インスタストーリー 動画 貼り 付け。 【インスタグラム】ストーリーの動画投稿や削除、保存や非表示方法

インスタストーリーの使い方!複数の写真や動画を繋げる方法

インスタストーリー 動画 貼り 付け

Part1. YouTube動画をインスタグラムに投稿する方法 インスタグラムでYouTubeなどの動画を投稿するには、まず動画保存アプリを利用して動画をスマホに移動させる必要があります。 どのアプリを使っても構いませんが、今回はオススメの「Clipbox」を使ってYouTube動画を保存する手順を紹介します。 2 YouTubeを開いて、スマホに保存したいYouTube動画を選択して、画面下部にある「+」をタップします。 3 「保存場所を選択してください」とポップアップ画面が表示されるので、「OK」をタップして、ダウンロードを開始します。 以上の手順で、簡単にYouTube動画をスマホに保存する事ができます。 その為、1分以上の動画を投稿するには、時間内に収まる様に動画を編集してください。 2 インスタグラムに投稿したいYouTube動画を選択して、画面下部の「長さ調節」をタップします。 3 スライドで動画の再生時間を調節できるようになるので、1分以内なるように設定して「完了」をタップします。 4 後はライブラリ画面に戻り「次へ」を選択して、「シェア」をタップします。 以上の手順で YouTube動画をインスタに投稿する事ができます。 もし、誤って違う動画をインスタグラムに投稿してしまった場合、以下の手順で動画の削除を行う事ができます。 1 インスタグラムを開いて、誤って投稿したYouTube動画を選択します。 2 画面右下に表示されている「・・・」をタップします。 3 選択画面が表示されるので、その中の「削除」をタップします。 4 「削除しますか?」とポップアップが表示されるので、「削除」をタップします。 Part2. YouTubeやインスタ動画をオシャレに編集できるソフト「Filmora」 そろそろ写真の投稿にも飽きてきて、YouTube動画をオシャレに編集・加工して、インスタ投稿したいと思っている方にオススメなのが、Wondershare社から販売されている優秀動画編集ソフト、です。 「Filmora(フィモーラ)」は、様々な動画を簡単に、編集および作成できる高性能動画編集ソフトです。 従来のソフトより強力な編集機能を搭載しているのが、このソフトの大きな魅力です。 動画にテキストやエンドロールを追加できる「タイトル」、エフェクトの色合いを変更して動画の見栄えを変える「フィルター」など、豊富な機能によって自由自在に動画編集を行う事ができます。 初めて編集ソフトを使う方でも、動画編集を行う事ができます。 いかがでしたでしょうか?アプリや動画編集ソフトを使うと簡単に YouTube動画をインスタグラムに投稿する事ができます。 YouTube動画を更にオシャレに編集したいまたは、結婚式や誕生日などの動画を作成したいと言う方は、ぜひFilmoraを無料ダウンロードして試してみてください。

次の

インスタストーリーに一般人がURLリンクを貼る方法とできない理由

インスタストーリー 動画 貼り 付け

pakutaso. 投稿をTwitterに貼る場合 インスタの投稿と各SNSは投稿を共有することができます。 つまりインスタでの投稿と同じものをTwitterなどにも投稿できるということです。 方法は非常に簡単で、 インスタでの投稿のシェア直前の編集ページでTwitterなどのシェアボタンをオンにすれば完了です。 「Twitterに投稿しました」などのメッセージは出ないので、投稿できたかの確認は必要になります。 また、インスタ側で コメントが短くハッシュタグをたくさんつけていると、Twitter側の投稿が 非常に見苦しいです。 まずはインスタ側でコメントだけ投稿し、Twitterのシェアが完了してからハッシュタグをつけるときれいにまとまりますよ。 また、インスタに投稿してからあとでTwitterなどにシェアすることも可能です。 この場合も、インスタの投稿の編集ページでTwitterシェアをオンにしてください。 フェイスブックなどのSNSも同様にシェアできます。 ただしインスタは写真のSNS、Twitterは文章メインのSNSですので、できれば投稿内容をそれぞれに適するように変えたいところです。 インスタからのTwitterシェアでは説明文などが途中で切れてしまい、タイムラインが美しく表示できません。 どうしても急いでいる時などに限って使用するようにしたいものですね。 ブログなどの埋め込みをする場合 はてなブログやWordpressなどにインスタの投稿を埋め込む場合は、以下の方法で表示させることができます。 おそらくパソコンでの作業になるでしょうから、ここではブラウザからの埋め込みを考慮してご案内します。 キャプションなしの反映がされない場合は、 チェックを外した後に「埋め込みコードをコピー」をクリックせずに手動でコピーしてみてください。 なお、Wordpressでは投稿のurlだけペーストすれば自動的に投稿を読み込んでくれますので、上記の手順は不要です。 インスタの投稿にリンクを貼る方法 念のため、インスタの投稿自体に他のページのurlを貼る方法もおさえておきましょう。 なお、アカウントプロフィールのurl入力欄であればリンク化はされますが、インスタアプリでの紹介文やコメントではリンク化されませんのでご注意ください。 プロフィールに載せられるリンクは1つだけですので、自分のサイトやプロジェクトの宣伝ページなど、一番集客したいページのurlを貼るようにしましょう。 プロフィールからの流入も意外とあります。 「詳しくはアカウントトップのリンクからご覧ください」と投稿に書くと効果アップが期待できます。 それでもブラウザからの閲覧で誘導できる可能性がありますので、宣伝の素材があるのならば投稿にも貼っておいたほうがいいでしょう。 投稿へのurlの載せ方は、載せたいページのurlをコピーしコメント欄にペーストして完了です。 ストーリーにurlを貼る方法 フィード投稿だけでなく、ストーリーにもurlを掲載することができます。 見方としては、urlの掲載されたストーリーのページで上にスワイプするだけでurl先に飛ぶことができます。 ただ、誰もが使える機能ではなく、 インスタグラムに認証されたアカウントは使用することができます。 芸能人などはアカウント名の横に小さい水色のチェックマークがついていますよね。 また、認証されていなくとも フォロワー数が1万人以上の場合はストーリーのurl機能を使うことができます。 使いたいという方はまずはフォロワーを増やすことに尽力しましょう。 onlinewebfonts. ただしブラウザでもリンク化はされていないので、ご自身でurlをコピーアンドペーストする必要があります。 スマートフォンだと、インスタのアプリをインストールしていればおそらくwebページで見ようとしてもアプリの方に勝手に飛んでしまうでしょう。 urlをコピーしたい場合はパソコンのブラウザからインスタの投稿にアクセスしましょう。 投稿にアクセスしたらコピーアンドペーストなどでurl先のページを閲覧できます。 urlをコピーしたらバレる? インスタの投稿に記載されたurlをコピーしても、もちろん相手に通知は行きません。 相手もそのurl先のページを見てもらう前提で自分の投稿にペーストしているはずですので、そのような通知機能があったとしても無意味ですよね。 ただし、DM ダイレクトメール に添付されたストーリーのスクリーンショットを撮影すると、相手に「スクリーンショット撮影済み」の旨が通知されます。 自分以外のストーリーのスクリーンショットを撮ろうとするときは注意しましょう。 ・インスタ投稿からTwitterなど他ソーシャルへのシェアは、投稿ページや編集ページでチェックをオンにすれば完了。 ・ブログ等への埋め込みは、 埋め込みurlをhtmlでペースト。 Wordpressの場合は投稿urlのペーストだけで読み込んでくれる。 ・ストーリーへのurlの投稿は、 認証アカウントか フォロワーが1万人以上のアカウントのみ使用可能。 見方としては、ストーリーの画面で上にスワイプ。 ・インスタの投稿に記載されたurlのコピーはブラウザで可能。 インスタ公式アプリでは不可能。 もちろん相手にはバレない。 インスタに写真や動画を投稿するだけでもいいですが、インスタをより有効活用し自分の影響力を高めたい方にはurlでの宣伝は非常に重要なことです。 投稿欄に記載されたurlがリンク化しないのはデメリットでもありますが、その分コンテンツのクオリティで勝負することができますのでリターンはより大きくなるかもしれません。 ということでインスタは工夫と使い方次第で十分集客ツールになります。 urlはダメ元で貼りつつ、サイトに誘導できる投稿を工夫しましょう。 投稿にかけるコストや人件費はかかるかもしれませんが、初期投資なくして成果なしです。

次の

【今流行り?】インスタのストーリーで投稿を載せる方法

インスタストーリー 動画 貼り 付け

pakutaso. 投稿をTwitterに貼る場合 インスタの投稿と各SNSは投稿を共有することができます。 つまりインスタでの投稿と同じものをTwitterなどにも投稿できるということです。 方法は非常に簡単で、 インスタでの投稿のシェア直前の編集ページでTwitterなどのシェアボタンをオンにすれば完了です。 「Twitterに投稿しました」などのメッセージは出ないので、投稿できたかの確認は必要になります。 また、インスタ側で コメントが短くハッシュタグをたくさんつけていると、Twitter側の投稿が 非常に見苦しいです。 まずはインスタ側でコメントだけ投稿し、Twitterのシェアが完了してからハッシュタグをつけるときれいにまとまりますよ。 また、インスタに投稿してからあとでTwitterなどにシェアすることも可能です。 この場合も、インスタの投稿の編集ページでTwitterシェアをオンにしてください。 フェイスブックなどのSNSも同様にシェアできます。 ただしインスタは写真のSNS、Twitterは文章メインのSNSですので、できれば投稿内容をそれぞれに適するように変えたいところです。 インスタからのTwitterシェアでは説明文などが途中で切れてしまい、タイムラインが美しく表示できません。 どうしても急いでいる時などに限って使用するようにしたいものですね。 ブログなどの埋め込みをする場合 はてなブログやWordpressなどにインスタの投稿を埋め込む場合は、以下の方法で表示させることができます。 おそらくパソコンでの作業になるでしょうから、ここではブラウザからの埋め込みを考慮してご案内します。 キャプションなしの反映がされない場合は、 チェックを外した後に「埋め込みコードをコピー」をクリックせずに手動でコピーしてみてください。 なお、Wordpressでは投稿のurlだけペーストすれば自動的に投稿を読み込んでくれますので、上記の手順は不要です。 インスタの投稿にリンクを貼る方法 念のため、インスタの投稿自体に他のページのurlを貼る方法もおさえておきましょう。 なお、アカウントプロフィールのurl入力欄であればリンク化はされますが、インスタアプリでの紹介文やコメントではリンク化されませんのでご注意ください。 プロフィールに載せられるリンクは1つだけですので、自分のサイトやプロジェクトの宣伝ページなど、一番集客したいページのurlを貼るようにしましょう。 プロフィールからの流入も意外とあります。 「詳しくはアカウントトップのリンクからご覧ください」と投稿に書くと効果アップが期待できます。 それでもブラウザからの閲覧で誘導できる可能性がありますので、宣伝の素材があるのならば投稿にも貼っておいたほうがいいでしょう。 投稿へのurlの載せ方は、載せたいページのurlをコピーしコメント欄にペーストして完了です。 ストーリーにurlを貼る方法 フィード投稿だけでなく、ストーリーにもurlを掲載することができます。 見方としては、urlの掲載されたストーリーのページで上にスワイプするだけでurl先に飛ぶことができます。 ただ、誰もが使える機能ではなく、 インスタグラムに認証されたアカウントは使用することができます。 芸能人などはアカウント名の横に小さい水色のチェックマークがついていますよね。 また、認証されていなくとも フォロワー数が1万人以上の場合はストーリーのurl機能を使うことができます。 使いたいという方はまずはフォロワーを増やすことに尽力しましょう。 onlinewebfonts. ただしブラウザでもリンク化はされていないので、ご自身でurlをコピーアンドペーストする必要があります。 スマートフォンだと、インスタのアプリをインストールしていればおそらくwebページで見ようとしてもアプリの方に勝手に飛んでしまうでしょう。 urlをコピーしたい場合はパソコンのブラウザからインスタの投稿にアクセスしましょう。 投稿にアクセスしたらコピーアンドペーストなどでurl先のページを閲覧できます。 urlをコピーしたらバレる? インスタの投稿に記載されたurlをコピーしても、もちろん相手に通知は行きません。 相手もそのurl先のページを見てもらう前提で自分の投稿にペーストしているはずですので、そのような通知機能があったとしても無意味ですよね。 ただし、DM ダイレクトメール に添付されたストーリーのスクリーンショットを撮影すると、相手に「スクリーンショット撮影済み」の旨が通知されます。 自分以外のストーリーのスクリーンショットを撮ろうとするときは注意しましょう。 ・インスタ投稿からTwitterなど他ソーシャルへのシェアは、投稿ページや編集ページでチェックをオンにすれば完了。 ・ブログ等への埋め込みは、 埋め込みurlをhtmlでペースト。 Wordpressの場合は投稿urlのペーストだけで読み込んでくれる。 ・ストーリーへのurlの投稿は、 認証アカウントか フォロワーが1万人以上のアカウントのみ使用可能。 見方としては、ストーリーの画面で上にスワイプ。 ・インスタの投稿に記載されたurlのコピーはブラウザで可能。 インスタ公式アプリでは不可能。 もちろん相手にはバレない。 インスタに写真や動画を投稿するだけでもいいですが、インスタをより有効活用し自分の影響力を高めたい方にはurlでの宣伝は非常に重要なことです。 投稿欄に記載されたurlがリンク化しないのはデメリットでもありますが、その分コンテンツのクオリティで勝負することができますのでリターンはより大きくなるかもしれません。 ということでインスタは工夫と使い方次第で十分集客ツールになります。 urlはダメ元で貼りつつ、サイトに誘導できる投稿を工夫しましょう。 投稿にかけるコストや人件費はかかるかもしれませんが、初期投資なくして成果なしです。

次の