御 仏前 お札 の 向き。 御仏前のお金の入れ方は?お札の向きに決まりはある?

法事のお香典を準備。お札の向きや表書き5つのマナー

御 仏前 お札 の 向き

御霊前のお札の入れ方は? ご霊前などの不祝儀袋は、中袋付きを選ぶケースが多いので、 今回は中袋があることを前提にお話します。 (2)表袋の折り返し 表袋の上下折り返しは、不祝儀袋では下の写真のように、 下側の折り返しを隠し、 上側の折り返しが見えるようにします。 私の場合、大学時代のマナーの講師が 「喜びの穂は上を向き、悲しみの穂は頭を垂れる」 と教えてくれたのですぐに覚えることができました。 これは覚えやすいので、ぜひ頭の隅に入れてくださいね。 (3)どの程度使ったお札を入れるべき? 新札はNGですが、古くてボロボロや破けているものも失礼になるので避けましょう。 新札しか無い場合は、一度半分に折ったものを使います。 弔事で新札がNGなのは「この日のために用意していた」と解釈されてしまうからです。 ある程度キレイな状態のものならお財布に入っているお札でも大丈夫です。 むしろ、お供えするお金ですので、きれいなお札のほうが望ましいです。 また、新札がNGなのは葬儀の香典だけです。 法事などは事前に予定を把握しているものなので、新札を用意すべきです。 (4)2枚以上お札を重ねる場合は? 3万円などの場合はお札が複数になります。 この場合、受付の人が確認しやすように 故意にお札の四隅をずらして入れるという配慮をする人もいますが、 本来の配慮は故人や遺族に対してすべきであり、受付担当者へは不要です。 ですので、お札の四隅は揃えて入れましょう。 (新札は使わないので厳密には重ならないこともありますが、「四隅を揃える」が基本です。 ) 御霊前の書き方は薄墨じゃないと駄目? (1)不祝儀袋は全て薄墨か? 御霊前の書き方は薄墨で書くのがマナーと云われていますが、 市販の御霊前の袋は黒文字印刷なので、 自分の氏名だけ薄墨でいいのかと悩む人も多いようです。 でも、これは気にする必要はありません。 薄墨で堂々と書きましょう。 スポンサーリンク (2)薄墨を使うのは葬儀のみ また、誤解している人もいるようですが、 不祝儀は全て薄墨ではなく、通夜と告別式など葬儀のみです。 (四十九日や3回忌などの法事の時は事前に日時が決められてからの参加であり 墨をしっかり磨る時間があるので、黒い墨で書きます。 ) そもそも、昔は墨と筆を使っていたので、 「突然の訃報で濃くなるまで墨を磨る時間がなく、慌てて薄墨のまま書いた」 「悲しみの涙で滲んでしまった」 ということから薄墨の習慣となりました。 ですが、これは案外古い習慣ではないし、正式なマナーでもありません。 地域によっても、薄墨の習慣がないところもあります。 薄墨がなければ敢えて買う必要はなく、黒い筆ペンを使っても問題ありません。 御霊前の中袋の書き方はペンじゃ駄目? 御霊前の表を薄墨筆ペンで書いた場合に気になるのが中袋です。 中袋にも住所や金額を書く欄がありますが、結構小さいので 表書きと同じように薄墨筆ペンで書くべきか、という問題があります。 これは、「表袋と中袋は同じ物を使わなければ辻褄が合わない」という見解もありますが、 これが正式マナーではありません。 一般的には、中袋は受付で中身を確認して遺族に住所、氏名、金額等を報告するため、 受け取る側の労力を考えると読みやすい文字で書くよう心掛けるべきです。 薄墨筆ペンを使って読みやすい文字を書ける場合は問題ありませんが、 難しい場合は、無理せず中袋だけボールペンや万年筆などに変えても問題ありません。 御霊前の金額の書き方は? 香典に金額を書く場合は、一般的には漢数字を使います。 今は数字で書く人も少なくないのですが、 数字は簡単に改ざんが出来るため、改ざん防止のために 下記の旧字体の漢数字を使う方が良いとされています。 一・・・「壱」 二・・・「弐」 三・・・「参」 五・・・「伍」 十・・・「拾」 千・・・「仟」または「阡」 万・・・「萬」 円・・・「円」または「圓」 5千円・・・「伍阡円」または「伍阡圓」 1万円・・・「壱萬円」または「壱萬圓」 3万円・・・「参萬円」または「参萬圓」 5万円・・・「伍萬円」または「伍萬圓」 10万円・・・「拾萬円」または「拾萬圓」 また、「壱萬圓也」などと書く、「也」についてはいくつかの説があります。 ・不祝儀の時にはつけない ・10万円以上のときだけつける、 ・つけるべき ・円未満がないということでつけたものだから、現在はつけなくていい 見解が見事に分かれています。 地域によっても違うので、敢えてつけなくても大丈夫でしょう。 (上の写真のように、末尾に「円」と印刷されていると「也」はつけられませんし。 ) スポンサーリンク まとめ 以上、香典のルールをお話ししましたが、 結構細かくて覚えるのが大変かもしれません。 勿論マナーを熟知したいですが、 忘れて間違ったとしても、お札の向きや表袋の折り返しは 受付の人が中身を確認するために開けてしまいますし、 薄墨のルールも地域によっては習慣の有無もあるので さほど神経質にならなくて大丈夫です。 むしろ気をつけなければならないのは ・書いた金額と実際の中身が間違っていないこと ・書いた文字が読みやすいこと この2点です。 葬儀はバタバタしているので案外周囲には気づかれにくいです。 近しい親族の葬儀でなければさほど神経質にならずに 基本的なこの2点だけしっかり押さえ、あまり 形式に捉われずに心を込めて書くほうが重要でしょう。 葬儀や法要のことで分からないことがあったら他にも記事があるのでご覧ください。

次の

御仏前に新札のお札はダメな理由とは?

御 仏前 お札 の 向き

その際、お香典を入れる熨斗袋の表書きの一つとして使われるのが「御霊前」「ご霊前」です。 こうした場合に役立つのが「御霊前」という表書きです。 もし先方の宗教がわからない場合には「御霊前」と書いたものであれば、たいていの宗教に用いることができます。 香典(現金)だけでなく、御供物にも使うことができます。 「御佛前」「御仏前」「ご仏前」という香典表書きは、一般的には四十九日の法要以後に使います。 親しい友人や近い親戚の場合はできるだけ早くかけつけます。 一般的な友人、知人、会社間系の場合は、通夜以降に弔問する方が良いでしょう。 連絡を受けたら、お悔やみを述べるとともに、通夜、告別式の日時、場所、宗教を確認することを忘れないで下さい。 香典は通夜または葬儀のどちらかに持参します。 もし通夜のときに香典を持参した場合には、葬儀では記帳のみを行います。 葬儀またはお通夜のいずれにも参列できない場合や、勤務先など仕事関係者は弔電を打ちます。 ・会社関係者 ・一般的な知人や友人 の場合には、むしろ準備が整った後、通夜の席に弔問する方がよいでしょう。 基本的には断らないのがマナーです。 顔にかけた白布は遺族がはずすので、勝手にとらないようにしましょう。 遺族が白布をはずしたら故人に向かって手を合わせ冥福を祈ります。 通夜または葬式の香典は別途現金書留などで送るようにします。 宛先の名前はフルネームにします。 NTTの電報は115。 【香典を送る・郵送時のお香典の入れ方】 現金を香典袋に入れ、表書きを通常の不祝儀袋と同様に書きます(例えば上段を御霊前、下段を佐藤一男)。 そのまま現金書留の専用封筒に入れます。 便箋にお悔やみの手紙を書き、これも現金書留の封筒に入れ、郵便局の窓口などから送ります。 【遺族への手紙の書き方文例(お悔やみの文面)】 「突然の訃報に驚いております。 遠方のためご葬儀に参列できず申し訳ございません。 ご遺族の皆様に心よりお悔やみを申し上げますと共に、私も遥かな地より故人の御冥福をお祈りしたいと存じます。 なお、弔電は友引でも送ってかまいません。 どうしても葬儀や通夜に出席できずに郵送で贈る場合は、弔電を打ち、現金書留で香典を送ります。 必ずお悔やみの言葉を書いた手紙を添えましょう(香典郵送のしかたは、上の項でご説明しています)。 会葬者名簿にも同じように書きます。 会葬者名簿にも同じように書きます。 もし上司の名刺を預かっていれば、その名刺の右上に「弔」と記し、左端か下隅に「上司の代わりにご会葬をさせて頂きます。 鈴木花子」と小さく書き添えて受付に渡しましょう。 先方の宗教がわからないときに、どんな宗教でも使え、通夜でも葬儀でも使える表書きは「御霊前」です。 おつき合い上、今後また使うこともあるかと思いますし、薄墨専用の筆ペンも市販されていますので一本常備しておくと良いでしょう。 水引きは白黒、双銀などの結び切りのものを用います。 現代ではこだわらないという考え方もありますが、ご遺族の中には年輩の方もいらっしゃいますので旧習に従ったほうが無難でしょう。 新札しか持ち合わせがないときには軽く折り目をつけてから香典袋にいれます。 なお、あまりにもくしゃくしゃのしわしわのお札を用いるのはむしろ失礼にあたります。 その場合には「御花料」を。 香典の渡し方のマナーを下記にご紹介します。 2)受付係が「お忙しいところご会葬頂き恐れ入ります。 こちらに記帳をお願いします」などと言いますので、まずは記帳をします。 3)記帳を済ませたらふくさから香典を取り出し、先方から見て名前が読めるように袋の向きを改めて「どうぞ御霊前にお供え下さい」と一言添えて香典を渡します。 香典は必ず両手で差し出します。 一礼して受付の前を去ります。 1)受付でふくさから香典袋を取り出し「このたびは御愁傷様です」といって受付係に手渡します。 香典は必ず両手で差し出します。 2)受付係から「御丁寧に恐れ入ります。 こちらに記帳をお願いします」と指示されますので、記帳をします。 3)記帳を済ませたら一礼して受付を去ります。

次の

御仏前のお札は新札じゃダメ?向きや入れ方についても詳しく解説!

御 仏前 お札 の 向き

お札の入れ方 新札は避けよう 結婚式のマナーは良く浸透しているもので、ご祝儀は新札で。 という事を知っている人は多いですよね。 それとは逆に、御仏前の場合は新札は避けるべきです。 新札があまり良くない理由は、あらかじめ想定していた出来事ととらえられる可能性があるからです。 現代社会において、このような風習は徐々にすたれつつありますが、お年を召された方などは気にする方が非常にたくさんいます。 御仏前に入れるお金は新札は避けておいたほうが良いでしょう。 新札は避けるべきですが、あまりにも汚いお札も避けるべき。 これはマナー・モラルに関わってくる問題だからです。 ですから、新札ではないものの、汚すぎないお札を入れましょう。 お札を入れる向き 実はここには明確なルールは存在しません。 その証拠に売られている袋には、表向きに入れると表記してあるものや裏側に入れると表記してあるもの様々存在します。 ですが、一般常識、または無難な入れ方としては、中袋が表を向いている場合お札は下向きになるようにしてください。 言い換えると、中袋を裏にしてお金を取り出すときは、お札の人物がこちら側に向いているようになっているという事です。 また、お札を複数枚入れる場合は、必ず向きはそろえるようにしましょう。 これは御仏前に限らず、手渡しの給料など、モラルや一般常識に関わってくる問題です。 御仏前の金額について 御仏前で避けるべき数字 お金を入れるときには様々なマナーが存在します。 たとえば結婚式で言えば、割り切れる偶数は避け、「3」である方が縁起が良いとされているので、多くの方は3万円を包みます。 これと同じように御仏前にも避けるべき数値があります。 それは「4」「9」です。 4は死を。 9は苦を。 このようなイメージを連想させてしまうため「4」「9」は避けるべきと考えられています。 今の若い世代の方たちはあまり気にしないかもしれませんが、ご年配の方たちはこのような数字にもこだわる方が多くいらっしゃるので、「4」「9」は避けてお渡しした方が無難。 故人との関係性で変わる では、「4」「9」は避けるべき数字だとわかったところで、実際にいくらお金を入れるべきでしょうか。 それはあなたと故人の関係性で包む金額が変わってきます。 親 100000円• 兄弟姉妹 30000円• 祖父母 10000円• 親戚 10000円• 職場関係 5000円• 友人 5000円• 連名 3000円~ 包むべき金額はこのようになります。 また、近しい存在の場合は、身内の方たちと相談して包む金額を変更する場合もあります。 連名でお金を包む際は、合計の金額が「4」「9」にならないように調整しましょう。 御仏前の一連の流れ まずは中袋にお金を入れる 中袋にお金を入れます。 名前を忘れずに その際中袋に名前や住所・金額を記載しておきましょう。 そうしておかなければ、誰からもらったものかわからなくなってしまうことがあるからです。 御仏前をお渡しする側もあまりこういった機会がないかもしれませんが、受け取る側もまたそういった機会が少ないもの。 こういった場合にはお互いドタバタしているので、お渡しする側がしっかりとマナーを守りましょう。 書くものは筆が好ましいですが筆ペンでも問題ありません。 また、包んだ金額は漢字で書くようにしましょう。 一、二では金額の改ざんが行えてしまうため、この場合、「参」「伍」と書くのが普通です。 記入欄がない場合 通常中袋には名前を書く記入欄が設けられていますが、ない場合もあります。 そういった場合は、表側に入れた金額を書いてください。 そして裏側に名前と住所を書くようにしましょう。 中袋を包む不祝儀袋は薄墨でなければなりませんが、中袋はそういったルールはありません。 連名で出す場合 この場合は代表者の名前を中袋に記載するようにします。 それだけでは、全員の名前がわからないので、中袋の中にお金と一緒に全員の名前を記載した紙を入れておきましょう。 不祝儀袋を用意 中袋の準備ができたらそれを今度は不祝儀袋で包みます。 不祝儀袋の選び方は「水引」のものを選んでください。 間違っても結婚式などに使用する「のし」を選んではいけません。 表書き 書き方は宗派によって異なってきます。 仏式・・・「御霊前」「御仏前」「御香典」• 神式・・・「御玉串料」「御榊料」• キリスト教・・・「御花料」 本記事で説明している「御仏前」は仏式になります。 使うものは筆ですが、なければ筆ペンでも問題ありません。 現在は筆ペンが多くなってきました。 正式包み 現在多くの袋が販売されていますが、ほとんどのものが水引が印刷されている封筒式になってきています。 ですからただお金を入れるだけで終わる場合がほとんど。 ですが、上包みタイプと言って水引を外すことでお金を取り出すことができるものがあります。 これは少し包み方にマナーがありますので注意してください。 上包みタイプを裏返してください。 すると上下どちらを上側にするかという問題が発生します。 お祝い事の場合は万歳をイメージさせるため、下から上へ。 つまり下側が一番上側になります。 反対にお悔やみの時は敬礼をイメージさせるため上から下へ。 つまり、上側が一番上となります。 徐々にルールは緩和している 昔はこういったもののルールは非常に厳しかったのですが、近年では、厳格化されたルールは徐々にゆるくなってきています。 また、ローカルルールなどもどんどんすたれていっているのも事実。 これも時代の移り変わりを感じますね。 上記で説明したのは、最低限のマナーで、汎用性の高いもの。 独自ルールではないので、どこに行っても恥ずかしくない方法なので覚えておきましょう。

次の