家計管理ブログ50代。 50歳代 人気ブログランキング

50代主婦ファッション 人気ブログランキング

家計管理ブログ50代

危機が見えてからでは遅い。 見える前に対処を 著書「」(実務教育出版社)の中で最もお伝えしたかったのがこの部分です。 普通の暮らしをしている50代のご家庭に迫る家計の危機(クライシス)。 ライフイベントが重なり、そこそこあった貯蓄も つるべ落としのように消えていくということがよくあるのです。 早く気づいて、早めに家計を再構築できないと、気づいたときには挽回の時間もない……という恐ろしい事態に陥ることも想定されます。 50代で家計危機に直面したAさんのプロフィール 事例で見てみましょう。 53歳の会社員Aさんは、専業主婦の妻と子ども2人の4人家族。 年収は850万円で、現在貯蓄は500万円。 住宅ローンもあと15年、2000万円残っています。 長男はすでに社会人となりましたが、次男が大学2年生。 車は7年に1回買い替えて、70歳くらいまでは乗る予定で、しかも、子ども2人の結婚とマイホーム取得のときに1人につき200万円をサポートしたいと考えています。 退職金は約2000万円はあるとの見込みで、定年後は働かずのんびりしたいと漠然と考えています。 Aさん家族は決して贅沢をしている自覚もなく、住宅ローンは残っているものの、退職金もあるのでどうにかなるだろうと漠然と考えています。 余裕がありそうなAさんの家計のどこに問題が? このAさんのプロフィールを読んで、何か問題があると思うでしょうか? ちょっと収入が高めでちょっとゆとりのある、でもどこにでもありがちなご家庭の家計ですよね。 未来の貯蓄残高をグラフ化すると、下の図のようになります。 貯蓄残高が「つるべ落とし」のように右肩下がりに落ちていき、深刻なマイナスになっていくのがわかります。

次の

結婚5年目、30代夫婦の貯金はいくら?世代・収入別に貯金額の平均・中央値も調査|節約ブログ「こはらいふ」

家計管理ブログ50代

当ブログに寄せられた 来年度年間収入予定が約800万円台、 50代60代のご夫婦の家計診断の結果を 公開させていただきます。 *ご家族構成* 夫 64歳 妻 56歳 今回は奥様の藤原様からご相談いただきました。 藤原様は最近お子様がご結婚なさったということで、 4月からご夫婦お二人暮らしになられたばかりということです。 前年の年間貯金額は様々はご事情があり-254万円だったそうです。 年間収入は900万円近くおありなのに、なぜか大きなマイナスの出てしまう家計でいらっしゃった ご様子です。 *過去1年の収支状況* (年間収入) 給与 夫婦二人分 年間654万円 家賃収入 年間134万円 年金 年間30万円 その他 年間88万円 合計 年間約906万円 (年間貯金額) 年間約-254万円 *過去1年の支出の詳細* (銀行支出) 1、住宅ローン 年間2,314,332円 2、電気代 年間190,407円 3、ガス代 年間155,931円 4、水道代 年間77,554円 5、生命保険代 年間296,160円 6、年金 子供 年間186,740円 7、クレジットカード 年間126,104円 8、特別費 税金等 年間709,310円 合計 年間約403万9千円 (現金支出) 1、税金 滞納分 年間360万円 2、食費 年間144万円くらい 3、小遣い 妻 年間66万円 4、その他 不明 年間 186万円くらい 現金支出 合計約756万円 藤原様の家計の状況としては、 本来ならば裕福層といえるだけの収入がおありになることがわかります。 ですが様々ご事情により家計が上手く回っていない状況であることが 推測できます。 食費やお小遣いなどの金額も多く、また住宅費なども高額で光熱費も高め、 支出のサイズが大きいタイプと言えます。 ただ、支出がそれほど大きくあちこちに散らばっているというほどの印象がない、 という点が素晴らしいと思いました。 また、たびたびご紹介しているように、 藤原様のようなすべての支出サイズが大きいタイプの方の家計改善が一番難航するパターンです。 何度もご紹介していますが、すべての支出サイズが大きい方というのは、 面倒くさいとか後でいいやとかなんとかなるだろうという感じで 今の支出サイクルをなんとか変えようという意識の低い方が非常に多いです。 こうしたらいかがですか?とお伝えしても 「それはできません」「それはしたくありません」という方が非常に多く、 「私は何もしたくないけど、とにかく家計が大変だから あきさんの計算だけでなんとか楽になるようにしてほしい」という丸投げタイプの方が 多いのです。 もちろん、丸投げであっても私なりに考えて回答はさせていただくのですが、 多分そのうちもとにもどってしまうだろうな、、とその方の今後がいつも心配になります。 しかし、藤原様はきちんと現状について受け止めていらっしゃり、 どうにかしたいと具体的に行動をとることのできる素晴らしい方でした。 *見直し後の収入予定の詳細* 給与 夫婦二人分 年間654万円 家賃収入 年間134万円 年金 年間30万円 合計 年間818万円 (年間貯金額) 82万3千円 *見直し後の支出予定の詳細* (銀行支出&現金支出) 1、住宅ローン 年間約231万5千円 2、電気代 年間約19万円 3、ガス代 年間約15万6千円 4、水道代 年間約7万8千円 5、生命保険代 年間約29万6千円 6、税金 滞納分 年間60万円 7、特別費 税金等 年間約71万円 8、食費 年間90万円 9、日用品 年間12万円 10、小遣い 年間60万円 11、娯楽費 年間60万円 12、特別費 年間79万2千円 銀行&現金支出 合計年間約735万7千円 年間で約100万円近い減収見込みということですが、 前年-254万円だった貯金額が約82万3千円 に大幅アップ! もちろん、娯楽費もしっかり予算をとっていただきました。 藤原さんの家計の場合は、光熱費も高めでいらっしゃるので、 光熱費を少し抑えられるようにしていかれると おそらくもっと簡単に貯金もできて娯楽にもお金を使える 理想的な家計になっていかれると思います。 最後に藤原様から 今回の家計診断のご感想をいただきましたので、原文のまま掲載させていただきます。 *ご感想* 結婚して30年、家計簿は続かず収入は多い方だと思うのですが、貯金ができてはなくなることがよくありました。 贅沢をしている感覚はないのに、どうしてこんなに貧しいのかと思うことがよくありました。 あき様のブログに出会い、年間の収支を計算したら、家計簿をつけていなかったのに数日で年間の収支ができたことにとても感動しました!! 収支の結果は散々たるものでしたが、なぜか楽しくなりやる気が出てまいりました。 不思議です…。 30年間なかなか予算を立てる事ができず、なんとか支払いができればいいような生活をしてきましたが… あっという間の30年でした 、 今回家計診断をお願いして初めて頑張れそうな予算をたてることができました!感激です! 娯楽費と特別費のとらえかたなどとてもとても勉強になりました。 我が家の散々な家計も否定されることもなく、希望の持てる予算をあたたかくアドバイスくださり感謝しかありません。 1が月後、1年後がとても楽しみです。 また予算を守れるようにぜひ質問させていただきたいです。 お忙しい中家計診断をしてくださり本当にありがとうございました。 これからもどうぞよろしくお願いいたします。 ***** 暖かいお言葉をありがとうございました! 残念ながら、途中でお返事が来なくなってしまわれる方もいらっしゃる中、 藤原様も面倒な計算を最後までやり遂げてくださいました。 (主に年間の収入・銀行支出・現金支出・来年度予算の4つの計算です) 藤原さん自身がきちんと家計に向き合われた結果だと思います! 今回はご利用いただき、本当にありがとうございました! 藤原様に感謝の気持ちでいっぱいです^^ またいつでもご相談ください! あき様 この度は家計診断で大変お世話になりました。 涙 おかげさまで家計診断のあと随分生活が変わりました!家計の全体を把握することができ自分の思い違いに気がつき、むやみに心配したりすることがなくなりました。 今は安心してお金を使うことができています。 光熱費も確実に減っております!食費も減っていますが内容は以前より充実して主人も喜んでおります!在宅日が増えて今もバナナケーキを焼いたところです。 車中心の生活から近くへは自転車で出掛けるようになりました。 普通の事でお恥ずかしいのですが… 何事も長続きしない私ですが、一行家計簿はなぜかとっても楽しく今3ヶ月目になります。 あき様のおかげです。 本当にありがとうございました!!! またぜひ予算生計の報告をさせてください。 よろしくお願いいたします。

次の

50代文系主婦の投資ブログ

家計管理ブログ50代

これから夏になると、電気代が特にやばいことになりそうです。。。 食費 夫婦共にテレワークなので、毎日3食作ってましたが、20000円使いませんでした。 16000円~17000円だったと思います。 残ったお金は貯金箱に入れましたw ある程度きちんと自炊すれば栄養も取れますし、食費も抑えることもできるので料理だけはちゃんとやりたいですね。 とはいえ、栄養的にはよろしくないので気を付けたいですね。。。 仕事が立て込ん出る時は超適当な昼ご飯になってしまうこともあり、奥さんに申し訳ないですが、嘘か本当か、基本的になんでも 「美味しい」と言って食べてくれるので、そういう奥さんで助かってますw 仕事が立て込んでてバタバタしている時は、「今日は料理めんどくさい・・・」と思うときもあるので、これからも適度に適当な料理を挟んでいきますw レジャー費(外食代含む) 1カ月で1回も、外食もテイクアウトもしなかったのは結婚以来初めてかもしれませんw まあ、これはしょうがないですね。 でもレジャー費が0円とか、こういうことが続くようだと経済が回らず、色々な業界が持たないなというのはつくづく感じますね。。。 生活用品 何も買いませんでしたw 本当に偶然にも生活用品が何も無くならなかった月でした。 ただ、歯磨き粉がそろそろなくなりそうなので今月はドラッグストアに行きます。 歯磨き粉って、たまにドラッグストアでびっくりするぐらい安くなる日があるので、そんな日に2、3個まとめ買いします。 前回もそんな感じだったため、最後に歯磨き粉を買った記憶がありませんw 楽天ポイントがけっこう貯まっているので、現金は使わず、楽天ポイントだけで余裕で払えそうです。 理容、美容、レジャー費、医療費 こちらもついてもスーパー以外、ほぼ家から出なかったので1円も使っていません。 また、緊急事態宣言中はスーパーへはほとんど私1人で行って、奥さんは私以上に家から出ていないため、化粧品をほとんど使わずに済んだそうですw ただ、私は2か月、奥さんはそろそろ3か月髪を切ってないと思うので、今月は早々に髪を切りに行きたいです。

次の