消毒 用 エタノール コロナ。 新型コロナウイルス「最適な消毒薬は?」「安全な使い方は」「入手困難どうすれば?」薬剤師に聞きました

「キッチン用エタノール」新型コロナへの効果をめぐるNHKとフマキラーの応酬が話題に | ガジェット通信 GetNews

消毒 用 エタノール コロナ

消毒液で新型コロナウイルスを破壊できれば、ウイルスは機能を失う。 com 感染症を引き起こす原因は ウイルスや 細菌。 ただし、この2つは全く異なる存在だ。 細菌は細胞をもつ生き物であり、栄養があれば自然に細胞分裂をして増殖していく。 これらの細菌を殺すために使われるのが 抗生物質や 抗菌剤だ。 一方で、ウイルスは細胞を持たない。 ウイルスが増殖するには、人や動物などの細胞(宿主)が不可欠である。 ウイルスは細胞に侵入し、細胞の機能を利用して増殖する。 感染した細胞が死滅した際などに、増殖したウイルスが細胞の外に放出され、ほかの細胞に入り込み、そこで再び増殖することをくりかえす。 ウイルスは細菌ではないので、 抗生物質や抗菌剤は効かない。 新型コロナウイルスは、遺伝情報をもつRNAが「カプシド」と呼ばれるたんぱく質の「殻」と、その外側にある「エンベロープ」と呼ばれる脂質性の膜に囲まれた構造をもっている。 「消毒」とは、ウイルスのこのような構造を破壊することをいう。 手指に付着したウイルスを消毒することが、何よりの感染対策だ。 com 消毒液として最も一般的なものは、 アルコールだろう。 アルコールには何種類かあるが、消毒に使うのは エタノール(エチルアルコール)だ。 アルコールは手指の消毒に有効だが、けがをしているところや目などの粘膜がある部位の消毒には使えない。 また、スプレータイプのエタノールは、目に入ったり、引火して火災が発生したりする恐れがあるので使用に注意してほしい。 北里大学大村智記念研究所の片山和彦教授らの研究で、エタノールは50%以上の濃度であれば1分間程度で新型コロナウイルスの感染性を失わせる(不活性化させる)ことが可能という研究結果が発表された。 手指の消毒に70~80%のエタノールを使う際にもよく全体になじませて使うことが大切で、水でぬれたままの手に使わないことも大切です(部分的に濃度が下がり効果が薄くなる)」(小橋教授) メタノールには「失明」のリスクあり 日本では、メタノールのことを「目散る」アルコールと呼ぶことがある。 メタノールは、エタノールと同じ種類の薬品ではあるものの、危険度は段違いだ。 com ドラッグストアにはエタノール以外のアルコールも売られている。 ただし、たとえエタノールが品切れだったとしても、ほかアルコールを使うのはやめた方が良い。 特に「燃料用アルコール」として販売されている メタノール(メチルアルコール)は、絶対に消毒には使ってはいけない。 「 エタノールは体内に入ると最終的に無害な酢酸に変化します。 しかし、メタノールは体内に入るとギ酸に変化します。 ギ酸には体内の組織を壊すはたらきがあり、特に 視神経を傷つけて失明してしまう恐れがあります。 『 目散る(メチル)アルコール』とも呼ばれることがあり、絶対に人に使ってはいけません。 もちろん飲用も厳禁!」 (小橋教授) メタノール、エタノールなど、アルコールにも色々な種類がある。 メタノールが含まれているアルコールは、失明のリスクがあるため、消毒用としても使用するのは危険だ。 com ドラッグストアにはメタノールのほかに、 イソプロパノール(イソプロピルアルコール)というアルコールも販売されている。 イソプロパノールには消毒の効果はあるとされているものの、エタノールと比べて毒性が強く、一部のウイルス(ノロウイルスなど)への消毒効果はエタノールに劣るとの報告もある。 手荒れや臭いが気になる人は、できればエタノールが入った消毒液を使うほうが良いだろう。 「ちなみに、消毒用エタノールには、『お酒』として飲めないように(酒税法の適用を回避するため)イソプロパノールが少量混ぜられているものもあります。 ですから、飲まないように気を付けてください」 (小橋教授) 逆にスピリタスなどアルコール濃度が非常に高いお酒を消毒用アルコールとして使うのはどうだろうか。 小橋教授によると、それもあまりおすすめできないという。 「飲料用アルコールには香気成分と呼ばれるお酒独特の風味を出す成分や、糖分などが微量に含まれています。 ですからこれをそのまま消毒用として使うとべたべたしたり、それを栄養にしてほかの細菌やカビなどが増殖することもありえます」(小橋教授) 「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」の混同に注意 消毒液の主成分として使われることのある次亜塩素酸ナトリウムは、漂白剤の主成分としても知られている。 漂白剤にはいくつかタイプがあるうえ、消毒液とは濃度もことなるので、市販されている漂白剤を消毒液の代わりに使うときには、十分注意が必要だ。 com 新型コロナウイルスへの殺菌効果が期待でき、人体にも影響が少ない 次亜塩素酸水が最近注目されている。 これは「食塩や塩酸を水に溶かして電気分解したもの」だ。 家具や寝具、衣服などの消毒をしたいときに、この次亜塩素酸水を薄めてスプレーとして使えば良いとされている。 一方、いわゆる塩素系漂白剤に使われている 次亜塩素酸ナトリウムも、新型コロナウイルスの消毒に効果があると考えられている。 次亜塩素散水と名前が似ているので、注意が必要だ 次亜塩素酸ナトリウムは、薄めてドアノブや机の上など手で触れる場所を拭くときに使うのがよいとされている。 使用する際に推奨される濃度は0. 次亜塩素酸ナトリウムが含まれている、購入から3か月以内のものであれば水1リットルあたり10ml、1年以内なら1リットルあたり15ml、3年以内なら1リットルあたり25ml(キャップ約1杯分)を混ぜた程度だ。 ただし、拭き掃除に使える素材は限られる。 金属は錆びたり、布地は傷んだり、車のハンドルなど合成樹脂部分は変色したりすることもあるので注意してほしい。 濃度の高い原液は皮膚や粘膜への刺激が強く、目に入って失明したり、のどや鼻から入るとただれたり、嘔吐したりする可能性もある。 当然、間違っても手洗いに使ってはいけない。 部屋用の除菌スプレーとして使ったり、加湿器の水に混ぜたりして部屋中に噴霧するのも危険だ。 「次亜塩素酸水として販売されているものの中には、『次亜塩素酸ナトリウムを水で薄めたもの』や『次亜塩素酸ナトリウムに塩酸、クエン酸などを混ぜてpH調整したもの』もたまにありますので、 絶対に間違えないようにしましょう」(小橋教授) 「ベンザルコニウム塩化物」はつけ置き用消毒液 消毒液として、 ベンザルコニウム塩化物が使用されている製品もある。 ベンザルコニウム塩化物は濃度が高いと皮膚や粘膜に炎症を起こすことがあるので、0. 05~0. しかし、その 効果は弱く、ウイルスを不活化させるためには長時間つけ置く必要がある。 おもちゃや食器などのつけ置き消毒には適しているが、スプレーしたり、ドアノブを拭いたりしても消毒の効果はあまり期待できない。 やっぱり「石鹸での手洗い」も新型コロナには効果的 感染対策として真っ先に思い浮かぶ手洗いだが、消毒の効果はそれほど強くはない。 石鹸をしっかり長時間手指につけることはもちろん、流水でウイルスをしっかりと注ぎ落としてほしい。 com 次亜塩素ナトリウムやアルコールの他に、 石鹸や 洗剤などの界面活性剤も、新型コロナウイルスのエンベロープを破壊できることから、消毒液としての効果がある ただ、石鹸はアルコールなどに比べてウイルスを不活化させるための時間がかかる。 そのため、手洗いの際には30秒以上かけて手指に石鹸の泡を良くなじませて洗うことが重要となる。 「手洗いは丁寧にやれば十分に効果があります。 外から帰った際や食事の前にはぜひ忘れずに。 30秒程度の『手洗いソング』を口ずさむのも良い方法ですね」(小橋教授) 市販されている消毒液の多くには、主要成分としてこれらの薬品が含まれているはずだ。 消毒効果や人体への影響は種類によってさまざま。 用途に応じて正しく使い、事故を起こさないように、気をつけながら新型コロナウイルスの対策をしたい。 (文・、監修・小橋元、編集・) 編集部より: ・冒頭の写真で、小橋教授の所属を獨協大学としていましたが、正しくは獨協医科大学です。 ・次亜塩素酸ナトリウムで消毒液を作る場合の必要量について、表現を修正しました。 ・当初、「消毒用エタノールには必ずイソプロパノールが混ぜられてる」としていましたが、「一部」の誤りでした。 また、合わせてイソプロパノールに関して誤解を招く表現があったため修正しました。 お詫びして訂正致します。 2020年5月15日 21:15 今井明子:サイエンスライター。 京都大学農学部卒。 気象予報士。 得意分野は科学系(おもに医療、地球科学、生物)をはじめ、育児、教育、働き方など。 「Newton」「AERA」「東洋経済オンライン」「m3. com」「暦生活」などで執筆。 著書に「気象の図鑑」、「異常気象と温暖化がわかる」がある。 気象予報士として、お天気教室や防災講座の講師なども務める。

次の

コロナウイルスにアルコールは効かない?消毒エタノールの効果に除菌スプレーの効果は?

消毒 用 エタノール コロナ

消毒用エタノールは「アルコール消毒液」 消毒用エタノールは、一般的に「 エチルアルコール」と呼ばれるアルコールの一種。 殺菌消毒用として作られていて、「皮膚や器具などの消毒」をすることができます。 主に医療機関などで使われている商品です。 パッケージには、「創傷面の殺菌・消毒」と書かれてあります。 消毒用エタノール・値段はいくら?どこで買える? 消毒用エタノールの値段は、1000円(500ml)程度。 ドラッグストアや薬局で買うことができます。 消毒用エタノールの使い方は?液は薄めずにそのままつけるの? 「薄めるのか?そのままつけるのか?」 濃いアルコール液なので心配になるかと思います。 消毒用エタノールはそのまま使える! この消毒用エタノールは、「 原液のまま」でOKです。 上でも述べましたが、「すでに手指や器具の消毒用に希釈されている商品」。 そのまま手に付けることができます。 もし「無水エタノール」を消毒液として使いたい時は、濃度を薄める必要があります。 スプレー容器は「アルコール液OK」の物を使う ボトルで買った場合、スプレー容器に入れると使いやすくなります。 その場合は、エタノール・ アルコールOKの容器に入れるようにしましょう。 私は、空っぽになった容器を「再利用」しています。 エタノール・アルコール不可の容器もあるので、確認のうえ詰め替えてくださいね。 誤用の原因になったり品質が変わることがある」と注意書きがあります。 お知りおきください。 もともと「 ノズルがついた商品」もあるようです。 成分の違い• 酒税の有る無し 消毒用エタノールとIPの主な違いは、含まれる成分が若干違ったり、酒税がかかるか否かにあるようです。 IPには添加物としてイソプロパノールが含まれており、イソプロパノールは酒税がかからないため、その分「安く提供できる」とのこと。 <参考:> 消毒用エタノールとIP「どっちを買えばいいの?」 では、どちらを買えばいいのでしょうか? 値段の高い「消毒用エタノール」の方が、効き目がありそうな気がしますが・・・。 販売元のサイト()には、「 両者の殺菌効果は同じ」と書いてありました。 なので、店頭にどちらもある場合は、「 IPがお得」かなと思います。 私は、買う時に悩んで「取り合えず高い方(消毒用エタノール)」を選びました。 次は「 消毒用エタノールIP」を買う予定です。 効果が同じなら、100円でも安い方がいい。 その分、家計も助かりますからね。 (添加物の「イソプロパノール」が気になる方は、「消毒用エタノール」をお選びください。 ) 消毒用エタノール(IP含)「使用上の注意」 消毒用エタノールは、手軽に買えて使い方も簡単ですが「高濃度のアルコール」。 取り扱いには注意が必要です。 【主な注意事項】• 引火しやすい。 火のそばで使わない。 目や口など 粘膜につけない。 密栓し、直射日光の当たらない涼しい場所に保管するetc. 万が一、口や目など粘膜に触れたときは「 大量の水」で洗い流すこと。 飲み込んだ場合は、「 水を飲ませて吐かせる」等の処置をし「 医師の手当て」を受けること。 特に、小さなお子様がいる場合は「 誤飲しないよう」置き場所に配慮してください。 その他にも注意すべき点はあります。 「パッケージの注意事項」を必ずお目通しの上、ご使用になってください。

次の

新型コロナウイルス「最適な消毒薬は?」「安全な使い方は」「入手困難どうすれば?」薬剤師に聞きました

消毒 用 エタノール コロナ

「アルコールがない!」「どうしよう?!」 新型コロナウイルスの影響で、もう一か月近く、街中やインターネットから「マスク」とともに、「消毒用アルコール」「消毒用エタノール」が姿を消していますね。 ママたちのなかには、もともとキッチンなどのお掃除利用のために、「キッチン用アルコールスプレー」の類を買い置きしていた、という人もいるかも知れません。 でも、これからインフルエンザ対策、ノロウイルス対策として買わなくちゃ! と思っていた矢先に、こんなふうに市場から無くなってしまったら、焦りますよね…。 でも、慌てないで! 慌てて、悪質な転売で高額なものを買ってしまったり、間違った商品を買ってしまわないで! 大事なことを、なるべく噛み砕いて3つ、お話しします。 大丈夫。 まだできること、ありますよ。 1つめ まず基本的なこと。 「エタノール」は「アルコール」の一種です。 でも「アルコール」の全てが「エタノール」ではありません。 テレビなどで「アルコール消毒を!」と聞くと、「アルコールじゃないとダメなんだ…」などと思ってしまいますよね。 だから 「エタノール」と聞くと、違うものなのかも? と感じてしまうこともあるかも知れません。 でも、こと、消毒を目的として使う場合でいえば、「エタノール」は「アルコール」と同じ、と考えていいです。 「消毒用エタノール」は「消毒用アルコール」と同じ、です。 それから、「エタノール」「無水エタノール」という名前で、ドラッグストアに売られているものも、消毒に使えます。 ただし、これは 純度が高すぎて揮発(乾いて)しやすいので、自分で水で薄めて、乾きにくくすることで菌やウイルスをやっつけられるようにする必要があります。 一手間かかります。 水1に対して「エタノール」「無水エタノール」3の割合(目安)になるように希釈して使います。 それ以上薄くしてしまうとダメです。 また、「消毒用アルコール(エタノール)」として売られているものを薄めてしまうのもいけません(もうすでに薄まっているのが、「消毒用アルコール(エタノール)」なので)。 ちなみに「キッチン用アルコールスプレー」「トイレ用アルコールスプレー」といった商品を手に使ってはダメかというとそんなことはありません。 ただアルコールも決して「無害」ではなく、手の皮膚の皮脂を取ってしまい、荒らします。 あまり固執しないのも大事だと思います。 いっぽう「アルコール」のなかには、絶対に消毒に使ってはいけないものもあります。 「メタノール(メチルアルコール)」というものです。 これは、ホームセンターやドラッグストアにも売られているので、間違えてしまう人もいるかもしれませんが、大変に危険な毒です。 なんのために売られているかというと、燃料としてです。 理科でアルコールランプを使ったことがありますね。 あの燃料の「アルコール」です。 まぎらわしい名前ですが、「メタノール」は消毒には使えません。 なので買わないでください。 2つめ 「皮膚」ではないものなら、「アルコール消毒」以外にも方法があります。 私たちにできる新型コロナウイルス対策の中で、「消毒用エタノール」「消毒用アルコール」を使わないといけないというのは、手指など皮膚の消毒をしたい場合だけです。 テーブルや、ドアノブや、手すりや、スイッチなど、 「手が触れる場所」「もの」 の消毒につかうのであるならば、その多くに、 薄めた「次亜塩素酸ナトリウム」が使えます。 掃除をする女性の手元 「次亜塩素酸ナトリウム」は、そのものずばりを薬局で買わなければ! と意気込まなくても、多くの 洗濯用、キッチン用など「塩素系漂白剤」、お風呂の「カビ取り剤」といった商品の主成分ですので、世の中にたくさんたくさん売られています。 こんな騒ぎになっても、ドラッグストアで全部売り切れているところを私はまだ見たことがありません。 逆に言うと、どういったものの主成分が「次亜塩素酸ナトリウム」なのか、まだ情報が行き渡っていないということなのかもしれません。 ただ 「次亜塩素酸ナトリウム」は「消毒用エタノール(アルコール)」のように皮膚には使えません。 絶対に使ってはいけません。 また酸性洗剤や、酸(レモン、ビタミンC、お酢など)のそばで使ったり、一緒に使ったりしてはいけません。 有毒ガスが発生して最悪の場合死に至る恐れがある程度には危険なものです。 「次亜塩素酸ナトリウム」は、配合されている商品によって、濃度が異なるので、テーブルなどの消毒に使う際にはある程度安全かつ効果を失わない程度に、適切に薄める必要があります。 目安は 「1000ppm」です。 「次亜塩素酸ナトリウム0. 洗濯用の「塩素系漂白剤」のうち、次亜塩素酸ナトリウム濃度が10%という商品がありますが、その場合1リットルの水に10ミリリットル溶かす計算になります。 (10ミリリットルというのは、ペットボトルキャップ2杯分が目安です。 ) だいぶ薄いとはいえ、漂白効果があるので、衣類に付着すると色が抜けてしまったり、手に着くと皮膚のタンパクが溶けてヌルヌルしたり、目などに入ると失明の恐れがあるので注意して作成、使用してください。 また作った水溶液は、時間が経つと効果が薄れますので、すみやかに使い切ってくださいね。 3つめ 「消毒剤」が無くても、手洗い、掃除、加熱という方法があります。 私たちは「絶対に」四六時中アルコール消毒を手指に施さなければいけないというわけではありません。 たとえばべとべとの汚い手にアルコールをいくら擦り付けてもあまり効果は期待できません。 こまめに流水での 「手洗い」をすること、そのさい石けんを使ったり、爪の中までしっかり洗ったりということのほうに注力したほうが現実的ではないかと思います。 ただ、 出先の公衆トイレなどは新型コロナウイルスのみならず、ノロウイルス等にも汚染されている可能性が高いので、なるべく水栓などに手を触れないように気をつけて使ってください。 またこれは私見なのですが、トイレ設置の「エアドライヤー」「ジェットタオル」の類の使用はあまり安全ではないように思います。 濡れた手は億劫がらず自分で持参した清潔なハンカチやタオルで拭き取るようにしましょう。 家の中の「もの」には、 次亜塩素酸ナトリウムでの消毒に適さない場所もたくさんあります。 金属でできたものは変色、腐食しやすいです。 また布もの、布ソファや布団やじゅうたんなども変色劣化しやすいので適しません。 ここで子育てをしていてすでに「ノロウイルス」対策をした経験がある人にはピンとくるかも知れませんが、そういった「次亜塩素酸ナトリウム」の使用ができない箇所は、 汚れに含まれたウイルスを取り除く意味での 「拭き掃除(拭き取り)」に加えて、 「加熱」という消毒方法があるので、火傷に気をつけ、煮沸したり、スチームアイロンやスチームクリーナーといった道具を、できるところで取り入れてみてもいいと思います。

次の