うだつ が 上がら ない の 由来。 「うだつが上がらない」の語源は徳島説!うだつとは?

語源・由来|「うだつが上がらない」「どういたしまして」 江戸時代の文化が垣間見える表現

うだつ が 上がら ない の 由来

「うだつが上がらない」の意味とは? 「うだつが上がらない」の語源や由来• 「うだつが上がらない」の英語 解釈• 「うだつが上がらない」の使い方• 「うだつが上がらない」を使った例文・短文 解釈• 「うだつが上がらない」の類語や類義の表現 「うだつが上がらない」の意味とは? 「うだつが上がらない」の意味は、 「地位が上がらなかったり、生活状態が良くならなかったりすること」や 「人生・生活・仕事がパッとしないこと」になります。 「うだつが上がらない」という言葉には、 「いつまで立っても出世しない・いつまでも生活が豊かにならない いつまでもお金・収入の面で恵まれない」という意味のニュアンスがあります。 「うだつが上がらない」というのは、 「地位・出世・お金の面でパッとしない状態のこと」を意味していて、 「いつまでもうだつが上がらないのは、才能もやる気もないからです」などの文章で用いることができます。 「うだつが上がらない」の語源や由来 「うだつが上がらない」の語源・由来は、屋根の 「梁 はり 」と 「棟木 むなぎ 」の間に立てる柱である 「うだつ」にあると言われています。 その 「うだつ」という柱の様子が、梁と棟木に押さえつけられているように見えることから、 「十分な力を発揮できず人生・生活がパッとしないこと」を意味するようになったという由来があります。 うだつがない家は棟上げができないということから、 「出世できない・パッとしない」の意味が生まれたとする由来もあります。 井戸の周囲に石を積み上げる時に、一番下にある石のことを 「うだつ」といい、うだつの石は上に上がれないことから 「出世しない・生活が良くならない」を意味するようになったとの説もあります。 もう一つの 「うだつが上がらない」の由来の仮説として、京阪地方では隣家との境界に作る防火壁である 「うだつ」がある家は、相対的に裕福な家とされていたからとする説もあります。 「うだつが上がらない」の英語 解釈 「うだつが上がらない」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。 I couldn't get anywhere.

次の

「うだつが上がらない」の「うだつ」の意味や語源!うだつの上がる町並みとは?

うだつ が 上がら ない の 由来

今の会社にずっと居続けても、 うだつが上がらない気がするよ。 年内には転職しようかな。 この場合は、 「会社にずっといては出世できない・生活が良くならない」 ということを言いたいわけですね。 具体的には、• 給料がほとんど上がらない• 課長や部長に昇進できる気配がない• 福利厚生なども充実されない といったことです。 このように、「うだつが上がらない」は 「将来、生活や地位などが向上されないだろう」と感じた時に 使う言葉と考えてください。 したがって、多くの場合、 この慣用句は良くない意味で使います。 うだつが上がらないの語源・由来 次に、この言葉の語源を確認していきましょう。 「うだつが上がらない」には「語源」がいくつかありますが、 一般的には次の2つの説が有力と言われています。 まず、「 梲(うだち)」とは、 「 建物の梁(はり)の上に立て、棟木(むなぎ)を受ける短い柱のこと」を指します。 簡単に言えば、 「 建物を建てる上で重要な木材」だと考えて下さい。 目立つ部分ではないですが、建築上、重要な箇所と言われています。 この「梲を上げること」は昔から 「棚上げ(たなあげ)」と言い、「家を完成させること」を意味していました。 つまり、 「 うだちを上げられない」=「 家を持てない貧しい人」 を指していたわけです。 ここから、現在の「暮らしがよくならない」 という意味につながったと言われています。 そして、もう1つは 「 卯立(うだつ)が転じたもの」という説です。 「 卯立」とは、 「 屋根より少し高く張り出した壁のこと」を指します。 「卯立」を作る目的は色々あります。 例えば、見た目をおしゃれにして装飾性を保ったり、 雨風を防いだりといったことです。 しかし、 一番の目的は隣家との間に壁を作り、 火災を防止するためだと言われています。 昔は木造住宅が主だったので、 隣の家が燃えると飛び火によって 多大な被害を受けてしまいました。 そこで、 「卯立」を設けて火災を予防したわけです。 この「卯立」を作るには、 それなりに裕福な家でないと作ることができません。 ここから同じく、 「 卯立を上げられない」=「 お金に余裕がない人」 を指すようになったと言われています。 以上、2つの語源を解説しました。 いずれにせよ、「うだつ」という言葉は 建築用語からきたということですね。 木材をそろえるには、ある程度のお金を用意しないといけません。 そのお金を用意できないのは、 「出世ができない人」だと判断されたわけです。 ことわざや慣用句で「類語」と呼べるのは、 比較的少ない印象ですね。 一般的な語だと、 「 売れない・評価されない」といった言葉で言い換えると、 分かりやすいのではないでしょうか。 逆に、「対義語」としては 「 立身出世(りっしんしゅっせい)」が挙げられますね。 「立身出世」とは、 「社会的に高い地位を得ること」を言います。 主に、会社内での出世に対して使う言葉 と考えてください。 うだつが上がらないの英語 続いて、「英語訳」です。 「うだつが上がらない」は、 「英語」だと次のように言います。 「 not get on in the world」 「 not get ahead the world」 「get」は「手に入れる」ではなく、 「出る」という意味もあります。 なので、「not get」で「出ない」という訳になります。 また、「world」は「世界」ではなく、 ここでは「世間・世の中」などの意味で使われています。 以上、2つを合わせることで、 「世の中に出ることがない」=「出世できない」 という訳になりますね。 例文だと、それぞれ以下のように言います。 (ここにいても、うだつは上がらないだろう。 (彼女はうだつが上がらないみたいだね。 ) スポンサーリンク うだつが上がらないの使い方・例文 では、最後に具体的な使い方を 例文で確認しておきましょう。 そんな会社にいたら、いつまで経っても うだつが上がらないよ。 一流企業に入って10年。 未だに平社員なんて うだつが上がらない状態だね。 第一印象は、 うだつが上がらない情けない男という感じだった。 娘には、 うだつの上がらない彼と一緒に居て欲しくない。 うだつの上がらないミュージシャン?早く別れなさい。 飲食店を開業してからずっと、 うだつが上がらない生活です。 参ったよ。 「うだつが上がらない」は、 日常生活からビジネスまで幅広く使えます。 どの場面でも共通しているのは 否定的な意味で使うということですね。 基本的にこの言葉を使う時は、 「現在の収入や地位がもっぱら低い人」を対象とします。 したがって、例文4や5のように 「そんな人と付き合うのはよせば?」 という一種の幻滅のような感情を込めて使われるのです。 ちなみに、最後の例文のように自分自身に対して使う場合は 自己を卑下するような時に使います。 つまり心の中で、 「 自分って良い境遇に恵まれていないな・・・」 と情けなく感じるような時ですね。 関連: まとめ いかがでしたか? 内容を簡単にまとめると 「 うだつが上がらない」= なかなか出世ができない。 暮らしがよくならない。 「 語源・由来」=「梲(うだち)・卯立(うだつ)」を上げられないのはお金に余裕がないため。 「 類語」=「鳴かず飛ばす・芽が出ない・甲斐性・ろくでなし」など。 「 英語」=「not get on in」「not get ahead」 ということでした。 「うだつ」の由来は、「 木材」と「 防火壁」のどちらかです。 いずれにせよ、建築に関係する言葉なので、 この機会にぜひ覚えてみて下さい。

次の

「うだつが上がらない」とは?意味と使い方をわかりやすく解説!

うだつ が 上がら ない の 由来

うだつとは? うだつとは「梲」という字で書きます。 日本家屋の建築で使っていたもので、 屋根よりも高い小屋根を作るための短い柱のことです。 このうだつをつけて棟上げすることで、家屋を立派に見せることもできますが、もともとは 防火のための役割をする小屋根です。 こんな感じのもの 日本家屋は家事が何よりも恐れられていたので、大切な財産は分厚い土壁で囲まれた蔵に入れていたものです。 うだつを作る家は、裕福で守るべき財産があるので、立派なうだつを作って家屋を守る必要があったわけです。 大工の用語としては、うだつが上がると棟上げという意味で用いられていたこともあり、家を建てる時にはうだつが上がることが一つの区切りとしても考えられてきました。 「うだつが上がらない」の意味とは ことわざとしての「うだつが上がらない」は、 建築とは関係ない意味で使われます。 うだつを上げて立派な家屋を作るためには、相当な費用が必要でした。 それなりに費用をかけても守るべき家だからですよね。 裕福な家じゃなければうだつを上げることができないことから、「うだつが上がらない」は 出世できないことや、将来が期待できないこと表すことわざに用いられるようになったわけです。 出世が期待できないような会社に勤めている人に対して、またはこの先続けていても成功する見込みがなさそうな人に対して「うだつの上がらないことはもうやめただどうだ」なんて言うようになったのです。 または、お金持ちになれない、貧乏生活が続くと言った意味でも使われることがあります。 江戸時代の庶民の家とは うだつを上げることができる家がお金持ちの象徴のように言われるのは、庶民の住んでいる家とはかけ離れていたからです。 例えば江戸時代の 江戸の町は世界で一番の人口密集地帯でした。 江戸の町に住んでいる人のほとんどは、長屋住まいだったので、うだつを上げるような家屋に住めるのは、ごく一部の限られた人たちだけです。 庶民が暮らす長屋は、とにかく簡単な作りでした。 その理由は、火事です。 長屋がひしめくように集まっている江戸では、火事が一番怖い災害でした。 しかし今のような防火設備はないし、水で火を消すのも限界があります。 ですから、一番の防火は、 燃える家を手早く壊して火の勢いを止めることだったんです。 その時に活躍する火消しの人たちは、もともと大工が本職です。 作るプロでもあり、壊すプロでもあるわけです。 そのため、 簡単に壊せて、また簡単に建てられるように長屋を作っていました。 火事が出たら、とにかく延焼を食い止めることが最優先されたのですね。 そのような簡素な造りの家に住んでいた庶民から見ると、 うだつの上がる家は憧れの対象だったのでしょう。 まとめ うだつの上がらない人は、何となく「ウダウダと文句ばかり言っているしょうもない人」という意味で理解していた頃もあったので、ちゃんと意味を知らないと恥をかくところでした。 面白いことわざの由来でしたので、もう二度と忘れないようにしなくては!!.

次の