魚谷侑未 水着。 魚谷侑未 最速マーメイドは実力派かわいい系雀士

魚谷侑未 水着から探した商品一覧【ポンパレモール】

魚谷侑未 水着

・第6・7期 女流桜花 ・第10・12回 女流モンド杯 ・第9・11・12回 モンド王座 ・麻雀最強戦2013女流プロ代表決定戦 ・ 第44期 王位戦 2011年には初タイトルの女流桜花を獲得します。 翌年にはは女流桜花を連覇。 女流モンド杯を2回、モンド王座を3回優勝と勝ちを重ねます。 さらに麻雀最強戦2013の女流プロ代表決定戦でも勝ち上がって、実力を見せつけました。 デビューして数年で目覚ましい活躍ぶりです。 ちなみに初タイトルの賞金の使い道は両親と祖父母に温泉旅行をプレゼント。 そりゃ牌も味方しますね。 2018年にはプロアマ混合のビッグタイトル「王位戦」も優勝しています。 キャッチフレーズと雀風 魚谷プロのキャッチフレーズは「 最速マーメイド」。 名字に魚がつくところと彼女の雀風を上手く合わせた秀逸なネーミングです。 あまりキャッチフレーズが浸透しないプロも多いなか、この名前は違和感なく浸透している様子。 もっとも友達やファンからは「ゆーみん」という愛称で呼ばれることがほとんどのようです。 いくら浸透していても「マーメイドさん」と呼ぶわけないですね。 キャッチフレーズ通り、魚谷プロの雀風はスピード重視の仕掛けが多いタイプ。 最近では競技麻雀用にやや打点よりの打ち方へチェンジしているそうですが、基本的な打ち筋は変えていないようです。 プロ連盟では珍しいデジタル派の考え方で、解説などで口にする理論的な深い思考は他のプロとのレベルの違いを感じさせます。 スポンサーリンク 魚谷プロは強い? 魚谷プロは今活躍している女流プロの中でも特に強いと噂されることが多いようです。 他団体でスーパーデジタルの異名を持つ小林剛プロも、今注目している強いプロ(女流に限らない)として魚谷プロの名前を挙げていました。 それは女流桜花の二連覇やTV対局での実績などとは別に、彼女がプロ連盟では珍しいデジタル派の考え方を持つ雀士だからでしょう。 現在主流の打法にマッチした打ち筋や、解説などで披露される理論的な思考が評価の裏付けとなっていると思われます。 団体の中では異色の存在なので風当たりが強くないかなと心配していましたが、その戦術をまとめた書籍が販売されたところを見ると大丈夫なようです。 女流プロを表紙にしている戦術本は初心者向けがほとんどですが、この本は中級者向けに作られています。 語り言葉で書かれているので読みづらさはありませんが、ルールを覚えたばかりの人にはちょっと早いかもしれません。 結婚や彼氏は? いーなー。 結婚って素敵。 私の番はよ!! そして、明日は白鳥のしょーくんを応援です。 私がプロに成り立ての下手くその頃からちょっとだけ近くで応援してくれて、応援してた先輩。 マスターズなったら嬉しいなぁ。 がんばれー! — 魚谷侑未 yuumi1102 魚谷プロは結婚はしていませんが、こうつぶやいているので結婚願望はあるようです。 彼氏についてはわかりませんが過去に噂が上がったこともありません。 魅力的な女性ですから彼氏がいても不思議はないですね。 ちなみに好きなタイプは優しい人。 特に他の子には優しくないのに自分にだけ優しい「クーデレ」が好みだそうです。 まとめ 魚谷侑未プロについてまとめてみました。 素晴らしい活躍ぶりにも関わらず麻雀に対する勤勉さはまだまだプロ一年目のようです。 この姿勢こそが魚谷プロの強さのバックボーンにつながっているのでしょう。 間違いなく新しい世代の女流プロの頂点に輝く雀士だと思います。 今後も活躍の場をドンドン広げていって欲しいですね。

次の

日本プロ麻雀連盟

魚谷侑未 水着

麻雀プロについて網羅しているページはこちらです!• 1.魚谷侑未プロについて 魚谷侑未という、少し変わった名前ですが、 「うおたに ゆうみ」と読みます。 「いくみ」とか「ゆみ」とか間違えれれるそうですが、 「ゆうみ」さんですので、この記事を目にした方々、しっかりと覚えておきましょう。 プロフィール• 生年月日:1985年11月2日• 出身地:新潟県柏崎市• 血液型:B型• 配偶者:独身• 趣味:ゲーム、乗馬• 所属:日本プロ麻雀連盟 魚谷侑未プロはファンや他の麻雀プロから 「ゆーみん」という愛称で呼ばれることもあります。 そして、「魚谷侑未」という魚が入った名前と、 鳴きを多用する打ち筋から 「最速マーメイド」というキャッチフレーズを持っています。 2009年に日本プロ麻雀連盟の第25期生としてプロデビューをしました。 そして、2015年現在、連盟内の段位は四段です。 キャリアはあまり長くないですが、デビューして数年後に女流桜花のタイトルを獲得、そして連覇を果たし、CSチャンネル「MONDO TV」のテレビ対局で活躍し、新たな実力派女流雀士として人気です。 麻雀プロ団体では一番大きい日本プロ麻雀連盟の所属で、連盟所属の女流プロというと、二階堂姉妹や宮内こずえプロ、和泉由希子プロが有名どころですが、魚谷侑未プロは次世代の若手女流プロの代表格といった存在です。 連盟プロ、女流プロというのは、運や流れを重視する「アナログ派」な雀士が多い傾向にありますが、魚谷侑未プロは確率を重視する「デジタル派」の理論派の雀士で、少し異色な女流雀士です。 人物・性格 麻雀プロになる前は騎手を目指していて、中学生ぐらいの頃から、体を鍛えたり、減量をしたり、乗馬クラブの研修生として働いたりしていたそうです。 その後、麻雀プロを志すようになり、地元新潟で 健康麻雀の店で働き始め、麻雀を覚え始めて一年で日本プロ麻雀連盟のプロテストを受け合格し、麻雀プロとして活動するようになりました。 雀歴、プロとしてのキャリアはほかのプロと比べたら短いですが、女流プロの中ではトップクラスの実力を持ち、数々のタイトルを手にし、若手女流雀士の中ではナンバーワンと言っても過言ではない実績を持っています。 性格はちょっとおっとりとした感じで、かわいらしいルックスで「マーメイド」なんていうキャッチフレーズを持っているアイドル系雀士のような存在ですが、ブログを読んでいると、勉強熱心で麻雀にはストイックに接しているのがよくわかります。 ブログやインタビューを読んでいると、プライベートではジムに行ったりエステに行ったり、最近は『人狼ゲーム』にはまっていたり、といった話が出てきますが、やはり話題の中心は常に麻雀で、麻雀中心の生活をおくっているのが垣間見れます。 やはり、それが強さの秘訣でしょうか。 ちなみに、好きな男性のタイプはツンデレな感じが好きだそうです。 みんなの前ではちょっとクールな感じで、二人のときはやさしい、という男性が好みだと話しています。 本人もブログで話していましたが、ネットで「魚谷侑未 結婚」という検索ワードが増えていますが、未婚です。 親友・高宮まりプロ 同じく日本プロ麻雀連盟所属の麻雀プロ、高宮まりプロとは仲良しで有名です。 高宮まりプロは1988年11月8日生まれで連盟の27期生。 魚谷侑未プロの三歳年下で、プロ歴も二年後輩になります。 高宮まりプロというと、 「猛撃プリンセス」というキャッチフレーズがついていますが、正直あまり浸透していません。 高宮まりプロというと、グラビア活動も行う麻雀プロとして有名で 「美しすぎるGカッププロ雀士」といった呼び名で知っている男性ファンの方が多いかもしれません。 しかし、決してグラビア活動の片手間で麻雀プロ活動を行っているわけではなく、「第11回女流MONDO杯」や「第8期夕刊フジ杯争奪・麻雀女王決定戦」といった大会で優勝し、近年ルックスの人気だけでなく、雀士としての実力をつけ、徐々に結果を残してきています。 魚谷侑未プロは高宮まりプロのことを「まりさん」と呼び、親友と公言する仲です。 魚谷侑未プロのブログでもたびたび高宮まりプロは登場します。 高宮まりプロがインタビュアーの魚谷侑未プロのインタビュー 魚谷侑未プロがインタビュアーの高宮まりプロのインタビュー ブログ・ツイッター ブログ、ツイッター共にやっていて、両方とも頻繁に更新され、雀荘のゲストの予定や、番組出演や大会参加の告知、近況、プライベートの話などが見れ、魚谷侑未プロのことをより知れる場所になっています。 麻雀プロとしての活動 2009年にデビューして以来、2015年の現在までの短い間に、あれよあれよと数々のタイトルを手にしてきました。 獲得タイトル• 第6期、第7期女流桜花(2011年、2012年、日本プロ麻雀連盟主催の女流リーグ戦タイトル)• 第10回、第12回女流モンド杯 2012年、2014年、CSチャンネル「MONDO TV」主催のテレビ対局大会)• 第9回モンド王座決定戦(2013年、「MONDO杯」各部門優勝者による王座決定戦)• 第12回天空麻雀(2013年、日本プロ麻雀連盟とCSチャンネル「エンタメ~テレ」主催のテレビ対局大会)• 麻雀最強戦2013女流プロ代表決定戦(竹書房主催のプロ、アマ参加のトーナメント大会)• 第一回 リーチ麻雀世界選手権 女性チャンピオン 魚谷侑未プロはデビューしてわずか三年目の2011年に、所属団体である日本プロ麻雀連盟の女流リーグ大会 「女流桜花」で優勝し、女流麻雀界の新星として一躍麻雀界にその名を轟かせる存在となります。 麻雀を覚えたのはプロになる一年前ぐらい、ということらしいので、麻雀を覚えてわずか四年で連盟の女流最高峰のタイトルを手にしてしまったのです。 すごい・・・。 当時のインタビューを読むと、始めて取ったタイトルの賞金は、両親とおじいちゃんおばあちゃんに、温泉旅行とかプレゼントする、とプロになる前から決めていたと話していました。 えらい・・・。 そして、翌年の2012年には、麻雀ファンからの注目度が高いテレビ対局「女流モンド杯」に女流桜花のタイトルを引っさげ初参戦し、見事初優勝を果たします。 プロになる前は 「タイトルを取ること」と、「モンドのテレビ対局に出ること」が目標だったと話していましたが、デビューして四年目でその目標を果たしてしまいます。 しかも女流モンド杯の優勝というオマケ付きで。 2012年はモンドでの活躍もさる事ながら「女流桜花」でも優勝し、見事 連覇を果たします。 2013年は女流桜花の連覇は逃してしまいましたが、「モンド王座決定戦」で優勝。 「王座決定戦」は、前年度王座、50歳以上が参加する名人戦、若手男性プロが参加するモンド杯、そして女流の優勝者の四名で闘う大会で、前原雄大プロ、滝沢和典プロ、近藤誠一プロといったそうそうたる メンツを相手に戦い、見事勝利を収めました。 男女差が存在する要素が少ないはずですが、女流は男性プロに勝てないと言われることが多いですが、「男性プロにも通用する実力派女流プロ」と言える活躍をしています。 モンド以外にも連盟の女流雀士が参加するテレビ対局「天空麻雀」や、他団体プロも参加する「麻雀最強戦 女流プロ決定戦」で優勝し、メディア露出の高い舞台で輝かしい結果を残しました。 2014年には、「モンド女流杯」で二度目の優勝を果たしました。 そしてパリで行われた 「第一回 リーチ麻雀世界選手権」では、女性トップの成績を残し、「女性チャンピオン」として表彰されました。 また、「モンドバトルロイヤル」という団体戦では女流モンド チームの一員として参加し、 チームは破れてしまいましたが、MVPを獲得するなど、多方面で活躍した一年となりました。 麻雀プロとして活動してまだ7年ほどですが、数々のタイトルを手にしてきました。 一時期は、タイトルを手にして目標を失ってしまった時期もあったようですが、さらに結果を重ねていくしかないと思い、今後は男女混合の大会のタイトルや、まだ手にしていない女流タイトルの「プロクイーン決定戦」を取りたいと話しているのをよく見ます。 男女混合の連盟のリーグ戦では、現在B2リーグに所属し、2015年のシーズンは好調な滑り出しを見せました。 今後の活躍に期待したいと思います。 最速マーメイドの雀風 最速マーメイドというキャッチフレーズを持っているだけあり、 「 鳴き麻雀」が魚谷侑未プロの一つの持ち味です。 鳴いて早アガりを目指す、それが最速マーメイドの持ち味です。 騎手を目指した事と関係あるのでしょうか、速さが持ち味の一つなのでです。 そして、鳴いたからといって攻め一辺倒になることなく、他家の状況を見て、降りるときは鳴いた後でも降りる、変幻自在な戦略を心がけているそうです。 本人も自覚していますが、 鳴きまくる人というのは、一緒に打っていて少し嫌がれることがあります。 そして、 鳴き自体が失敗するとすごく目立ちます。 やはり麻雀プロなので、人前で打つ機会がたくさんあるわけで、例えば鳴いていてリャンシャンテンで他家が リーチをかけたので、降りた結果放銃した場合、「鳴いて降りるのはカッコ悪い」といったように批判、批評されることがたくさんあるのです。 しかし、とあるインタビューでこんなことを話しているのを読みました。 「私が 鳴きを志したときに、楽な道じゃないし、人から認められにくいし、嫌われる可能性もあるなぁって分かっていたけど、その道を選んだ。 自分にあったスタイルだから、他の人とは違う道を進んで行くって決めたから、だからこの道を進むからには結果を出し続けなきゃいけないって、強く、重く思っている。 プレイヤーとしてやっていきたいから、内容だけじゃなくて、結果を出し続けられるプロでありたい。 」 ゆーみん、見かけによらずカッコイイです。 見かけによらずは余計かもしれませんが、魚谷侑未というと、ちょっとふんわりした感じで謙虚な女性といったイメージですが、麻雀プロとしては芯の強いところがあって、結果を出す、勝ちを目指す、といった部分は他の女流プロより強い意思を持っている人です。 やはり、麻雀プロはその名の通り麻雀のプロですから、強いのは当然、しかし、自らのスタイルを強く持ち、それを説明するプロが尚更カッコイイです。 世間的にも「魚谷侑未= 鳴き麻雀」ですが、実をいうとここ数年はスタイルを少し変えています。 積極的に 鳴きをしますが、以前のように 鳴きを多用することはなくなりました。 本人も自分自身の印象は「イメージよりは鳴かない」と思っているそうです。 解説の清水香織プロも、魚谷侑未プロは遠いところからでも鳴く印象があったので、それは意外だと話していましたが、数年前までは鳴いていたけれども、今は 遠くて安い 鳴きはあまりしない、と話していました。 数々のタイトルを獲得しても、まだまだ自分の麻雀を模索し、勉強熱心で努力家な魚谷侑未プロです。 そして女流では珍しい「デジタル雀士」と言われます。 確かに局と局との関係性や流れといったオカルト的な考えをあまりせず、確率や数字を重視した打ち方をしているそうですが、一方で、他家の状況や打牌のスピードやリズムを見て、自分の感覚に頼った打ち方もします。 本人曰く、「少し変わったデジタル」です。 関連記事• あまり女流プロでここまで突っ込んだ麻雀講座的文章を書く人はいないので、これからもこういった活動を続けて欲しいな、と思っています。 マーメイドカップ 「魚谷侑未プロを応援する大会」として地元新潟で開催されています。 麻雀を始めた頃に知り合った方々が主催してくれている大会と魚谷侑未プロは話しています。 2015年には第四回大会が開催されたようです。 新潟周辺の魚谷プロファンは次回大会に参加してみてはいかがでしょうか? 3.魚谷侑未動画特集 役満・四 暗刻を決め、ダントツトップを走る黒沢咲プロを親っかぶりで追いかけます。 ちょっと苦い顔をする黒沢咲プロの表情が印象的です・・・。

次の

高宮まりの出身高校や大学はどこ?本名と所属もチェック!

魚谷侑未 水着

人物・来歴 [ ] 当初はを志し、トレーニングも行っていたが、断念。 2008年に麻雀を覚えてプロ雀士を志し、地元ので働きながら技術を磨く。 2009年に日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士としてデビュー。 2011年にプロデビュー2年目で所属団体である日本プロ麻雀連盟の女流リーグ大会「第6期」で初タイトルを獲得する。 2012年に「第10回女流モンド杯」に初参戦し、初優勝。 2013年に「第9回モンド王座決定戦」で優勝。 、、といったそうそうたるメンツを相手に勝利を収める。 連盟の女流雀士が参加するテレビ対局「」、「 女流プロ決定戦」のタイトル獲得。 2014年に「第12回女流モンド杯」で二度目の優勝。 パリで行われた「第一回」では、女性トップの成績を残し、「女性チャンピオン」として表彰を受ける。 2018年に主催のタイトル「第16回日本オープン」で初の女流プロ戴冠を成し遂げ、「麻雀プロ女流日本シリーズ2018」、「第44期王位戦」の三冠を達成する。 2018年に行われたドラフト会議にて、から1位指名を受ける。 Mリーグの戦績 [ ] 2018年 ドラフト会議でセガサミーフェニックスから1位指名された。 チームメンバーはと。 10月18日の第2試合で女流プロ第1号となる1勝目を挙げる。 開幕前には男性プロと対等に戦えると宣言していたが不振から抜け出せず、個人スコアは全21選手中18位、チームも7チーム中6位でレギュラーシーズンを終えた。 2019年 チームメンバーは近藤誠一と茅森早香と。 9月30日のシーズン開幕戦で勝利を飾ると、その後も好調を維持。 2月27日の第1試合で、3月3日の2回戦でと、リーグ史上初の2週連続1シーズン2度目のをアガる。 個人としては個人スコア首位451. 4pt、最高スコア9万4400点、10連続試合連対記録。 レギュラーシーズンMVPと最高打点賞の2冠獲得。 セガサミーフェニックスはレギュラーシーズン首位。 チームのファイナルシリーズ進出の大きな原動力となった。 雀風 [ ] 名前に「魚」が含まれていることに加え、鳴き仕掛けを多用する打ち筋から「 最速マーメイド」とも呼ばれる。 運や流れといった要素よりも確率を重視する雀士であり、日本プロ麻雀連盟のプロとしては異色の存在とされている。 親番の連荘を、パチンコのに準えて「魚群モード」とも呼ばれている。 得意な手役は「鳴き仕掛けでも満貫になりやすい」という理由で(ホンイツ)。 獲得タイトル [ ]• :(第6期・7期)• 女流モンド杯:(第10回・12回)• モンド王座決定戦 :(第9回・11回・12回)• 日本オープン:1期 第16期• 女流プロ麻雀日本シリーズ2018• 王位:1期(第44期) Mリーグ成績 [ ] レギュラーシーズン成績 シーズン チーム 半荘 個人スコア 平均打点 4着回避率 Pt 順位 点 順位 率 順位 セガサミーフェニックス 27 -249. () 著書 [ ]• 魚谷侑未『ゆーみんの現代麻雀が最速で強くなる本』鉄人社、2016年5月23日。 (発売日:2016年5月23日 )• 魚谷侑未『麻雀が強くなるための心と技術 近代麻雀戦術シリーズ 』竹書房、2019年10月2日。 (発売日:2019年10月2日) 出典 [ ] []• jp、2018年4月30日閲覧• - 日本プロ麻雀連盟公式オンライン麻雀「ロン2」、2016年4月30日閲覧• - Twitter 2018年8月7日• LEAGUE(Mリーグ) 2018年9月10日. 2019年3月23日閲覧。 Abema 麻雀 TIMES. 2020年3月4日閲覧。 『』2019年4月号付録 麻雀プロ名鑑 8頁• LEAGUE. 2020年3月6日閲覧。 LEAGUE. 2020年3月6日閲覧。 外部リンク [ ]• - (2011年10月17日 - ):公式ブログとしては2013年9月28日の更新から。 (、2014年6月26日) - (2010年4月7日 - 2013年9月28日):上記のブログ移行前までの公式ブログ。 yuumi1102 -• - ABEMA.

次の