォーリアーズ(Division1) ミドルフォロッカー 青根高信 — VC伊達(社会人チーム)ミドルブロッカー 建設会社勤務 二口堅治 — VC伊達(社会人チーム)アウトサイドヒッター エネルギーメーカー勤務 理石平助 — VC神奈川(Division1)アウトサイドヒッター 大学4年 千鹿谷栄吉 — VC神奈川(Division1)ミドルブロッカー 大学4年 木葉秋紀 — エアーガイツ製薬バレーボール部(社会人チーム)アウトサイドヒッター 製薬会社(東京)営業 昼神招子 — 光新薬レッドラビッツ オポジット 昼神幸郎の姉 飯綱掌 — DESEOホーネッツ(Division1)セッター 井闥山高校出身、元JOCベストセッター賞 甲斐涼晴 — DESEOホーネッツ(Division1)ミドルブロッカー 犬伏高校出身 スポンサーリンク 研磨 — ㈱Bouncing Ball代表取締役 大学生 プロゲーマー 株式トレーダー Youtuber KODZUKEN(コヅケン) 山口 — 大学4年生 卒業後家電メーカー(宮城)勤務 谷地 — 大学4年生 卒業後広告デザイン会社(東京)勤務 東峰 — アパレルデザイナー(東京) 澤村 — 宮城県警生活安全部(宮城) 菅原 — 小学校教諭(宮城) 宮治 — 「おにぎり宮」店主 武田先生 — 烏野高校教諭 男子バレー部監督 烏養コーチ — 坂ノ下商店店主 烏野バレーボール部コーチ 木下 — 鉄道会社勤務 成田 — 不動産会社勤務 田中 — スポーツインストラクター 潔子さん — 田中と結婚 スポーツショップ店員 縁下 — 理学療法士 昼神 — 獣医学部5年 兄の福郎はシュヴァイデンアドラーズのキャプテン 瀬見 — 公務員 バンドマン 白布 — 大学医学部5年 川西 — 大学4年 関向幸治(コージー) — 大学4年 泉行高(イズミン) — 大学4年 宇内 — 漫画家 週刊少年ヴァーイ「ゾンビ剣士ゾヴィッシュ」連載中(打ち切り間近) 赤葦 — 大手出版社週刊少年漫画誌配属(ほんとうは文芸希望) 杉本菊多郎 — 日本バレーボール協会大会運営事業部 雲雀田吹 — 全日本男子代表チーム監督 国見英 — 大学4年 卒業後一十一銀行(宮城)勤務 川渡瞬己 — 旅行代理店(宮城)勤務 照島遊児 — 美容師見習い 西谷夕 — イタリアでカジキ漁 影山美羽 — ヘアメイクアーティスト 作並浩輔 — 建設会社勤務 北信介 — 米農家 猿杙大和 — 区役所(東京)職員 小見春樹 — 役者(東京) 白福雪絵 — 食品メーカー栄養士(千葉) 雀田かおり — スポーツポロモーター(東京) 柄長ニ三 — スポーツライター(春高で星海にインタビューした人) 山本あかね — 大学1年 出版社インターン 岩泉一 — スポーツ科学科を卒業後、アーバインポーラベアーズトレーニングコーチの空井に弟子入り 空井崇 — 牛島の父、アーバインポーラベアーズトレーニングコーチ スポンサーリンク.

次の

ハイキューのネタバレ379話は懐かしのキャラが続々登場で大興奮!|大漫画時代

立花レッドファルコンズ

スポンサードリンク ハイキュー!! 397話ネタバレ:ラリーの出口 ! 侑が強烈なサーブを打つと、星海がしっかりとレシーブします。 そしてロメロのスパイクがワンタッチとなり、日向達は同時多位置差攻撃で反撃しました。 その攻撃をアドラーズは同時多位置差攻撃で返し、牛島のスパイクが決まるのです。 同点となり、サーブは影山から試合が始まります。 影山のサーブは惜しくもアウトとなりますが、強烈でミスをしても尚圧をかけるのです。 木兎のサーブをしっかりレシーブすると、またもや牛島がレフトからスパイクを放り込みます。 侑はクッソが俺でもそうする…とこれからの影山の攻撃に備えます。 影山はブロックされたボールを直接逆サイドにセットし、バックライトから回り込んでいた星海にボールが渡りました。 渾身のスパイクを打つ星海でしたが、目の前に掌が現れます。 日向の右手にボールは当たり、ブロックを決めました。 ミドル不在でブロック一枚かというところ、星海を止めたのです。 息もつかせないシーソーゲームですね。 どちらも同じレベルで、ここの力を存分に発揮しています。 第4セットはどちらが有利に試合を運ぶのでしょうか。 スポンサードリンク ハイキュー!! 397話ネタバレ:今乗り越える ! 星海は悔しがり、小さくて見えなかった…!と歯を食いしばります。 バレーは基本見上げている競技で、他者の動きを把握するのも技術が要るが、星海は当然それにも優れています。 しかし、居るはずのないところに居た21番、そして自分と戦えない星海だけが突如視界に入ってくる小さい相手に一番慣れていないのです。 倒してみたいと春高バレーで思っていた星海のことを思い出し、白馬は6年越しかよとスマホで試合を見ていました。 日向と星海はネットを挟んでお互いに見つめ合っていました。 ビーチの2人体制を経てきたからか、日向はコートの上の事全てへの責任が一層頼もしくなるのです。 ビーチで鍛えられた位置取りの技術、駆け引きが上がっています。 日向は高校のとき、牛島との苦汁を舐めたことを思い出します。 そして今、改めて2人は対峙するのです。 牛島は強烈なスパイクを放ちます。 恨めしくも憧れた強さを持つ牛島に、日向は今乗り越えようとするのです。 日向は高校の時とはひと味もふた味も変わっています。 高校の時に多くの悔しさを味わってきた日向。 その反撃が今始まりそうですね。 スポンサードリンク ハイキュー!! 397話への読者の声 『ハイキュー!! 』最新話397話に向けての感想や考察を集めました! ハイキュー本誌最新話の情報が出る前に、当たる確率0. 01%のとんでも予想をしておきます。 第4セット! シュヴァイデンアドラーズ、ソロコフに代わり、ミドルブロッカー天童覚! 実は若利と天童はチームメイトだったという熱い展開。 ……さすがにないか。 お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の