乙女 ゲーム の 破滅 フラグ 感想。 【はめふら】アニメ最終回結末を原作からネタバレ!元の世界には戻れた?

海外の反応 第6話 伏線の張り方が上手かったし、改変も良かったな!【乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…】

乙女 ゲーム の 破滅 フラグ 感想

Voters: 116 redditの反応 390 points メアリ:私のフィアンセがカタリナ様と二人きりで勉強。 これは良くありません…。 二人が仲良くなるのを止めないと。 多分メアリ。 redditの反応 329 points 本でのシーンの代わりに、アランにナイスなクレジット後のシーンが用意されていた。 私はそれが見たいんだ。 redditの反応 304 points 「お菓子と私どっちを取るの?」をカタリナに迫ってはいけない。 絶対に負ける。 redditの反応 51 points マリアはカタリナに対して大きなアドバンテージがある。 しかし、真にカタリナを手に入れるならスイーツを作るだけでは足りない。 スイーツにならないと。 redditの反応 79 points メアリとマリアのファンフィクション(同人物語)がどんなものか本当に見たかった。 二人とも堕落しているから。 マリア:多分無邪気でピュアなもの。 カタリナが農業をやりつつ、一緒に家族になっていく。 redditの反応 99 points 余裕で物理法則を無視。 カタリナの腰をキャッチ。 Yes. このシリーズはフェイトフランチャイズだったんだよ。 redditの反応 55 points ジオルドは致すことも頭にあったと思うけど、彼はカタリナと二人きりの時間をついに過ごせることが幸せだったんだと思う。 婚約して何年も経つのに、他の友人をリード出来ないのはかなりやきもきしていただろう。 redditの反応 117 points エンディング後のギャグでマリアがいじめられた。 彼女だけファンタジー同人がない。 スポンサーリンク redditの反応 180 points つまり、フォーチュンラバーの世界の古代の本の中にも世界があるのか。 Isekai インセプション(多分映画ネタですね) redditの反応 89 points バカリナはまさにブラックホールちゃん。 redditの反応 231 points 皆の欲望が本の中で再現される様子を見るのは楽しかった。 特にソフィアとニコル。 可哀そうなメアリ。 たくさん見せられてトラウマになってしまった。 エピソード最後のアランとカタリナのキュートな時間。 メアリは邪魔する能力を全開にしていた。 これに関しては、彼女とキースどちらが賞に相応しいだろう。 😂 何時もの様にグレートなエピソード。 楽しくて軽快。 来週のアドベンチャーも楽しみだ。 彼はただOKと言うだけだと思っていたのに。 redditの反応 53 points 分からないけど、ニコルを見た瞬間にセーラームーンとタキシードマンを思いだした。 redditの反応 66 points ソフィアの想像の大胆さを見ると、マリアバージョンも見たくなった。 多分バカリナと一緒の幸せなクッキングライフだろう。 メアリのバージョンは考えるのも怖い。 このエピソードが大好きだ。 MALの反応 ベストボーイアランだけがファンタジーを現実の世界でも実現できる。 haha そして可哀そうなメアリ…。 ジオルドとキースがストレートな一方、ソフィアとニコルがよりロマンティックであったことが好き。 みんな好きだから、誰を応援すればいいのか分からない! MALの反応 皆のファンタジーに対するメアリのオーバーな反応がエピソードを盗んでいった。 それはともかく風船のようにthiccになったカタリナがプライスレス! 引用:reddit, MAL MALスコアは7. メアリとマリアの欲望も見たかったという反応が多かったですね。 ジオルドとキースはそのままでしたけど、ニコルは一体…w.

次の

海外の反応 第1話 期待以上に面白かった!!【乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…】

乙女 ゲーム の 破滅 フラグ 感想

ついに乙女ゲームの主人公であるマリア・キャンベルと出会い、改めて「破滅フラグ」を回避するために奔走するカタリナ。 魅力的なマリアにたじろぐカタリナは、既にジオルドとキースが攻略されてしまったのではないかと、勘違いしてしまう。 授業どころではないカタリナは、恒例となっている「脳内会議」を開くのだった。 出典: 「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」公式サイト 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… 第4話 ネタバレ 魔法学園入学 母親から日頃の素行から多大な心配受けながらも、カタリナとキースは魔法学園へと旅立ちます。 未だにスカートをたくし上げたり、拾い食いをしていたようです 笑 いよいよ乙女ゲームの本編が始まる魔法学園へと着いたカタリナは、破滅フラグを回避することを改めて心に誓います。 カタリナは早速脳内会議を開催しますが、すでに乙女ゲーム開始時点との差異が存在するとのこと。 まず、乙女ゲームでは、カタリナに全く興味がなかったジオルド王子がカタリナに興味津々であること。 チャラ男に育つはずだったキースは好青年に、しかし、知らぬ間にその魅力で女性を虜にすることもしばしば。 兄ジオルドのコンプレックスの塊だったアランは、それを無くししかも音楽の才能を開花させた。 しかし、婚約者のメアリは、カタリナ一筋。 宰相の息子のニコルは、相変わらず無口であるが、老若男女問わず魅了する美貌はさらにパワーアップ。 妹のソフィアとも仲良くなっている。 自身の知る状況と違う事がどんな影響を及ぼすのか不明とのことだが、前進あるのみと結論付けます。 計画性があるのかないのか分からんな、この子 笑 主人公マリア・キャンベルの魅力 入学式の挨拶の最中、ジオルドはカタリナを珍しいお菓子があるから部屋に来るようにと伝えます。 カタリナは、何の疑いもなく快諾します。 ジオルドの部屋を訪れたカタリナ。 その後ろには、キースの姿も。 ジオルドは、キースの行動に小言を挟みますが、キースは素知らぬ顔です。 カタリナがジオルドが用意したお菓子を堪能し始めると、ジオルドから主人公マリア・キャンベルが迷子になっていたので、寮まで案内したということを聞きます。 カタリナは、やはりゲーム通りマリアとジオルドが出会ったことに暗澹たる思いになり、これから先どうするべきかと思案を巡らせます。 あくる日、キースと傍付きのメイドと共に学園へと登校しているカタリナ。 するとキースから噂になっている光の魔法を使うマリアと会ったと告げられます。 その報告に動揺を隠せないカタリナは、キースにどうして出会ったのかと問い詰めます。 キースは、マリアが落としたハンカチを届けて出会ったのだと経緯を説明します。 その後はどうしたのかとさらに問い詰めますが、キースは不思議に思います。 業を煮やしたカタリナは、キースにマリアのことを好きになったのかと直球を投げます。 思いもよらない質問に赤面するキース。 その反応を図星だと思い込むカタリナ。 カタリナは、キースにその中は邪魔しないからと力強くキースを応援します。 無邪気に心にナイフを突き立てるのを見るのは、面白いけど、当人だったら再起できないだろうな・・・ 主人公マリア・キャンベルとの会合 廊下を歩きながらジオルドとキースとの間にすでにフラグを立てる主人公マリアに慄くカタリナ。 すると、前からその当人が現れすれ違います。 カタリナは授業中であろうともマリアを注視しますが、そのことで教官から叱責を受けます。 帰り道、破滅を回避するため、脳内会議を開催します。 主人公マリアの障害となるソフィア・マリアは、美しくさらに魔力量も多く、魅力的なマリアであってもそんなに簡単に負けはしないだろうと安堵します。 しかし、頭もポンコツで魔法もろくに扱えない自身の存在を思い出し、自身がそれならBADENDまっしぐらだと再認識します。 国外追放された場合のことを考慮して、その時は農民として生きて行かなければならないと考えており、そのために畑を作ることを決めます。 凄い後ろ向きでありながらも前進しようとする考えですよね そしてゲームの通り、テストの成績順に従って、ジオルド・マリア・アランの3人が生徒会に所属となった。 なぜかカタリナも生徒会室に通うようになるということを除けば。 生徒会の会長もカタリナを快く受け入れる為、生徒会に入り浸るようになったカタリナは、友人意外とも交流をすることになる。 乙女ゲームの主人公マリア・キャンベルともだ。 マリアは、生徒会に差し入れとして貰ったお菓子をカタリナに振舞います。 何気ない日常の会話を続ける最中、カタリナは、マリアがお菓子を作って持ってこないのかと尋ねます。 マリアは、カタリナにどうしてそれを知っているのかを驚きながら聞きます。 ゲームで知っているとは言えず、食堂の料理人の人からとその場をごまかします。 マリアとフラグを立てるカタリナ 学園からの帰り道、香ばしい匂いに誘われて、貴族の子女達に囲まれているマリアを発見します。 マリアは手作りのお菓子を生徒会の人たちに振舞おうと考えていたようですが、多くの人にちやほやされることが気に入らない貴族の子女たちは、マリアの持つバスケットを叩き落とします。 さらに、お菓子を踏み潰そうとします。 その様子に激怒したカタリナはマリアの前に飛び出し、貴族の子女達を持ち前の悪役顔の睨みを効かせ、撃退します。 そして、地面に落ちたマリアの手作りのお菓子を拾い上げ、食します。 満足したカタリナは、目の前に唖然としているマリアを見つけ、やってしまったと後悔します。 なぜか謝りながらバスケットを手渡すカタリナ。 マリアは、地面に落ちたものだからと心配しますが、カタリナは芝生の上だし、そんなに汚れていないと取り繕います。 さらに、マリアにそこらのプロのお菓子よりも断然美味しいと伝えます。 後日、マリアがいじめに遭っていたことに心を痛めるカタリナ。 しかし、その様子に心当たりがありました。 それはゲーム内でジオルドとマリアの距離が詰まるイベントの1つであり、本来であれば、いじめる側がカタリナで助けるのがジオルドでした。 カタリナは、ジオルドとのイベントを知らぬ間に阻止できたことに喜びつつ、この調子でフラグをへし折っていくぞと畑の作業着姿で言います。 まとめ 魔法学園へとついに入学し、主人公マリア・キャンベルとの会合も果たしました。 前世の時代の時と状況は違うが、概ねゲームの通りに進行していくことに恐怖を覚えるカタリナ。 上手く行動しなければ、最悪死亡するのですから当然の反応ですよね。 すでにジオルドとキースとの間にフラグが立っていると思い込んでいるカタリナは、フラグを回避するためにどのような行動をするのでしょうか。 そして、アラン王子とニコルとの間に立つであろうマリアとのフラグにどのように対処するのか、次回も楽しみですね!.

次の

漫画「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」の感想!破滅フラグの回避が面白いマンガ|魂を揺さぶるヨ!

乙女 ゲーム の 破滅 フラグ 感想

庭師のトム「ふむ…、カタリナ様の野菜が萎れた理由のぉ」 「まず儂は野菜の苗にはさほど水をやらん。 やるとしたら晴天がしばらく続いた時で、それも日の出の直後にたっぷりと与える」 「実は野菜の苗は水が不足すると根を地中深く伸ばす。 だから根が畑にしっかり食い込み、お蔭で茎を伸ばし実を成らす迄に成長できるのじゃ」 「カタリナ様のように陽が高くなってから毎日水を与えては、根が地表に浅く伸びてしまい、かえって苗が脆くなってしまう。 しかも如雨露で畑を湿らせた位では、日差しの強さで撒いた水が熱くなり、苗の根が茹ってしまうのじゃ」 「なぜ教えてやらぬのかじゃと?カタリナ様が申すには「これは魔術の修行なの。 畑を作るとは土と向き合い会話する事なのよ」だそうな。 確かに農業というものはただ教わるより、自分で苦労して工夫し得た経験こそが身につくものよ。 カタリナ様がそこまで言うのならばその意思を尊重せねばなるまいて」 「カタリナ様はお友達のメアリ様を頼り、見事解決したようじゃな。 メアリ様が園芸が得意なだけあって、しっかり畑を深く掘り返し、大量の水を溜めた後に苗を移植した。 しかもその後の水やりは夕方に行っておる。 これなら根が茹らないし、薔薇と違い野菜の苗なら早朝に拘る必要も無い。 賢い娘じゃ。 カタリナ様はほんに良いお友達をお作りになられた」 「まぁ本当は儂に助けを求めるのを密かに待っておったのじゃがな…。 ちょっと残念じゃ」.

次の