スティーヴィー ニックス。 スタンド・バック / Stand Backの歌詞和訳

Stevie Nicks(スティーヴィー・ニックス)、キャリアを総括した究極コレクションが登場

スティーヴィー ニックス

USA・オースティン公演 2017年3月 基本情報 出生名 Stephanie Lynn Nicks 生誕 1948-05-26 (72歳) 出身地 ジャンル 担当楽器 、、、 活動期間 - 現在 レーベル バッキンガム・ニックス名義 Modern Records、、、、 共同作業者 Frits バッキンガム・ニックス 公式サイト スティーヴィー・ニックス( Stevie Nicks、 - )は、出身の女性、。 「」のメンバー。 ソロとしても多数の実績を併せ持ち、その妖艶なイメージから"ロックの歌姫"とも呼ばれる。 誌選出「歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第98位 、選出では第97位。 長年のパートナー リンジー・バッキンガムと 2003年 祖父がの歌手だった影響もあり、4歳頃から両親が経営するバーで歌い始める。 10代半ば頃には楽曲の創作も始め、アマチュアバンドに参加していた。 、高校時代のボーイフレンド が所属するバンドに誘われ、歌手活動を経験。 ウェイトレスなどで生活費を稼ぎながら活動した。 同バンド解散後のに、リンジーとデュオユニット「バッキンガム・ニックス」を結成。 翌年に大手レーベル「」からデビュー。 2ndアルバム制作途中の「Frozen Love」という楽曲を、のメンバー が聴いたことがきっかけで、にリンジーと共にグループに招かれて加入。 、同バンドのアルバム『』の成功で世界的な名声を得た。 、ファースト・ソロアルバム『麗しのベラ・ドンナ()』を発表。 ビルボードのアルバムチャートの1位を記録した。 また、同アルバムからシングルカットされたとの共作「」は全米3位、との共作「」は全米6位、「」は全米11位を記録した。 『麗しのベラ・ドンナ』が発売された頃、高校以来の無二の親友であるロビン・スナイダー・アンダーソンから電話を受け、スナイダーが白血病にかかったことを知らされる。 スナイダーは妊娠しており、男の子を早産した2日後の1982年10月5日、息を引き取った。 ニックスは赤ん坊の面倒を見ることに決め、「とにかくわからないけれど、私たちは結婚するべきだと思う」と夫のキム・アンダーソンに言い、死んでから3か月後に結婚した。 そして3か月後に離婚した。 にフリートウッド・マック名義で「」を受賞し、これまで7回以上ノミネート。 には同名義 、2019年にはソロ名義で「」入りを果たした。 依存とだった過去があり、これを克服している。 US: ゴールド 2011 In Your Dreams• 発売日: 2011年5月3日• レーベル: Reprise• 全米売上: 19. 9万枚 6 24 22 37 35 39 14 2014 24カラット・ゴールド - ソングズ・フロム・ザ・ヴォールト 24 Karat Gold: Songs from the Vault• 発売日: 2014年10月7日• レーベル: Reprise• 全米売上: 10万枚 7 16 29 69 40 — 14 "—"は未発売またはチャート圏外を意味する。 バッキンガム・ニックス名義 [ ]• 『バッキンガム・ニックス』 - Buckingham Nicks 1973年 フリートウッド・マック名義 [ ]• 『』 - Fleetwood Mac 1975年• 『』 - Rumours 1977年• 『』 - Tusk 1979年• 『』 - Fleetwood Mac Live 1980年• 『』 - Mirage 1982年• 『』 - Tango in the Night 1987年• 『』 - Fleetwood Mac's Greatest Hits 1988年• 『』 - Behind the Mask 1990年• 『』 - The Dance 1997年• 『』 - The Very Best of Fleetwood Mac 2002年• 『』 - Say You Will 2003年 脚注 [ ]• Rolling Stone. 2013年5月26日閲覧。 Q - 100 Greatest Singers 2007年4月. 2013年5月21日閲覧。 - ワーナーミュージック・ジャパン• - LiveLand• - Techinsight• - TAPthePOP• - BARKS• - NME JAPAN• billboard. com. 2011年4月15日閲覧。 Australian chart peaks:• Top 100 Kent Music Report peaks to 19 June 1988: Kent, David 1993. Australian Chart Book 1970—1992 Illustrated ed. St Ives, New South Wales, N. : Australian Chart Book. 217—218. The Kent Report chart was licensed by between 1983 and 19 June 1988. australian-charts. com. 2011年4月2日閲覧。 Imgur. com. 2016年9月12日閲覧。 Top 100 ARIA Chart peaks from January 1990 until December 2010: Ryan, Gavin 2011. Australia's Music Charts 1988-2010. Martha, VIC, Australia: Moonlight Publishing• RPM. 2012年10月11日閲覧。 musicline. 2011年6月9日閲覧。 charts. org. 2011年5月14日閲覧。 swedishcharts. com. 2011年5月13日閲覧。 Official Charts Company. 2011年5月31日閲覧。 If necessary, click Advanced , then click Format , then select Album , then click SEARCH• Music Canada. 2016年10月30日閲覧。 Music Canada. 2016年10月30日閲覧。 Enter Stevie Nicks in the field Search. Select Artist in the field Search by. Select album in the field By Format. Click Search• Billboard. com 2011年8月28日. 2012年3月2日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

スティーヴィー・ニックス&リンジー・バッキンガム

スティーヴィー ニックス

1975年5月26日、27歳の誕生日を迎えたスティーヴィー・ニックスは前年の同じ日を思い浮かべ、その1年のもたらした大きな変化を噛み締めていたはずだ。 1年前の彼女は、薄給のウェイトレスやプロデューサーの家の掃除といった仕事で生活費を稼ぐ、苦闘するミュージシャンだった。 大学時代から活動をともにしてきた音楽のパートナーで恋人のリンジー・バッキンガムとのデュオでは、1973年にアルバム『 Buckingham Nicks』を発表したが、ほとんど注目されずに契約は解除。 2人は2作目のためのデモを持ち込んだレーベルに軒並み拒否されていた。 そんな彼らに幸運が訪れる。 ミック・フリートウッドがフリートウッド・マックの次作の録音に使うスタジオを見学にきた際、2人のアルバムを耳にして興味をそそられたのだ。 当初バンドはリンジーだけを望んだが、彼は自分たちは「パッケージ契約」だと主張し、1974年の大晦日に2人はフリートウッド・マックのメンバーとなる。 27歳のスティーヴィーは今や有名バンドの一員だった。 ただし、その時点では自分たちの加入がマックをスーパー・グループに押し上げるとは想像もしなかっただろう。 1975年7月に発売された『Fleetwood Mac』は彼らの運命を変える1枚となるが、それが売れ始めるまでには時間がかかった。 翌年に入って、スティーヴィーの看板曲となる「Rhiannon」を含む3曲のヒットが生まれ、アルバムは発売から1年以上を経て、ついにチャートの首位にまでのぼりつめたのである。 スティーヴィーはロック界の新たなセックス・シンボルとなり、男性ファンだけでなく、彼女を真似て黒いシフォンのドレスに身を包んだ少女たちも客席を埋めた。 しかし、彼女は代償を払わねばならなかった。 辛苦をともにしてきたカップルの関係は、成功と引き換えるようにうまくいかなくなった。 その辛い別離こそが、リンジーの「Go Your Own Way」やスティーヴィーの「Dreams」といった名曲を作らせ、 次のアルバム『Rumours』を歴史的なベストセラーにするのだが。 バッキンガム・ニックス アルバムも売れず、まったく人気を得られなかったが、例外の街があった。 地元のDJがアルバムの曲をラジオでかけてくれたおかげで、アラバマ州バーミンガムは世界で唯一、バッキンガム・ニックスがスターである街になった。 だから、マックへの加入が決まったバッキンガム・ニックスの最後のコンサートは、当然バーミンガムで行われた。 7000人収容の大会場に出演したという。 『Buckingham Nicks』はLPレコードの時代だった1976年に再発されたが、CD化はされておらず、再発が最も求められるアルバムの一枚となっている。 ここ数年、原盤の権利を所有するリンジーとスティーヴィーの口から再発したいという発言が聞かれるようになり、発売40周年となる2013年に未発表録音も加えての再発売が期待されたが、まだ実現していない。

次の

スティーヴィー・ニックスの新しいコレクション・アルバムがリリース

スティーヴィー ニックス

1981年 1stアルバム スティーヴィー・ニックス、1948年5月26日生まれ。 米国アリゾナ州出身のボーカリスト、シンガーソングライターです。 のメンバーとして、そしてソロでも活動しています。 1998年にはフリートウッド・マック名義で、2019年にはスティーヴィー・ニックス名義で、2度のロックの殿堂入りを果たした史上初の女性となりました。 高校時代からの恋人リンジー・バッキンガムらとともに1698年にバンドを結成、その後デュオで「バッキンガム・ニックス」を結成して1973年にデビューします。 デモテープを聴いたミック・フリートウッドによって2人はフリートウッド・マックに抜擢され、大ヒット作『噂』を生み出しました。 リンジーとは破局するもバンド活動は継続、そして並行して1981年には本作でソロデビューを果たします。 コーラスにはロリ・ペリーやシャロン・セラニを起用、その他にも数多くのミュージシャンが参加しています。 タイトル曲 「Bella Donna」で幕を開けます。 序盤はピアノ主体でゆったりとしていますが、徐々に盛り上がっていきます。 スティーヴィーの歌唱は力強くてドスが利いており、っぽいかも。 「Kind Of Woman」は3拍子を刻む哀愁たっぷりの楽曲。 演歌のような強い哀愁が漂っており、演奏にも魅せられます。 激しいわけではありませんがロック感のある演奏に乗せて、メロディも親しみやすい感じ。 爽やかな中に切なさを感じさせる 「Think About It」を挟んで、 「After The Glitter Fades」は牧歌的でポップな名曲。 スティーヴィーの歌う優しいメロディラインが魅力的で、耳に残ります。 アルバム後半は代表曲 「Edge Of Seventeen」で開幕。 ギターが緊張感を生み出し、スティーヴィーとコーラス隊が響かせる歌は暗闇の中で歌っているような印象を受けます。 少しシリアスな雰囲気ですが、ドスの利いた歌はクールでカッコ良い。 「How Still My Love」はメロウで浮遊感のある演奏に乗せて、アンニュイな歌を披露します。 この歌唱が聴きたかったのですが、後半はパワフルで迫力のある歌へと変わります。 「Leather And Lace」は当時付き合っていたドン・ヘンリーと共演。 アコギにドリーミーな鍵盤が優しく、スティーヴィーの歌にも癒されます。 2番はドン・ヘンリーが歌いますが、渋い声が魅力の彼が高音域を歌うのでちょっとイメージと違うかも。 でも楽曲としてはまったりとしているし、ごくシンプルながらもメロディが良いですね。 「Outside The Rain」では、躍動感のある演奏に乗る気だるげな歌唱がまったりとさせてくれます。 ラストの 「The Highwayman」はゆったりとした楽曲です。 メロディもそこまで起伏がないものの、聴いているとじんわり染み込んできます。 フリートウッド・マックの「Rhiannon」で魅せられてソロを聴いてみましたが、可憐な高音ボイスを期待した私としては低音だみ声ばかりの本作はちょっと残念な印象。 でも ドスの利いた歌声でカッコ良い曲もいくつかあります。

次の