大喜 利 の お 題。 436. 大喜利 お題 「何でもランキング」

大喜利のお題一覧!簡単なお題・ボケやすいお題と解答例を一挙紹介!! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

大喜 利 の お 題

世の中、いろんなランキングがありますよね。 そこで、みなさんは1位から3位までのランキングを発表してください。 わたしが、「それは何のランキングですか?」と訊きますので、答えてください。 1.古遊三師匠「1位スマホ、2位考えごと、3位スリ」 翔太師匠 「それは何のランキングですか?」 古遊三師匠「歩きながらすることランキング」 翔太師匠 「みんな危ないじゃないですか。 スリ?1枚取って!」 2.行楽師匠「1位現金、2位商品券、3位点滴」 翔太師匠「それは何のランキングですか?」 行楽師匠「楽屋への手土産歓迎ランキング」 3.産平師匠「1位結婚、2位誕生日、3位出産」 翔太師匠「それは何のランキングですか?」 産平師匠「お祝いをたくさんもらえるランキング」 翔太師匠「次は再婚ですかね。 気分悪いから1枚取って」 4.貴久翁師匠「1位霊園、2位老人ホーム、3位天国」 翔太師匠 「それは何のランキングですか?」 貴久翁師匠「歳をとって、見学会に行くことが多いランキング」 翔太師匠 「天国っていつ行くんですか?」 貴久翁師匠「危篤のときに」 5.縁楽師匠「1位何者なんだよ、2位知らないなあ、3位遠い」 翔太師匠「それは何のランキングですか?」 縁楽師匠「義理で行くときのお通夜の気持ちランキング」 6.泰平師匠「1位会社に電話しなきゃ、2位おれは病気だ、3位目が回る」 翔太師匠「それは何のランキングですか?」 泰平師匠「二日酔いの朝の葛藤ランキング」 7.古遊三師匠「1位特上寿司、2位うな丼、3位カツ丼」 翔太師匠 「それは何のランキングですか?」 古遊三師匠「取調室待遇ランキング」 8.行楽師匠「1位勝つぞ、2位負けないぞ、3位帰りの電車賃別にしとこ」 翔太師匠「それは何のランキングですか?」 行楽師匠「競馬場へ行くときの気持ちランキング」 翔太師匠「だんだん弱気になってるじゃないですか!1枚持ってって」 9.縁楽師匠「1位政治家、2位官僚、3位講釈師」 翔太師匠「それは何のランキングですか?」 縁楽師匠「泥棒に近いランキング」 翔太師匠「講釈師見てきたような嘘をつき。 嘘は泥棒のはじまりですね。 1枚差し上げて」 10.泰平師匠「1位大月、2位練馬、3位網走」 翔太師匠「それは何のランキングですか?」 泰平師匠「古遊三師匠ゆかりの地ランキング」 *以下にお勧めの問答の番号をアトランダムに挙げてみました。 サイドバーの検索窓に番号を入力すると該当ページが表示されます。 15,95,129,155,158,159,178,211,221,234,237,244,273,279,303,309,310,345, 351,355,408,410,514,517,528,541,570,579 *右のサイドバーには、最近掲載したお題がリストアップされています。 また、その上のカレンダーにアンダーラインが入っている日付でも記事が検索できます *定番の大喜利問答のほか、なぞかけや川柳、狂歌なども時折掲載しています。 サイドバーの検索窓にたとえば、「なぞかけ」と入力すると該当するお題が出てきます。 よろしかったら、ご覧ください joker480.

次の

面白い大喜利のお題まとめ10選|ネタの作り方と面白い回答のコツも

大喜 利 の お 題

大喜利とは? 大喜利とは演芸の形式 大喜利とは一体どのようなものなのでしょうか。 名前を聞いたことはあってもきちんと答えられないという人は案外多いのではないでしょうか。 まず大喜利とは寄せの最終演目として、出演者がファンサービスや余興として行っていました。 それが現代になり、落語や寄席の立派な演目の一つとして発展したとされています。 もともとは軽い気持ちで始まったものが大衆からの人気を獲得し、いつしか立派な一つのジャンルとして確立されたんですね! 大喜利とは出題者と回答者がいる まず大喜利は一人で行う事はなかなかできません。 大喜利をする場合には出題者と回答者が必要になります。 するとその回答を回答者の人々が答えていくのです。 本来寄席の最後にファンサービスや余興として行われていた大喜利は、観客がお題をだしそれに対して回答者である落語家が答えるというスタイルだったそうです。 今では立派な演目の一つになっているため出題者も回答者も確立されていることが多いですよね。 笑点スタイルの大喜利が一般的になっている もともと大喜利とは寄席の最後に観客に対するファンサービスや余興の演目の一つとして行われたとご紹介致しました。 ファンサービスの一つであったため、観客がお題を言ってそれに対して落語家が答えるスタイルだったんですね。 ただ、今日では「笑点」という日本の国民的番組で大喜利をひとつのコーナーとして確立しているため、本来の余興やファンサービス的な要素は影をひそめ、1つのジャンルとして立派に演目が行われるようになりました。 「笑点」が今の大喜利スタイルを作ったと言っても過言ではないのですね。 例えばあなたが余興の係えあったりした場合、一体どんな事をして飲み会を盛り上げようか悩んだとしましょう。 そんな時、大喜利を是非やってみてください。 きっと盛り上がるはずです。 では実際に盛り上がる面白い大喜利のお題まとめを見ましょう。 まず最初の面白い大喜利のお題まとめは「誰にも言えないアンパンマンの秘密」です。 アンパンマンは子供から大人まで日本人であれば誰でも知っている国民的スターですからお題にするには分かりやすく適しています。 「実は顔が濡れても全然元気」「実は中身はクリーム」など様々な回答を作る事ができ比較的簡単なお題であると言えます。 初心者だらけの大喜利の場合はできるだけ回答を出しやすい物が良いですよ。 2020年に東京オリンピックを控えている日本ではオリンピックというキーワードが非常に熱い言葉です。 また、妖怪という日本で古くから語り継がれている伝統的な存在も誰しもが知っていますし、最近では「妖怪ウォッチ」や「ゲゲゲの鬼太郎」の影響などで子供でも妖怪のことを知っていますから幅広い年代が回答しやすいですね。 これは回答者の個性が非常に問われる大喜利のネタだと言えるでしょう。 例えばハゲている人がこの大喜利の回答者になったとします。 「Aさん(自分の名前)素敵なヘアスタイルですね」こんな回答をしたら自虐ネタとなって、周りはどっかーんと大爆笑の渦に包まれるはずです。 このように回答者のセンスが問われるネタも面白いかもしれません。 近年「女子力」という言葉が流行語のようにブームになっています。 女の子らしい持ち物や行動の事を指すのが本来の意味ですが大喜利のネタになると面白い回答が期待できます。 例えば「スマホのアプリで顔を上手に加工する力」などと言えばブラックジョークのようになって面白いですよね。 もちろん女性が回答しても面白くて現実的な答えが期待できますが、男性だけに回答させてもまた違った視点になって面白いですよ。 忍者というのは実際に日本で昔存在したスパイのようなものです。 今世界的に忍者がブームであり、日本=忍者という認識の人もいるほどです。 そんな日本のシンボルとも言える忍者がもしアメリカにいたとしたらどんな忍者になるでしょうか。 回答者の個性と想像力が問われる少々難しい問題ですが、面白い回答が出れば盛り上がるはずですよ。 ラーメンを日頃からよく食べる人は多いはずです。 そんなラーメン屋で二度と食べたくないような出来事とはどんな事なのでしょうか? 例えば「店主の声がでかすぎてツバが飛ぶ」や「スープのダシをダシパックでとっている」など考えれば考えるほど様々な回答がでてきます。 このように生活に根差しているものをお題にすると非常に解答しやすい大喜利となりますよ。 例えば「めちゃめちゃ遠回りして、普通より安い値段を求められた」など実際に怒ってしまいそうなエピソードのなかにちょっとありえないようなユーモラスを加えることでお白粉大喜利の回答になります。 タクシーはサラリーマンなどならよく乗りますからアイデアがたくさん浮かびそうですよね。 一見すると真面目に答えてしまいそうなネタですが、これは大喜利です。 いかに面白くぼけられるかが重要なポイントとなります。 例えば会社の飲み会でやったとするなら「ささやかな幸せとは?」に対して「部長が出張に行っている時」など自分たちにしか分からない身内ネタを盛り込む事ができますよね。 身内ネタは比較的盛り上がりますからおすすめですよ。 最近は電化製品の進化がめまぐるしく、毎日のように新しい機能を搭載した電化製品が販売されていると言っても過言ではありませんよね。 そんな電化製品をお題とした大喜利です。 例えば「貞子が本当に出てきてしまう」や「水着姿の下が透けて見える」など色々なユーモアあふれる回答が期待できそうですよね。 初心者だけで大喜利を行う場合は分かりやすくて回答しやすいお題にしてあげることで、場がしらけず盛り上がるはずです。 本や映画に舞台など、作品と呼ばれるものはそのタイトルが重要となってきますよね。 いかに消費者に手をとってもらえるタイトルにするかどうかで売れ行きは変わって来る筈です。 これも考えやすい大喜利の一つですね。 今回ご紹介している大喜利ですが、実際に使ってみる場としては飲み会や二次会などの席が多い事でしょう。 テレビで見る大喜利というのはプロの落語家や芸人の方々が行っています。 ですからそれは日々の訓練の賜物ですし、難しいお題でもなんなく面白いものに変えてしまうはずです。 しかし、実際に一般人の私達が大喜利をするとなるとプロの人のようにはなかなかいきません。 難しいお題が着てしまうと考え込んでしまいますし、それを飲み会などでしてしまうと回答に時間がかかって場がしらけてしまいます。 また、難しいお題だとすべってしまう人も出て下手すると険悪な雰囲気になりかねません。 ですから飲み会などで大喜利を行うのならば、なるべくその場にいる人全員が理解できて、分かりやすいものをお題としてセレクトするようにしましょう。 ですからテレビなどで出題しているお題はあまりおすすめできません。 人をいじるネタは人気がありますし盛り上がりやすいネタでもあります。 他人でなく自分のことをいじるネタも自虐ネタとして笑いがとれますよね。 ただ注意したいのはいじる限度です。 人を不快にさせるレベルのものは避けましょう。 大喜利のお題に対して説明が幾つも必要な長ったらしい回答は場をしらけさせてしまいます。 ぱっと答えを行っただけで周りが笑ってくれるようなシンプルで分かりやすい回答がおすすめですよ。 大喜利で場を盛り上げさせよう! いかがでしたか?大喜利はもともとファンサービスとして生まれたものでした。 現代では一つの演目として非常に人気がありますよね。 初心者には難しく感じるかもしれませんが、コツや分かりやすいお題、回答しやすいお題に注意すれば比較的簡単ですし何より飲み会などが盛り上がりますよ! 会社の宴会や懇親会などの飲み会では大喜利のような余興の他に形式的な段階があります。 その一つが締めのあいさつです。 以下の記事で締めのあいさつの例文や中締めについてまとめてありますかた飲み会の前に一度目を通しておきましょう!.

次の

大喜利のお題一覧!簡単なお題・ボケやすいお題と解答例を一挙紹介!! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

大喜 利 の お 題

大喜利とは? 大喜利とは演芸の形式 大喜利とは一体どのようなものなのでしょうか。 名前を聞いたことはあってもきちんと答えられないという人は案外多いのではないでしょうか。 まず大喜利とは寄せの最終演目として、出演者がファンサービスや余興として行っていました。 それが現代になり、落語や寄席の立派な演目の一つとして発展したとされています。 もともとは軽い気持ちで始まったものが大衆からの人気を獲得し、いつしか立派な一つのジャンルとして確立されたんですね! 大喜利とは出題者と回答者がいる まず大喜利は一人で行う事はなかなかできません。 大喜利をする場合には出題者と回答者が必要になります。 するとその回答を回答者の人々が答えていくのです。 本来寄席の最後にファンサービスや余興として行われていた大喜利は、観客がお題をだしそれに対して回答者である落語家が答えるというスタイルだったそうです。 今では立派な演目の一つになっているため出題者も回答者も確立されていることが多いですよね。 笑点スタイルの大喜利が一般的になっている もともと大喜利とは寄席の最後に観客に対するファンサービスや余興の演目の一つとして行われたとご紹介致しました。 ファンサービスの一つであったため、観客がお題を言ってそれに対して落語家が答えるスタイルだったんですね。 ただ、今日では「笑点」という日本の国民的番組で大喜利をひとつのコーナーとして確立しているため、本来の余興やファンサービス的な要素は影をひそめ、1つのジャンルとして立派に演目が行われるようになりました。 「笑点」が今の大喜利スタイルを作ったと言っても過言ではないのですね。 例えばあなたが余興の係えあったりした場合、一体どんな事をして飲み会を盛り上げようか悩んだとしましょう。 そんな時、大喜利を是非やってみてください。 きっと盛り上がるはずです。 では実際に盛り上がる面白い大喜利のお題まとめを見ましょう。 まず最初の面白い大喜利のお題まとめは「誰にも言えないアンパンマンの秘密」です。 アンパンマンは子供から大人まで日本人であれば誰でも知っている国民的スターですからお題にするには分かりやすく適しています。 「実は顔が濡れても全然元気」「実は中身はクリーム」など様々な回答を作る事ができ比較的簡単なお題であると言えます。 初心者だらけの大喜利の場合はできるだけ回答を出しやすい物が良いですよ。 2020年に東京オリンピックを控えている日本ではオリンピックというキーワードが非常に熱い言葉です。 また、妖怪という日本で古くから語り継がれている伝統的な存在も誰しもが知っていますし、最近では「妖怪ウォッチ」や「ゲゲゲの鬼太郎」の影響などで子供でも妖怪のことを知っていますから幅広い年代が回答しやすいですね。 これは回答者の個性が非常に問われる大喜利のネタだと言えるでしょう。 例えばハゲている人がこの大喜利の回答者になったとします。 「Aさん(自分の名前)素敵なヘアスタイルですね」こんな回答をしたら自虐ネタとなって、周りはどっかーんと大爆笑の渦に包まれるはずです。 このように回答者のセンスが問われるネタも面白いかもしれません。 近年「女子力」という言葉が流行語のようにブームになっています。 女の子らしい持ち物や行動の事を指すのが本来の意味ですが大喜利のネタになると面白い回答が期待できます。 例えば「スマホのアプリで顔を上手に加工する力」などと言えばブラックジョークのようになって面白いですよね。 もちろん女性が回答しても面白くて現実的な答えが期待できますが、男性だけに回答させてもまた違った視点になって面白いですよ。 忍者というのは実際に日本で昔存在したスパイのようなものです。 今世界的に忍者がブームであり、日本=忍者という認識の人もいるほどです。 そんな日本のシンボルとも言える忍者がもしアメリカにいたとしたらどんな忍者になるでしょうか。 回答者の個性と想像力が問われる少々難しい問題ですが、面白い回答が出れば盛り上がるはずですよ。 ラーメンを日頃からよく食べる人は多いはずです。 そんなラーメン屋で二度と食べたくないような出来事とはどんな事なのでしょうか? 例えば「店主の声がでかすぎてツバが飛ぶ」や「スープのダシをダシパックでとっている」など考えれば考えるほど様々な回答がでてきます。 このように生活に根差しているものをお題にすると非常に解答しやすい大喜利となりますよ。 例えば「めちゃめちゃ遠回りして、普通より安い値段を求められた」など実際に怒ってしまいそうなエピソードのなかにちょっとありえないようなユーモラスを加えることでお白粉大喜利の回答になります。 タクシーはサラリーマンなどならよく乗りますからアイデアがたくさん浮かびそうですよね。 一見すると真面目に答えてしまいそうなネタですが、これは大喜利です。 いかに面白くぼけられるかが重要なポイントとなります。 例えば会社の飲み会でやったとするなら「ささやかな幸せとは?」に対して「部長が出張に行っている時」など自分たちにしか分からない身内ネタを盛り込む事ができますよね。 身内ネタは比較的盛り上がりますからおすすめですよ。 最近は電化製品の進化がめまぐるしく、毎日のように新しい機能を搭載した電化製品が販売されていると言っても過言ではありませんよね。 そんな電化製品をお題とした大喜利です。 例えば「貞子が本当に出てきてしまう」や「水着姿の下が透けて見える」など色々なユーモアあふれる回答が期待できそうですよね。 初心者だけで大喜利を行う場合は分かりやすくて回答しやすいお題にしてあげることで、場がしらけず盛り上がるはずです。 本や映画に舞台など、作品と呼ばれるものはそのタイトルが重要となってきますよね。 いかに消費者に手をとってもらえるタイトルにするかどうかで売れ行きは変わって来る筈です。 これも考えやすい大喜利の一つですね。 今回ご紹介している大喜利ですが、実際に使ってみる場としては飲み会や二次会などの席が多い事でしょう。 テレビで見る大喜利というのはプロの落語家や芸人の方々が行っています。 ですからそれは日々の訓練の賜物ですし、難しいお題でもなんなく面白いものに変えてしまうはずです。 しかし、実際に一般人の私達が大喜利をするとなるとプロの人のようにはなかなかいきません。 難しいお題が着てしまうと考え込んでしまいますし、それを飲み会などでしてしまうと回答に時間がかかって場がしらけてしまいます。 また、難しいお題だとすべってしまう人も出て下手すると険悪な雰囲気になりかねません。 ですから飲み会などで大喜利を行うのならば、なるべくその場にいる人全員が理解できて、分かりやすいものをお題としてセレクトするようにしましょう。 ですからテレビなどで出題しているお題はあまりおすすめできません。 人をいじるネタは人気がありますし盛り上がりやすいネタでもあります。 他人でなく自分のことをいじるネタも自虐ネタとして笑いがとれますよね。 ただ注意したいのはいじる限度です。 人を不快にさせるレベルのものは避けましょう。 大喜利のお題に対して説明が幾つも必要な長ったらしい回答は場をしらけさせてしまいます。 ぱっと答えを行っただけで周りが笑ってくれるようなシンプルで分かりやすい回答がおすすめですよ。 大喜利で場を盛り上げさせよう! いかがでしたか?大喜利はもともとファンサービスとして生まれたものでした。 現代では一つの演目として非常に人気がありますよね。 初心者には難しく感じるかもしれませんが、コツや分かりやすいお題、回答しやすいお題に注意すれば比較的簡単ですし何より飲み会などが盛り上がりますよ! 会社の宴会や懇親会などの飲み会では大喜利のような余興の他に形式的な段階があります。 その一つが締めのあいさつです。 以下の記事で締めのあいさつの例文や中締めについてまとめてありますかた飲み会の前に一度目を通しておきましょう!.

次の