金子 み すゞ みんな ちがっ て。 金子みす ゞ ~みんなちがって、みんないい。 : 和と散歩

金子みす ゞ ~みんなちがって、みんないい。 : 和と散歩

金子 み すゞ みんな ちがっ て

金子みすゞの有名な詩 「 私と小鳥と鈴と 」 金子みすゞ 私が両手をひろげても、 お空はちっとも飛べないが 飛べる小鳥は私のやうに、 地面を速くは走れない。 私がからだをゆすっても、 きれいな音は出ないけど、 あの鳴る鈴は私のやうに たくさんな唄は知らないよ。 鈴と、小鳥と、それから私、 みんなちがって、みんないい。 ひとつひとつの個性をそのまま受け入れ、 すべての命に(命以外のもにまで)優しさを注ぐ、 美しい詩です。 とても簡単な言葉しか使っていないのに、 こんなにも軽やかで素敵な詩を作れるって、いいですね。 この詩を引用する場面が増えてきた 例えば障がいを抱えて生きている人。 心の繊細さが自らの行動を制限してしまう人。 年齢や性別、国籍や宗教などの違い。 LGBTの人や、その理解者、支援者。 いろいろな場面で「みんなちがってみんないい」という言葉が聞かれます。 この詩は個性を大切に生きようとする人々のシンボルになっています。 確かに社会の中で「意味のないこと」「本来の目的がなくなってしまったこと」なのに、集団全体に合わせることを強いられる、そんな場面も多く見られます。 その中でも特に顕著なのが「学校のきまり」 おかしい校則、多いですよね。 意味を成さないのに「ルールだから従いなさい。 」とか そんなことも守れないようじゃ社会に出てから・・・」とか 息苦しくなるような指導や声の多いこと。 人は、もっと自由に生きていいのです。 自由とわがままの狭間で 最近、10歳のユーチューバーが「学校に行かない。 」 と宣言して活動していると言う話。 もちろん日本国憲法に照らしてどうなのかとか、 保護者の虐待じゃないかとか、いろいろな意見も出ています。 そのへんの法律は、とりあえず置いといて・・・ これは自由ですか?わがままですか? 先に言っておきますが、自分の中で結論は出ていません。 最近のいじめ問題等で「学校に行かなくてもいい。 」と言うのとは 本質的に違う問題です。 難しいです。 金子みすゞさんに怒られそうだけど・・ 「みんなは勉強してるけど、私は勉強きらいです。 みんなちがってみんないい。 」 「先生宿題だすけれど、私はしたくありません みんなちがってみんないい」 こんな風に、素晴らしい金子さんの詩を曲げて理解している人は いないのでしょうか。 もちろん、人の生き方は千差万別だし、 どの生き方が良いとか悪いとか言えるものでもありません。 それでも、若いみなさんには 「夢を持つ」「それに向かって精一杯努力する」という行動をして欲しいのです。 「宿題が出されるから、学校に行かない。 」 これは一見すると自分を出しているように見えながら、 実は「宿題を出す」という先生に自分の人生を狂わせられているわけです。 それなら 「家では他にすることがあるし、学校の学習のやり残しを家に押し付けるのはおかしい。 だから私は宿題をやらずに学校に行く。 ついでに全て置き勉する。 」 の方が潔くて、自分の人生を生きているような気がします。 学校に行かないのは苦しいから?いやだから? ほんとに苦しかったら、行かなくていい。 いじめられたり、先生の暴言に耐えられないような状態なら、 我慢する必要はありません。 勉強そのものに興味を見出せないということなら、 そこはちょっとだけ我慢してがんばってほしい。 勉強は大切だから。 (学校内外を問わず) 「あなたは数学好きなのね。 それならそのまま頑張って! 私は音楽好きなので、 人の3倍頑張ります。 みんなちがってみんないい」 これだと、わかるのですが・・・.

次の

金子みすゞの「みんなちがって、みんないい」

金子 み すゞ みんな ちがっ て

「みんなちがって、みんないい」の意味を誤解 昨日の続きで、さんの代表作ともいえる 『私と小鳥と鈴と』をとりあげます。 金子さんの故郷でもあるに「記念館」はあって、現在はの影響で閉館となっています。 そこの館長さんのおかげで金子さんの詩がどれだけ素晴らしいかを再認識させられます。 短い詩ですので、サラッと読んでしまえば、たいして味合うこともなく言葉通りで終わってしまいます。 ですが、館長の深い洞察力は、短い言葉の中に隠された金子さんの思いを私たちに届けてくれるのです。 『私と小鳥と鈴と』の詩の中にある最後のフレーズ「みんなちがって、みんないい」はなぜか記憶に残っていました。 そのフレーズを私は多様性を認め合う社会があたり前なのだと理解しました。 なぜ「鈴と、小鳥と、それから私、」? もちろん間違った解釈なのですが、真の意味を知るには、その前にある 「鈴と、小鳥と、それから私、」に注目する必要があります。 タイトルと言葉の順序を比べてみると、鈴が最初にきて、私が最後になっています。 なぜ、誰よりも大切な「私」が鈴よりも小鳥よりも下なのでしょうか。 自分中心の世界は「私とあなた」であり、自分の位置が相手より上なので、相手を理解することはできません。 それで私をあなたの位置まで下げると大切な何かが見えてくるのだと。 つまり、「あなたと私」の目線で世界を見ると思い知らされることがあります。 それは「は、私以外の人がいないと成り立たない」ということです。 このような思慮深い解釈には本当に驚かされてしまい、自分がいかに薄っぺらな人間かを思い知りました。 館長は小学生に話をするときに、「なぜ自分は人間なのだと思う?」という質問をするそうです。 すると彼らは今まで考えたこともない難問を一生懸命考えてくれて、「自分の周りが人間だから」と思った通りに答えてくれるそうです。 自分にしかできないことがあるからいい 改めて、「みんなちがって、みんないい」に込められた思いを考えてみると、できないことや知らないことがあってもかまわないそうです。 なぜなら自分にしかできないことがあるのだからそれでいいのだと。 この言葉をかけられたら、人はきっと励まされて暖かい気持ちになりますよね。 鈴も小鳥も存在するだけで素晴らしいと認めたうえで、最後に自分もこの世界に生きているのだという謙虚な気持ちが現れています。 「あなたと私」の目線での、これを館長は「のまなざし」と表現していますが、「みんなちがって、みんないい」はホッとする言葉です。 短い詩でありながらも、言葉に隠された意味を探っていくと想定外の世界に行けることを発見しました。 mikonacolon mikonacolon.

次の

みんなちがってみんないい?

金子 み すゞ みんな ちがっ て

「みんなちがって、みんないい」の意味を誤解 昨日の続きで、さんの代表作ともいえる 『私と小鳥と鈴と』をとりあげます。 金子さんの故郷でもあるに「記念館」はあって、現在はの影響で閉館となっています。 そこの館長さんのおかげで金子さんの詩がどれだけ素晴らしいかを再認識させられます。 短い詩ですので、サラッと読んでしまえば、たいして味合うこともなく言葉通りで終わってしまいます。 ですが、館長の深い洞察力は、短い言葉の中に隠された金子さんの思いを私たちに届けてくれるのです。 『私と小鳥と鈴と』の詩の中にある最後のフレーズ「みんなちがって、みんないい」はなぜか記憶に残っていました。 そのフレーズを私は多様性を認め合う社会があたり前なのだと理解しました。 なぜ「鈴と、小鳥と、それから私、」? もちろん間違った解釈なのですが、真の意味を知るには、その前にある 「鈴と、小鳥と、それから私、」に注目する必要があります。 タイトルと言葉の順序を比べてみると、鈴が最初にきて、私が最後になっています。 なぜ、誰よりも大切な「私」が鈴よりも小鳥よりも下なのでしょうか。 自分中心の世界は「私とあなた」であり、自分の位置が相手より上なので、相手を理解することはできません。 それで私をあなたの位置まで下げると大切な何かが見えてくるのだと。 つまり、「あなたと私」の目線で世界を見ると思い知らされることがあります。 それは「は、私以外の人がいないと成り立たない」ということです。 このような思慮深い解釈には本当に驚かされてしまい、自分がいかに薄っぺらな人間かを思い知りました。 館長は小学生に話をするときに、「なぜ自分は人間なのだと思う?」という質問をするそうです。 すると彼らは今まで考えたこともない難問を一生懸命考えてくれて、「自分の周りが人間だから」と思った通りに答えてくれるそうです。 自分にしかできないことがあるからいい 改めて、「みんなちがって、みんないい」に込められた思いを考えてみると、できないことや知らないことがあってもかまわないそうです。 なぜなら自分にしかできないことがあるのだからそれでいいのだと。 この言葉をかけられたら、人はきっと励まされて暖かい気持ちになりますよね。 鈴も小鳥も存在するだけで素晴らしいと認めたうえで、最後に自分もこの世界に生きているのだという謙虚な気持ちが現れています。 「あなたと私」の目線での、これを館長は「のまなざし」と表現していますが、「みんなちがって、みんないい」はホッとする言葉です。 短い詩でありながらも、言葉に隠された意味を探っていくと想定外の世界に行けることを発見しました。 mikonacolon mikonacolon.

次の