白血病 味覚 障害。 白血病〈小児〉 基礎知識:[国立がん研究センター 小児がん情報サービス]

移植の際の副作用・合併症:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

白血病 味覚 障害

嗅覚障害 【嗅覚障害】とは• 嗅覚の低下ー匂いがしない、感じにくい• 嗅覚過敏 ー匂いに敏感になり少しの悪臭にも耐えられない• 嗅覚錯誤 ー本来とは異なる匂いに感じる など嗅覚の異常を嗅覚障害といいます。 その原因は• 副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎など(鼻づまり)• ウイルスによる炎症(鼻の粘膜が匂いを感じとれない)• 加齢・頭部の外傷・腫瘍(中枢神経の障害) 薬の副作用や、ストレスなど精神的ショックにより嗅覚障害が生じる場合もあります。 【治療】 最も多いのが副鼻腔炎を原因とするもので、抗生剤やステロイド点鼻薬を使用します。 アレルギー性には薬のほかステロイドの内服をする場合もあります。 【夫が気になった匂い】 ・入院中 食べ物・牛乳・風呂場・看護師さん ・退院後 食べ物・道ですれ違う人・たばこ ・食べ物の匂い 食べ物の匂いが気持ち悪くなり、味覚障害と合わさり食べられるものがほとんどなく、口にできるものはわずかでした。 ・牛乳 小パックのストローで飲む牛乳は大丈夫でしたが、コップに入れた牛乳は「腐った臭いがする」と。 (これはもちろん新しい牛乳で、腐ってはいません) ・風呂場 病院のお風呂ですが、浴室に入ると臭いが気になるようになり、一番風呂でないと辛いので、いつも朝1番か昼1番を希望していました。 ・看護師さんの匂い 少し困ったのが、今までは気にならなかった看護師さんの匂いも気持ち悪く感じるようになったことです。 このときは個室に入っていましたが、1日に何度も体温・血圧測定、点滴交換・確認、など看護師さんが来るたびに気になるようになり、ドアを開けて入ってきただけで「臭い」と感じていたそう。 食事も料理中の匂いがダメだったり、好きだったものが全然食べられなくなったり、退院してからもいろいろ大変でした。 原因 この嗅覚過敏の原因ははっきりしませんが、薬の影響も多少あるかもしれないけれど、 1番は精神的な物だと思っています。 入院生活も当初の予定よりも長くなり、抗がん剤の副作用だけでなく感染症にも苦しみ、2度目の抗がん剤治療は1度目に比べても本当に大変なものでした。 高熱が続き体調が悪くなったので、大部屋に入っていましたが、個室に移動することになり退院するまでこの部屋にいました。 個室に入れてもらったのは良かったんです。 でも、大部屋では窓側のベッドで外に見えるのが病院の正面。 道路があり人の流れや車が走っているのが見え、動きがあり太陽の光も入りました。 一方、個室の窓から見えるのは、隣の病棟。 これは人に寄りますが、夫にはこの個室が合わなかったようで、数日なら良かったんでしょうけれど・・・体調が回復しないことや閉鎖的な空間にもストレスが溜まり、身体だけでなく精神的にも追い込まれたようになってしまいました。 このころから嗅覚が過敏になりだしたので、精神的なものが原因で発症したと思っています。 嗅覚過敏は重篤な症状ではないかもしれませんが、実際にはとても厄介な症状です。 本人にしかわからない症状なので、なるべく匂いのキツイものや「臭い」と感じるものは、持って行かないようにしていましたが、他人の匂いはどうにもできませんよね・・・ 良い香りだと思うものがあれば近くに置いておくか、症状が治まるのを待つしかありません。

次の

白血病〈小児〉 基礎知識:[国立がん研究センター 小児がん情報サービス]

白血病 味覚 障害

がんとつきあう(がん治療の副作用)がん治療と骨髄抑制 骨髄抑制とは? がん治療の主なものに、抗がん剤(化学療法や分子標的薬)治療や放射線治療があります。 これらの治療では、がん細胞だけではなく、骨髄を含め、健康な細胞にもダメージを受けます。 骨髄は骨の中心にある組織で、白血球・赤血球・血小板などの血液の成分をつくっています。 骨髄にある細胞が、がん治療でダメージを受けると、これらの血液成分をつくり出す働きが正常に機能しなくなります。 この副作用のことを骨髄抑制といいます。 骨髄抑制は多くの抗がん剤(化学療法や分子標的薬)治療で見られる副作用です。 化学療法は、分裂・増殖の盛んながん細胞に働きかける作用が強く、同じように分裂・増殖の盛んな骨髄の細胞にも影響を及ぼします。 分子標的薬は、種類によって作用が異なり、中には骨髄抑制を生じるタイプのものがあります。 放射線治療では、放射線の当てられる部位や照射量によって、一時的に骨髄抑制が見られることがあります。 骨髄抑制によって生じる症状は、どの血液成分がダメージを受けたかによっても異なります。 吐き気・嘔吐や、見た目にもはっきりと症状が現れる脱毛などの副作用とは異なり、自分では症状を自覚しづらい点に注意が必要です。 骨髄抑制のGrade分類.

次の

母親が急性骨髄性白血病になりました。一時は芽球比率が90%を超えたのですが...

白血病 味覚 障害

障害年金の制度を知ったけれど自分の症状でも受給できるのか、と悩んでいませんか? 年金機構のホームページには、どのくらいの症状で何級に認定するのか、といったことが記載されている「認定基準」が公開されています。 ただし公開されている認定基準は言葉が難しく理解しにくい点も多いと思います。 今回の記事ではそんな認定基準を簡単に説明しますので、あなたが障害年金を受給することができるのか判断する目安としてください。 また、申請時に注意すべきポイントや書類の作成方法についても言及していきます。 障害年金は申請書類が多く手間がかかりやすいですが、この記事をお読みいただき、ポイントを押さえて準備を進めることができれば、不必要な時間をかけずに申請することができるでしょう。 障害年金とは? 病気やケガなどによって日常生活や仕事に支障が出ている方が受給できる年金です。 申請は20歳から65歳になる前々日までに行う必要があります。 日本年金機構が認定し、支給している国の制度で、年金の納付要件や障害の程度などの受給できる条件を満たしていれば、受給することができます。 障害年金の等級は1~3級ですが、初診日(病気のために初めて病院に行った日)に加入していた制度によって該当する等級が違います。 初診日に国民年金に加入していた、または20歳前に初診日がある場合( 障害基礎年金):1級もしくは2級• 初診日に厚生年金に加入していた場合( 障害厚生年金):1級、2級、3級、もしくは障害手当金 (共済年金は現在、厚生年金と一元化されています) 2 障害年金が受けられる2つの条件 障害年金は、 (1)障害の程度が認定基準に該当すること、 (2)初診日まで一定以上の年金を納めていたことの2つの条件を両方とも満たしていれば受給できます。 以下で順に確認していきましょう。 2-1 症状が障害年金の認定基準に該当すること 1つ目の条件は、障害の程度が認定基準に該当していることです。 日本年金機構から出ている認定基準を簡単にご説明します。 認定基準では、診断書の記載事項である「臨床所見」と「検査所見」、「日常生活状況」を基に1級から3級のそれぞれの等級に該当する障害の状態を次のように定めています。 骨髄(造血幹細胞)移植をした場合 骨髄移植などに代表される「造血幹細胞移植」を受けた方が障害年金を申請した場合、等級認定には以下のような状態が考慮されます。 移植をおこなった方は診断書に以下の事項を記入してほしいと、主治医に伝えて下さい。 ・手術後の症状 ・移植片宿主病(GVHD)の有無とその程度 ・治療経過 ・検査成績および予後 慢性GVHD(移植手術後100日を過ぎて生じたGVHD)については、日本造血細胞移植学会において作成された「」における【慢性GVHDの臓器別スコア及び重症度分類】を年金機構の認定医が参考にして審査します。 また、あわせて認定時の具体的な日常生活状況が重視されますので、 日常生活において不便を感じていることを「病歴・就労状況等申立書」に詳しく記入しましょう。 また、既に障害年金を受給している人が造血幹細胞移植手術を受けた場合は、移植片が生着し、安定的に機能するまでの間を考慮して、 手術後1年間はそれまで受けていた等級の障害年金を受給することができます。 2-2 初診日まで一定以上の年金を納めていたこと 続いて障害年金を受けるための2つ目の条件についてご説明します。 白血病の症状で初めて病院を受診した日、もしくは初めて白血病と診断を受けた日を「初診日」と言います。 この初診日までに一定以上の年金保険料を納めていることが2つ目の条件です。 (一般的には 年金の納付要件と言います。 ) 具体的には(1)もしくは(2)に該当しなければ条件を満たしていることが必要です。 自分が条件を満たしているか分からない場合は、年金手帳を持ってお近くの年金事務所に問い合わせましょう。 その代わり受給者の所得に応じた所得制限があります。 市町村役場で発行される所得証明書などで確認することができます。 3 白血病で障害年金を受給するための2つのポイント ここまで、障害年金が申請できる条件についてご説明してきました。 続いては障害年金の申請準備にあたって、重要な書類の取り付け方や作成の方法についてご説明していきます。 3-1 診断書は受け取ったら必ず確認する! 白血病で障害年金を申請される方は、「(PDF)」を主治医に作成してもらいましょう。 診断書を受け取られたら、必ず内容を確認してください。 病院から受け取ってそのまま年金事務所に提出しても、記入漏れや誤りがあった場合は再度病院にお願いしなければならないといった手間が発生してしまいます。 診断書の確認点は以下の通りです。 でもご確認ください。 空欄があった場合は必ず医師に追記をお願いしましょう。 診断書表面 13 血液・造血器の欄の日付の記載はありますか? ・自覚所見・他覚所見、検査成績に空欄はありませんか? ・治療状況の欄に空欄はありませんか? ・骨髄移植を受けている方は、「臓血管細胞移植」、「慢性GVHD」の欄に空欄はありませんか?また、手術後の症状や治療経過、検査成績・予後は記入されていますか? 診断書裏面 16 現症時の日常生活活動能力および労働能力の欄は記入されていますか? 診断書裏面 17 予後の欄は記入されていますか? 年金事務所に提出する前に、 必ず両面のコピーを取って手元に保管しましょう。 3-2 病歴・就労状況等申立書は詳細に記入する 最後に病歴・就労状況等申立書の作成方法についてご説明します。 この書類は発症から現在に至るまでの病気の状態や、仕事に制限がでていたことなどを申し立てる書類で、発病した時から現在まで3年から5年に区切って記入します。 特に申請前の現在の欄は詳細に書く必要があります。 日常生活上でどんなことに不便を感じているのか、自分ひとりではできないことなどがあれば細かく記入しましょう。 具体的に書くと長くなると思いますので、下書きをしたほうがよいでしょう。 エクセル版のもあるのでご活用ください。 作成には下記を参考にして下さい。 受診していた期間について ・どのくらいの期間、どのくらいの頻度で受診したか (輸血や補充療法を週何回くらい受けているかなど) ・入院した期間やどんな治療をして、改善したかどうか ・医師から言われていたこと、医師に話したこと (白血病の治療方法について医師と話したことや、薬の飲み方指導、ドクターストップがかかったことなど) ・転医や受診を中止した理由 (引越したため、自覚症状がなかったため等) ・日常生活状況 (どんな症状があってどう困っていたか、具体的に。 例:貧血で倒れることが多く、一人で外出することができない。 ) ・就労状況 (週に何日、 1日何時間働いているか。 仕事中や仕事後に体調に変化があれば記入する。 病気のため仕事に制限があれば記入する。 ) 受診していなかった期間について ・受診していなかった理由 (経済的に行けなかった、症状がなかったので行かなかった等) ・自覚症状の程度 (いつどんな症状がどの程度あったか記入する) ・日常生活状況 (普段通りではなかったことがあれば記入する) ・就労状況 (病気によって仕事に支障がでていたか等) 4 一度受給できても更新で不支給になることも 障害年金は受給できたとしても数年ごとに更新があり、決められた時期に年金機構へ診断書を提出しなければなりません。 更新は、年金機構が受給者の障害状態を確認し、症状の改善が見られれば等級を変更したりするために設けられています。 白血病で障害年金を受給している方も例にもれず更新がありますが、初回申請時と症状が変わらないにもかかわらず、更新で障害年金の支給が止まってしまったという方も多いようです。 障害年金は書類審査で、診断書に記載された検査数値などだけで等級が審査されますので、年金機構に提出する診断書は必ずコピーを取って手元に置いておくようにしてください。 その上で、更新の時に提出する診断書とよく見比べて、実際の症状よりも軽く書かれていないか、不備はないか確認するようにしましょう。 更新で不支給になってしまうと、再度障害年金を受給するために手間や時間、診断書などの費用がかかってしまいますので注意してください。 (詳しくは「障害年金の不支給決定!くつがえして支給を受けるための」) 5 まとめ 今回の記事では、白血病で障害年金を申請する場合の認定基準と、審査の重要書類についてご説明しました。 障害年金は白血病の症状で初めて病院を受診した日から1年6ヶ月を経過すれば申請できます。 十分な治療には高額な医療費がかかってしまいますが、障害年金が少しでも治療の助けになれば幸いです。

次の