プロジェクター テレビ。 テレビ・レコーダー/テレビ・プロジェクター|[通販]ケーズデンキ

テレビの代わりにプロジェクターを導入する3つのメリット

プロジェクター テレビ

By: プロジェクターは、家庭用プロジェクターとビジネス用プロジェクターの2種類に分けられ、それぞれ特徴が異なります。 家庭用プロジェクターは、映像コンテンツの視聴やゲームでの利用を想定して設計されており、色の再現性など「画質」を重要視したモデルが多いのが特徴。 また、画面の歪みなどを微調節しやすいモデルもあり、映像を最大限楽しめるように配慮されています。 一方、ビジネス用プロジェクターは、オフィスで使用することを想定して設計されているのが特徴。 会議室などで電気をつけたままプレゼンできるように、明るさ(ルーメン)の高いモデルが多い傾向にあります。 また、コンセントのないところでも使えるバッテリー駆動タイプも人気です。 プロジェクターを買う前にチェックしたいポイント 投影距離をチェック By: 解像度は、映し出される映像のきめ細かさを表す数値のことで、プロジェクターの画質に大きく関わる重要なポイント。 また、画面の比率を表す縦横比(アスペクト比)も要チェック。 表示できる画面の横と縦の比率を数値で表しており、一般的に16:9の横長のモノが主流です。 ただ、ビジネス用やリーズナブルなモデルのなかには4:3の縦横比のモノも。 4:3は映画鑑賞などには不向きな比率なため、購入の際はしっかり確認しておきましょう。 入力・接続端子をチェック By: プロジェクターをさまざまな機器と接続したい場合は、入力・接続端子をチェックするのも重要なポイントです。 一般的にパソコンやゲーム機、Blu-rayプレーヤーと接続するには「HDMI端子」が必須。 現在販売されているほとんどの製品にHDMI端子が採用されており、映像と音声の両方をまとめて伝送できます。 プロジェクターに複数の機器を接続したまま使う場合、HDMI端子のポートが2つ以上あると便利です。 古いタイプのパソコンを接続する場合、VGA端子しか対応していないことも。 自分の接続したい機器がどの端子に対応しているかも合わせてチェックしておきましょう。 また、USBポートやSDカードスロットが搭載されているモデルであれば、拡張性が高く使用できるのでおすすめです。 プロジェクターのおすすめメーカー エプソン EPSON 1080pフルHDの高画質に対応した家庭用プロジェクターです。 4600ルーメンの高輝度を活かして細部まで鮮明に表現可能。 さらに、色再現性の高い「LCD光学エンジン」により高繊細かつ鮮やかな映像を楽しめます。 最大200インチの大画面で視聴できるのもポイント。 ハイコントラストにより全体の明暗がはっきりしているので、立体感や奥行き感を演出します。 豊富な接続方式に対応しているのも魅力のひとつ。 AV・VGA・HDMI・USBの入力端子を備えており、パソコンやBlu-rayプレーヤー、ゲーム機などさまざまな機器を接続できます。 本体には優れた冷却システムを採用。 長時間使用しても熱を持ちにくく、運転中ファンの音が小さめなので映像に集中できます。 高性能ながらリーズナブルに購入できるので、予算を抑えたい方にもおすすめです。 巨大な120インチの画面で高画質を楽しめるゲームに最適な家庭用プロジェクター。 XPR技術で1フレーム830万ピクセルを再現し、4K UHDの高解像度に対応しているのが特徴です。 細部まで鮮明ではっきりとした映像を表現できるので、4K対応ゲームも快適にプレイできます。 さらに、バランスの取れたハイコントラストを採用。 明暗にメリハリがあるので、暗めな映像でもしっかり対応します。 ゲームのプレイに最適化された「ゲームモード」を搭載しているのもうれしいポイント。 HDMI端子の接続にも対応しているため、さまざまなゲーム機を接続して遊べます。 また、本体重量4. 2kgと軽量設計で洗練されたコンパクトなデザインや直感的に使える操作性の高さも魅力。 持ち運んで使用したい方や機械が苦手な方にもおすすめです。 3msの低入力遅延に対応したゲームに最適な家庭用プロジェクターです。 画像を調節し、暗いシーンをより鮮明に映し出せる「ゲームモード」を搭載しているのが特徴。 3500ルーメンの高輝度を実現しているので、明るい場所でもフルHDの高画質でゲームをプレイできます。 さらに、大迫力の5Wスピーカーを内蔵しており、高音域で立体感のあるサウンドを体感できるのも魅力。 ゲームはもちろん、映画・スポーツ鑑賞などさまざまなシーンで活用できます。 PS4やNintendo Switchなどさまざまな人気ゲーム機に対応しているのもポイント。 さまざまなジャンルのゲームが楽しめるプロジェクターを探している方におすすめです。 リアルな映像を体験できる4K対応の家庭用プロジェクターです。 同社独自のネイティブ4Kパネル0. 74型「4K SXRD」を搭載し、高繊細かつ自然な表現が可能。 通常では見えにくい被写体の輪郭や微妙なディテールまでリアルに再現できるのが特徴です。 さらに、独自の解像技術「データベース型超解像処理LSI」を採用し、フルHD解像度の映像も4K相当に処理できます。 また、HDR 10方式によりハイコントラストを実現。 大画面でも明暗をはっきりさせることで立体感や奥行き感が増し、その場にいるかのような臨場感を再現します。 画像処理で発生する映像遅延を短縮する「遅延低減モード」を搭載。 「PS4 Pro」などのゲーム機の魅力を最大限に活かし、ストレスなくプレイできます。 高性能でとにかく映像にこだわりたい方におすすめです。 よりリアルさを追求した迫力ある4K映像が楽しめる家庭用プロジェクター。 「XPR技術」により、フルHDの4倍となる830万ピクセルの高繊細映像を実現。 4つのLEDでハイコントラスト表現を可能にし、まるで本物のような映像を再現できるのが特徴です。 最大140インチの大画面で視聴できる「1. 25倍ズーム」も魅力のひとつ。 自宅でも映画館のような臨場感が味わえます。 また、高繊細な4K映像でも1秒間に60フレームの再生に対応。 映像のフレーム間に新たにフレームを挿入する「TruMotion」を採用することで、スピーディな映像もよりなめらかに表現します。 Wi-Fiでスマホと接続すれば手軽にミラーリングできるのもうれしいポイント。 使い勝手のよい高性能プロジェクターを探している方におすすめです。

次の

プロジェクターはテレビ代わりに使えるの?メリットとデメリットを解説

プロジェクター テレビ

By: プロジェクターは、家庭用プロジェクターとビジネス用プロジェクターの2種類に分けられ、それぞれ特徴が異なります。 家庭用プロジェクターは、映像コンテンツの視聴やゲームでの利用を想定して設計されており、色の再現性など「画質」を重要視したモデルが多いのが特徴。 また、画面の歪みなどを微調節しやすいモデルもあり、映像を最大限楽しめるように配慮されています。 一方、ビジネス用プロジェクターは、オフィスで使用することを想定して設計されているのが特徴。 会議室などで電気をつけたままプレゼンできるように、明るさ(ルーメン)の高いモデルが多い傾向にあります。 また、コンセントのないところでも使えるバッテリー駆動タイプも人気です。 プロジェクターを買う前にチェックしたいポイント 投影距離をチェック By: 解像度は、映し出される映像のきめ細かさを表す数値のことで、プロジェクターの画質に大きく関わる重要なポイント。 また、画面の比率を表す縦横比(アスペクト比)も要チェック。 表示できる画面の横と縦の比率を数値で表しており、一般的に16:9の横長のモノが主流です。 ただ、ビジネス用やリーズナブルなモデルのなかには4:3の縦横比のモノも。 4:3は映画鑑賞などには不向きな比率なため、購入の際はしっかり確認しておきましょう。 入力・接続端子をチェック By: プロジェクターをさまざまな機器と接続したい場合は、入力・接続端子をチェックするのも重要なポイントです。 一般的にパソコンやゲーム機、Blu-rayプレーヤーと接続するには「HDMI端子」が必須。 現在販売されているほとんどの製品にHDMI端子が採用されており、映像と音声の両方をまとめて伝送できます。 プロジェクターに複数の機器を接続したまま使う場合、HDMI端子のポートが2つ以上あると便利です。 古いタイプのパソコンを接続する場合、VGA端子しか対応していないことも。 自分の接続したい機器がどの端子に対応しているかも合わせてチェックしておきましょう。 また、USBポートやSDカードスロットが搭載されているモデルであれば、拡張性が高く使用できるのでおすすめです。 プロジェクターのおすすめメーカー エプソン EPSON 1080pフルHDの高画質に対応した家庭用プロジェクターです。 4600ルーメンの高輝度を活かして細部まで鮮明に表現可能。 さらに、色再現性の高い「LCD光学エンジン」により高繊細かつ鮮やかな映像を楽しめます。 最大200インチの大画面で視聴できるのもポイント。 ハイコントラストにより全体の明暗がはっきりしているので、立体感や奥行き感を演出します。 豊富な接続方式に対応しているのも魅力のひとつ。 AV・VGA・HDMI・USBの入力端子を備えており、パソコンやBlu-rayプレーヤー、ゲーム機などさまざまな機器を接続できます。 本体には優れた冷却システムを採用。 長時間使用しても熱を持ちにくく、運転中ファンの音が小さめなので映像に集中できます。 高性能ながらリーズナブルに購入できるので、予算を抑えたい方にもおすすめです。 巨大な120インチの画面で高画質を楽しめるゲームに最適な家庭用プロジェクター。 XPR技術で1フレーム830万ピクセルを再現し、4K UHDの高解像度に対応しているのが特徴です。 細部まで鮮明ではっきりとした映像を表現できるので、4K対応ゲームも快適にプレイできます。 さらに、バランスの取れたハイコントラストを採用。 明暗にメリハリがあるので、暗めな映像でもしっかり対応します。 ゲームのプレイに最適化された「ゲームモード」を搭載しているのもうれしいポイント。 HDMI端子の接続にも対応しているため、さまざまなゲーム機を接続して遊べます。 また、本体重量4. 2kgと軽量設計で洗練されたコンパクトなデザインや直感的に使える操作性の高さも魅力。 持ち運んで使用したい方や機械が苦手な方にもおすすめです。 3msの低入力遅延に対応したゲームに最適な家庭用プロジェクターです。 画像を調節し、暗いシーンをより鮮明に映し出せる「ゲームモード」を搭載しているのが特徴。 3500ルーメンの高輝度を実現しているので、明るい場所でもフルHDの高画質でゲームをプレイできます。 さらに、大迫力の5Wスピーカーを内蔵しており、高音域で立体感のあるサウンドを体感できるのも魅力。 ゲームはもちろん、映画・スポーツ鑑賞などさまざまなシーンで活用できます。 PS4やNintendo Switchなどさまざまな人気ゲーム機に対応しているのもポイント。 さまざまなジャンルのゲームが楽しめるプロジェクターを探している方におすすめです。 リアルな映像を体験できる4K対応の家庭用プロジェクターです。 同社独自のネイティブ4Kパネル0. 74型「4K SXRD」を搭載し、高繊細かつ自然な表現が可能。 通常では見えにくい被写体の輪郭や微妙なディテールまでリアルに再現できるのが特徴です。 さらに、独自の解像技術「データベース型超解像処理LSI」を採用し、フルHD解像度の映像も4K相当に処理できます。 また、HDR 10方式によりハイコントラストを実現。 大画面でも明暗をはっきりさせることで立体感や奥行き感が増し、その場にいるかのような臨場感を再現します。 画像処理で発生する映像遅延を短縮する「遅延低減モード」を搭載。 「PS4 Pro」などのゲーム機の魅力を最大限に活かし、ストレスなくプレイできます。 高性能でとにかく映像にこだわりたい方におすすめです。 よりリアルさを追求した迫力ある4K映像が楽しめる家庭用プロジェクター。 「XPR技術」により、フルHDの4倍となる830万ピクセルの高繊細映像を実現。 4つのLEDでハイコントラスト表現を可能にし、まるで本物のような映像を再現できるのが特徴です。 最大140インチの大画面で視聴できる「1. 25倍ズーム」も魅力のひとつ。 自宅でも映画館のような臨場感が味わえます。 また、高繊細な4K映像でも1秒間に60フレームの再生に対応。 映像のフレーム間に新たにフレームを挿入する「TruMotion」を採用することで、スピーディな映像もよりなめらかに表現します。 Wi-Fiでスマホと接続すれば手軽にミラーリングできるのもうれしいポイント。 使い勝手のよい高性能プロジェクターを探している方におすすめです。

次の

プロジェクターはテレビ代わりに使えるの?メリットとデメリットを解説

プロジェクター テレビ

さまざまな番組を通して、多くの情報を映像と音声で伝えてくれるテレビ。 家族と住む人はもちろん、一人暮らしの人にとっても欠かせない家電のひとつとされてきました。 一方で、テレビは決して安い買い物ではなく、高画質や大画面、音響などにこだわりを求めたり、それに伴い部屋の間取りを考えたりすると、「気軽に購入する」「頻繁に買い替える」といったことができるアイテムではありません。 そうした中、近年注目を集めているのが、テレビの代わりにプロジェクターを生活に取り入れる方法です。 ここでは、プロジェクターはテレビの代わりになるのか、またそのメリットとデメリットについてもご紹介します。 プロジェクターをテレビと比較した際に不安なところ プロジェクターがテレビの代わりになるのかについて、多くの人が不安に感じているポイントから解説していきましょう。 画質は大丈夫? プロジェクターとテレビを比べた場合、映像の質が気になる人も多いでしょう。 また、プロジェクターは、大画面で映す分、画質が悪く見えにくいという印象を持つ人もいるかもしれません。 確かに、一昔前のプロジェクターは、映像を無理矢理引き伸ばしたような、粗い画質の機種も多くありました。 しかし最近では、フルHDや4Kの映像を投影できる高性能のプロジェクターが開発・販売されており、それらを利用することによって最新型テレビにも引けを取らないレベルの映像を大画面で楽しむことができるようになっています。 接続が難しいのでは? これまで、プロジェクターを見たりさわったりする機会が少なかった人にとっては、「うまく操作できるのか」「接続が簡単にできるのか」といった不安があるかもしれません。 機械が苦手な人にとっては、家電を設置することを想像するだけで、ストレスを感じる場合もあるでしょう。 しかし、最新のプロジェクターは、こうした接続の難しさもほとんど解消されているのが現状です。 例えば、テレビの代わりにプロジェクターを使いたい場合、用意するのはプロジェクター本体、チューナー機器(またはブルーレイレコーダー等)、HDMIケーブルと、それぞれに付属する電源ケーブルのみ。 あとはそれらをつなげば、すぐに利用できるようになります。 設置する場所はどうする? プロジェクターを設置する場所に悩む人も少なくないでしょう。 プロジェクターは、映像をスクリーンや壁に投影するという仕組み上、投射距離をしっかり確保する必要があります。 必要な投射距離が確保できないと、映像がぼやけたり、ゆがんでしまったりします。 反対に遠すぎると、映像が粗くなったり、明るさが足りなくなったりしてしまいます。 こうしたプロジェクターならではの設置場所問題ですが、実はこれらも最新の技術によってほとんどクリアされています。 例えば、超短焦点プロジェクターは、映し出す壁から数十センチの距離を保つだけで、十分な大きさの映像を投影することが可能です。 また、照明一体型のプロジェクターならば、普段は照明の代わりとしても使えるため、スクリーンとの距離を十分に確保した上で、生活スペースも広く持つことができるようになります。 このように、画質、接続、場所といった課題に対しても解決されているため、もはやプロジェクターは、機械の扱いが得意な人だけの専用アイテムではなくなっているのです。 プロジェクターをテレビ代わりにするメリット では、テレビの代わりにプロジェクターを利用するメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。 スペースが限られていても大画面で見られる プロジェクターの最大の特徴といえるのが、迫力ある映像を大画面で楽しめるという点です。 テレビで100インチの大画面を見たければ、100インチのテレビを設置するしか方法はありませんが、これにはコストや部屋の広さの確保といった問題があります。 しかし、プロジェクターなら、テレビよりも安価に購入することができ、ある程度の距離と映し出すスクリーン(または白い壁)さえあれば視聴が可能です。 この手軽さは、プロジェクターならではの良さでしょう。 部屋をすっきりさせられる プロジェクターはテレビに比べるとかなり小型で、置く場所に広いスペースを必要としません。 テレビはつけていないときも確かな存在感を示し、部屋のインテリアに大きな影響を与えますが、プロジェクターは目立たない位置に収納でき、天井から吊り下げられるタイプもあります。 部屋からテレビをなくすことで、レイアウトも自由になり、より空間を自由に使うことができるようになるのです。 インテリアとして雰囲気づくりにも活躍する 無機質なデザインのテレビは、どうしても部屋の主役として印象の大部分を占めてしまいます。 しかし、最近の家庭用プロジェクターでは、デザインに特化した商品も多数販売されており、部屋の雰囲気やインテリアになじみやすいという特徴もあります。 コストも抑えられる テレビの場合、大画面になればなるほど値段も高くなる傾向があり、100万円を超すような高額商品も少なくありません。 それに対してプロジェクターは、100インチ超の大画面で鑑賞できるタイプでも、10万円台で手に入れることが可能です。 画面サイズに対するコストパフォーマンスに関しては、プロジェクターは圧倒的な強さを誇っており、家計にも優しい存在といえるでしょう。 プロジェクターをテレビ代わりにするデメリット プロジェクターをテレビ代わりにするメリットについてご紹介してきましたが、当然ながらデメリットとなる点も存在します。 後悔することのないよう、デメリットに関する知識も押さえておきましょう。 部屋の明るさ プロジェクターは映像を投影するという仕組み上、どうしても部屋の明るさを抑える必要があります。 映画館のように真っ暗にする必要はありませんが、日差しがさんさんと入るような部屋では、きれいな映像を映し出すことは難しいでしょう。 昼間は遮光カーテンなどを使って、室内の明るさを調節するなどの工夫が必要です。 つけるまで時間がかかる場合も プロジェクターの仕組み上、テレビに比べると電源を入れた後に映像を映し出すまでの時間が長くかかるのもデメリットのひとつといえるでしょう。 ただし、長くかかるとはいっても、何分も待たされるものではありません。 テレビが電源を入れて数秒で見られるのに対し、プロジェクターの場合は数十秒ほど必要になるという程度です。 テレビの代わりに使うならポップインアラジン テレビの代わりとして注目を集めるプロジェクターのひとつに、ポップインアラジンがあります。 ポップインアラジンの最大の特徴は、調光調色機能のついたLEDシーリングライトに、高性能プロジェクターと高音質スピーカーが一体となっている点です。 普段は照明として利用でき、プロジェクターとして使いたいときに美しい映像を映し出すことができるため、省スペース化にも貢献してくれます。 なお、室内に照明用の引掛シーリングがあれば、工事不要で簡単に取りつけることもできる手軽さも魅力です。 さらには、YouTubeやNetflixといった映像配信サービスや、壁時計、フォトメモリーといったエンタメ機能など、家族みんなで楽しめる多彩なコンテンツをラインナップ。 ポップインアラジン一台で、想像以上に有意義な時間を過ごせるはずです。 プロジェクターはテレビの代わりになる! これまでは一家に一台といわれてきたテレビですが、時代の流れとともにその考えも変わってきています。 これから新しい生活を始める人や、これまでの生活に変化をつけたい人は、テレビの代わりにプロジェクターを置くことを検討してみてはいかがでしょうか。

次の