伊藤英明ヌード。 (2ページ目)「伊藤英明がケツ丸出しで全裸筋トレ」で話題の映画『悪の教典』 原作×マンガ×映画を横断的勝手にレビュー!!|日刊サイゾー

伊藤英明の車事件がヤバい!卒アル写真や激カワな嫁の動画も!

伊藤英明ヌード

概要 [ ] 水曜ドラマ『』(1993年)、『』(1995年)、『』(1996年)をヒットさせたプロデューサーが取り組んだドラマで、『星の金貨』のとをひきつづき起用した。 原田知世の連続ドラマ主演作としては、『』(1982年)以来15年ぶりの作品である。 また、のデビュー作であり、原田の自殺した恋人・葛木を演じた。 のテレビドラマを父親役で支えたが、本作でも原田の父親役を演じたが、本作の放送終了から1か月半後に急逝し、小坂の遺作となった。 放送終了後、からビデオソフトが発売されたが、DVD化には到っていない。 1999年、の日系テレビ局()で英語字幕により全12話が放映された。 また、2012年8月、日テレプラスにてCS初放映された。 ストーリー [ ] 葛木(伊藤英明)という婚約者を自殺によって亡くした沙絵(原田知世)。 葛木の絵は、無残にも切り裂かれていた。 しかし、その後、朝倉(大沢たかお)という葛木の友人が現れ、償いをしたいと言う。 実は葛木の絵を切り裂いたのは朝倉だったためだ。 最初はぎくしゃくしたものの、沙絵と朝倉の間には、恋愛感情が徐々に芽生え始める。 しかし、沙絵の父親(小坂一也)の会社を買収した桜井(別所哲也)が、沙絵に執着し、沙絵と朝倉の仲を引き裂こうと圧力をかける。 結局、桜井は不正を部下に告発されることによって逮捕され、また、葛木の残した日記から、葛木の自殺の原因は、朝倉に絵を切り裂かれたことにあるのではなく、その絵が師匠・石脇(竜雷太)の絵の盗作だったためということが判明する。 沙絵と朝倉の間に障害はなくなったが、朝倉は、そのとき既に不治の病を患っていた。 それでも沙絵と朝倉は残り少ない日々を二人で生きていこうと決意する。 キャスト [ ]• 麻生沙絵(主人公):• 朝倉智史:• 桜井圭一:• 高木透(朝倉の友人):• 藤村(桜井の部下):• 葛木雅人(沙絵の恋人):• 青山晶子(桜井の愛人):• 遠山貴子:• 葛木唯衣(葛木の妹):• 麻生未来(沙絵の妹):• 石脇弥生(石脇の妻):• 麻生敏夫(沙絵の父):• 石脇裕一(朝倉と葛木の師): スタッフ [ ]• 脚本:• 音楽:• チーフプロデューサー:• プロデューサー:• 演出: 、、(演出補: )• 美術デザイン:門奈昌彦、• 日本画監修:• 日本画協力:• 技術協力:• 製作著作: 日本テレビ放送網 主題歌 [ ]• ノベライズ、出版元日本テレビ放送網、1997年9月 『デッサン 上』 『デッサン 下』 サブタイトル [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 1997年7月2日 死んだ恋人の日記…婚約指輪が外せない 五木田亮一 14.

次の

伊藤英明の筋肉画像!乱痴気騒ぎ、かなり大胆か?結婚した嫁と子供についても!

伊藤英明ヌード

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2012年11月) いとう ひであき 伊藤 英明 別名義 旧芸名:阿部 純大(あべ じゅんた) 生年月日 1975-08-03 (44歳) 出生地 ・ 身長 183 血液型 職業 ジャンル ・・・ 活動期間 - - 配偶者 既婚 事務所 主な作品 映画 『』シリーズ 『』シリーズ 『』 『』 『』 『』 テレビドラマ 『』 『 第2シリーズ』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 目次• 略歴 [ ]• 1993年 第6回「」準グランプリを受賞する(グランプリは、審査員特別賞に)。 1994年 岐阜から上京し、との共演CM(サントリー・オールドのCM)でデビューする。 1995年 約2年間芸能活動を休止する。 1997年 ドラマ『』(日本テレビ)で活動を再開する。 2000年 ドラマ『』(テレビ朝日)でテレビドラマ初主演し、1人2役に挑む。 映画『』で映画初主演もして、この映画で新人賞を受賞する。 2002年 大河ドラマ『』で主役2人の嫡男であるを演じる。 2006年 主演映画『』がこの年の邦画実写映画・興行成績第1位となる。 また、とダブル主演のドラマ『』の演技によって、第49回ザテレビジョン・ドラマアカデミー助演男優賞を受賞する。 2007年 主演映画『』が第64回のコンペティション部門に正式出品され、初めて国際映画祭に参加する。 2009年 地元・岐阜で開催された『・岐阜市制120周年記念』の一環であった『信長公騎馬武者行列』に、ボランティアで信長役として参加する。 2010年 主演映画『』がこの年の邦画実写映画・興行成績第1位となる。 この映画は・を受賞している。 2012年 主演映画『』)がこの年の邦画実写映画・興行成績第1位となる。 主演映画『』では初めて本格的な悪役(サイコパスの大量殺人犯役)に挑戦する。 2015年 映画『』(2014年)によって、 優秀助演男優賞、第69回男優助演賞を受賞する。 人物 [ ] デビューまでの経緯 - 生い立ちについて [ ]• の父親、母親、1歳年下の妹の4人家族で、高校卒業まで岐阜で過ごした。 インタビュー(2004年) によると、幼稚園の頃に慢性腎炎と診断され、入院生活を送るようになったという。 入院先の病院の大部屋では、友達になった子が亡くなる出来事にも遭遇した。 小学校入学後も入退院を繰り返したため、小学校には通算で3年間ほど通っただけである。 運動会への参加は1回だけであり、には参加したことがなく、クラスにはあまり溶け込めなかった。 給食は塩分を調節するためお湯で薄めて食べていた。 小学校の思い出はほとんどないが、母親がしばしば自分を抱きしめて泣いていたことははっきり覚えている。 を手に、両親は「死」を覚悟したという。 幼少期から死と向き合ってきたせいか、成人後も、自分が「もういいや」と諦めてしまったら、いつでも逝ってしまうという思いが強く、同時に、自分は生かされているという思いも人一倍強い。 そのため、「後悔しないように今頑張らないと、楽しまないと、チャレンジしないと」といつも感じている。 また、「人生、死ぬまで成功か失敗か分からない。 何もしないで後悔するなら、チャレンジして後悔したほうがいい」という人生観をもっている。 小学6年生の時にを摘出したところ完治し、その際に障害者手帳を返却した。 中学時代から女優のの大ファンであり、彼女が映画『』(1991年)のオーディションに審査員として来ると聞いて、会いたい一心で審査書類を出した。 だが、自宅に審査の電話連絡があったため両親に事態が発覚し、東京近郊で1ヵ月間撮影に参加することを反対されて夢は叶わなかった。 宮沢が写真集『』でを披露した際には、あまりの辛さで学校を3日も休み、「誰にも(宮沢のヌードを)見せたくない」という思いから「お金があれば写真集を全部買い占めたのに」とまで思いつめたという。 2018年3月8日放送の『』内のコント「したの国から2018 早春」で共演を果たした。 中学卒業後は電気科に進んだ。 当時は勉強をせずに大人を出し抜くことばかり考えており、高校中退まで思案した時期もあった。 しかし、当時の担任教師から「電気が嫌いだってわかっただけでもよかったじゃないか」と言われ、何とか卒業したという。 そのため後に同担任を「一番いい先生だった」と振り返っている。 デビュー以降は一貫して自然体・自由でいることを大切にしている。 前出のインタビュー によると、伊藤は1993年に雑誌のコンテストで準グランプリを獲得し、翌年岐阜から上京している。 人気CMへの出演も決まったが、当時の所属事務所の方針でまず方言から直され、髪型や服装も決められ、キャラクターがつくられていくことに疑問を感じた。 素の自分とはどんどんかけ離れていく窮屈さの中で、気づくと10kgも痩せていたという。 結局、この事務所とは合わずに間もなく辞めたが、芸能界には再チャレンジをしようと思っていた。 そのため東京に残りアルバイトを始めたが、や解体工事などの肉体労働を選び、割のいい夜のアルバイトは「流されるのは嫌」と避けた。 アルバイト生活がおよそ2年間続いた後、のスタッフに声をかけられ、1997年に俳優として再始動している。 映画『海猿』にかかわった10年 - 役者魂をもった俳優として [ ]• 30代中盤までの代表作は、2004年の映画『』から始まった合計4作品の映画、および2005年のTVドラマ『』によって構成された『』シリーズである。 撮影期間も含めると、伊藤はこのシリーズに10年にわたってかかわっている。 映画はいずれもヒットしており、を確認すると、1976年から2014年までに日本で公開されたすべての邦画・洋画のなかで、『』は60位に、『』は71位に、『』は75位にランクインしている。 言い換えると、シリーズ4作品のうち3作品までが過去40年近くにわたる日本の映画興行成績上位100位以内に入っている。 映画『海猿』の役づくりは合宿生活から開始されている。 インタビュー(2004年) によれば、『海猿』では、ので2ヵ月間ほど合宿生活を送り、が実際に行う訓練も体験している。 キャスト同士が役名で呼び合い、使用する潜水用具も自分たちで管理したため、役を離れる必要がなかったという。 そのため俳優として仙崎大輔という役柄を演じるのみならず、一個の人間としての経験や感動をスクリーンのなかで体現した部分も多い。 特に訓練シーンでは、体力や気力の限界点の「極限の表情」が出るまで、監督のの「カット」の声がかからなかったこともある。 撮影自体は非常に厳しいものであったが、自らの当たり役ともいえる役柄に出会えたことを誇りに思っており、また、常に危険と隣り合わせの状況にいる海上保安官を尊敬するようになっている。 『海猿』シリーズの3作目以降の映画はファンの要望によって製作されている。 インタビュー(2010年) によると、『海猿』シリーズについては監督の羽住も伊藤も、2作目で映画を終了と考えていた。 2本の映画はいずれもヒットしており、伊藤にはブレイクした役にいつまでもすがりたくないとの意地もあった。 しかしファンの署名運動によって3作目が制作されることになり、「色々な意味で前作を超えられるように努力すればいい」と覚悟を決めて撮影に臨んだという。 伊藤は、現場では職人気質の志の高いプロたちが死に物狂いで、また周囲を気遣いながら作品づくりに取り組んでいると語っている。 伊藤はその中で仕事ができることに幸せを感じている。 同時に、自分の出演作を心待ちにしてくれるファンのありがたさをも痛感している。 伊藤は再デビュー後も、芸能界は努力がすぐ報われる世界ではないと考えており、過剰な期待感はもたなかったという。 だが、上述の点に気づいてからは、それまで以上に仕事に対して強い責任感を抱くようになったという。 伊藤は自身のことを「やる時はやる、相当頑張ってしまう性格」と評しているが、20代の頃と比較すると、見栄を張らずに、できないことはできないと認めつつ、最大限に努力すればいいと思えるようになっている。 映画『』の主人公のキャラクターは、伊藤が演じることを前提とした当て書きでつくられている。 インタビュー(2008年) によると、『海猿』シリーズの原案者のが、『』の撮影現場に、10枚ほどの『252』のプロットを持って訪ねてきたという。 リアルに人間ドラマを描きだす小森の手腕を伊藤は尊敬しており、また自分を想定して書いてくれたということに感動したという。 そこでこの話を旧知の監督に持ち込み、映画化が実現した。 伊藤は役作りをするために、実際の隊員に話を聞いたり、で訓練を受けたりしている。 ハイパーレスキューの仕事には、『海猿』で演じた海上保安官同様に敬意を表している。 私生活では、馬好きが高じて2011年にでの馬主資格を取得している。 ターニングポイントとなった映画『悪の教典』以降 - 円熟期の俳優として [ ]• 2012年は伊藤にとってターニングポイントとなった年である。 同じ年に、人命救助を使命とするヒーローを演じた主演映画『』と、残忍極まりない殺人鬼を演じた主演映画『』が公開されている。 『悪の教典』での大量殺人犯を演じたことは伊藤にとって大きな意味があり、この映画以降演じる役柄の幅を広げている。 しかし、伊藤はこの映画の舞台挨拶ではファンを気遣い、それまでたくさんの映画のなかで人を救ってきたが、初めて悪役を演じたと述べたうえで、タレントで女優のが以前所属していたアイドルグループ・の選抜総選挙のときに語った言葉をもじって、「伊藤英明は嫌いになっても、『海猿』のことは嫌いにならないでください」とユーモアたっぷりに発言している。 監督の作品には繰り返し出演している(『』『悪の教典』『』『』)。 2012年の『悪の教典』のインタビュー で三池は、主人公の蓮実聖司役に伊藤を抜擢した理由について、ただ自分らしく生きたいだけなのにその場所が見つからないという孤独感があり、「何のために存在するのか」という問いかけをもっている点が、蓮実のイメージと重なったと述べている。 さらに三池は伊藤について、役者としての魅力ももちろんあるが、それよりも本能的な動物としての強さをもっており、言いようのない不思議な魅力があるとしている。 2015年の映画『』のインタビュー では三池は、主人公の小町小吉役のキャスティングの際には、小町のヤンチャな青年のイメージに合う俳優を探したと述べている。 スタッフとともに、それまで一緒に仕事をしてきたなかで一番ヤンチャな役者は誰かについて話し合ったところ、全員が伊藤の名前を挙げたため、声をかけたと語っている。 この映画の上映会では三池は、伊藤について「すごく不思議で魅力的な存在。 演技派でもないんだけど……ほかにいないでしょ?」「明日どうなるかわからない、というスタントマンに通ずるフェロモンが出ている。 現場でも撮っていて気持ちがいい役者」と絶賛している。 2014年の映画『』では杣人(林業家)を演じて優秀助演男優賞、および第69回男優助演賞を受賞し、演技派の俳優として認められている。 監督のはインタビュー(2014年) で、映画『海猿』を観たときに感じた身体能力と筋肉の美しさに着目して、伊藤を森と同化した杣人の飯田与喜役に指名したと述べている。 また矢口は、最初に伊藤を指名したもののスケジュールが合わず、一旦はキャスティングを断念したが、やはり諦めきれずに撮影スケジュールの方を調整したと説明している。 実際に会ってみて役者としての伊藤に一目惚れしたことも明かしている。 別のインタビュー(2014年) では、『海猿』から『山猿』へと転じた伊藤が実は高所が苦手で、現場で「深く潜るのはいいけれど、高いのは大変だね」と語っていたエピソードを披露している。 さらに矢口は、伊藤は身体能力と演技力の高さゆえに、高所でもびくついた感じは一切見せずに撮影を終え、それ以外の場面でも監督の示した演技面の繊細なリクエストをさらっとやってのけたと述べている。 俳優の、とは、ともに出身ということもあり、プライベートでも親交がある。 私生活では、2014年に8歳年下の元会社員の女性と結婚した。 伊藤は結婚の理由について「尊敬でき、思いやりの心を持つ彼女となら共に生きて行けると決心しました」というコメントを寄せている。 また、結婚式は岐阜県(地元)および・で挙げた。 当初、地元で身内だけの神前結婚式のみで済ませる予定であったが、「ウェディング・ドレスを着たい」という新婦の要望を叶えるために、ハネムーンの地であるスペインでも行うことにした。 2015年には第1子の男児が誕生した。 受賞歴 [ ]• 2000年 - 第29回• 2001年 - 新人賞• 2001年 - 第15回新人賞(『BLISTER! 2002年 - 第3回賞• 2006年 - 第49回助演男優賞(TBS系『弁護士のくず』)• 2011年 - 第22回(男性部門)• 2011年 - ベスト・オブ・ベストアワード 2010年映画ファンが選ぶベストムービー ベストアクター賞 (『THE LAST MESSAGE 海猿』)• 2011年 - 2010年無煙映画大賞主演男優賞(『THE LAST MESSAGE 海猿』)• 優秀助演男優賞(『』)• 2015年 - 第69回男優助演賞(『WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜』) 出演 [ ] 映画 [ ]• (1996年)• (1997年)• (1999年、東宝) - 相馬春樹 役• (東宝、2000年) - 多田一樹 役• (2000年) - 主演・ユウジ 役• (2001年) - 松岡 役• (2001年) - 隆 役• シリーズ(主演、東宝) - (右近衛府中将) 役• (2001年)• (2003年)• (松竹、2003年) - 役• - 主演・仙崎大輔 役• (2004年、東宝)• (2006年、東宝)• (2010年、東宝)• (2012年、東宝)• (東宝、2005年) - 主演・鈴谷比呂志 役• (、2007年) - 主演・ガンマン 役• (、2008年) - 主演・篠原祐司 役• (松竹、2009年) - 不動 役• (2011年、東宝)- 神足誠(・刑事) 役• (2012年、東宝) - 主演・蓮実聖司 役• (2014年、東宝) - 飯田与喜 役• (2014年、東映) - 鈴木順 役• (2014年、東宝) - 伊藤先生 役• (2016年、ワーナー・ブラザース映画) - 主演・小町小吉 役• (2017年3月18日・2017年、東宝・アスミック・エース) - 後藤正宗 役• (2017年、ワーナー・ブラザース映画) - 主演・牧村航 役(とW主演)• (2020年公開予定、東宝) - 役 テレビドラマ [ ]• (1997年7月2日 - 9月17日、)• (1997年12月30日、) - 藍原誠治 役• (1998年4月8日 - 6月24日、日本テレビ) - 中島千里 役• 第3話 - 最終話(1998年7月20日 - 9月21日、フジテレビ)• (1999年1月4日 - 3月22日、フジテレビ) - 小林裕貴 役• 第19弾 小さな小さなあなたを産んで(1999年2月2日、日本テレビ)• (1999年10月12日 - 12月21日、フジテレビ) - 宮森カズオ 役• (1999年10月17日 - 12月19日、) - 渡辺渡 役• (2000年4月21日 - 6月30日、) - 主演・有末静、雨宮凛 役(二役)• (2000年7月5日 - 9月20日、フジテレビ) - 月密中也 役• (2001年1月9日 - 3月20日、フジテレビ) - 堀田航治 役• (フジテレビ) - 矢部淳平 役• 救命病棟24時 第2シリーズ(2001年7月3日 - 9月18日)• 救命病棟24時 新春スペシャル(2002年1月1日)• 救命病棟24時 スペシャル(2005年1月4日)• (2001年10月19日 - 12月21日、TBS) - 沢村裕史 役• (2001年10月12日 - 12月21日、テレビ朝日) - 谷崎直樹 役• バカ3兄弟(2001年12月29日、フジテレビ) - 安田みつる 役• (2002年) - 役• (2020年) - 役• (2002年7月2日 - 9月17日、) - 主演・狭山恭一 役• (2002年12月28日、フジテレビ) - 保本登 役• (2003年4月19日 - 7月5日、日本テレビ) - 主演・町田道男 役• (2003年10月10日、テレビ朝日) - 猿渡小五郎 役• 愛と資本主義(2003年11月29日、) - 主演・リョウ 役• (2003年10月9日 - 2004年3月18日、フジテレビ) - 役• 熱き夢の日〜日韓ワールドカップ・真実の裏側〜(2004年10月15日、フジテレビ) - 主演・高瀬和彦 役• (2005年1月2日、) - 役• (2005年7月5日 - 9月13日、フジテレビ) - 主演・仙崎大輔 役• (2005年12月27日、日本テレビ) - 稲葉隼人 役• (2006年4月13日 - 6月29日、TBS) - 武田真実 役• (2007年1月3日、フジテレビ) - 役(ほとんど伊藤の顔が分からない)• (2007年4月12日 - 6月21日、TBS) - 主演・千種梯二郎 役• (2007年9月9日 - 10日、TBS) - 役• (2007年7月9日 - 9月17日、フジテレビ) - 加納和樹 役• 「さっきよりもいい人」(2008年4月2日、フジテレビ) - 主演・萩原孝一 役• (2009年2月7日 - 8日、テレビ朝日) - 安城和也 役• (2009年7月13日 - 9月21日、フジテレビ) - 川崎智哉 役• (2011年5月7日 - 7月2日、日本テレビ) - 岸野宏 役• (2011年9月13日 - 10月25日、NHK) - 主演・向島朔太郎 役• 「蛇口」(2012年10月6日、フジテレビ) - 主演・浅村雄一 役• (2012年10月15日 - 11月5日、) - 主演・蓮実聖司 役• (2013年1月2日、テレビ東京) - 役• (2013年2月2日 - 3日、テレビ朝日) - 桐生晴之 役• (2013年4月18日 - 6月13日、テレビ朝日) - 主演・山下俊介 役• (2013年9月23日、フジテレビ) - 役• 金田一耕助VS明智小五郎ふたたび(2014年9月29日)• (2013年10月10日 - 12月19日、フジテレビ) - 星野進 役• 第1話(2014年7月17日、フジテレビ) - 出会い系男 役• (2014年8月31日 - 9月28日、WOWOW) - 主演・笠原卓也 役• (2015年4月12日 - 26日、) - 主演・相良修一 役• (2015年4月26日 - 7月12日、TBS) - 田辺祐吉 役• (2015年10月7日 - 12月16日、フジテレビ) - 白神陽児 役• (2016年4月 - 6月、関西テレビ・フジテレビ系) - 主演・望月幸平 役• (2004年) - 室町 役• ジャンヌ・ダルク(2010年) - 役 吹き替え [ ]• シーズン3第11話(2014年) - マイケル・フェルプス ドキュメンタリー [ ]• CBCテレビ開局50周年記念番組 伊藤英明インカを歩く 天空から秘境へ! 幻の「王の道」8000kmの旅(2006年、)• キャノンスペシャル 地球創世ミステリー〜プラネット・ブルー海と大地の鼓動を聴け(2006年、)• (2013年4月7日 - 2015年3月28日、。 当初は日曜夕方6時、2014年10月4日からは土曜12:00-12:30) - ナビゲーター• 伊藤英明 奇跡の海を潜る! (2013年10月19日、NHK BSプレミアム)• 伊藤英明の大アマゾン紀行 悠久の6400キロ(2014年3月8日(第一夜)・3月9日(第二夜)、) - 旅人• 伊藤英明が大接近! 奇跡の海のザトウクジラ〜いのちの星の親子たち〜(2015年1月24日、CBC制作、TBS系列28局) - ナビゲーター• 伊藤英明の大シベリア SIBERIA(2015年3月7日(第一夜)・3月8日(第二夜)、BS-TBS) - 旅人• ネイチャードキュメント奇跡の地球紀行 伊藤英明が行く! 知られざるハワイ(BS朝日) - ナビゲーター• 第1弾 マウイ島1周! ザトウクジラとの奇跡の出会い(2015年6月13日)• 第2弾 オアフ島縦断! 〝全米一美しい〟幻の渚へ ミュージックビデオ [ ]• 『』(2009年) バラエティ [ ]• (1998年11月29日)- 世界一複雑な迷路の街として知られるモロッコ最大の王都フェズを訪ねる。 海猿出演者爆笑珍道中 in 岐阜(2010年、・)• シーズン3(2011年10月15日、) - ゲスト• 世界王者誕生プロジェクト セカイオー! (2013年8月22日、NHK総合) - プロジェクトリーダー(司会) CM [ ]• 『ヴィサルノ』• 『まろ茶』• 『爽健美茶』• 『Coca-Cola ZERO』 (2012年 - )• 関西『FOMA』• 『Asahi DRY COOLER』• 『完熟トマトのハヤシライスソース』• 『サクセス』• 『STRONG SEVEN』• 『淡麗極上〈生〉』• 『ブレンドコーヒー』 (2010年 - 2011年)• Reebok Japan『ZIGTECH(ジグテック)』 (2012年 - )• 『デ・オウ』(2013年) - 2018年には 役で出演• 魔剣伝説(2020年) 書籍 [ ] エッセイ [ ]• ID4 (2001年7月 光進社)• HIDEAKIZM (2001年9月 ) 写真集 [ ]• 伊藤英明写真集「MOROCCO」 (2002年8月1日 撮影:半沢健)• 伊藤英明写真集「MOROCCO」豪華版 (2002年8月15日 撮影:半沢健) 映像作品 [ ]• 伊藤英明「MOROCCO」 (2003年6月26日 講談社 DVD:KDCD-1 VHS:KDCV-1) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2004年2月15日. の2004年3月18日時点におけるアーカイブ。 2019年10月31日閲覧。 アサ芸プラス 徳間書店. 2014年10月29日. 2019年10月31日閲覧。 岐阜県立岐南工業高等学校 2012年7月4日. 2019年10月31日閲覧。 AERA dot. 朝日新聞出版. 2012年11月10日. 2019年10月31日閲覧。 Yahoo! ムービー 2004年6月10日. 2004年8月3日時点のよりアーカイブ。 2019年10月31日閲覧。 [ ]• [ ]• エンタメ スクープ 2012年1月29日. 2019年10月31日閲覧。 マイナビニュース マイナビ. 2012年10月11日. 2019年10月31日閲覧。 ライブドアニュース LINE株式会社. 2012年11月9日. 2019年10月31日閲覧。 アニメ!アニメ! イード. 2016年4月28日. 2019年10月31日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2016年3月15日. 2019年10月31日閲覧。 マイナビニュース マイナビ. 2014年11月18日. 2019年10月31日閲覧。 ぴあ関西版WEB ぴあ株式会社. 2014年5月10日. 2019年10月31日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2014年10月25日. 2014年10月27日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2014年10月23日. 2014年10月23日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2016年1月7日. 2016年1月7日閲覧。 cinemacafe. net. イード. 2011年2月3日時点のよりアーカイブ。 2019年10月31日閲覧。 日本禁煙学会 2011年5月10日. 2019年10月31日閲覧。 日本アカデミー賞公式サイト. 2019年10月31日閲覧。 2019年10月31日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2014年7月12日. 2019年10月31日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年7月14日. 2016年4月14日閲覧。 映画ナタリー. 2019年2月11日. 2019年2月12日閲覧。 NHK 2019年3月8日. 2019年3月8日閲覧。 SANSPO. COM 2015年8月5日. 2015年8月5日閲覧。 まんたんウェブ 毎日新聞デジタル. 2016年3月5日. 2016年3月5日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年10月31日. 2019年10月31日閲覧。 中部日本放送. 2006年2月4日時点のよりアーカイブ。 2019年10月31日閲覧。 中部日本放送. 2019年10月31日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• thehideakiito -• 高木美知瑠• MOMOKA• 酒匂愛美• 中島ケイカ• 未来蕗• 平アスカ• 山田夏生• 山本ジェニファー• 保田柚葉• 原田明莉• 大河原亮高• 仲村だこた• 田口涼• 早川航太• 黄升炫• 三谷麟太郎• 櫻井勝海• 長瀬斗麻• 山田紗椰• 岩垂桃香• 宮本莉子• 小堀美茄冬• 板倉あや• 土屋美穂• 浜崎芹子• 宮島ざいら• 田中桃• 宇津野菜々• 伊藤麗未• 濱本怜那• 古泉千里• 前沢海友• 長谷川海乃• 大和屋穂香• 牛久芽紅• アンジェラ結美• 桜井美悠• あっくん• 立石俊樹• 本田響矢• 那須泰斗• Pimm's• ERISA• CHIE• REINA• YUNA• RARA• SAYA 関連会社.

次の

デッサン (テレビドラマ)

伊藤英明ヌード

「2010年ミステリーベスト10」、「このミステリーがすごい!2011」でともに第1位を獲得した貴志祐介原作『悪の教典』を、鬼才・三池崇史監督が映画化。 高校教師・蓮実聖司は、自らの目的のためには、たとえ殺人でも厭わない。 そして、いつしか周囲の人間を自由に操り、学校中を支配しつつあった。 全てが順調に進んでいた矢先、小さな綻びから自らの失敗が露呈してしまう。 それを隠滅するために考えた解決策は、クラスの生徒全員を惨殺することだった…。 『海猿』で人命救助の海上保安官を演じた伊藤英明が、他人への共感能力を全く持ち合わせていないサイコパスの人格を持つ高校教師・蓮実聖司を演じる。 生徒役には『ヒミズ』で、ヴェネチア国際映画祭で日本人初となる新人俳優賞をW受賞した二階堂ふみと染谷将太。 (C)2012 「悪の教典」製作委員会 怖さがないとか書いてる人がいるけどそれは当たり前だと思う。 この映画は、ジェイソンのような得体の知れない者にびくびくしながら逃げ回り死が迫ってくる恐怖を味わうというものではなく サイコキラーの主人公目線で人を殺していく爽快感を味わうものだからだ。 爽快感なんて書くと不謹慎だと思うかもしれないが 人間だれしも「あいつうぜぇ」「むかつく」「ぶっ殺したろか」と密かに思ったりするものだが 実際に人殺しなんてしないし、しようとも思わない。 でも人間の根源にある(特に男性の)攻撃性をこの映画は発散させてくれてるので異様な爽快感が得られるのだと思う。 なのでこの類の映画はたいしたストーリーなんて必要ないので、ただ人殺しとしての味付け程度の設定があるだけです。 ストーリー性を見せるためではなく爽快感優先。 怖さやスリルを味わいたいならこれではなく狙われる側の主人公を描いた映画を見るべし。 ただ不満なのは生徒を銃殺していくシーンが長くて退屈になってくるのと、主人公が最後つかまってしまう事。 これだけの事をしてさすがにアリバイ作っても無罪には持ち込めないと思うので 最後はレクター博士みたいに逃げて欲しかったなと。 やはり倫理的にやばいので捕まるオチにでもしたんでしょうか。 なんで最後まで観てしまったかというと、、皆さんがレヴューしている爽快感とかホラーとかサスペンスとかそんなものではなく、サイコパスの特徴が、ずっと きちんと 描かれているなぁというのがあったからです。 精神科勤務です。 高学歴とか関係ないというレヴューもありましたが、むしろ、そこも、サイコパスの特徴。 経営陣のトップなんて、ほぼサイコパスと言われるくらい。 魅力があるんですよ。 だから、こういうところに入り込むことができて、そして、よくわからない事件になる。 おそらく、この映画を見て、怖さがわからないのが、実際にサイコパスに会った時に、逃げられず、この映画のように、気がついたら、死んでいるって状況になるということだ思います。 彼らにはこちらが思う、ためらいとかないですからね。 定規で死んだ生徒の線を引く、大量に殺す前には、きちんとレインコートを用意している。 特徴がしっかりと、捕らえられた映画だと思います。 伊藤さんの目の色のない演技(?)が、とても印象的です。 やっていることに対して、心が動いていないのだから、目の色なんてあるはずないですからね。 一人だけ、こんな感じの目をした同僚を見たことがあります。 企業勤の時でしたけどね。 本当に、怖いです。 本能を信じて、逃げるしかありません。 こんな映画あるんですね。 驚きました。 リロード中にどうこうーーとか〇〇級映画だと言って大量虐殺の不快感を昇華させるようなことはよしたほうがいいと思う。 凄かった。 こんなことするために体鍛えてるのかよ とか、二階からもっと逃げる人いてもいいんじゃないかなーとか死んだふりしてる人いないの?とか最上階で逃げるように誘導させるのは混乱状態だったらそうなっちゃうのかなぁ。 防火扉は頭いいなー 責任押し付けるところとかも!どうにも何も上手くいかないところと「ああああ!!」って感じが感情移入されて、あとに引く凄さだった AEDの伏線は凄く良かったし、最後に精神疾患ぽく振る舞うのも好印象だった。 ああ、凄い。 やるなぁ。 と思った。 俳優の普段の爽やかなイメージもあって衝撃的だった。 デオウが何故か使いたくなくなるという弊害もあったがとにかく衝撃的な映画で記憶に残った。 以上 もはや伊藤英明のための「実写化」だろう。 原作を読んでいるときもまさにそのものだったしハマり役という言葉すら凌駕している。 他のキャストもいいし、映画化のためのキャラや設定の変更も好ましい範囲のもの。 ただやはりこのボリュームをすべて映画化するのは物理的に無理。 原作抜きで映画だけみてもどうして殺戮劇に至るか全く理解不能だろう。 いろんな意味で原作の「プロモートビデオ」としてみれば最高のレベル。 本を読んだ時のイメージどおりの映像が展開し素晴らしい出来だ。 さすが三池崇史。 エンティングテーマソングがコマーシャリズムに流れたのかイメージに合わないし曲としても最低なのがまったく残念なので星一つ減。 いずれにせよ原作を読んでからみるか、みてから原作を読むことをオススメする。

次の