楽天カード 楽天ゴールドカード 違い。 楽天カードと楽天ゴールドカードの違いは?特徴やメリットを比較

楽天カード、ゴールド、プレミアムの3枚を徹底比較!違いはココだ!

楽天カード 楽天ゴールドカード 違い

楽天ゴールドカードのおすすめポイント 楽天ゴールドカードのまとめ• ポイントを貯める• ポイントの使い方• 楽天ゴールドカードの優待特典• 楽天デザインカード• 保険・その他• 楽天ゴールドカードのデメリット• 特徴と年会費 楽天ゴールドカードはとの間のカードです。 ん?楽天プレミアムがゴールドカードじゃなかった?と思いますが、楽天ゴールドカードは 年会費をもう少し安くして、空港ラウンジを使いたいと、リクエストするユーザーが多いために作られたカードです。 国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBで、電子マネーはアップルペイとグーグルペイに対応しています。 楽天カードと楽天ゴールドカードの違いは? 空港ラウンジが使えるというのと、SPUでのポイント倍率が少し違うだけで、他は楽天カードと大差ありません。 2つのカードの違いをまとめました。 項目 楽天カード 楽天ゴールドカード 券面 年会費 無料 2,000円 税別 申込年齢 18歳以上 高校生不可 20歳以上 安定収入者 利用可能枠 100万円 200万円 国際ブランド Visa、Master、JCB Visa、Master、JCB 家族カード 無料 500円 楽天Edy 300円 無料 ETCカード 500円 無料 紙明細 80円 無料 特徴 楽天市場はポイント3倍 楽天市場はポイント5倍 空港ラウンジ無料 年2回 海外旅行保険 最高2,000万円 最高2,000万円 問い合わせ先 一般ダイヤル 専用ダイヤル 楽天ゴールドカード ポイント還元率は1% ポイント還元率は1%です。 いつでも、どこでも楽天ゴールドカードを利用すると100円=1ポイントが貯まります。 ポイント還元率が1%を超えると高還元率カードと言われますが、ほとんどのクレジットカードは還元率は0. 5%で、年会費無料で1%を超えるカードは数枚程度です。 年会費無料の高還元率カード カード名 還元率 1. 25% 楽天カード 1% 1% ポイントを貯める SPUでポイント最大16倍 SPU スーパーポイントアッププログラム とは、楽天の対象サービスを使うことでポイント倍率があがるプログラムです。 SPUの条件をすべてクリアすると 100円につき最大16ポイント 還元率16% が貯まります。 SPUはすべての楽天会員が対象で、エントリーは要りません。 SPUでポイント16倍を獲得する条件とは SPUでは各サービスに条件があり、条件をクリアするとポイント倍率がアップします。 例えば、楽天カードを使わず楽天市場で買い物をするとポイント1倍にしかなりませんが、 楽天カードで決済するだけで基本ポイント1倍+カード決済分 2倍= ポイント3倍を獲得出来ます。 サービスごとのポイント倍率は以下のとおりです。 5倍 楽天証券 1倍 楽天トラベル 1倍 楽天市場アプリ 0. 5倍 楽天ブックス 0. 5倍 楽天kobo 0. 5倍 楽天Pasha 0. 5倍 Rakuten Fashion 0. 5倍 楽天TV・NBA Rakuten 1倍 楽天ビューティ 1倍 合計 16倍 獲得出来るポイント数の上限 SPUで獲得できるポイントには上限があります。 項目 上限設定 ポイント上限 楽天モバイル 固定 5,000 楽天ひかり 楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード 15,000 楽天の保険+楽天カード 5,000 楽天でんき 楽天証券 楽天Pasha 楽天銀行+楽天カード ランク別 5,000~15,000 楽天トラベル 楽天市場アプリ 楽天ブックス 楽天Kobo Rakuten Fashion 楽天TV・NBA Rakuten 楽天ビューティ 会員ランク別のポイント獲得上限は以下のとおりです。 楽天スーパーSALE対象サービス• 楽天市場• 楽天kobo• 楽天デリバリー• 楽天マート• 楽天ペイ いつも買う日用品などは、楽天スーパーSALEのタイミングでまとめて購入するのもオススメです。 ショップ買いまわりキャンペーンでポイント最大10倍 複数のショップで買い物をする事を ショップ買いまわりと言います。 楽天スーパーSALEでは、この買いまわりの件数に応じてポイントがアップする「 ショップ買いまわりキャンペーン」を同時開催しています。 多くのショップで買えば買うほどポイントの倍率が上がります。 1,000円以上 税込 の商品を複数のショップで購入すると ポイントが最大10倍になります。 同じ店舗で何度も買い物をしても1度しかカウントされません。 ショップ買いまわりキャンペーンで獲得したポイントは 期間限定ポイントなので早めに使いましょう。 期間限定ポイントとは? 通常のポイントとは異なり、有効期間が限定されているポイントです。 楽天ゴールドカード ポイント7倍の内訳• 楽天市場での買い物:1%• 楽天カードの利用:1%• 楽天カード利用によるSPUボーナスポイント:1%• 楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカード利用:2%• 5と0のつく日のポイント:2% これで 合計7%です。 さらにポイント最大10倍になる楽天スーパーSALEや楽天マラソンとのサービス併用が出来るので、 楽天スーパーSALE期間中の5のつく日が楽天で1番お得に買い物が出来る期間となります。 ポイントが貯まって使える楽天ふるさと納税 楽天ふるさと納税なら通常の買い物と同様に 100円につき1ポイントが貯まり、貯まったポイントで寄付も出来ます。 人気のと比べて自治体数が少ないのが楽天ふるさと納税のデメリットですが、購入すると楽天ポイントが貯まります。 楽天カードでふるさと納税をすると寄付金も ポイントUPキャンペーンの対象となるので、年4回開催される楽天スーパーSALEのタイミングでふるさと納税をするとポイントが多くもらえます。 楽天カードはエネオスで給油するとお得 楽天カードでガソリンスタンドのエネオスで給油すると、本家のENEOSカードよりもお得になります。 還元率1. 5%の内訳• 楽天カード利用分…100円=1P 1%• 加盟店利用ポイント…200円=1P 0. 5% 合計還元率1. 両カードの損益分岐点は1リットル=100円でした。 楽天カードとENEOSカードはどっちがお得?• 1L当たり99円以下ならENEOSカードの勝ち• 1L当たり100円なら引き分け• 1L当たり101円以上なら楽天カードの勝ち 日々変動するガソリン価格によって、勝敗が左右される形になります。 しかし、楽天カードがエネオスとの相性の良いカードであることは間違いありません。 ポイントの使い方 楽天グループで使う 貯まった楽天ポイントは、楽天グループなどで1ポイント=1円で使えます。 ジャンル サービス名 ショッピング グルメ 旅行 金融 エンタメ ライフ 街で食事やサービスに使う スーパーや飲食店など、様々なサービスで1ポイントを1円として使う事が出来ます。 ジャンル 店舗名 グルメ・飲食 マクドナルド くら寿司 ミスタードーナツ カフェ&バーPRONT ショッピング 大丸 松坂屋 ポプラ ドラッグストア ツルハドラッグ ダイコクドラッグ くすりの福太郎 本・音楽・ゲーム 田村書店 バンダレコード 玉光堂 家電 ジョーシン J&P 引越し 引越しは日通 アリさんマークの引越し社 サカイ引越センター 賃貸住宅サービス ホームメイト 生活・暮らし ホワイト急便 得タク スタジオパレット ガソリン 出光サービスステーション キグナス石油 伊藤忠エネクス 上記の加盟店はほんの一部で、楽天ポイントを使えるお店はまだまだあります。 加盟店が多く、普段の買い物でお得にポイントを利用出来るのも楽天カードの魅力の1つです。 楽天Edyへ交換 楽天ポイントは電子マネーの楽天Edyに1ポイント1円で交換出来ます。 楽天ポイントは使い道として、楽天グループ内での消費がほとんどになりますが、Edyに換える事で使い道が広がります。 交換可能ポイント数は、1回に25,000ポイントで月の上限は10万ポイントです。 ANAマイルと交換する 楽天ポイントをANAマイルに交換が出来ます。 また、楽天ポイントとANAマイルは相互交換ができるので、ANAマイルを楽天ポイントに交換する事も出来ます。 移行手数料が無料なところも大きな魅力です。 楽天ポイントからANAマイルに交換するときは、1回1,000ポイントごとで交換が出来ます。 交換可能なポイント数の上限は、1ヵ月あたり20,000ポイントです。 楽天ゴールドカードの優待特典 楽天ゴールドカードは紙の利用明細が無料 通常なら、紙の明細書は82円 税込 がかかりますが、楽天ゴールドカードは、郵送による紙のカード利用明細書が 無料です。 楽天ゴールドカード以外にも、楽天プレミアムカードと楽天ブラックカードも無料です。 空港ラウンジが無料で使える 国内主要空港28ヶ所と、ホノルル国際空港、仁川国際空港の空港ラウンジが無料で使えます。 2018年9月1日から、空港ラウンジを無料で利用出来る回数が 年2回までに変更しました。 3回目以降の利用は各ラウンジの一般料金が必要で、一例として羽田空港エアポートラウンジの利用料は1,080円 税込 がかかります。 ラウンジではソフトドリンクのサービスや新聞雑誌などが無料で読め、中部国際空港や成田空港ではアルコールの無料サービスがあります。 利用出来るラウンジは以下のとおりです。 空港パーキング優待 空港近くのパーキングで会員優待割引特典を受けれます。 サンパーキング成田店、サンパーキング羽田浮島店、サンレッドガレージの利用で ポイントが3倍です。 ハーツレンタカー割引 楽天ゴールドカードなら、ハワイ、アメリカ、ヨーロッパなど、世界145ヶ国以上、10,300ヶ所の拠点でネットワークをもつレンタカー会社「ハーツレンタカー」を 通常価格より 10%OFFで利用出来ます。 手荷物宅配優待 海外旅行の出国時に、指定の場所から出発空港へ、または帰国時に到着空港から指定の場所へ荷物を届けてくれるサービスです。 通常価格より 最大300円OFFで利用できます。 Wi-Fiレンタル 海外で利用出来るWi-Fiルーターレンタルサービス「グローバルWi-Fi」を 15%OFFで利用できます。 機器の受取・返却場所も国内空港・現地・宅配など選ぶ事が出来る便利なサービスです。 防寒具一時預かりサービス 楽天ゴールドカードでは防寒具の一時預かりサービスを優待価格で利用できます。 冬の旅行や気候の違う国へ行く際に、荷物になるコートなどの防寒具を 1着10%OFFで預かって貰えます。 空港名 料金 成田・中部国際空港 4日以内 通常1,030円 7日以内 通常1,340円 10日以内 通常1,550円 11日以降10日ごとに通常520円 関西国際空港 4日以内 通常1,030円 5日以降1日ごとに通常210円 羽田空港 国際線 1日 通常200円 海外お土産宅配サービス 旅行前にお土産選びをして、帰宅後、希望日に合わせて配達してくれるサービスです。 人気や定番のお土産を自宅でゆっくり選べるので、お土産の買い忘れや時間を気にせず旅行を楽しむことが出来ます。 楽天会員特典として 全品5%OFFで購入する事ができ、さらに 10倍のポイントが貰えます。 海外お土産宅配サービスなら、重量オーバーで超過料金を払う必要もなく、機内に持ち込めない商品などの購入も出来ます。 4,980円以上購入の場合は 送料が無料です。 楽天デザインカード 楽天デザインカードは6種類もある 楽天カードには色々なデザインカードがあります。 どのデザインカードも基本スペックは通常の楽天カードと同じで、 年会費は無料で還元率1%でSPUのポイントアッププログラムにも参加出来ます。 すでに楽天カードを持っていてデザインカードに変更したい人は、 一度解約してから新規申し込みが必要です。 カード名 券面 お買い物パンダデザイン ディズニーデザイン YOSHIKIデザイン FCバルセロナデザイン 楽天イーグルスデザイン ヴィッセル神戸とイニエスタのデザイン 保険・その他 海外旅行傷害保険は最高2,000万円 海外旅行での傷害死亡・後遺障害保険金は利用付帯で最高2,000万円です。 保険の内容は以下のようになります。 楽天ゴールドの海外旅行傷害保険• 死亡・後遺障害:2,000万円• 傷害治療費用:200万円• 疾病治療費用:200万円• 賠償責任:2,000万円• 携行品損害:20万円• 救援者費用:200万円 楽天ゴールドカードのデメリット デメリットは旅行傷害保険が楽天カードと同額 楽天ゴールドカードは年会費2,000円 税別 と他のゴールドカードと比べてかなり安いのが魅力ですが、旅行傷害保険が年会費無料の楽天カードと同額なのがデメリットです。 空港ラウンジを無料で使えるメリットはありますが、海外旅行傷害保険が最高2,000万円で利用付帯のみは少し物足りないです。 年会費がかかる分、楽天カードよりポイントが貯まりやすいので、付帯保険をメインで考えるより楽天のサービスでポイントを貯めたい人に向いています。 VISA• Master Card• JCB 追加できるカード 追加カード ETCカード 家族カード 電子マネー• 楽天Edy ポイントプログラム ポイント還元方法 1ポイント1円で楽天ポイントカード加盟店で利用可能、楽天Edyに交換、ANAマイルに交換 ポイント付与率 ・通常…100円=1ポイント ・楽天トラベル…100円=2ポイント ・加盟店…100円=3ポイント ・楽天市場…100円=5ポイント ・スーパーポイントアッププログラム…100円=7ポイント ポイント還元率 1. 0%~5. 0% ポイント有効期限 最後にポイントを獲得した日から1年間 マイレージ マイレージ移行先 ANA マイル付与率 100円=1ポイント=0. 5マイル マイル還元率 0. 5% マイレージ移行期間 - マイレージ移行手数料 無料 付帯保険 海外旅行保険 利用付帯 死亡・後遺傷害 最高2,000万円 傷害治療費用 最高200万円 疾病治療費用 最高200万円 救援者費用 最高200万円 賠償責任 最高2,000万円 携行品損害 最高20万円 自己負担額3,000円 国内旅行保険 死亡・後遺傷害 - 入院費用 - 手術費用 - 通院費用 - ショッピング保険 - その他 ・国内空港ラウンジ無料 ・海外レンタカー…10%OFF ・手荷物宅配サービス…300円OFF ・携帯・WiFiルーターレンタル…15%OFF ・カード利用お知らせメール ・ネット不正あんしん制度 ・商品未着あんしん制度.

次の

楽天カードと楽天ゴールドカードの違いを比較!どっちがお得か解説

楽天カード 楽天ゴールドカード 違い

どっちがお得になるかは年間利用金額次第。 楽天で年間22万円以上利用する楽天ヘビーユーザーなら楽天ゴールドカードを検討する価値あり 2016年9月1日に楽天カードに新たなラインナップが加わりました。 楽天ゴールドカードは、格安ゴールドカードにありがちな、色はゴールドだけど空港ラウンジを使えないなんちゃってゴールドカードではなく、しっかりと空港ラウンジも使えます。 ただしこれは 期間限定ポイントも含めて、ポイントをすべて有効に使えた場合です。 年会費が安くて空港ラウンジを使えるカードとして、空港ラウンジ目的で楽天ゴールドカードを選ぶのであれば楽天ポイントはおまけでしかないかもしれません。 ですが、楽天ポイント目的なのであれば期間限定ポイントの仕組みを理解してから楽天ゴールドカードにするか、それとも楽天カードにするのか決めるべきです。 楽天ETCカード申込時点の楽天PointClubの会員ランクが「ダイヤモンド会員」・「プラチナ会員」の方は初年度無料。 また、次年度以降は、ETCカード年会費請求月(ETCカード入会月の翌月)の会員ランクが「ダイヤモンド会員」・「プラチナ会員」の場合には、次年度1年間無料。 ETCカードの年会費 無料 good 合計3%分のポイントがたまる• 通常ポイント:1%• 楽天カード決済で:+2%(内、 1%分は有効期限がポイント付与翌月末日までの期間限定ポイント) 楽天市場でのポイント還元率 合計5%分のポイントがたまる• 通常ポイント:1%• 楽天カード決済で:+3%(内、 2%分は期間限定ポイント)• 楽天ゴールドカード決済で:+1%( 期間限定ポイント) good 1% 楽天以外でのポイント還元率 1% 最高2,000万円(利用付帯) 海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯) 搭載 楽天Edy 搭載 搭載 楽天ポイントカード機能 搭載 - 空港ラウンジサービス 成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港などの国内主要空港のラウンジに加え、ハワイ ホノルル国際空港、韓国 仁川国際空港のラウンジを無料で利用できる good 期間限定ポイントに注意!ポイントの有効期間が約一月半しかありません 2016年1月18日からスーパーポイントアッププログラム(SPU)が始まり、楽天市場で楽天カードを利用すると、よく多くの楽天ポイントがたまるようになったのですが、多くたまるようになったポイント分は、 有効期限の短い期間限定ポイントです。 楽天ゴールドカードの+1%分も同じく期間限定ポイントです。 楽天市場で楽天カードを使ったときにたまるポイント 楽天市場で楽天カードを利用したときにもらえる期間限定ポイントは、 ポイント付与予定日が翌月15日頃、そして 有効期限が付与翌月末日までです。 なので、 ポイントの有効期間は約一月半しかありません。 期間限定ポイントは使いきれるものなのか 期間限定とはいえ有効期間が一月半はあるので、意識さえしていれば使い切ることは難しくはないんじゃないでしょうか。 定期的に楽天を利用している方なら問題ないんじゃなかと思います。 私はと言うと、基本的には使い切れています。 ですがたまに忘れることもあります。。。 下の画像は私が期間限定ポイントを使い忘れて失効させてしまったときのものです。 皆さんはこうなってしまわないように気をつけてください。 楽天ゴールドカードの+1%分は期間限定ポイント 楽天ゴールドカードは、楽天市場で利用したときは、楽天カードよりも+1%分ポイントが多くたまりますが、このポイントは期間限定ポイントです。 下の画像の赤枠部分です。 楽天市場で使ったときの1%分の差は期間限定ポイント 1年間でたまる合計ポイント数 1年間でたまる合計ポイント数 楽天市場での年間利用金額 楽天カード 楽天ゴールドカード ポイント差 12,000円(月平均1,000円) 480ポイント 600ポイント 120ポイント 24,000円(月平均2,000円) 960ポイント 1,200ポイント 240ポイント 36,000円(月平均3,000円) 1,440ポイント 1,800ポイント 360ポイント 48,000円(月平均4,000円) 1,920ポイント 2,400ポイント 480ポイント 60,000円(月平均5,000円) 2,400ポイント 3,000ポイント 600ポイント 72,000円(月平均6,000円) 2,880ポイント 3,600ポイント 720ポイント 84,000円(月平均7,000円) 3,360ポイント 4,200ポイント 840ポイント 96,000円(月平均8,000円) 3,840ポイント 4,800ポイント 960ポイント 108,000円(月平均9,000円) 4,320ポイント 5,400ポイント 1,080ポイント 120,000円(月平均10,000円) 4,800ポイント 6,000ポイント 1,200ポイント 132,000円(月平均11,000円) 5,280ポイント 6,600ポイント 1,320ポイント 144,000円(月平均12,000円) 5,760ポイント 7,200ポイント 1,440ポイント 156,000円(月平均13,000円) 6,240ポイント 7,800ポイント 1,560ポイント 168,000円(月平均14,000円) 6,720ポイント 8,400ポイント 1,680ポイント 180,000円(月平均15,000円) 7,200ポイント 9,000ポイント 1,800ポイント 192,000円(月平均16,000円) 7,680ポイント 9,600ポイント 1,920ポイント 204,000円(月平均17,000円) 8,160ポイント 10,200ポイント 2,040ポイント 216,000円(月平均18,000円) 8,640ポイント 10,800ポイント 2,160ポイント 228,000円(月平均19,000円) 9,120ポイント 11,400ポイント 2,280ポイント 240,000円(月平均20,000円) 9,600ポイント 12,000ポイント 2,400ポイント 結局、どっちがいいの 楽天ゴールドカードの利用でもらえる+1%分は期間限定ポイントなので、期間限定ポイントを有効に使い切れる前提で、年間22万円以上楽天市場を利用するなら楽天ゴールドカードの方がお得です。 また、空港ラウンジを年2回以上使いたい方も、楽天ゴールドカードの方がいいです。 空港ラウンジは、空港ラウンジを利用できるクレジットカードを持っていないくても1回1,000円程度で利用できます。 なので2回利用すれば年会費の元が取れる計算になります 楽天カード.

次の

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードはどっちがお得?どちらのゴールドカードを作るかで迷ってる方に、それぞれのメリットを解説。

楽天カード 楽天ゴールドカード 違い

この記事では、よくご質問をいただく 楽天カード、楽天ポイントカード、 楽天Edy(エディ)の3つの違いについて説明しています。 まずざっくり3つの違いを書くと、次のとおりです。 楽天カード クレジットカード 【お金を後払い】 楽天ポイントカード ポイントカード 【ポイント払い】 楽天Edy 電子マネー 【お金を前払い】 楽天カードで買い物ができる場所は「JCB加盟店(ブランドがJCBの場合)」 楽天ポイントカードで買い物ができる場所は「楽天ポイントカード加盟店」 楽天Edyで買い物ができる場所は「楽天Edy加盟店」となっています。 楽天カードも楽天ポイントカードも楽天Edyも「楽天市場」で使うことができます。 共通していることは、 貯まるのは「楽天ポイント」だということです。 では、1つずつ説明するとともに、お得な使い方もご紹介します。 「楽天ポイントカード」はポイントカード! お次は「楽天ポイントカード」です。 名前のとおり、ポイントカードです。 クレジットカードがお金を「後」で払い、最後に紹介する楽天Edyがお金を「前」に払うのと違って、楽天ポイントカードは貯めたポイントをそのまま利用する方法となっています(お金でポイントを買うわけではありません)。 出典:楽天ポイントカード公式サイト 街の買い物で「楽天ポイント」が使えて、しかも、貯まるのが楽天ポイントカードの特徴です。 これはわかりやすいですね。 サークルK・サンクス、ポプラ、出光(ガソリン)、ミスタードーナツ、大丸・松坂屋などの楽天ポイントカード加盟店で 楽天ポイントを使ったり貯めたりすることができます。 楽天ポイントが貯まるので、利用方法は「楽天カード」でご紹介した方法と同じです。 マクドナルドやくら寿司など外食チェーン店の利用方法は次の記事を参考にしてみてください。

次の