オンリー ワン の 意味。 『ナンバーワンよりオンリーワン』の意味とは?言い訳的な言葉に騙されない

オンリーワンって、そんなに大切?

オンリー ワン の 意味

文字通りの [ Only One ] ですが、簡単に言うと世界で一つ、という意味です。 逆に言って、オンリーワンでない、とすると、どこにでもある(複数)、ということです。 考えてみると、世界に一つと言うのは、本当なのか、そのための証拠を出すのが難しいですよね。 世界中探しまわって見つけられればよいかも知れませんが無理でしょうね。 似ているのが、世界のどこにもない、です。 「無い」ことの証明はできない、とされています。 話を戻すと、証拠まで出さなくても、一般的な表現として、「独自だよ、ユニークだね、創造的だ、他で見たことない、など」というように、普通は誉め言葉で使います。 ただ、あの人変り者だよ、などと言う意味で言うこともああるでしょう。 ナンバーワンでなくとも、オンリーワンを目指そうという表現もあります。 競争社会で溺れるよりも、独自の生き方をしようと言う場合にもよく使う表現です。 この場合、ナンバーワンというのは一番ということです。 たとえば、オリンピックの金メダルとか、企業のトップとか、です。 具体的な意味は、形容詞 only のつかいかたしだいです。 というステートメントの意味は、 (single の意味では)わたしだけが知ってるの。 (exclusive の意味で)わたしじゃないとだめなの。 (lonely の意味では)わたしだけとり残されてる。 疑問文 Am I the only one? でも話し手が言いたいポイントは上記と変わりありません。 どちらにしても、周囲からのアテンションをひくための、枕ことば的な表現です。 という場合は、「ほかにいない」のか、「ほかじゃだめ」なのか、「ほかじゃないとだめ」なのか、意味を明らかにできるよう、説明を補足しましょう。

次の

「オンリーワン」の意味と使い方・違い|類語の例文3パターン

オンリー ワン の 意味

オンリーワンとナンバーワンの意味 SMAPが歌う「世界に一つだけの花」でも使われる、オンリーワンとナンバーワン。 このオンリーワンとナンバーワンの意味と違いは何でしょうか。 海外の友達に聞いてみたところ、「そのままだよ!」と笑われました・・・。 オンリーワンの意味を直訳すると 「ただ一つの」という意味。 ナンバーワンを直訳すると 「第一人者」という意味だそうです。 例えば異性に対して愛情表現で使う場合は、私にはあなただけ(オンリーワン)とも使えるし、あなたが私の第一位(ナンバーワン)とも使えるそうです。 そこで下記で愛情表現以外の使い方を詳しく見ていきます。 足の速さは負けたけど、一人だけ転んだけど立ち上がって頑張ってゴールしました。 なのでこの人は、 よく頑張ったで賞をもらいました。 これはこの人だけの オンリーワンの賞です。 と言うこと繰り上がる人はいなくて、よく頑張ったで賞は この人だけのものですよね。 比較対象がない。 ものをオンリーワンと言います。 この人は誰よりも ダントツで早くゴールしました。 なので、 一番初めにゴールしたこの人がナンバーワンです。 ということは、ナンバーツーもいるわけで、同じような物(上記の場合は徒競走する人)を比較して一番という意味になります。 大勢の中の一位と言う感じですね。 こちらはオンリーワンとは違い 比較対象がありその中の一人という意味です。 SMAPの曲のオンリーワンとナンバーワン では、SMAPの曲にあるオンリーワンとナンバーワンはどういったものか私なりに少し解説していきます。 小さい花や大きな花一つとして同じものはないからNO. 1にならなくてもいいもともと特別なOnly one 大きい小さいや色々な色の花があるように、人も色々な人がいて 十人十色だからその中で 比較しながら競って一番を目指さなくていい。 あなたは比較しなくても競わなくても、その中の一番ではなく もともと特別なただ一人だけの人という意味に捉えることができます。 また、比較できないくらい あなたはかけがえのない人ともとることができます。 補足 オンリーワンとナンバーワンこれは仕事でも言えますよね。 営業成績が第一の会社は、 営業成績が一番いい人にナンバーワンを与えるでしょう。 みんなが競いあい、みんなと比較し決めるのです。 ですが、営業成績が悪くナンバーワンになれなくても、 お客さんからしたらその人はオンリーワン。 金子みすゞさんの作品にもあるように 「みんな違ってみんないい」これがオンリーワンです。 まとめ オンリーワンは、比較できない特別な人。 ナンバーワンは、比較対象がありその中の一番。 どちらも似た言葉ですが、どこを目指すかによってオンリーワンかナンバーワンか変わりますよね。 ですが、どちらがいい。 どちらが良くない。 ということではありません。 私は、ナンバーワンでもオンリーワンでもどちらでもいいと思います。 ただ誰かに何かを、どんな小さなことでも認めてもらうだけで、それだけで日々頑張ることができますから。

次の

オンリーワンの意味を解説|ナンバーワンとの違いについても

オンリー ワン の 意味

10年目にして初めて言えた言葉 「ずっと単なるナンバーワンだったのが、やっとオンリーワンになれた。 」これは、先日の世界柔道において前人未到の5連覇を達成した田村亮子選手の言葉である。 この言葉を聞いたとき、「オンリーワン」という言葉のもつ重さにはっとさせられた。さまざまな世界の舞台で絶えずナンバーワンでいつづけている田村選手、そのプレッシャーは凡人の私などには計り知れない。 しかし同年代の私は、小さな身体いっぱいに闘志をみなぎらせて戦う彼女の姿に何度となく感動し、偉業を達成するたびに見せる彼女の嬉し涙に何度となくもらい泣きしてきた。 それでも準決勝までは痛み止めを打たないで勝ち進んでいった。「痛み止めを打ったらフェアじゃない気がして・・・。 」私は言葉を失った。どうにもならない痛みのために、結局は痛み止めを打ったという。それでも言うことを聞かない足をもって、ついには偉業を成し遂げた。10年かかって達成した偉業、10年目にして初めて言えた言葉が「オンリーワン」である。 あまりに多用される「オンリーワン」 その「オンリーワン」という言葉、昨今の日本の教育現場では濫用されている。行き過ぎた平等主義の反省から、やたらと個性が尊重されるようになった。 また受験競争の過熱の反省から、競争が敬遠されるようになり、運動会のかけっこでも、みんなで手をつないで仲良く同時にゴールするなどという光景も見られた。そして出てきた言葉が「オンリーワンの教育」である。人には誰にでも、その人にしかない才能を持っている。その才能を開花させることで、オンリーワンになろう、というのである。 これまた行過ぎた個性の尊重のではなかろうか。 「個性を尊重すること=人と違うことをよしとすること」のように思われているようだが、果たして本当にそうなのか。人と同じではなぜいけないのか。 人と同じところもあるし、違うところもある。そのすべてで人間は個性的な存在なのである。 行過ぎた個性の尊重は子どもたちを戸惑わせるだけであり、とてつもないプレッシャーを与えているということに気付くべきである。 伝統文化に見るオンリーワン 日本の芸道における技芸の習得のプロセスとして「守・破・離」というものがある。まずは師匠の技芸を徹底的に真似をすることによって、技芸を体得する。繰り返し行って体得できたら、今度は師匠の教えを破って、自分なりの技芸を披露しようと試みる。 しかしなかなか思うようにできるものではないため、破っては守り、破っては守りを繰り返す。そしていつしか自分だけの技芸を築き上げ、師匠の技芸を離れて境地に達する。これが「守・破・離」である。ここでも「離」という境地に達して初めて「オンリーワン」になれるのである。 教育の中でのオンリーワン それでは真の「オンリーワンの教育」は何を目指すべきなのだろうか。 これまで見てきたように、「オンリーワン」という言葉には2つの意味がある。 まず、「人間は生まれながらにして、他の誰とも違う、唯一の存在である」という意味での「オンリーワン」である。そして2つ目は、「離」の域に達した際に実現される「オンリーワン」である。 この意味での「オンリーワン」になるためには、並々ならぬ努力が必要であり、努力したところで必ずなれるものでもない。それでは真の「オンリーワンの教育」は何を目指すべきなのだろうか。 まずは1つめの意味での「オンリーワン」を徹底的に教えるべきであろう。生まれながらにしてオンリーワンな存在であることは否定できない事実である。この意味でのオンリーワンであることを自覚するとともに、自分以外の人たちも同様にオンリーワンなのだとお互いに尊重しあえる関係を築くことの大切さを教えるべきだ。 昨今の、人を人と思わずに行われている凶悪な少年犯罪の解決のかぎはここにあるだろう。 そして2つ目の意味での「オンリーワン」になるための努力と忍耐を、たとえば田村選手の例などを取り上げて教えるとともに、大変なことだからこそ素晴らしく価値あるものであることも同時に伝えるべきである。 たった一度の人生なのだ。命の限りを燃やし尽くして生きていこうと、大人から子どもたちに誘いかけてみよう。 それによって互いに切磋琢磨され、非常に密度の高い人生を送ることができるであろう。 「オンリーワン」という言葉が薄っぺらいものにならないように、真剣に「オンリーワンの教育」に取り組んでいかなければならない。.

次の