洋食 おすすめ。 東京都の洋食おすすめグルメランキング トップ50

洋食の献立人気・簡単レシピ!朝昼晩おまかせのおすすめ洋食メニュー

洋食 おすすめ

札幌市清田区北野7条2丁目11-25 電話番号 011 883 3635 (予約不可) 営業時間 11:00~21:30(LO 21:00) 定休日 日曜日 CHECK! CHECK! 私が30年以上通っている、大好きな洋食レストランとわいらいと 昔から変わらない手書きメニューが、何となくホッとさせてくれます。 上の画像はメニューのほんの一例で、実際はかなりの数の洋食メニューラインナップ。 でもどれを頼んでも、今まで外れだったことがありません。 おそらく「とわいらいと」で一番の人気メニュー「チーズハンバーグ」 チーズはINかOUTかを選ぶことができ、さらに追加料金を払えばチーズIN&OUTも可能。 チーズIN&OUTにすると、チーズ好きにはたまらないスペシャルなハンバーグが出来上がります。 チキンカツやビーフシチューやポークソテーなど、どの洋食メニューを頼んでも満足度がかなり高め。 洋食マーシュ亭公式ブログは 地下鉄バスセンター駅前すぐ近くにある、何を食べても美味しい行列のできる人気店「洋食マーシュ亭」 特におすすめなのはビーフハンバーグでして、個人的には札幌ナンバー1ハンバーグだと思っています。 たっぷりかかっている重厚な味わいが特徴のデミグラスソースと、ミディアムレアに焼き上げられた牛肉100%ハンバーグとの相性は抜群。 半分に割ると肉汁が流れ出ますが、その肉汁がデミグラスソースと合わさったさらにワンランク上の味に進化します。 ちなみに洋食マーシュ亭のとんかつも絶品でして、おすすめカツカレーを聞かれたら間違いなく洋食マーシュ亭と答えます。 CHECK! ユっぴーのオーナーシェフは、札幌グランドホテルや英国王室御用達ホテルでのシェフ経験がある、すごい経歴の持ち主 英国の王族の方が食べていた、本物のデミグラスソースが使われているユっぴーの洋食メニューはどれも絶品。 でも本物の洋食なのに、気取らないで食べられるのがユっぴーの大きな魅力 デミグラスソースがたっぷりかかった、卵トロトロオムライス 私はユっぴーのオムライスは、札幌市内で一番おいしいオムライスだと思っています。 同じくおすすめのチーズハンバーグステーキ よく練られぎゅっと詰まった重厚タイプのハンバーグなので、濃厚なデミグラスソースとの相性も抜群。 気軽に頼める本格的な前菜メニューもあるので、満足度はかなり高め。 札幌東区の住宅街にある、玉ねぎ倉庫をリノベーションしたカフェレストラン「プー横丁」 元倉庫だったとは思えないおしゃれな雰囲気が大きな魅力。 そしてさらに嬉しいのは、ほぼすべてのメニューが900円以下と言うリーズナブルな価格設定。 特におすすめなのはホタテとウニのスパゲッティ(880円) 濃厚なウニクリームソースが絶品なので、香草パン(200円)も注文して一滴も残さずいただきましょう。 寒い日には具だくさんのシーフードドリアもおすすめ。 ボリュームもかなりあり、食べ終わった後の満足度もかなり高めです。 CHECK! そんな味かつの、昔から変わらぬ人気メニューと言えばメンチカツ メニューにも自慢のメンチカツと記載されていて、メンチカツ+ヒレカツのような取り合わせ定食が大人気。 ソースはデミグラスと和風オニオンソースを選べますが、個人的には味かつの少し甘めで和風のデミグラスソースがおすすめ。 味かつのもう一つの人気メニューが「木の子とソーセージ和風パスタ」 醤油ベースの和風パスタですが、癖になる味でたまにこの味のパスタが無性に食べたくなります。 『キセキの食堂』のコーナーで紹介した、東区の味かつさんにおじゃま。 — 八木隆太郎 mirunisan オムメンチ食べるよ 下町の洋食屋 味かつ in 札幌市東区, 北海道 — たぬん21型 J2M3🔑 gardenclogs 晩ご飯を食べに、東区の味かつへ。 ふわふわ絶品のメンチカツなので、メンチカツ好きの方は絶対に足を運びましょう。 CHECK! 何回行っても覚えられない、馬美舞辺母(ばびぶべぼ)という名前。 この記事を書く時も、お店の名前だけ毎回コピペして貼り付けているのはナイショ。 そんな難しい名前の馬美舞辺母(ばびぶべぼ)ですが、おしゃれカフェ的な店内と豊富な洋食メニューがある大人気店 数ある馬美舞辺母(ばびぶべぼ)のメニューの中でも、大人気なのが「煮込みハンバーグ」 国産牛100%のハンバーグがデミグラスソースで煮込まれて、熱々で登場します。 半分に割ると肉汁があふれ出てきて、その肉汁とデミグラスソースをご飯にかけて食べるともうアンストッパブル。 和牛の中おちリブ肉が使われている、さいころステーキもおすすめ 今日は普段行かない地域へお手伝いに来てるので、せっかくだから近くに昔からある馬美舞辺母 ばびぶべぼ に来ました。 煮込みハンバーグランチ。 他ではなかなか食べられないレベルのハンバーグなので、煮込みハンバーグに目がないという方は、絶対に足を運ぶことをおすすめします。 今回紹介したお店は高級洋食店ではありませんが、ハイレベルな洋食を比較的リーズナブルに提供してくれるおすすめ店ばかり。 特に清田区にある「とわいらいと」には、絶対に足を運ぶことをおすすめします 札幌の洋食界をけん引してきた伝統ある味に、きっと感動されることでしょう。 札幌市清田区北野7条2丁目11-25 電話番号 011 883 3635 (予約不可) 営業時間 11:00~21:30(LO 21:00) 定休日 日曜日 CHECK! CHECK! 地元密着ブロガーだから分かる札幌の安くて美味しいB級グルメ9選とは 札幌市民が毎日でも通いたくなるおすすめパン屋9選 【日本人でよかったと言いたくなる】札幌で絶対に食べるべき本当に美味しいおにぎり5選 【札幌大衆中華】我が家が通う安くて美味しい中華料理店まとめ まだ食べたことがない人必見!札幌スープカレーおすすめ店をカレー大好きなボクが厳選 格安で和洋スイーツが買える札幌市内のおすすめ工場直売所4選とは 我が家が通う札幌の安くて美味しい海鮮丼・生ちらしおすすめ店14選.

次の

一人旅応援☆【大阪】キタエリアでひとりご飯♪<洋食編>おすすめ10選

洋食 おすすめ

横浜で食べたいレトロな洋食メニュー! いち早く西洋文化を取り入れてきた港町・横浜には、昭和の香りが残るレトロなレストランから、洋食メニューを提供するホテルのレストラン、ショッピングモールの気軽なお店まで、さまざまな洋食店があります。 「デートで行きたい」おすすめ洋食店を厳選して紹介。 <INDEX> 横浜の超定番! 老舗洋食店 1. 横浜のホテルでいただく洋食メニュー 4. 横浜のショッピングモールにある気軽な洋食店 6. 横浜の超定番! 老舗洋食店 横浜の数ある老舗洋食店の中から、「ここははずせない!」「定番」と呼ぶにふさわしい、看板メニューがあるお店を紹介します。 洋食キムラ: やわらかなハンバーグと自家製デミグラスソースの相性バツグン 洋食キムラ「ハンバーグセット(1380円税込)」(2015年5月23日撮影) 昭和13年創業、3代続く洋食店「洋食キムラ」。 看板メニューは「ハンバーグセット」で、貝殻型の鉄皿にのって、グツグツと音を立てながら運ばれてきます。 スパイスやタマネギがたっぷり入ったハンバーグは、ほろほろとやわらかいのが特徴。 表面を仮焼きした後、一晩寝かせてから本焼きするという、手間がかけられています。 横につく卵は「貝殻に真珠」をイメージしているのだとか。 自家製デミグラスソースと混ぜながら食べると、マイルドな味わいに。 セットでは、ライスかパンが選べますが、私はホカホカのパンを選ぶことが多いです。 お皿に残ったデミグラスソースをパンにつけて食べるのが好きなので。 昭和13年創業の洋食キムラ。 センターグリル:ケチャップ味+太麺の懐かしい味のナポリタンを 時間が止まったようなレトロな空間(画像提供:グリル・エス) 【DATA】 住所:横浜市中区相生町5-89 営業時間:月~金曜11:30~13:45 L. O 、17:00~21:30 L. O 土曜・祝日11:30~13:45 L. O 、17:00~20:45 L. O TEL:045-681-2581 定休日:日曜、祝日の月曜 アクセス:みなとみらい線馬車道駅5番出口より徒歩約3分 地図: URL:(Retty) ディナータイムなら……横浜のホテルでいただく洋食メニュー 横浜のホテルならではの洋食メニューの数々を紹介します。 ホテルニューグランド コーヒーハウス「ザ・カフェ」: クラシックホテルで発祥メニューを コーヒーハウス ザ・カフェ「プリン ア ラ モード(1350円税・サ料別)」(画像提供:ホテルニューグランド) 「プリン ア ラ モード」は、第二次世界大戦後、GHQに接収されていた時期に、ビッグポーションを好むアメリカ人将校夫人たちを喜ばせたいと、当時のパティシエが考案したメニューです。 自家製プリン&アイスクリーム、フルーツ、生クリームが一つのお皿に盛りつけられています。 現在も、開業当時から使われているコルトンディッシュで提供されています。 【DATA】 住所:横浜市中区山下町10 ホテルニューグランド本館1階 TEL:045-681-1841 営業時間:10:00~21:30(L. ニューオータニイン横浜「THE sea」: ニューオータニスタイルの下町洋食メニュー THE sea「煮込みハンバーグ ビーフシチュー添え(2000円税・サ込、パンまたはライス付)」(画像提供:ニューオータニイン横浜) 「煮込みハンバーグ ビーフシチュー添え」では、しっとりジューシーなハンバーグと、ほろほろに煮込まれた柔らかいビーフ、2つの食感が愉しめる贅沢なメニュー。 肉や野菜、ワインなど素材の旨みたっぷりのシチューとからめてどうぞ。 上記の洋食メニューは、ランチタイム<11:30~14:30(L. 14:00 )>、ディナータイム<17:30~22:00(L. 21:00 >にオーダー可。 イベント時には通常メニューが提供されない場合もあります。 【DATA】 住所:横浜市中区桜木町1-1-7 ニューオータニイン横浜3階 TEL:045-210-0781 営業時間:7:00~22:00、Barタイムのみ金・土曜・祝前日は~23:00(L. 閉店1時間前) 定休日:無休 アクセス:JR桜木町駅北改札・東口直結 地図: URL: ランチで立ち寄りたい、横浜のショッピングモールにある気軽な洋食店 気軽に立ち寄りたい、商業施設内にある洋食店を紹介します。 横濱たちばな亭: オムライスのカリスマがつくる、とろとろオムレツ 人気メニューがワンプレートになっている「元町プレートランチ(1250円税込)」(2015年9月18日撮影) 特におすすめしたいのが「元町プレートランチ」。 ランチタイム限定メニューで、一番人気のオムライス(巻き)、ケチャップ味で太麺のナポリタン、サクサク&ジューシーなチキンカツ、コロコロのポテトサラダがワンプレートに盛り付けされています。 まるで「大人のお子さまランチ」。 ボリューム満点です。 ランチタイム以外には、巻きオムライスとフライなどがセットにできる「コンビネーションメニュー」がおすすめ。 また、「巻きオムライス」だけでなく、とろとろ卵がのせてある「特製オムライス」もあり、こちらはデミソースかカレーソースが選べます。 駅直結なので、気軽に立ち寄れるのが便利です。 赤と黒を基調とした、ハングリータイガー横浜モアーズ店の店内(画像提供:ハングリータイガー) 横浜モアーズ店では、店頭で整理券を発券するほかに、WEBで順番待ちの受け付けができます。 目安の待ち時間までお店の前で並ばなくても、ショッピングなどをしながら待つことができますので、利用してみてはいかがでしょう。 22:00) 定休日:元日のみ休業 アクセス:横浜駅西口より徒歩約1分 地図: URL: 横浜駅近から野毛、みなとみらい、馬車道まで、デートで行きたい、横浜の洋食店を紹介いたしました。 週末に出かけてみては。 【関連記事】•

次の

美瑛の食事処 B級グルメがある【洋食とCafeじゅんぺい】 公式HP

洋食 おすすめ

【材料】《レシピ:2人分》 〈ハンバーグ〉• 玉ねぎ…1個• 合挽き肉…350g• 卵…1個• パン粉…1カップ 〈ハンバーグの調味料〉• 塩…小さじ1• こしょう…少々• ナツメグ…少々 〈ソース〉• 固形スープ…1個• 水…150ml• トマトケチャップ…大さじ4• ウスターソース…大さじ2• 有塩バター…10g 【作り方】• 中火で熱したフライパンにサラダ油大さじ2(分量外)をひく。 みじん切りにしたタマネギを加え、透き通るまで炒める。 ボウルにひき肉とハンバーグの調味料を入れて混ぜ合わせる。 玉ねぎ、卵、パン粉を加えて粘り気が出るまで混ぜる。 肉だねを4等分に分け、サラダ油を馴染ませた手で小判形に整形する。 整形した肉だねの空気抜きを行う。 中火で熱したフライパンに肉だねを並べる。 真ん中が膨らんできたら中央を少しへこませる。 時々フライパンを揺すり、焼き色がついたらヘラなどで裏返す。 蓋をして弱火で約5分ほど蒸し焼きにする。 竹串をさして透明な肉汁が出たら器に盛り付ける。 ソースの材料を中火に熱した鍋に加え、とろみが付くまで混ぜ合わせる。 ハンバーグにソースをかけて、お好みのつけ合わせを添えたら出来上がり。 【材料】《レシピ:2人分》• 牛すね肉…400g• 玉ねぎ…1個• 人参…100g• じゃがいも…2個• 塩…少々• こしょう…少々• サラダ油…大さじ1• 赤ワイン…50cc• 水…600cc• 赤ワイン…100cc(煮込み用)• ローレル…1枚• 生クリーム…適量• 茹でたブロッコリー…適量 【作り方】• 牛すね肉に塩こしょうをふる。 圧力鍋にサラダ油を入れ、肉に焼き色をつける。 赤ワイン50ccを入れて水を加える。 圧力鍋を加熱して20分ほど加圧し、自然に冷やす。 玉ねぎをくし形に、人参とじゃがいもは一口大に切る。 熱したフライパンにサラダ油をひき、野菜を炒める。 鍋に野菜を加え、赤ワイン100㏄とローレルを入れて煮る。 野菜がやわらかくなったら火を止め、ルウを割り入れて溶かす。 火にかけて弱火で暫く煮込む。 器に盛り付けてブロッコリーを添え、生クリームをかけたら出来上がり。 【材料】《レシピ:2〜3人分》• マカロニ…50g• 鶏もも肉…75g• 椎茸…1~2枚• 牛乳…400ml• サラダ油…小さじ1• バター…5g• 小麦粉…大さじ2• こしょう…少々• ピザ用チーズ…適量 【作り方】• 椎茸の軸を切り落として2~3mm幅に、玉ねぎも同じく2~3mm幅に切る。 マカロニを表示時間通りに茹でて、ザルにあげておく。 弱めの中火で熱したフライパンに油をひき、鶏肉を入れてほぐしながら炒める。 玉ねぎに塩こしょう(分量外)で下味をつける。 フライパンに玉ねぎを加えて、透明になるまで炒める。 椎茸を加えて、くたっとするまで炒めたら火を止める。 小麦粉をフライパン全体にふりかけ、そこにバターを加える。 弱火にかけ、箸で混ぜながら具材と小麦粉を馴染ませる。 火を少し強めて、箸で全体をやさしく混ぜ合わせる。 とろみがついてきたら再度牛乳を注ぎ入れる(この後もう一度)• とろみがついたら火を止めて、塩こしょうで味を調える。 マカロニを加えたらホワイトソースの完成。 耐熱容器に移して、ピザ用チーズ適量を広げる。 トースターで強め10分ほど焼き上げて、焼き色が付いたら出来上がり。 【材料】《レシピ:2人分》• サーモン切り身…2切れ• 塩こしょう…少々• 小麦粉…適量• バター…20g• ミニトマト…10個• 塩こしょう…少々• 酢…小さじ2• 粒マスタード…小さじ2• レモン汁…大さじ1• オリーブオイル…大さじ3 【作り方】• サーモンに塩こしょうを振って小麦粉をまぶす。 ミニトマト、パプリカ、きゅうりを細かめの角切りにする。 1に塩こしょう、酢、粒マスタード、レモン汁、オリーブオイルを合わせて混ぜる。 フライパンでバターを溶かし、サーモンの皮目を下にして弱火で焼く。 8割程度まで火が通ったらひっくり返し、火が通ったら皿に移す。 サーモンに3をかけて出来上がり。 【材料】《レシピ:5人分》• ロメインレタス…5~6枚• プチトマト…10個• ベビーリーフ…適量• ベーコン…80g• パルメザンチーズ…大さじ1• クルトン…適量• 〈A〉• マヨネーズ…大さじ5• 白ワインビネガー…大さじ1• パルメザンチーズ…大さじ2• 砂糖…小さじ1• オリーブオイル…大さじ1• レモン汁…大さじ2• プレーンヨーグルト…大さじ1• ホワイトペッパー…少々 【作り方】• グリーンリーフを手でちぎる。 ベビーリーフと共に冷水に取シャキッとさせる。 トマトをそれぞれ4等分にする。 ブロックベーコンを5mm角に切って、カリカリに炒める。 Aの材料を混ぜ合わせてドレッシングを作る。 皿にグリーンリーフとベビーリーフを盛り付ける。 ドレッシングをかけたら、プチトマトと焼いたベーコンを乗せる。 パルメザンチーズを振り、クルトンを乗せたら出来上がり。 【材料】《レシピ:2人分》• きゅうり…2本• 大根…10cm• みょうが…3本 〈ピクルス液〉• 白ワイン…100ml• 水…100ml• 酢(穀物酢)またはワインビネガー…150ml• 砂糖…30g• 塩…3g• ローリエ…適量• 粒黒こしょう…適量• 赤とうがらし…適量• コリアンダークローブ…適量• パセリの茎…適量• 香菜の根 …適量 【作り方】• パプリカの種を取って1. 5cm角に切る。 きゅうりを乱切りにする。 大根と人参の皮を剥き、縦十文字に切ってから乱切りにする。 みょうがの芯を少し落し、4等分に切り分ける。 塩を全体にまぶし、1時間程放置する。 鍋に水と白ワイン、酢、砂糖、塩を入れ、中火にかけて沸騰させる。 火を止めてから香辛料を入れ、粗熱を取る。 5の水気を切り、保存袋に入れる。 粗熱がとれたピクルス液を入れて、冷蔵庫で1晩漬け込む。 器に盛り付けて出来上がり。 【材料】《レシピ:2人分》• じゃがいも(メークイン)…3個• ベーコン…30g• バター…10g• オリーブオイル…大さじ3• 塩こしょう…少々• ドライパセリ…少々• マスタード…適量 【作り方】• じゃがいもを洗い、皮付きのまま水から茹でる。 沸騰したら弱火にして15分茹でる。 15分経過したら火を止め、蓋をしたまま更に15分放置する。 熱いうちに皮を剥き、2時間ほど放置する。 フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、ジャガイモを揚げ焼きにする。 こんがり焼けたら油を切る。 じゃがいもを食べやすい大きさに切る。 ベーコンを5mm程度の拍子切りにして、フライパンでカリカリに炒める。 フライパンの油をキッチンペーパーで拭い、バターを溶かす。 ポテトを入れてバターを絡め、ベーコンも入れて炒める。 塩こしょうで味付けして器に盛り付ける。 ドライパセリを散らして出来上がり。 【材料】《レシピ:4人分》• 玉ねぎ…1玉• じゃが芋…1個• キャベツ…50g• トマト缶…1缶 水煮カット• にんにく…2かけ• オリーブ油…大さじ1• 塩コショウ…適量• コンソメキューブ…1個• 水…500ml• 乾燥パセリ…お好みで• 粉チーズ…お好みで 【作り方】• にんにくをみじん切りにする。 野菜をそれぞれ小さめにカットする。 鍋にオリーブオイルをひき、弱火でにんにくを炒める。 香りが立ったら玉ねぎを加えて、しんなりするまで炒める。 残りの野菜とトマト缶、水とコンソメ、そして塩コショウを加える。 沸騰してから15分間中火で煮込む• 器に盛り付け、パセリと粉チーズを散らして出来上がり。 【材料】《レシピ:4人分》• サラダ油…小さじ2• 玉ねぎ…1個(ざく切り)• 塩…少々• じゃがいも…中6個 皮を剥いてざく切り)• コンソメキューブ…1個• 水…材料が浸かる程度• 牛乳or豆乳…100g~• 生クリーム…100g~• 塩…適量• コショウ…適量 【作り方】• フライパンにサラダ油をひいて玉ねぎを炒める。 塩を振って水分を出しながら、透き通るまで炒める。 じゃがいもを加えてサッと炒める。 全体が浸かるくらいの水とコンソメキューブを入れて煮込む。 沸騰したら弱火に落とし、15分ほど加熱する。 冷めるまでそのまま放置する。 ミキサーに入れて滑らかになるまで撹拌する。 牛乳or豆乳を加えて撹拌する。 ボウルに移して生クリームを混ぜる。 塩こしょうで味を調え、冷蔵庫で冷やせば出来上がり。 【材料】《レシピ:2人分》• パン粉…大さじ3• 牛乳…大さじ4• 豚ひき肉…300g• 塩…少々• オールスパイス…適量• パスタ…200g• 粉チーズ…適宜• 生パセリ…適宜• オリーブオイル…60ml• ニンニク…1片• ホールトマト缶…400g• 白ワイン…150ml• 砂糖…大さじ1• 塩…小さじ1(トマトソース用)• こしょう…少々• ローリエ…2枚• バター…20g 【作り方】• 玉ねぎをみじん切りに、ニンニクは薄切りにする。 ボウルにパン粉と牛乳を入れて混ぜる。 別のボウルに豚ひき肉、塩、オールスパイス、玉ねぎを入れて混ぜる。 2を加えて更にしっかりと混ぜる。 鍋にオリーブオイルとニンニク入れて、香りが出るまで加熱する。 トマト缶、白ワイン、砂糖、塩コショウ、ローリエを加えてよく混ぜる。 ミートボールを加えて、トマトソースと絡ませる(その後一旦取り出す)• バターを加えて1時間程度煮込み、ローリエを取り出す。 パスタを表記通りに茹でて、トマトソースの鍋に入れて絡ませる。 器に全てを盛り付けて、粉チーズと生パセリを散らせば出来上がり。 【材料】《レシピ:2人分》• パスタ(スパゲッティーニ)…2人分• ソーセージ…4本(斜めに薄切り)• ピーマン…2個(斜めに薄切り)• マッシュルーム水煮缶…100g• ケチャップ…140cc• にんにく…2片(みじん切り)• 酒…大さじ1• しょうゆ…大さじ1• みりん…大さじ1• 塩…適量• 粉チーズ…適量 【作り方】• 熱したフライパンにかけオリーブオイルをひく。 パスタを表示時間通り茹でる(茹で汁は取っておく)• 具材をフライパンの端に寄せ、具材と混ざらないようにケチャップを入れる。 具材側に酒、みりん、しょうゆ、茹で汁70ccを加える。 ケチャップに火が通ったら端に寄せていた具材と混ぜ合わせる。 パスタを入れて混ぜ合わせ、粉チーズで味を調える。 皿に盛り付け、粉チーズをかけたら出来上がり。 【材料】《レシピ:1人分》)• 牛薄切り肉…200g• マッシュルーム…1パック(半分に切る)• デミグラスソース…1缶• トマト…1個(粗みじん切り)• バター…2片• 塩…適量• コショウ…適量• 赤ワイン…100cc• 醤油…大さじ1• 乾燥パセリ…お好みで 【作り方】• 熱したフライパンにバターをひく。 玉ねぎ、マッシュルーム、牛薄切り肉を加える。 塩コショウを振って炒めていく。 トマトと赤ワインを加えて一煮立ちさせる。 デミグラスソースを加えて10分ほど中火で煮込む。 醤油を入れて味を調える。 皿にご飯を盛って乾燥パセリをかける。 ルーを器によそって出来上がり。 【材料】《レシピ:1人分》• 卵…3個• 生クリーム…80ml• バター…20g• トースト…適量• ウインナー…適量• ブロッコリー…適量• レタス…適量 【作り方】• ボウルに卵を割り入れる。 塩を加え、泡立て器などで溶き混ぜる。 生クリームを加え、軽く合わせてから濾す。 中火で熱したフライパンにバターを溶かし入れる。 小さな泡が出てきたら卵液を加えて弱火に落とす。 30秒ほど触らずに待つ。 耐熱性のヘラで底面をこそぎ、中央に集める。 3回程繰り返し、液体部分がほぼ無くなった時点で皿に盛り付ける。 付け合わせを添えて出来上がり。

次の