レーザー クラーケン。 Razer Kraken 7.1 V2の性能やサイズ感などレビュー

ゲーミングヘッドフォン「RAZER KRAKEN PRO v2」レビュー。(XboxOne、PC、PS4対応)

レーザー クラーケン

ヘッドセットでPUBGモバイルをプレイすると「ハウる」!? まずはじめに、世間ではヘッドセットを使ってPUBGモバイルをプレイすると 「ハウる」という声をよく耳にしますが、私が使った感じでは一切ハウることはありませんでした。 もちろん端末とゲーム内のサウンドの設定を細かく調節していますが、環境に応じて音量を調整すればハウることなく利用することができます。 ただしヘッドセットのメーカーや種類、スマホやタブレット端末の種類によって結果は異なります。 ちなみに私は、第7世代のiPad(10. 2インチ)にRazerのKrakenの組み合わせで使っています。 その他のiPadやiPhone、Androidスマホを利用中の方に合うかは分かりませんので注意してくださいね。 重量が重いので長時間プレイすると疲れる• 締め付け感や汗をかいた際に不快な思いをする• 外部の音をほぼほぼ遮断できる• 1chや7. 1chに対応しているものがある• 値段の高いものが多い 基本的に個人によって意見は異なりますので、ご自身の好みに応じて購入すれば良いと思います。 Razer「Kraken」レビュー それでは、 Razerのヘッドセット「Kraken」を画像付きでレビューしていきます。 まず、RazerのKrakenを購入すると、想像を遥かに超えるほど大きな箱が届きます(汗) 上記画像はiPhone6Sと並べた画像ですが、その大きさが分かりますね…w 同梱物はヘッドセット本体の他、PC接続用のケーブルや取扱説明書、保証書等が付属します。 イヤホンとは違いヘッドセット用の収納ケースは付属しません。 RazerのKrakenを実際に手に取ってみると、サイズ感はかなり大きめです。 値段もそこそこしますので、重量感がありしっかりとした作りであることが一目で分かりますね。 そのおかげで頭にかかる圧力が軽減され、長時間快適にプレイできるよう改善されています。 次に、ヘッドセットを横から見た画像です。 カスタムチューンされた50mmのドライバに、ボーキサイトアルミフレームが採用されています。 簡単に言えば、音質が良く、頑丈で軽量かつ柔軟性のある作りになっています。 そして耳にあてるパッド部分には、冷却ジェル注入のイヤークッションが施されていますので、長時間プレイしても熱を溜めにくい設計となっています。 冷却ジェルと聞くとヒンヤリするイメージをしますが、実際にはそうでもありません。 普通に汗をかきますし、他の製品よりは熱がこもりにくい程度で考えておきましょう。 RazerのKrakenはマイク付きのヘッドセットです。 マイク部分は格納式で、使用する時に引き出し、使用後は押し込むことで戻ります。 ソロでプレイする際にはマイクを収納した状態で、デュオやスクをプレイする際にはマイクを出すといった使い方ができます。 続いて、ケーブルの部分には音量調節、VCのスライドボタンがあります。 基本的にゲーム内で音量調節とVC有無の設定ができますので、使うことはありません。 それとここも重要なのですが、RazerのKrakenは有線ケーブルで接続するヘッドセットです。 5mmのヘッドホン端子となっていますので、iPhoneやiPad以外にもPCやその他ゲームデバイスにも対応しています。 ただし、iPhone7以降はイヤホン端子がないので、購入する際には変換アダプタもあわせて購入しましょう。 カスタムチューンされた50mmドライバ• 冷却ジェル注入型クッション• 格納式単一指向性マイク• ボーキサイトアルミ製フレーム• プラットフォームを超えた互換性• 1chサラウンド• マイクミュートクイック切替• アナログボリュームコントロールホイール• ケーブル1. 重量約322g• ご注意頂きたいのは、 7. 1chサラウンド対応という部分です。 こちらはあくまでPCで専用のソフトを使った場合のみ体感できる訳であって、iPhoneやiPadで7. 1chを体感できる訳ではありません。 ただし、価格の割に性能が良いことは間違いないと思います。 モバイルゲームをプレイする際にも、左右、背後の音がハッキリと分かりますので、接近戦での戦闘能力が上がることは言うまでもありませんね。 Razer「Kraken」と「Hammerhead」の旧型、新型について Razerのゲーミングヘッドセット「Kraken」と、ゲーミングイヤホンの「Hammerhead」ですが、 旧型と新型がありますのでネット通販で購入する際には必ず確認してくださいね。 値段だけを見て購入し、実は旧型を購入してしまったという方もいるようですので、そうならない為にも旧型と新型の違いを把握しておきましょう。 Razer「Kraken」を実際に使った感想 ではここからは、実際に私が Razerのヘッドセット「Kraken」を使った感想をご紹介していきます。 率直にRazerの「Kraken」は、PUBGモバイルとの相性が非常に良いと感じました。 左右、背後の音がハッキリと分かりますので、マンションの階数、うまうまハウス内の位置までハッキリと分かりました。 ただし、私の場合にはRazerのゲーミングイヤホンも持っていますので、どちらが良いかを断言することは出来ません。 他にも性能が良く高価なヘッドセットが販売されていますが、ぶっちゃけモバイル版をプレイするだけなら違いは感じないと思います。 個人的にPUBGモバイルには1万円程度の製品が限界で、それ以上のイヤホンやヘッドセットは必要ないと思っています。 ちなみに、Krakenは定価が11,800円ですが、私はクーポンを利用して約8,800円ほどでアマゾンで購入しました。

次の

ゲーミングヘッドフォン「RAZER KRAKEN PRO v2」レビュー。(XboxOne、PC、PS4対応)

レーザー クラーケン

ヘッドセットでPUBGモバイルをプレイすると「ハウる」!? まずはじめに、世間ではヘッドセットを使ってPUBGモバイルをプレイすると 「ハウる」という声をよく耳にしますが、私が使った感じでは一切ハウることはありませんでした。 もちろん端末とゲーム内のサウンドの設定を細かく調節していますが、環境に応じて音量を調整すればハウることなく利用することができます。 ただしヘッドセットのメーカーや種類、スマホやタブレット端末の種類によって結果は異なります。 ちなみに私は、第7世代のiPad(10. 2インチ)にRazerのKrakenの組み合わせで使っています。 その他のiPadやiPhone、Androidスマホを利用中の方に合うかは分かりませんので注意してくださいね。 重量が重いので長時間プレイすると疲れる• 締め付け感や汗をかいた際に不快な思いをする• 外部の音をほぼほぼ遮断できる• 1chや7. 1chに対応しているものがある• 値段の高いものが多い 基本的に個人によって意見は異なりますので、ご自身の好みに応じて購入すれば良いと思います。 Razer「Kraken」レビュー それでは、 Razerのヘッドセット「Kraken」を画像付きでレビューしていきます。 まず、RazerのKrakenを購入すると、想像を遥かに超えるほど大きな箱が届きます(汗) 上記画像はiPhone6Sと並べた画像ですが、その大きさが分かりますね…w 同梱物はヘッドセット本体の他、PC接続用のケーブルや取扱説明書、保証書等が付属します。 イヤホンとは違いヘッドセット用の収納ケースは付属しません。 RazerのKrakenを実際に手に取ってみると、サイズ感はかなり大きめです。 値段もそこそこしますので、重量感がありしっかりとした作りであることが一目で分かりますね。 そのおかげで頭にかかる圧力が軽減され、長時間快適にプレイできるよう改善されています。 次に、ヘッドセットを横から見た画像です。 カスタムチューンされた50mmのドライバに、ボーキサイトアルミフレームが採用されています。 簡単に言えば、音質が良く、頑丈で軽量かつ柔軟性のある作りになっています。 そして耳にあてるパッド部分には、冷却ジェル注入のイヤークッションが施されていますので、長時間プレイしても熱を溜めにくい設計となっています。 冷却ジェルと聞くとヒンヤリするイメージをしますが、実際にはそうでもありません。 普通に汗をかきますし、他の製品よりは熱がこもりにくい程度で考えておきましょう。 RazerのKrakenはマイク付きのヘッドセットです。 マイク部分は格納式で、使用する時に引き出し、使用後は押し込むことで戻ります。 ソロでプレイする際にはマイクを収納した状態で、デュオやスクをプレイする際にはマイクを出すといった使い方ができます。 続いて、ケーブルの部分には音量調節、VCのスライドボタンがあります。 基本的にゲーム内で音量調節とVC有無の設定ができますので、使うことはありません。 それとここも重要なのですが、RazerのKrakenは有線ケーブルで接続するヘッドセットです。 5mmのヘッドホン端子となっていますので、iPhoneやiPad以外にもPCやその他ゲームデバイスにも対応しています。 ただし、iPhone7以降はイヤホン端子がないので、購入する際には変換アダプタもあわせて購入しましょう。 カスタムチューンされた50mmドライバ• 冷却ジェル注入型クッション• 格納式単一指向性マイク• ボーキサイトアルミ製フレーム• プラットフォームを超えた互換性• 1chサラウンド• マイクミュートクイック切替• アナログボリュームコントロールホイール• ケーブル1. 重量約322g• ご注意頂きたいのは、 7. 1chサラウンド対応という部分です。 こちらはあくまでPCで専用のソフトを使った場合のみ体感できる訳であって、iPhoneやiPadで7. 1chを体感できる訳ではありません。 ただし、価格の割に性能が良いことは間違いないと思います。 モバイルゲームをプレイする際にも、左右、背後の音がハッキリと分かりますので、接近戦での戦闘能力が上がることは言うまでもありませんね。 Razer「Kraken」と「Hammerhead」の旧型、新型について Razerのゲーミングヘッドセット「Kraken」と、ゲーミングイヤホンの「Hammerhead」ですが、 旧型と新型がありますのでネット通販で購入する際には必ず確認してくださいね。 値段だけを見て購入し、実は旧型を購入してしまったという方もいるようですので、そうならない為にも旧型と新型の違いを把握しておきましょう。 Razer「Kraken」を実際に使った感想 ではここからは、実際に私が Razerのヘッドセット「Kraken」を使った感想をご紹介していきます。 率直にRazerの「Kraken」は、PUBGモバイルとの相性が非常に良いと感じました。 左右、背後の音がハッキリと分かりますので、マンションの階数、うまうまハウス内の位置までハッキリと分かりました。 ただし、私の場合にはRazerのゲーミングイヤホンも持っていますので、どちらが良いかを断言することは出来ません。 他にも性能が良く高価なヘッドセットが販売されていますが、ぶっちゃけモバイル版をプレイするだけなら違いは感じないと思います。 個人的にPUBGモバイルには1万円程度の製品が限界で、それ以上のイヤホンやヘッドセットは必要ないと思っています。 ちなみに、Krakenは定価が11,800円ですが、私はクーポンを利用して約8,800円ほどでアマゾンで購入しました。

次の

Degica Razer ストア

レーザー クラーケン

Razer Surround は、お使いのステレオヘッドフォンのタイプを選ばず、最高のバーチャル 7. 1 ch サラウンドサウンド体験をゲーマーへ提供します。 現在のバーチャルサラウンド技術は、シミュレートされたサウンドステージに対して各個人が異なる反応を示す事が多く、音像が不明瞭になりがちです。 そのため、一般的にはバーチャルサラウンドサウンドは、リアルサラウンドサウンドよりも劣っているとみなされていました。 Razer Surround に搭載される最新技術を使用したサラウンドサウンドアルゴリズムは、驚くほど正確なサラウンドサウンド環境を形成する為、ゲーマーは自分の好みに立体音響を調整することが可能です。 この調整により Razer Surround は、ゲームにおいて驚異的なレベルの精度を実現し、ゲーマーはゲームプレイで優位に立てるでしょう。 最高クラスの 7. 1 chバーチャル サラウンド サウンド Razer Surround は、ゲーマーをさらにゲームの世界に引き込む高度な7. 1chバーチャルサラウンドサウンドエンジンです。 従来のバーチャルサラウンドソリューションは、平均的な耳のサイズと形状に基づいて構築されたアルゴリズムを使用し、ひとつの規格ですべてに対応するアプローチにより、各ゲーマー用にカスタマイズも最適化もされていない汎用的なバーチャルサラウンドサウンドを形成しようと試みるものです。 Razer Surround を使用すると、ゲーマー各人の耳に合わせた個別の調整が可能となる為、完璧な個人用設定を構築することができます。 自分の耳の形状と、ヘッドフォンの機能に対応できる高度なオーディオアプリケーションを介して、お気に入りのタイトルにさらに没入して楽しむことが可能です。 あなたの聴覚に合わせた音響増幅により、遠くの足跡や銃声から相手の正確な位置を把握できるため、対戦相手より優位に立つことができます。 Razer Surround は、各ユーザーの好みに完璧に一致する、完全にカスタマイズかつ調整された立体音響を体験できます。 クラウドにあなただけのサラウンドサウンドを 簡単な聴き取りテストを行うだけで、ユーザーはゲームに合った音響効果を直感的に調整することができます。 タイミングの微妙な遅延やオーディオの干渉、大きさ、およびその他の複雑な要素を考慮することにより、Razer社が誇る業界トップのゲーミングオーディオアルゴリズムは、あらゆる方向と距離からのサウンドを確実に再現することができます。 ユーザー個別のオーディオ調整内容は自動的にクラウドに保存され、ゲームをどこでプレイする場合にも利用できます。 地元の ネットカフェ、友人の家、またはゲーム大会でログインし、個別に調整されたオーディオアルゴリズムに基づく最高のサラウンドサウンドを体験してください。

次の