肉離れ 対処。 肉離れの原因や症状/正しい対処法や治療法について

軽度の肉離れの対処法

肉離れ 対処

太もも、ふくらはぎ、ハムストリングスの肉離れの症状、治療法を初心者向きにわかりやすく解説。 「肉離れ」は応急処置の対処法とリハビリによって競技への復帰期間が大きく異なります。 筋肉は筋収縮を行うことで運動エネルギーを発揮しますが、日常生活範囲の運動動作では筋肉が肉離れを起こす事はまずありません。 以下3段階の症状を簡潔に解説します。 【1度】 肉離れの症状は非常に軽く、部分的に小規模の断裂が生じているケースです。 痛みはありますが自力の歩行が可能の状況がこの「1度」にあたります。 【2度】 肉離れの症状は中程度の段階です。 【3度】 かなり重傷の肉離れの状況です。 自力歩行はほぼ不可能となり、痛みも非常に激しい痛みとなります。 3度では早期の診察が必要となります。 診察を受けるのは病院の「整形外科」で診察を受けます。 以上が3段階の症状の特徴です。 保存療法の基本としては、発症から1~2日間は「RICE処置」を基本的に行います。 ハムストリングスとは大腿部 太もも の後面にある筋肉群の事です。 RICE ライス 処置とは、スポーツ障害全般の応急処置方法の基本として非常に重要な処置方法です。 RICEはその処置方法の頭文字のイニシャルから名づけられているので、覚えやすいと言えます。 以下、RICEの処置方法を簡潔にまとめましたのでご参照下さい。 もし、症状が確認できる場合は、病院へ行くよりも先に応急処置を施すこととなります。 このヒラメ筋の肉離れを発症するケースの大半は、陸上競技のマラソンなどの長距離系アスリートです。 ヒラメ筋は筋肉の性質上、急激に筋収縮をして、爆発的なパワーを発揮する筋肉ではありません。 性質的には、疲労に強く、間接などを安定させる働きが主力です。 しかし、長距離系のスポーツでは繰り返し、負担が継続的に加わる事で、筋肉が疲労を起こすケースも当然見られます。 この疲労がピークに達している時に、強い力が加わると、もともと弱っていた部分に付加が加わることで肉離れを発症してしまうケースがこのケースです。 拮抗筋のバランスの悪さによって生じる障害は肉離れに限らず多くあるものです。 この腰痛の発症原因は、拮抗筋である腹筋が、背中の筋力と比べて弱いケースに多く発症する傾向にある事は有名です。 ですから、腰痛の予防には、実は腹筋の強化が大きな予防に繋がります。 同様に肉離れに関しても、肉離れを発症する可能性のある部位の拮抗筋を強化する事が予防に繋がってきます。 自分の体の中で、特に自身のある部分。 筋力が強いと思われる部分は、ある意味、肉離れの可能性が最も高い部位とも言えます。 これは、体内の温度の上昇を抑える為に汗が大量に発生するためです。 この汗の中には様々なミネラルも含まれております。 そしてミネラルを大量に喪失すると、体は防衛反応を起こし、心臓への血流を抑制するなどの働きが生じます。 この際筋肉は、筋収縮をうまく起こせない状況、いわゆる筋痙攣をおこします。 筋痙攣は、筋肉組織に対し常時過度なストレスが加わっている状態です。 このような状態での運動の継続は肉離れの発症の起因ともなり兼ねません。 このように脱水症状が続くと、筋肉へのダメージも発生する点も把握….

次の

軽度の肉離れの対処法

肉離れ 対処

こんにちは。 突然ですが、あなたは肉離れの経験がありますか?珍しい怪我ではないので、激しいスポーツをしている人なら何度か肉離れを起こしたことがあるのではないでしょうか?肉離れってすごく痛いんですよね。 なぜ人は肉離れを起こしてしまうのでしょうか?実は肉離れになるのには原因があり、予防をしっかりとしておけば頻繁に起こるものではありません。 この記事では、肉離れが起きるメカニズム、また肉離れしたときの対処法をお話しします。 肉離れの症状 肉離れとは、伸びていた筋肉が急激に収縮することで、それに対応しきれなかった筋肉が断裂してしまうことをさします。 また、収縮していた筋肉がいきなり伸びる時にも起こります。 肉離れを起こすと強い痛みがあり、一時的に歩行が困難になる場合もあります。 通常は部分的に切れることが多いのですが、完全に筋肉が切れてしまうこともあり、その場合は手術を受けなければいけません。 肉離れの原因 急激な動き ジャンプからの着地や寒い環境の中でいきなり動いたりすると筋肉がそれに対応できず肉離れを起こしてしまいます。 特にあまり使わない部分の筋肉に負担をかけると、肉離れを起こします。 筋肉の柔軟性が低い 筋肉の柔軟性が低くなると、肉離れを起こしやすくなります。 柔軟性は日々のストレッチや体操で高めることができるので、時間をかければ改善できます。 年齢を重ねてくるとどうしても筋肉が硬くなってきやすいので、注意が必要です。 また、日頃から運動をしている方は適度に筋肉が動かされているので柔軟性が保たれやすい傾向にあります。 特に普段から運動不足を自覚している方は十分に気を付けてスポーツをしてくださいね。 肉離れを起こしやすい部位 ハムストリングス(太ももの裏) ハムストリングスは肉離れを起こしやすい部位です。 例えばダッシュをする時、ハムストリングスは一時的に収縮するのですが、スタートを切った瞬間いきなり筋肉が伸びます。 体に予期していなかった力が加わり、その力に負けた筋肉がちぎれてしまうのです。 ハムストリングスを痛めた場合、通常の歩行が困難になります。 ふくらはぎ ふくらはぎは日常生活でもよく使われる部位です。 運動するときもこのふくらはぎの筋肉をよく動かすので、必然的に肉離れが起こりやすくなります。 ふくらはぎの肉離れを起こしてしまうと厄介で、地面に足をつけるだけでも激痛が走ります。 また、毎日の歩行で必ず使うので、包帯やテーピングなどできちんと固定をしないと治るのに時間がかかります。 また、ふくらはぎは再発が多い部位ですが、しっかりとした治療で筋肉を修復させ、柔軟性高めることでかなりの確率で再発を予防することができます。 体育の授業の前やスポーツをする前に口酸っぱく準備体操を促されるのも、肉離れの予防のためです。 「ストレッチに意味があるの?」と思ってしまいがちですが、準備体操をするかしないかでスポーツ中の怪我のリスクを大幅に軽減させることができます。 また、軽視されやすいのですが、運動後のクールダウンはとても大事なので、しっかり時間をかけて行いましょう。 肉離れの対処法 肉離れの重症度によって対処法は変わってきます。 内出血をしている場合 内出血をしていたら、まずはアイシングを一番にしてください。 局部を冷やすことで血行の流れを悪くさせ、内出血を最小限に抑えることができます。 また患部を麻痺させることができるので、精神的な負担が減ります。 ただここで注意してもらいたいのは、長時間冷やし続けないこと。 患部を必要以上に冷やすと筋肉が硬直してしまったり皮膚が凍傷になってしまう場合があります。 15〜20分程度がベストです。 内出血がある場合は筋肉の損傷が確実にありますので早めに接骨院や整形外科などの医療機関に行くことお勧めします。 内出血をしていない場合 内出血をしていない場合も負傷から1~2日はアイシングがおすすめです。 1回で15~20分程度のアイシングをして下さい。 実際は内出血があっても表面に出ていない場合や内出血が起こりにくい部位もあるので、それだけでの判断は禁物です。 腱断裂など内出血を伴わない大怪我もあるからです。 1日程度様子を見ても痛みや変形などの異常がある場合は念のため接骨院や整形外科などの医療機関で診てもらうことをお勧めします。 完全に断裂した場合は手術を受ける 部分的に切れたのであれば自力で治すこともできますが、完全に断裂した場合は手術の適用が一般的です。 部分的に切れているのか、完全に切れているのか早期に判断するためにも接骨院や整形外科などの医療機関の受診をおすすめします。 早く治したいのであれば接骨院を受診しよう 肉離れは一度起こしてしまうと再発しやすい怪我です。 4~8週間の安静で良くなるものもありますが、適切な治療を施していないと違和感が残ったり再発しやすくなったりしてしまいます。 少しでも早く、良く治したい方は、接骨院を受診することをおすすめします。 EIR接骨院は働いているスタッフ全員が柔道整復師の資格を持ち、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷の治療を行うことができます。 スポーツ現場で多くの経験を持つため外傷を得意としています。 肉離れなど筋肉の損傷で来院される患者さんも多くいらっしゃいます。 スポーツ分野で培った治療技術を接骨院にも応用し、日常生活において起きてしまった痛みや辛さの治療にも役立てています。 怪我をされた方や体の痛みに悩まされている方はぜひ一度ご来店ください。

次の

肉離れの治療法・治し方(太もも・ふくらはぎ・ハムストリングス)

肉離れ 対処

肉離れとは、急な筋肉の収縮によって 筋膜や 筋繊維が損傷するケガのことを指します。 突然の肉離れに備えて、症状と 応急処置ついて知っておくと安心です。 また、肉離れにならないための 予防法についてもご紹介します。 肉離れとは何?こむらがえり、足がつるのと何が違うの? プロのスポーツ選手に限らず、一般の私たちでも、肉離れは起こります。 肉離れとは、急な筋肉の収縮によって、 筋膜や 筋繊維が損傷する ケガのことを指します。 肉離れが発生すると、 筋・腱断裂によって、運動機能に障害が現れ、痛みを感じます。 ひどい肉離れの場合は、 筋肉がへんこだり、窪んだ状態を目で見て分かる場合もあります。 これは、筋・腱断裂によって筋肉の一部だけ損傷し、その周囲は健在であるため、 周囲に比べて へこんで見えるのです。 肉離れとこむらがえりの違い 肉離れと混同しやすい 筋肉のケガにこむらがえりがあります。 こむらがえりは、こむら(ふくらはぎ)がつった状態です。 肉離れは、筋や腱を痛めるのに対し、こむらがえりは筋組織に障害は見受けられません。 足がつった状態というのは、ふくらはぎの筋肉を動かしている細胞外液のカルシウムやマグネシウムなどのイオンバランスが崩れることによって、動かしたいけれど動かせない状態に陥り、痛みと 運動障害を訴えます。 一般には、運動をするなどして汗をかきすぎた後や、 水分補給がされない睡眠時などに多く起こります。 肉離れと筋肉痛の違い さらに、肉離れのように筋肉が痛むものに 筋肉痛があります。 筋肉痛は、筋肉周辺の循環障害、筋繊維が傷ついていないという点で肉離れとは異なり、 むしろ 足がつるという状態に似ています。 筋肉痛は、筋の運動に際して溜まった代謝成分である 乳酸が溜まって起きます。 こむらがえりとは異なり、カルシウムイオン不足で動けなくなることはないため、筋肉は痛むものの 運動障害はあまり起こりません。 筋肉のケガ3種を見分けるには原因を考えてみる 筋肉のケガ3種である 肉離れ、 こむらがえり、 筋肉痛をご紹介しました。 こむらがえりと筋肉痛は、体の構造的には どこも壊れてはいないので、視覚的にも分かりづらいです。 酷い肉離れは、 皮膚の上から見ても分かるという点で特徴的です。 筋肉に痛みを感じたら、筋肉のケガ3種のうちどれに該当するのか、 原因は何なのかを考えると対処の助けにもなります。 肉離れの原因は筋肉の疲労や筋力不足にあります 肉離れの原因で、最も多いのが 筋肉の疲労です。 筋肉を使用することで内部で 乳酸が溜まり、筋肉が 収縮して硬くなってしまいます。 その筋肉が弱った状態で、さらに負荷を与えてしまうと、 肉離れが起こることがあります。 これを防ぐためには ストレッチや マッサージが良く、筋肉の疲労を感じたらすぐに対処するとよいでしょう。 お風呂上りなどに筋肉をほぐす時間を作るのが良く、日課にすると無理なく続けることができておすすめです。 筋力不足や筋力のバランス不足も大きな原因のひとつ 行った運動に対して、自分の 筋力が不足している場合に、肉離れが起こる事があります。 重すぎるものを無理に持ち上げようとしたり、普段走っていない距離をいきなり走ったりすると、筋肉が耐えられる 負荷を超えてしまい、 肉離れが起こってしまいます。 また、部分的に筋肉を鍛えていたり、負荷がかかる場所の筋肉と連携する筋肉の 筋力のバランスが悪いと起こる事があります。 普段、運動していないお父さんが子どもの運動会で思いっきり走り、肉離れしてしまうのは、このパターンが考えられます。 気温の低下やストレスも原因になります また、気候も肉離れを発生させる原因の一つになります。 急激な 気温の低下により、身体が冷えると筋肉も硬くなり、筋肉の動きが悪くなります。 その状態で運動すると、筋肉が上手く伸び縮みできず、 肉離れを起こしてしまうのです。 冬場に運動する場合は、事前にゆっくり ストレッチをするなどして、筋肉を温めてから運動するとよいでしょう。 さらに注意したいのが ストレスです。 過度のストレスにより、身体が緊張して硬くなることで、やはり筋肉も固くなってしまいます。 気温が低下と同様に、 身体の緊張をほぐすことが大切です。 肉離れが発生しやすい部位とその症状と痛みについて 肉離れを起こす主な部位は、 ふくらはぎと 太ももの裏側と 太ももの前側です。 肉離れの発症率の90%以上が下半身を占めています。 重症度は筋肉をストレッチした時の痛みで分かる ふくらはぎの場合は、膝を曲げた状態でもストレッチすると痛み、つま先立ちもできないような状態であれば 重症です。 膝を曲げた状態で、ストレッチした時に軽く痛む程度であれば、 中等症レベルと考えられます。 膝を伸ばしてストレッチした時にだけ痛む程度であれば、 軽症レベルと言えるでしょう。 太ももの裏側の筋肉の場合は、仰向けに寝て足を人に持ち上げてもらい、70度以上の高さまで上げて痛む場合は 軽症、30度~70度の範囲で痛む場合は 中等症、30度未満で痛む場合は 重症と考えられます。 太ももの前側の筋肉の場合は、うつ伏せに寝た状態で膝を曲げていき、90度を超えて痛む場合は 軽症、45度~90度の間で痛む場合は 中等症、45度未満で痛む場合は 重症と考えられるでしょう。 肉離れを発症してからの対処と痛みの経過 肉離れが疑われる時には、とにかく 足に負担をかけないことが大切です。 肉離れを起こした状態で、歩いたり負担をかければかけるほど度合いが酷くなり、内出血が広がり血腫になる リスクもあります。 動かさずにとにかく冷やして出来るだけ 早く受診する事が大切です。 痛みの経過としては、数日間は動かさないで安静にしていても、肉離れを起こしている部位に強い痛みを感じる状態が続きます。 その間は、とにかく 動かないことと冷やすことが大切です。 その後、1週間程度で落ち着いたとしても、2~3週間はリハビリなどでその筋肉に負荷をかけるとまだ痛みは感じる状態が続きます。 肉離れはサポーターで応急処置するなど治療法を知っておきましょう 普段からしっかり運動をしている方でも起こりやすい 肉離れは、運動不足の方からスポーツ選手の方まで幅広い方に起こります。 そのため、症状が出てしまった時に 応急処置が出来るように、 適切な治療法を知っておくことが重要です。 そもそも肉離れとは、『 筋肉の収縮動作』が急激に起こった際に、脚の筋肉そのものに筋肉の 部分断裂や筋肉の 完全断裂を発症してしまう状態を指します。 通常の生活では過度な筋肉の収縮は起こりにくいとされていますが、普段運動をしない場合など筋肉の柔軟性が少ない時に過度な運動をしたり、筋肉の柔軟度が落ちる20歳以降の方などに起こりやすくなる傾向があります。 肉離れの応急処置のやり方(RICE処置) そこで万が一肉離れになってしまった際の治療法として、多くの医療機関で用いられているのが RICE処置(ライス処置)です。 肉離れを発症した時点は、筋細胞の部分的な断裂を起こしてしまっているので、脚に 大量の内出血が起こってしまう危険があります。 そのため、内出血を抑えることを迅速に行う必要があり、 アイシング処置を行うことが大切です。 氷嚢を利用する他にアイスパックなどをタオルで巻いて冷やす方法も簡単なのでおすすめです。 このように、アイシング処置を行うと 血管の流れが鈍くなり、患部への「血液の過度な集中」を抑える事が出来るので 脚の腫れを抑えることが出来ます。 体をしっかり安静させること 応急処置で肉離れの部位をしっかりアイシングしたら、次は体をしっかり 安静させることが完治への近道となります。 安静にしながら脚に サポーターを巻くことで脚の筋肉を固定し、治癒がしやすい状態を保ちます。 サポーターは出来るだけきつくない程度で巻き、痛みが強い際には鎮痛剤などの 内服薬・サプリメントを服用すると痛みや腫れを抑えることが出来ます。 応急処置でアイシングをして、腫れが引いたら次は温かいタオルで患部を覆うなど 温熱療法を継続して行います。 そうすることで、筋肉の冷えを抑えて血行を良くし、 自己治癒力を促進することが出来ます。 予防する上では、 筋肉の柔軟性を高めることや 栄養補給が重要になります。 そして、そもそも筋肉の柔軟性は、20歳からは徐々に低下していきます。 日々仕事に追われ、運動をしなくなって久しいのに、柔軟もせずに急に運動を始めて 肉離れを起こすなどといった症状が出るのもそれに当たります。 肉離れの予防にはストレッチが最適 前述のとおり、予防には大きく分けて2つあります。 1つ目は、 筋肉の柔軟性を高めることです。 それには、 ストレッチが最適です。 動かさないと徐々に固まってくる筋肉を適度にほぐし、血流を促進させます。 毎日、ストレッチを行うことにより、 柔軟性の低下を防ぐことできます。 万が一、 肉離れを起こしてしまった際にも、痛みの緩和・回復力を高める効果もあります。 それと併せて、肉離れを起こした状態での治療法として、 テーピングの使用があります。 テーピングは、症状の改善や軽減に効果があります。 ただし、テーピングは技術を必要とするため、医師やスポーツトレーナーなどに相談すると良いでしょう。 肉離れの予防としてコラーゲンの摂取がおすすめ 肉離れの2つ目の予防として、 栄養素の補給があります。 具体的には、 コラーゲンを摂取することです。 コラーゲンの摂取により、 部分断裂を起こした筋肉を体内から素早く 修復してくれます。 食事からも摂取できますが、サプリメントから摂るのが一番効果的です。 また、コラーゲンを吸収する為には ビタミンCも欠かせません。 コラーゲンと併せて果物などから摂るようにしましょう。 忙しい方にはレギンスの着用も効果的! 最後に、日々が忙しく、上記を行えないという方には、 レギンスの着用をおすすめです。 レギンスを履く事により、筋肉が圧迫され、 筋肉能力が上がります。 経済的には少しかかりますが、対策としてはお手軽で効果的な方法とです。 激しい運動を余儀なくされる際には、 リスク回避として所持しておいた方が良いでしょう。

次の