マイクラ 動画 おすすめ。 【マイクラ】おすすめ実況者まとめ

【マイクラ】おすすめ実況者まとめ

マイクラ 動画 おすすめ

ヒカキンゲームズ(ヒカクラ)やカズクラなど、小学生から大人まで マインクラフト(マイクラ)は大人気です。 マイクラはパソコン、PS4、任天堂Switch、スマートフォンなど様々な機器でプレイできますが、初心者が手軽に始めるにはスマホの マインクラフトPE(マイクラPE)から始めるのが良いでしょう。 なぜかというと、スマホ版のマイクラPEは1,000円以下で入手できるからです。 iOS版は840円、Android版は700円です(任天堂Swithc版は3,888円。 こんなお手頃価格のマイクラPEですが、せっかくプレイするなら快適にやりたいですよね。 そこで僕は、スマートフォン、タブレット端末のいろいろな画面サイズでマイクラPEをプレイして、 どの画面サイズが快適にプレイできるのかを試してみました。 これからマイクラPEを始める人にも、すでにマイクラPEをしている人にも参考になれば幸いです。 目次[ ]• 画面サイズ5インチのスマホでプレイしてみた まずは画面サイズが5インチのスマートフォンでマイクラPEをプレイしてみました。 スマホはASUSのZenfone 5(初代)です。 まず第一印象は ボタンが押しづらいということです。 ボタンのサイズは設定画面で大きくしたり小さくしたりできるのですが、大きすぎるとプレイの邪魔になるし、小さすぎると操作性が悪くなります。 写真の例では全体のバランスを考えた大きさにしているのですが、アイテムを選択するときに押し間違えてしまうことが頻繁にあります。 もし5インチくらいのスマホでマイクラPEをプレイするのであれば、ゲームパッドなどの外付けのコントローラーを使うのがおすすめです。 コントローラーを使うとPS vita版のマイクラと同じ感覚でプレイすることができるので、かなり快適になります。 ただ、画面が小さいので石炭や鉄鉱石などの鉱石が見えにくく目が疲れます。 画面サイズ7インチのタブレットでプレイしてみた 次に画面サイズが7インチのタブレットでマイクラPEをプレイしてみました。 タブレットはASUSのNexus 7(2013)です。 画像では分かりにくいですが、先ほどの5インチのスマホがPS vitaだとすると、こちらの7インチのタブレットは任天堂Switchでプレイしている感覚です。 画面が大きいので石炭や鉄鉱石などの鉱石もよく見えますし、敵を攻撃したりツルハシで洞窟を掘ったりするのがやりやすいです。 アイテムのボタンを押し間違えることもなく、 かなり快適にプレイできます。 また、音量も大きくできるのでゾンビの声なども迫力あります。 7〜8インチのタブレットはマイクラPEオススメです。 画面サイズ10インチのタブレットでプレイしてみた 最後に画面サイズが10インチのタブレットでマイクラPEをプレイしてみました。 タブレットはHuaweiのMediaPad T2 10. 0です。 画面サイズが10インチなのでプレイ画面、サウンドとも大迫力です。 「文句なしでぶっちぎりの最有力候補!」かと思いきや、 「な、なんと、画面が大きすぎて指が画面の真ん中まで届かないっ!」 そうなんです。 画面サイズが大きすぎて操作性が悪いんです。 画面をテーブルの上に立てかけて、コントローラーを使ってプレイするのであれば問題ありませんが、10インチタブレット単体でプレイするにはオススメできません。 結局、マイクラPEにはどのサイズがいいの? 画面の見やすさ、サウンドの迫力、操作性、持ち運び、充電の持ちなど総合的に判断すると、 7インチのタブレットが一番快適にプレイできます。 ポイントとなるのは画面の解像度とCPU性能です。 画面の解像度はFull HD(1920 x 1080)以上あると小さい文字がつぶれずに表示されます。 CPUの速度はゲームをする上では重要です。 遅いCPUでは画面がカクカクしてしまうことがあります。 特にマイクラPEは広大なマップを表示させるのにCPUを使うので、 最新のCPUを積んだタブレットの方が安心です。 以上をまとめると、マインクラフトPEをプレイするのにオススメのタブレットは、Huaweiの MediaPad M5 liteです。 Huaweiのスマホやタブレットは安価な割に性能が良いので僕のおすすめです。 コメントありがとうございます。 参考にして頂けて大変嬉しいです。 まず、スペックを簡単に比較してみました。 僕の場合、マイクラPEをZenfone5(初代)とNexus 7でやっていました。 もし画面がカクカクする場合は、マイクラPEのビデオ設定で少し画質を落とせば改善できます。 ご質問の「マイクラPEを快適に遊ぶためにはCPUとメモリ、どっちが重要ですかね?」に関しては、メモリが2GBあるのであればCPUの方が重要だと思います。 余談ですが、個人的にはゲームパッド無しで画面をタッチしながらマイクラPEをプレイする方が好きですが、僕の子どもはゲームパッド(別の記事で紹介しているGameSir G3w)の方がプレイしやすかったようです。 小さいお子さんだと8インチだと画面の真ん中が届かないかもしれないので、ゲームパッドの方がいいかもしれませんね。 もし何かございましたら、またご連絡下さい。 コメントありがとうございます。 僕はiPad mini4を持っていないので推測になりますが、普通にマイクラはできると思います。 理由はCPU性能です。 僕が以前マイクラをプレイしていたAndroidスマホ、タブレットとiPad mini 4のCPU性能(CPUスコア)を比較すると以下のようになります。 (CPUスコアは値が大きいほと性能が良い) iPad mini4:CPU Apple A8、CPUスコア:2417。 Zenfone 5(初代):CPU Snapdragon 400、CPUスコア:1132。 Nexus 7 2013 :CPU Snapdragon S4 Pro、CPUスコア:1710。 html) 僕はZenfone 5やNexus 7でも普通にマイクラをやっていました。 たまに画面がカクカクしたり画面の描画が追いつかないこともありましたが、それなりに遊べました。 iPad mini4の方がCPUスコアが良いので、僕のよりは快適にプレイできるのではないかと思います。 参考にしていただければ幸いです。

次の

【マイクラ】高スペックPCでも動作が重い場合のJVMおすすめ設定方法を紹介(メモリ使用率改善)

マイクラ 動画 おすすめ

マイクラのおすすめデータパックまとめ Minecraft Guns 制作者 thebradqq(Youtubeチャンネルは) ダウンロード先 の概要欄にあります マインクラフトの世界にリアルな銃を追加するデータパック。 「FPS」や「TPS」でお馴染みのリコイルコントロールがあったり、銃を撃つにはマガジンが必要だったりなどかなり作り込まれています。 ただ、火力が高めなのでゲームバランスが壊れるかも。 Magic Bow 制作者 crafter — Lim(Youtubeチャンネルは) ダウンロード先 の概要欄にあります マインクラフトの世界に「魔法の弓」を追加するデータパック。 例えば、 ・撃った矢の位置にワープする弓 ・撃った矢が爆発する弓 ・氷の矢を放つ弓 などなど、要所要所で活躍できそうな弓をたくさん追加できます。 ゲームバランスを壊さない程度の能力なので、バニラでも普通に溶け込めるようなデータパックですね。 「利便性」と 「遊び心」を両立したような内容で、バニラの雰囲気を壊さないのが特徴です。 追加されるエンチャントの例を挙げると、以下のとおり。 僕も実際にこのデータパックを入れてみましたが、採掘系のエンチャントはかなり便利です。 整地作業が捗りますよ。 エンチャント名が英語ですが、 そこまで高度な英単語は出てこないため、ある程度は理解できるはずです。 詳しい内容は、ちゅずめさんがYoutube動画で紹介してくれていますのでそちらをご覧ください。 動画は ロケットランチャー 制作者 ちゅずめ(Youtubeチャンネルは) ダウンロード先 の概要欄にあります マインクラフトの世界に「ロケットランチャー」を追加するデータパック。 パッと見は普通のロケットランチャーですが、 インベントリにある生の豚肉を弾として利用します。 フォートナイトのように発射した弾の上に乗ることができるため、移動にも使用可能。 ただし、戦闘に利用すると周囲の地形がぐちゃぐちゃになりますので、使い方には注意しましょう。 フックショット 制作者 ちゅずめ(Youtubeチャンネルは) ダウンロード先 の概要欄にあります マインクラフトの世界に「フックショット」を追加するデータパック。 クリックした箇所にフックを発射し、フックが当たった場所に使用者を引き寄せることができます。 例えるなら 「進撃の巨人」に登場する立体機動装置のようなものですね。 このフックショットを利用すれば空中戦も可能になり、ガストのような空中にいるMOB相手にも有利に立ち回れます。 また、フックショットを当てたMOBを引き寄せることもできるため、遠くにいる敵を引っ張って接近戦に持ち込むことも可能。 個人的には一番気に入っているデータパックです。 フォトンディスク 制作者 ちゅずめ(Youtubeチャンネルは) ダウンロード先 の概要欄にあります マインクラフトの世界に「フォトンディスク」追加するデータパック。 いわゆるブーメランのような武器で、投げたら手元に帰ってきます。 ブーメランの色によって能力が異なるため、いろいろな遊び方ができそうですね。 能力の例を挙げると、以下のとおり。 変形する斧 制作者 ちゅずめ(Youtubeチャンネルは) ダウンロード先 の概要欄にあります マインクラフトの世界に「変形する斧」を追加するデータパック。 斧を持った状態でスニークを短くタップすると、斧が銃に変形します。 つまり1つの武器で 「斧」と 「銃」の2つを使えるということですね。 男性ならロマンを感じずにはいられません。 また変形する斧にはチャージ攻撃が搭載されており、 斧は前方を爆発させる範囲攻撃、 銃は爆発する弾を発射できます。 分かりやすくいうと、以下の通りです。 ・ラピッドショット=矢が横に広がって飛ぶ ・ホーミングショット=ロックオンしたMOBに矢が自動追尾する ポーション付きの矢を放った場合も効果がしっかり反映されているあたり、作者のこだわりを感じますね。 ドローン 制作者 ちゅずめ(Youtubeチャンネルは) ダウンロード先 の概要欄にあります マインクラフトの世界に「ドローン」を追加するデータパック。 ドローンを設置したプレイヤーをオーナーとして認識し、周囲にあるアイテムを回収してきてくれます。 また、プレイヤーが移動するとドローンも付いてきてくれますので、旅のお供としてもいいかも。 大水の石 制作者 ちゅずめ(Youtubeチャンネルは) ダウンロード先 の概要欄にあります マインクラフトの世界に「大水の石」を追加するデータパック。 大水の石は、設置した場所から水平方向に水を敷き詰めることができるアイテムです。 「海・湖を作りたい方」や 「配布ワールドを作成している方」にオススメですね。 だだし、一度設置してしまうと無限に広がり続けてしまいますので、取り扱いには注意してください。 ポータルキューブ 制作者 ちゅずめ(Youtubeチャンネルは) ダウンロード先 の概要欄にあります マインクラフトの世界に「ポータルキューブ」を追加するデータパック。 このアイテムを簡単に説明すると、 ポータルキューブからポータルキューブへワープすることができます。 つまり、最低でも2つのポータルキューブが必要になるということですね。 またポータルキューブを染色することで、行き先を指定することも可能。 ・珍しいバイオームを見つけた ・珍しい構造物を見つけた ・遠い場所に移動するのが面倒 マインクラフトをプレイしていると、上記ように感じたことってありますよね? そんなときには、このポータルキューブを利用しましょう。 マインクラフトの世界に「猫耳メイド」を追加するデータパック。 メイドとは専用のアイテム「Promistone」を利用することで契約(手懐ける)ことができ、下記のような効果を付与させることができます。

次の

建築スキルが上がる!建築の参考になる動画、まとめました!

マイクラ 動画 おすすめ

マで建築がなかなかうまくならない...。 そんな方は、実際に建築の上手い人の建物を見てみるのがおすすめです。 やに動画投稿をしている実況者やチャンネルの中には、ハイクオリティな建築を披露しているものもあり、非常に参考になるようなものばかりです。 今回は、建築の上手いマ実況者とチャンネルの中からおすすめの5つを紹介していきます。 最も有名な「ゆっくり街を広げていくよ」シリーズ(クリエイティブモード)は、絶対に一度は見ておくべきでしょう。 これとは別にサバイバルモードのシリーズも投稿しています。 こちらもおすすめです。 基本的にはテクスチャ込みの建築なので、そのまま真似できるかといえばそうではないですが、洋風建築のコツや街並みを綺麗に見せる方法などが参考になります。 ハヤシ(・ニコニコ) サバイバル動画を長い間投稿し続けている生声の実況者の方です。 投稿頻度は低いですが、その分クオリティは半端ないです。 テスクチャなし、サバイバル、Modなし、といった環境でのハイレベル・ハイセンス建築を披露しています。 和風建築、洋風建築、現代建築を問わず作っていてどれも参考になるものばかりですが、サバイバルらしい冒険もやっているのでそちらも面白いです。 鶴太郎() 洋風建築専門の生声実況者の方ですが、最近は和風建築もやっています。 サバイバルシリーズ中心ですが、たまに建築解説動画も挙げています。 投稿された動画を見てもらえれば分かりますが、洋風建築の中でもヨーロッパ中世の大規模な建築が多い印象です。 ふわパリ伯爵() 建築解説動画専門の字幕実況者の方です。 和風建築、洋風建築、現代建築問わず投稿されています。 ふわパリ伯爵の動画の最大の特徴は、そのテンポの良さと凝った編集です。 いちいちブロックを手動で置いて、、、なんてことはせずに「ポン」「ポン」「ポン」とテンポよくブロックが置かれていきます。 また、字幕解説な分ゆっくり解説よりも時間がかからずに進んでいきます。 編集も非常に凝っていて、効果音をブロック設置に合わせたりだとか、クリーパーで演出をしたり、などと見ていて飽きない構成になっています。 ちーさら(・ニコニコ) 現代建築専門のゆっくり実況者の方です。 現代建築といっても近未来にありそうなモダン建築ではなく、今の日本の地方都市の建築をそのまま表しているような感じのものです。 「史上最大級の現代都市を作る」シリーズはあまりにも有名でしょう。 ワールドも配布されています。 ezinotakuhi.

次の