かまっ て ちゃん 無視。 かまってちゃん男の特徴5つ|うざい中年男性&寂しがり屋の対処法も

底なし沼!?相手にするほどエスカレートする「かまってちゃん男子」の特徴・5選 Moon

かまっ て ちゃん 無視

「あの人、どうにかして!」と悲鳴を上げたくなる心理ゲームとは 「人を変えようとしてはいけない」・・・確かにその通りですが、世の中には「あの人、どうにかして!」と悲鳴を上げたくなる人がやはりいます。 真に自立し、互いを尊重できる人同士なら、性格的な相性や、考え方が少々合わないだけではこうはなりません。 「あの人、どうにかして!」とつい思ってしまうのは、「かまってちゃん」「かまわせてちゃん」が後述する「心理ゲーム」を仕掛け、こちらの境界線をひっかきまわそうとするケースが多いです。 勿論そうではない例ー本人はいたってマイペースで、ひっかきまわそうとはしていないけれど、マイペース過ぎて協調性が乱れる、などーもあります。 しかし今回は、多くの人が一度は悩んだことのある「心理ゲーム」について取り上げていきます。 「心理ゲーム」とはエリック・バーンの交流分析で分類された、「不快な結末を引き起こす」人間関係のパターンです。 自分を大切にできない人は、「かまってもらうこと」またその裏返しの「かまわせてもらうこと」で、その埋め合わせをしようとします。 親から充分に承認されていないと感じた子供が、「わざと怒られるようなこと」をして関心を引こうとする、そうすると「無視されるよりはまし」な状況が手に入ります。 そのパターンが大人になっても続いてしまう、心理ゲームとはざっくりと言うとこうしたことです。 しっかりと承認され、愛され、信頼されて育った子供は、このようなことをする必要はありません。 また、親から愛されなくても、自分で自分を大切にし続けた人も、このようなゲームをしかけることはありません。 心理ゲームの代表的な種類 心理ゲームは多岐にわたりますが、ここでは代表的な例を挙げます。 キック・ミー(私を蹴って下さい) わざと遅刻をする、ルールや締め切りを守らない、何度注意されても同じようなクレームを起こす、など。 「周囲の人をわざと怒らせて」関心を引こうとしています。 「はい、でも」(水掛け論) 悩みごとを持ちかけながら、「こうしたらどう?」と提案されると「そうですね、でも・・・」を繰り返します。 悩んでいるようだけれど、改善する気は本当のところはありません。 あらさがし(揚げ足取り) ささいなことをいちいち否定したり、揚げ足を取ってきます。 しつこく否定し続けることで、相手が根負けして自分の言う通りにすると、自分が優位に立てた気分になります。 義足 「こんなにかわいそうな私」を演出します。 実際に無意識に怪我を繰り返し、「大丈夫?」と気遣ってもらったり、本来やるべきことを免除されようとすることもあります。 大騒ぎ 「もう会社辞める!」「もう死ぬ!」「私なんてもうダメ!」・・・「辞めないで!」「大丈夫?しっかりして!」「そんなことないわよ!」と周囲の同情を引こうとします。 同情を引くことが目的なので、「はい、でも」と同じで、自分が改善する気はありません。 あなたのせいでこうなった(責任転嫁) 自分の非を認めず、責任転嫁します。 理性的に現実的に解決をしようとするのではなく、感情的に責め立てるだけです。 家庭や職場での暴君タイプです。 あなたを何とかしてあげたいんだ(過剰な世話焼き) 相手が求めていないのに、過剰な世話を焼きたがります。 相手が断ると傷つき、怒ったり泣いたりして罪悪感に訴えようとします。 以前の記事で書いた「感謝アピール」や「惚れさせることが目的」も心理ゲームです。 要は 「他人を使い、振り回して、自分の不全感を埋め合わせようとする。 『ほれぼれとする自分』の演出のために他人を利用する」のは全て心理ゲームだ、と考えて良いでしょう。 カモにされやすいのは反応的な人 心理ゲームは、まずは「カモを見つける」ところから始まっています。 かまってちゃんはかまってほしいわけですから、反応しやすい人をカモに選びます。 気持ちが優しく、同情しやすい人、人のために一生懸命になりやすい人、従順な人、また逆にカチンと来やすい怒りっぽい人などがカモにされがちです。 自分より弱い立場の人をカモにすることもありますし、逆に「偉い人」にゲームを仕掛けて優越感に浸ろうとすることもあります。 余り感情的な反応を出さない人、 冷静沈着で合理的、論理的、理性的な人、ドライでクールな人は避けられます。 「相手は解決を求めていない、心理ゲームを仕掛けてきている」とわかったら、自分の中の「冷静沈着で、合理的」なパート(部分)にアクセスして、それを引き出すことが効果的です。 勿論、心理ゲームを仕掛けてくる人には関わらないのが一番です。 しかし、家族、親戚、職場の人など「関わらざるを得ない」こともあります。 具体的な方法はケースバイケースなので、今回は原則となる心構えを以下に挙げます。 緊急時、肉体的生命的危機が迫っている時(電車の中で苦しそうな人に席を譲る、など)は別ですが、平時の、特に精神的なことには「どうにかしてあげたい、あげなくっちゃ」は寧ろ厳禁です。 「どうにかしてあげよう」はこちらが相手を下に見ている、思い上がりでしかありません。 自分を変えられるのは自分だけ、そして禁煙でもダイエットでも婚活でも、「本人がそれを望まなければ実現しない」のです。 口では自信がないとか辛いとか言っていても、「自信をつけたい」「幸せになりたい」と本人が望んでいるかどうかは、また違います。 相手が「自信をつけたい」「幸せになりたい」と 口先ではなく心から望まなければ、こちらが「ああしたら?」「こうしたら?」とアドバイスをしたところで、 行動に移すという面倒くさいことをしようとはしません。 心理ゲームに巻き込まれ「こんなに一生懸命してあげたのに!」と悔しい思いをしたのなら、そして「もうこんな思いはしたくない!」のなら、 「一生懸命して『あげる』」を見直すことから始めると良いでしょう。 議論になってしまうと相手に「はい、でも」「あらさがし(揚げ足取り)」をさせるチャンスを与えてしまいます。 そのために、こちらが返す言葉に 評価を加えず、事実だけを返すことが基本になります。 《例》(A:ゲームを仕掛ける方 B:仕掛けられた方) A:「私何やってもダメなんです。 自信が持てなくて・・きっとみんなにも迷惑かけてるよね」 (「そんなことないわよ!だれも迷惑だなんて思ってないわよ!」だとまんまとゲームにはまってしまいます。 「でも・・・」と同じ話が延々と繰り返されます) B:「迷惑掛けてるかもって、気にしてるんだ」 (「気にしている」ことは事実です) A:「うん、そう。 私なんか顔出さない方がいいかしら?」 (「そんなことないわよ!」だとゲームにはまります) B:「顔を出すか出さないか、迷ってる?」 (「迷っている」と相手の行動に焦点を当てます) A:「そうね・・・あなたはどう?迷惑じゃない?」 B:「私は別に・・(と「迷惑か迷惑でないか」の評価を避けます。 「迷惑だ」とも言えませんし「迷惑ではない」と言うと「でも・・・」が始まるからです)。 相手の体面を傷つけないのは思いやりでもありますが、「ゲームに乗らない」ことそのものでもあります。 ゲームにうっかり乗ってしまうと、エネルギーを奪われ、不快な気持ちが残ります。 そして自分が嫌な気持ちになるのと同時に「相手に味を占めさせる」ことになります。 味を占めさせず、「この人はゲームに乗らない人だ」と思わせることが最大の防御です。 そうなるとその人との関係は終わるかもしれません。 関係を断絶した、と思うのが苦しい時は「今は一旦終わらせている」と思っても良いでしょう。 何十年か先には、どうなっているかはわからないことですから。 そして 関係が続くことだけが、常に必ずしも愛ではありません。 「味を占めさせない」ことも、相手はそれを望まなかったとしても、関係が終わったとしても、大きな観点に立てば それも愛なのです。 もし万が一、「味を占めさせない」ことに罪悪感を感じていたり、逆切れされるのを恐れているとしたら、それは自分の自尊感情が不足しているサインです。 そして 自尊感情が不足している人ほど、カモにされやすいです。 即ち対処の3原則を身に着けるには、いずれも自尊感情の高さが問われます。 「『どうにかしてあげたい』を改める」は、 自分の限界をわきまえること、 「事実だけにペーシングし、相手にボールを返す」は、自分の心のあり方は 自分にしか選べないということ、 「体面を傷つけず、味を占めさせない」は、評価評判という見返りを求めず、 孤独に耐えられること、 自分自身が、常日頃からこれらを生きているかが問われるのです。 icon-leafPrado (プラード)代表 足立由布子 心理セラピスト icon-leafもし貴方が生きづらさを感じていたなら、それは「自尊感情の不足」が原因かもしれません。 うつ、不安、人の目が気になる、過度な完璧主義、依存症等、多くの心の悩みの根本には「自尊感情の不足」があります。 icon-leaf誰でも、自尊感情を高め、「あるがままの自分」を大切に生きることは可能なのです。 icon-leaf執筆、ワークショップの企画立案、各種勉強会のファシリテート等も承ります。 詳しくはお問い合わせくださいませ。 サイト内検索 心理セラピーをご希望の方へ• カテゴリー• カレンダー.

次の

12星座【かまってちゃん】ランキング 獅子座は注目されないとへそを曲げる!

かまっ て ちゃん 無視

あなたの身の回りにかまってちゃんはいませんか?誰かにかまってもらいたい一心で奇怪な行動を起こす人は、実は極度の寂しがりやである可能性が高いのです。 男女問わずかまってもらいたがる人 かまってちゃんとは、 常に誰かに相手にしてもらいたくて仕方がない人のことを指します。 普通であれば寂しくても我慢するか、気を引けるように交渉するところを、かまってちゃんは「かまってくれなきゃ嫌だ!」とすねたり、まるで子供のようにいじけたりするのです。 かまってちゃんは 相手の注目を浴びるためなら、どんな行動でも起こすのが特徴です。 相手がなかなか振り向いてくれない、または反応が薄い場合、思いがけない迷惑な行為にも走ってしまうので、周囲は困惑してしまうでしょう。 これらの行為は恋人だけでなく、家族や友人、先生など、かまってくれる人なら誰でもターゲットになり得ます。 承認欲求が強く寂しがり 人間の持つ欲求の中には「他人に大切な存在と思われたい」「考えを理解してもらいたい」という 承認欲求があります。 誰しもが持つ自然な欲求ですが、かまってちゃんは 承認欲求が人一倍強いのが特徴です。 自己肯定感が低い人は自分に自信がないため、他人に価値を認められることで初めてやすらぎを感じます。 それがかまってちゃんのモチベーションや生きがいになっているため、 自分の存在を必要以上に他人に知らせようとするのです。 また、かまってちゃんは、 ひとりぼっちになることを極度に恐れる寂しがり屋です。 常に誰かがそばにいないと落ち着かず、ときに精神が不安定になることもあるほどです。 承認欲求が強くて寂しがりと聞くと、多くの人にあてはまってしまいそうですが、かまってちゃんの言動には分かりやすい特徴があります。 ときに度が過ぎるので、周りからは不審に思われることもしばしばです。 話を盛りがち かまってちゃんは、 わざと話を大げさにする傾向があります。 よくある日常的な話では相手の興味や注意を引くことができないため、話をどんどん大きくしてしまうのです。 「すごいね!」「それでどうなったの?」「えらいね」と相手の視線が自分に注がれると安心しますが、思ったほどの反応が得られないと、言動がさらに激しくなるでしょう。 自分の気持ちが満たされればそれでOKなので、平気でうそをついたり、会話を遮って突拍子のないことをいったりするのもよくあるパターンです。 体調が悪いなど気を引くアピール 周囲から気遣いの言葉をかけてもらいたいため、かまってちゃんは 体調が悪いアピールを頻繁に繰り返します。 具合の悪さを1人で抱え込みたくないということもありますが、「ちょっとめまいがして…」といった後の 相手のリアクションを期待している場合がほとんどでしょう。 「どうしたの?」「大丈夫?」という言葉をかけられたいがために、苦しそうな顔をして無言で相手を見つめたり、誰かがデスクのわきを通るたびに「ああ、頭痛い」とわざとらしくつぶやいたりと、あの手この手で人の気を引こうとするのです。 心配されることで相手とのつながりを感じているので、SNSやブログでも「昨日は病院で検査しました」「苦しくて無理…」などの投稿が多く目立ちます。 SNSの更新頻度が高い 「常に自分に注目してほしい」という気持ちは、 SNSの更新頻度に比例します。 Instagramには短時間の動画や写真を気軽にアップロードできる、ストーリーという機能があるのをご存じでしょうか。 感じていることをリアルタイムでみんなにシェアするための機能で、アップされた内容は24時間で削除されるのが大きな特徴です。 多くのかまってちゃんはこのストーリーを何度も繰りかえし更新し、誰かに絡んでもらえるのを待っています。 24時間で削除されるのをいいことに、長文の愚痴やネガティブ発言を載せてみたり、肝心な内容をぼかして「え?どういうこと」と見る人が気になるような写真をアップしたりすることもあるようです。 また、 SNSのアイコンやプロフィール画像がころころ変わる人も要注意でしょう。 心理学の観点から見るかまってちゃん かまってちゃんの言動は、心理学の観点から見るとどんな特徴があるのでしょうか?ただ単に性格が個性的なだけでなく、実はさまざまな心理が隠れていることが分かります。 自己肯定感が低い 自己肯定感とは、自分を自分で価値ある存在だと認めてあげることです。 自分を否定したり卑下したりせずに、 ありのままの自分を受け入れることともいえるでしょう。 自己肯定感がある人は、外部からの評価に気分が左右されることが少なく、基本的に気持ちが安定しています。 一方、自分が受け入れられない 自己肯定感の低い人は、人に評価してもらわないと不安な気持ちになるという特徴があるのです。 かまってちゃんは自己肯定感が低い人が多く、他人から肯定されたり、気にかけてもらえたりすることで気持ちの安定性を保っているといえるでしょう。 依存体質 かまってちゃんは、他人に依存せずにはいられない 依存体質である可能性が高いです。 普通ならば、大人になる過程で出会いや別れを繰り返し心を発達させていきますが、何かが原因で心の発達が妨げられ、 甘えや依存度の強い大人になってしまったといえます。 たとえば、幼少期に甘えの欲求が十分に満たされなかった場合、無意識のうちに、目の前にいる恋人にそれを満たしてもらいたいと考えるのです。 ひどい場合は病気の可能性も? ネガティブな発言を繰り返すかまってちゃんと、うつ状態の人の見分けは難しいですが、かまってちゃんは基本的に「相手の気を引かせる」という自分の利益や目的のために行動をするのが特徴です。 もし、かまってちゃんの言動がエスカレートしてきたり、物事に対する見方に「ちょっとこわいな」と思うような偏りが感じられたりしたら、単なるかまってちゃんではなく、 精神的な病気が潜んでいる恐れがあるでしょう。 ターゲットにされやすい人はどんな人? かまってちゃんに目を付けられると、昼夜問わずかまって攻撃がはじまります。 実際のところ、かまってちゃんはどんな相手をターゲットにするのでしょうか? 気持ちが優しい人 かまってちゃんは、意外と身の回りにたくさんいるものです。 「自分の周囲にかまってちゃんはいない」と感じる人は、運よくターゲットにされなかっただけかもしれません。 かまってちゃんのターゲットになりやすいのは、 人当たりが優しい友人や異性です。 辛そうな人を目の前にすると手を差しのべずにはいられないような優しい人は、何気ないSNSの投稿にも何らかのリアクションを返してくれるからです。 「相手の誘いを断れない」「なかなかNOといえない」という人も目を付けられやすい傾向があるでしょう。 特に男子には、女子に頼りにされたい、甘えられたいという心理傾向があります。 優しい男子は、女子のかまってちゃんに振り回されるというケースも多いようです。 誰とでも仲良くなれる人 誰とでも仲良くできる人もかまってちゃんのターゲットになりやすいです。 相手がかまっちゃんだと分かれば「この子、ちょっとうざいな…」とすぐに距離を置こうとする人が多いのに対し、誰とでも仲良くできる人は、相手をなかなか無視することができません。 人を差別したり、見下したりせずに誰とでも分け隔てなく接するので、かまってちゃんも近づきやすいといえるでしょう。 反対に怒りっぽい人も 意外かもしれませんが、 怒りっぽい人もかまってちゃんのターゲットになります。 子どもが親の気を引こうとし、わざと怒られるようないたずらをするのと同様で 「無視されて寂しい思いをするくらいなら、怒られた方がいい」と思ってしまうのです。 このパターンのかまってちゃんは、怒りっぽい人や理屈っぽい人を故意的に選び、わざと 心理的な挑発を行います。 突然、あらさがしをしはじめることもあれば、相談を持ちかけながら相手のアドバイスに反論をする場合もあるでしょう。 友達としてターゲットにされた場合の対処法 友達であるかまってちゃんに、自分がターゲットにされた場合、付かず離れずの絶妙な距離感を保つことが大切です。 相手を刺激しないように、無難に過ごしていれば無事に乗り切れるかもしれません。 適度に褒める かまってちゃんは、自己肯定感が弱く、相手から承認されたいという気持ちを持っています。 話を盛る・見栄を張る・SNSを頻繁に更新するという一連の言動は 「わたしを認めて」という気持ちの現れでしょう。 かまってちゃんを落ち着かせるには、まずは 身近な人が認め、褒めてあげることが大切です。 相手が「見て見て!」とうれしそうに話しかけてきた「すごいね!」と受け止めてあげてみてください。 メンタルの弱いかまってちゃんに対しては、余計なことはいわずに、褒めたら褒めっぱなしにしておくのがベストです。 SNSは基本的に無視が一番 かまってちゃんは頻繁にSNSを更新しますが、 基本的に無視するのが一番です。 リプライはもちろん、いいねも控えて見ていないふりをしましょう。 更新回数が多すぎて目障りだと感じるなら、相手に分からないようにミュートにしても構いません。 もし、「辛いよ…」といった投稿に「何があったの?大丈夫」と反応してしまったらこちらの負けです。 かまってちゃんはターゲットを発見したとばかりに、かまって攻撃をしてくるでしょう。 適切な距離感を持つ かまってちゃんとは適切な距離感を保ちましょう。 適切な距離感とは、私生活であまり仲良くしすぎず、 必要があるときだけ軽く関わるというスタンスです。 2人きりで一緒にランチに行ったり、遊びに行ったりするのは極力控え、相手に誘われたら「ごめん、忙しくて…」と断るか「今度みんなで行こう」と話をそらしてしまいましょう。 恋人がかまってちゃんかも?と感じる場合 友達がかまってちゃんの場合は、極力会わずに、SNSにも反応しないことが可能ですが、もし恋人がかまってちゃんの場合はそうはいきません。 交友関係で不安や嫉妬をいだきやすいので、気遣ってあげることが大切です。 普段から褒めてあげる 恋人に対しては「愛してほしい」「認めてほしい」という特別な感情を抱いているはずです。 恋人にないがしろにされていると、かまってちゃんは暴走し、手が付けられない状態になってしまうため、普段から 相手を褒め、認めてあげるようにしましょう。 「料理上手だよね」「洋服のセンス、さすがだなぁ」「いつもお仕事お疲れさま」など、ちょっとしたことでかまいません。 褒められることで承認欲求が満たされ、身勝手なかまってちゃんの言動も次第に落ち着いてくるでしょう。 恥ずかしがらずにしっかり 愛情表現をしてあげることも大切です。 連絡はマメに かまってちゃんの特徴として、LINEやメールの返信が速くてマメなことが挙げられます。 常に 誰かとつながっていないと不安なため、スマホが手離せないのです。 恋人であれば、 かまってちゃんへの連絡はこまめに行うのが理想でしょう。 未読スルー&既読スルーは相手を不安にさせ、「気付いたらメッセージが数十件も届いていた…」ということにもなりかねません。 感情が暴走する前に こまめに連絡をとってあげれば、かまって攻撃を受けずに済むでしょう。 仕事が忙しいときにメールが来たときのために、あらかじめ相手をなだめる定型文を作っておくのもアリですよ。 うざいと感じたら伝えることも必要 かまってちゃんの言動をそのままにしておくと「この人なら何をしても許してくれる」と依存されてしまい、どんどんエスカレートしていくでしょう。 恋人や夫婦ならば、これからも相手と一緒に過ごしていかなければなりません。 身勝手な言動に自分だけが耐えていたら身がもたないため、 どう思っているかを相手に正直に伝えてあげることも必要です。 ただし、かまってちゃんはもともと自己肯定感が弱いので、 頭ごなしに相手を否定したり、強く叱ったりするのは逆効果です。 駄目なところだけを並べるのではなく、いいところと直して欲しいところの両方を話してあげるとよいでしょう。 「愛情はあるんだよ」ということを忘れずに伝えるのがポイントです。 「これはできるけど、それはできない」というふうに、 2人のルールを作っておくのもよいでしょう。 職場のかまってちゃんに目をつけられたら 職場にかまってちゃんがいると、人間関係が複雑になったり、仕事がしづらくなったりすることもしばしばです。 相手がかまってちゃんだと分かったらターゲットにならないよう、適度な距離を保つことに徹しましょう。 話しかけにくい雰囲気を出す 職場にかまってちゃんがいるととても厄介なものです。 仕事がうまくいかないとネガティブな感情をいつまでも引きずり、「私、大丈夫かな?」「間違ってないよね」と延々と話しかけてくることも少なくありません。 こうした言動が繰り返されると自分の仕事のペースが乱され、ストレスがどんどん溜まっていきます。 「この人かまってちゃんかも」と感じたら、まずは 話しかけにくい雰囲気を出してみましょう。 「仕事に集中しているから話しかけないで!」というピリピリしたオーラを出しているとかまってちゃんも諦めてくれるはずです。 ただし、職場では相手を無視することはあまりよい案ではありません。 必要最小限のコミュニケーションをとるだけの比較的ドライな関係を保ちましょう。 相槌を適当にうつ かまってちゃんが話をしているときは、 相槌を適当にうち、その場をうまく切り抜けましょう。 「それは大変でしたね、どうなったんですか」「すごいですね」と感情的に反応してしまうと、どんどん会話の内容がエスカレートしていきます。 当たり障りのないように適切な相槌を打っていれば、相手はそのまま去っていくでしょう。 また、「あ、ブラウザが落ちた」「頭いたいー」など、かまってちゃんはひとりごとも多く、デスクのそばを通りかかった人に「どうしたの?」「大丈夫?」と心配してもらうことを期待しています。 仕事に関係のないひとりごとなら、 聞こえないふりをしてサッと通り過ぎるのもアリでしょう。 必要以上に距離を詰めさせない 同じ職場にいると相手を完全に避けるのは難しく、時には一緒に作業をしなければならない場合もあるでしょう。 その際、 必要以上に距離を詰めさせてはいけません。 一度仲良くなってしまうと、連絡先の交換を求められたり、ランチにさそわれたりと関係がどんどん深くなっていきます。 仕事中は、 プライベートの話は一切しないようにし、SNSの話が出たとしても「やってないからわからない」と返しましょう。 かまってちゃんの中には、わざとミスをして相手をイライラさせることで気を引こうとしてくる人もいます。 そのときは一人で抱え込まずに、 上司に相談するのがベターです。 職場の士気を下げてしまうかまってちゃんは、職場全体で解決したい問題ともいえます。 まとめ かまってちゃんが恋人か、友人か、職場の同僚かによって適切な対応の方法は異なります。 恋人の場合は、相手をしっかり受け入れ、不安を与えないことが大切ですが、友人や同僚の場合は、適度な距離を保ち、まずは自分がターゲットにならないように注意しましょう。

次の

かまってちゃんが仕掛ける心理ゲームと対処の3原則│大阪神戸の心理セラピー・カウンセリング Prado

かまっ て ちゃん 無視

Contents• かまってちゃんの意味とは? 「かまってちゃん」とは、 いつも自分を構って欲しいと思っている人のことを指し、「構う」を文字って作られた造語です。 他人からいつでも構ってもらいたいという強い欲求があり、承認欲求の高い人と認識している人も多いでしょう。 この欲求を他者承認欲求といい、他にも以下のような感情を引き起こします。 人に認められたい• 周りから注目を浴びたい• 自分のことを気にして欲しい• 自分が一番でありたい かまってちゃん【類語】 かまってちゃんと一括りにしても、人によって満たしたい欲求はそれぞれです。 かまってちゃんの代表的な欲求として、周りから注目を集めたいという心理があるため、「目立ちたがり屋」が類語として意味が近いといえます。 また、 「寂しがり屋」や「甘えん坊」もかまってちゃんの類語として挙げられるでしょう。 かまってちゃん【英語】 かまってちゃんの存在は日本だけでなく、海外でも認識は共通です。 英語でかまってちゃんを表現する、代表的な2つの言葉はこちら。 ・attention seeker 「周りから注目されたい人」という意味があり、かまってちゃんを表すことが可能です。 ・Needy 直訳すると「貧しい」という意味ですが、「要求が多い」「重い」という表現でも使用されます。 (例:My boyfriend is really needy. まずは、かまってちゃんの心理的特徴「男性編」を解説しましょう。 自分のことが1番大好き 男性かまってちゃんに多い心理的特徴は、自分のことが1番大好きだというところ。 自分の外見も性格も全てが大好きで、その気持ちは他人も同じと考えている傾向があります。 そのため、「俺のこと好きでしょ?」「俺ってイケてるから」など、空気を読めない発言も目立ちます。 相手も自分の良さを感じているという勝手な思い込みから、 相手に意見を押し付けてしまうこともあるため、場合によっては敬遠されてしまうでしょう。 嫉妬心が強くワガママ 嫉妬心が強くワガママな部分も、男性かまってちゃんに多い心理的特徴です。 会社の同僚に対してもあからさまにライバル心をむき出しにしたり、 男友達に対しても嫉妬の気持ちを見せることがあります。 自己顕示欲が高いかまってちゃんは、承認欲求が強いことから常に周りと自分自身を比べてしまうという特徴も。 そのため、負けず嫌いが度を越して高圧的な態度をとってしまうことがあります。 自意識過剰でネガティブ 自意識過剰なかまってちゃんは、周りから自分がどう思われているのかをとても気にしています。 そのため、急にネガティブになることもある厄介なタイプです。 ネガティブ発言を繰り返し、周りの空気を悪くしていることにも気づかず、自分の事ばかりが気になるのです。 周りの気持ちを考えないため、空気の読めない自意識過剰な人と思われることが多いかもしれません。 メンヘラ気質 心が病んでしまっているメンヘラ気質も、かまってちゃんによく見られる特徴です。 メンヘラ気質のかまってちゃんは、 日々人に助けてもらうことで自己肯定感を満たしています。 誰かにそばにいて欲しいなど、弱音を吐くことが多く、彼女だけでなく友人にも重い人と思われる傾向があります。 マメで几帳面 女性へのアピールポイントにもなるマメさも、かまってちゃんによくある特徴です。 連絡が頻繁で、返信も早いという几帳面さを持っています。 これは寂しがり屋な部分が関係しているといえるでしょう。 好きな男性からマメに連絡がくることで 喜ぶ女性も多いですが、その反面彼氏になってからかまってちゃんだったと気づく女性も多いようです。 かまってちゃんの心理的特徴【女性編】 次に解説するのは、女性のかまってちゃんに見られる心理的特徴です。 男性同様の共通する部分もありますが、女性特有の特徴もあるのでチェックしてみてください。 人に依存しがち 女性のかまってちゃんは、人に依存しがちなタイプが多い傾向にあります。 自分で何かを決断することが苦手だったり、 頻繁にLINEやSNSといった誰かしらと繋がっていることに安心感を覚えます。 食事のメニューを決めるといった些細なことでさえ、他人に決めて欲しいと考える人もいます。 依存したい気持ちが強いため、他人との距離感を掴むのが苦手なタイプといえるでしょう。 寂しがり屋 寂しがり屋のかまってちゃんは、1人で昼休みを過ごせない、トイレに行くにも友達を誘うなど、とにかく1人で行動することが苦手です。 「おひとりさま」が心地いいと感じている女性が増えている中で、 誰かとずっと一緒にいたいという女性心理を持ち続けています。 また、恋愛では彼氏にいつもべったりというタイプが多く、うざいと思われてしまうことも少なくありません。 承認欲求が強く1番がいい 承認欲求が強く自分が一番だと思われたい女性のかまってちゃんは、他人から褒めてもらうことに生きがいを感じています。 他人からの評価によって、自分の価値を確かめているのでしょう。 友達の悩みを聞いているはずが、いつの間にかかまってちゃんの話に変わっていたなんてことは日常茶飯事。 いつでも自分が一番でないと気が済まないのです。 思い通りにならないと不機嫌 自分の思った通りにならないと、相手が友達でも上司でも不機嫌さを露骨に表してしまうかまってちゃん。 納得いかないという自分の意見をストレートに伝えたり、大きなため息をついて周りの空気を悪くしたりします。 自分の思い通りにするためなら、相手の話を遮ったり作業を中断させたりするのも気になりません。 そのため、周りのことが考えられないただのわがままな人と思われている可能性もあります。 自慢・話を盛りがち 自慢話はかまってちゃんがもっとも輝ける話題でもあります。 そのため、話を盛りがちであることも否めません。 すごい!いいなー!など、褒め称える言葉はかまってちゃんの心を満たす最高の褒めワード。 自慢するためにブランド物を身につけたり、流行に敏感であったりするなど、かまってちゃん特有の努力が見られるのも特徴です。 無視以外のかまってちゃんの対処法 仕事関係でかまってちゃんに出会うと、正直うざいと感じてしまうこともあるでしょう。 しかし、仕事上の付き合いもあり無視するというのは難しい場合もありますよね。 また、友達や恋人がかまってちゃんの場合も、どう対処すれば良いか困ってしまうこともあるでしょう。 ここでは、無視以外のかまってちゃんの対処法を紹介します。 職場のかまってちゃん 職場にいるかまってちゃんには、仕事に支障をきたさない程度のお付き合いに留めるのが良いでしょう。 仲良くなりすぎてしまうと、格好の標的となってしまうからです。 仕事のことを考慮して無視はしたくないと考えるのであれば、 自分から適度な距離を置くように心がけましょう。 かまってちゃんは思い通りのリアクションがない相手に、執拗に固執しない傾向があります。 注意点としてネガティブ発言に同情しすぎず、話半分で聞くようにしてください。 友達のかまってちゃん かまってちゃんの友達は、会社の同僚よりも距離が近い関係にあります。 そのため、依存されてしまう可能性が高い相手ともいえるでしょう。 友達になれたということは、相手がかまってちゃんであっても他にも良いところがあるはずです。 その良い部分は褒めて、 自慢話には付き合わないという距離の置き方がおすすめです。 ちょっと冷たいかなと感じる態度でも、自分と相手の両方を守ることになるはずです。 恋人のかまってちゃん 恋人がかまってちゃんという場合には、先々のことも考えた対応が必要です。 依存されることにどうしても抵抗があるのであれば、 別れを選ぶという選択肢もあります。 しかし、かまってちゃんである彼氏・彼女が可愛いと思えるのであれば、 相手の求めている気持ちに少しは答えてあげることも必要です。 あまり突き放しすぎてしまうとヒステリックになったり拗ねたりと、余計な労力を使う羽目になりかねません。 病気じゃない!かまってちゃんの改善法 かまってちゃんは病気ではありません。 自分のかまってちゃんな部分を改善したいのであれば、気持ちのコントロール法を身につけることが大切です。 構って欲しいという欲求を、できる部分から少しずつ抑えていきましょう。 自己顕示欲を抑える まずは他人に認められたいという自己顕示欲を抑えていきましょう。 自己顕示欲が高くなる原因は、自分という人間を自分で受け入れられていないことにあります。 そのため、 他人から褒められることは自分の存在価値を確認する作業でもあるのです。 自分自身を認め受け入れることは難しく、誰もができているものではありません。 自分に優しく、自分で自分を褒める、労うということを続けると、他人から褒められなくても大丈夫と少しずつ自分に自信を持つことができるでしょう。 他人にも興味を持つ 自分のことが大好きで、SNSには自撮り写真が多いという人は、他人にも少し興味を向けてみるのがおすすめです。 人に興味を示してもらうことはとても嬉しく、自信にも繋がります。 しかし、自己流で自分をアピールし続けても限界があると思いませんか? それよりも、 他人に興味を持つことで自分の新しい一面を見つけるきっかけにもなるのです。 嫉妬してしまうようなキラキラした相手のことをもっと知りたいと思うことで、今の自分を客観視することに繋がり、また違った魅力を見つけることができるかもしれません。 相手のことを考えて話す・行動する 他人からの評価が気になるかまってちゃんなのに、相手を喜ばせることは考えたことがないという人も多いのではないでしょうか。 自分がされて嬉しいことがあるように、相手もしてもらうと嬉しいことがあります。 自分中心にしていた話を、相手のことを中心に聞いてみるなど、今までと違った会話をすることで以前より話が盛り上がる可能性があります。 自分の話をしたら次は相手の話というように、 自分の話題ばかりにならないよう会話をしながら癖づけていくことをおすすめします。 うざい彼氏・彼女にならないように、かまってちゃんはほどほどに! 自己アピールが強く、他人との関係がうまくいかないこともある かまってちゃん。 他人にどう思われているのか必要以上に気にしたり、褒められたいという気持ちが強かったりと、周りを困らせることも多い存在です。 職場や友人にいるかまってちゃんとは、 無視する以外の対処法を使ってうまく距離を置くようにするといいでしょう。 また、かまってちゃんな自分を変えたいと考えている人は、自分の気持ちをコントロールし他人の気持ちにも配慮できるように心がけましょう。

次の