百寿祝い プレゼント。 100歳の百寿祝いに人気のプレゼント10選!予算相場や喜ばれるメッセージ文例も紹介

100歳の百寿祝いに人気のプレゼント10選!予算相場や喜ばれるメッセージ文例も紹介

百寿祝い プレゼント

百寿の年とお祝いの色! 日本には、長寿をお祝いする風習が今も受け継がれています。 長寿祝いで最も早く訪れるのが「」です。 現在、世界一の長寿国である日本ですが、その昔は寿命が50年と言われた時代があり、60才を迎えられるのは長寿の証だったのです。 とは言え、現代の60才は現役で活躍されている方が多いため、長寿という言葉のイメージには合わない面もありますよね。 また、還暦を始めとして、古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿・白寿と言った長寿のお祝いを総称して、年祝(賀寿)と言いますが、年祝には先出の他にも100才以降も続き、120才の「大還暦」まであります。 では、「百寿」はその年祝の中で何才を迎えた際に行うお祝いかご存知でしょうか。 とこで今回は、 百寿の年齢や意味などについて調べてみました。 例えばなら「赤」、やなら「紫」、なら「金」もしくは「金茶」、なら「白」と言った具合です。 では、百寿の場合は何色の物を用意するのがよいのでしょうか。 実はこれには様々あり、白寿と同じ白という説や米寿と同じ金色という説もあります。 どちらも尊敬や敬意を表す色となっていますが、 百という字が「もも」と読めることから、桃色=ピンク色を百寿のお祝いの時に用意する方も多いようです。 また、お元気と言えどもやはりご高齢であることには変わりありません。 百寿のお祝いを行う場合は健康に十分留意した上で行いましょう。 百寿とは?お祝いにはどういう意味があるの? 還暦や古希は、古くに中国から伝わった風習と言われていますが、77才を迎えたことをお祝いする喜寿以降の長寿祝いは、多くが日本で発祥したものと言われています。 百寿もその中の一つで、 「ひゃくじゅ」もしくは 「ももじゅ」と読みます。 百寿はその字が表す通り、100才をお祝いするもので、100年=1世紀ということから紀寿(きじゅ)と書くこともあります。 世界一の長寿国である日本において、今や80才、90才でも元気に過ごしていらっしゃる方は大勢います。 そのため、長寿をお祝いする年齢がどんどんと高齢まで増えていったと考えると、近い時期にまた新しい長寿をお祝いする言葉が生まれる可能性もあるかも知れませんね。

次の

百寿(紀寿)とは

百寿祝い プレゼント

100歳になる方の名前を入れたお祝いギフトにおすすめ こちらの「百寿お祝いだるま」は、 「祖父、祖母、父親、母親など、大切な方への百寿お祝いのプレゼント」に最適な、 長寿の祝いグッズです。 こちらの商品は、 男性(祖父や父親など)、女性(祖母や母親など)への 「100歳のお祝いである百寿祝いの似顔絵以外の贈り物」 「100歳になる方の名入れをしたお祝いギフト」 「100歳の誕生日の記念品」 「100歳のお祝いのメッセージを寄せ書きしてプレゼントするための寄せ書きグッズ」 などとしてお使いいただくのにおすすめです。 「百寿祝いだるま」のお腹には、 「百寿」の文字と 「100歳になる方のお名前」を名入れいたします。 また、百寿祝いだるまは、ピンク色で包み込みました。 これは、百は「もも」と読むことが出来るからです。 さらに、顔の左右には、 「安楽にますます長生きすること」の意味が込められた 「延年転寿」の文字と、 「病気をせず、健康であること」の意味が込められた 「無病息災」の文字が書いてあります。 「病気をしない健康な身体で、いつまでも長生きをしてほしい。 」そんな当店からの思いが、この二つの言葉には込められています。 なお、 高崎だるまのまゆは「鶴」、ひげは「亀」を表していますので、長寿のお祝いごとには特にピッタリです。 達磨の取り扱い通販サイトと紹介について こちらの「百寿祝いだるま」は、「」にて、販売しております。 長寿祝いだるまの紹介 百寿祝いのマナーについて おすすめなお祝いギフトについて 100歳のお祝いの基調色は「ピンク色」または「金色」になります。 ですので、100歳のお祝いでは、「ピンク色」や「黄色(金色)」のパジャマ、セーター、ベスト、シャツ、ブラウスといった衣料品がプレゼントによく用いられます。 また、杖、補聴器、老眼鏡、補助器具、電気毛布といった日常生活を快適にする品を選んでください。 おしゃれな小物、絵筆といった趣味に生かせる品を贈るのもオススメです。 特に毛布や枕、マッサージ器など、健康に関連したものを贈るのがよろしいかと思われます。 おすすめ出来ない贈り物について 冠婚葬祭の贈り物は、現金や品物です。 贈り物は、人間関係をスムーズにする、日本の礼儀のひとつでもあります。 最近では、そのマナーや慣習もゆるく、薄れつつあります。 贈り物のタブーについても、あまり気にする人はいなくなってきています。 とはいえ、せっかくの贈り物でタブーは避けたいもの。 知っていけば、相手に不快な思いをさせずに済む、最低限のものをご紹介いたします。 また、白いハンカチは別れを連想させるのでタブーとされています。 しかし、お茶好きな相手へ贈る際には、オシャレなデザインのものを選べば失礼にはあたりません。 親しい間柄なら問題ありません。 親しい間柄なら問題ありません。 金額の相場について 高価な贈り物の場合などには、みんなでお金を出し合って贈るのが一般的ですが、大体の相場は以下の通りです。 贈る相手:両親・兄弟の場合・・・ 2万~5万円 贈る相手:祖父母の場合・・・ 1万~3万円 贈る相手:親類の場合・・・ 5千円~1万円 ギフトに添えるコメントの文例について ・ご長寿バンザイ! いつまでも健康で、明るく楽しい日々を送られますよう、お祈りいたします。 ・百寿おめでとうございます。 いつまでもご健康で明るくお過ごしくださいますよう、お祈りいたします。 ・つつがなく百寿を迎えられましたこと、お喜び申しあげます。 いつまでもお元気で。 あわせてご家族の皆様のご健勝をお祈りいたします。 ・百寿おめでとう。 あんまり無理をしないでね。 いつまでも元気で、優しいおばあちゃんでいてください。 ・つつがなく百寿を迎えられましたこと、心からお祝いを申しあげます。 一層のご健勝とご多幸をお祈りいたします。 ・謹んで百寿のお祝いを申しあげます。 いつまでも、お健やかでいらっしゃいますよう、心からお祈りいたします。 ・謹んで百寿のお祝いを申しあげます。 ますますお元気で長生きされますよう、お祈りいたします。 ・めでたく百寿をお迎えの由、心からお祝い申しあげますとともに、ますますのご健勝をお祈りいたします。 ・めでたく百寿をお迎えの由、心からお祝い申しあげますとともに、ますますのご健勝を祈念いたします。 「冠婚葬祭 お金のマナー便利帳」より 「贈り物とお返しのマナー事典」より 「神事・仏事のしきたり」より 「大人のマナー便利帳」より 「NTT D-MAIL」より.

次の

百寿祝いのプレゼント|100回目の誕生日のお祝い品

百寿祝い プレゼント

・百寿の意味や読み方は?お祝いの色は? ・現在100歳を超えている方は。 ・祖母の百寿のお祝いにおすすめのプレゼントは? ・祖父の百寿のお祝いにおすすめのプレゼントは? ・百寿のお祝いの言葉の例文 Sponsored Link 百寿の意味や読み方は?お祝いの色は? 「百寿」は何と読みますか? 「ひゃくじゅ」と読みます。 もしくは「ももじゅ」とも読まれることがあります。 「百寿」の意味は? 数えの歳で100歳になった時にする長寿のお祝いです。 「百寿」のほかにも「上寿(じょうじゅ)」という言葉も使われます。 また、1世紀生きたという意味で「紀寿(きじゅ)」と言われたり、呼ばれることもあるようです。 1世紀とはすごいですね。 お祝いをするときに使う色は? お祝いに色は関係するのだろか?と疑問に思うかもしれません。 一番知られているのが還暦の赤だと思います。 このように長寿のお祝いには、それぞれ連想させる色を使います。 「百寿」は漢字の「百」から一文字抜いて「白」、もしくは「百」を「もも」とも読まれることもありますので 桃色を使うようです。 (名前で「百恵」を「ももえ」と読むこともありますね) 現在100歳を超えている方の人数は?女性が多い? 厚生労働省の発表(2016年時点)によると、100歳を超えられている方が 65,000人を超えたとのことでした。 その中の 87%が女性の方だそうです。 何人かの方にインタビューをした記事が載っていましたが、「毎日の新聞を読むのが好き」「食事が楽しみで」「家族とのおしゃべりが楽しくて」とありました。 驚いたことに100歳を超えても現役で働いている方がいらっしゃるのです。 皆さん 「長生きの秘訣は 好きなことをやっているから」とおっしゃっていました。 Sponsored Link 祖母の百寿のお祝いにおすすめのプレゼントは? では、そんな素敵な生き方をされていらっしゃる女性の方に、どんなプレゼントが良いでしょうか。 花束 いつの時代も女性に 花束のプレゼントは素敵な贈り物です。 花束にもいろいろな形体がありますが、最近は 「プリザードフラワー」というものが多く見受けられるようになりました。 これは、生花を特殊な液につけて乾燥させたものです。 水やりの必要がなく、長く保管することができるのが特徴です。 ただし、加工しているものなので破損しないように注意する必要があります。 プラスチックケースに入っているものをプレゼントしたほうが、保管するのことを考えると良いでしょう。 ちなみにお値段のほうは少し割高になっています。 座椅子 新聞を読んだりするときなど、ゆったりと過ごせることで喜ばれるのが座椅子です。 特に女性の方は、趣味で編み物やちぎり絵をされる方も多いでしょう。 長時間の座った姿勢は非常に疲れますので、少しでも負担の軽くなる座椅子はとても喜ばれるのではないでしょうか。 ルームウエア なかなか外出がままならない年齢ですが、いくつになっても女性はおしゃれを楽しみたいものです。 そこで、家の中で着るルームウエアで おしゃれをしてもらうのはいかがでしょうか。 保温性に優れて軽く脱ぎ着のしやすいものが便利でよいと思います。 寝具 どうしても寝ている時間が多くなってしまう年齢です。 それならば 少しでも快適な睡眠をとるために寝具はいかがでしょうか。 今は寝具がとても充実していて、枕一つとってもたくさんの種類があります。 寝具一式となるとかなり値段が高くなります。 そこで、 家族のみんなでお金を出し合ってプレゼントするというのもよいかもしれません。 家族からの寄せ書き 子供や孫、ひ孫など、 たくさんの家族に見守られていると感じることは大きな幸せだと思います。 そんな家族からのメッセージ付きの記念品は心があたたかくなるでしょう。 祖父の百寿のお祝いにおすすめのプレゼントは? 家族みんなで撮った写真 男性にとってやはり一番大事な宝物は 家族でしょう。 家族を養うため日々頑張ってこられたおじいさまです。 そこでみんなで撮った写真をアルバムにしてはいかがでしょうか。 もしくは デジタルフォトフレームも喜ばれるプレゼントの1つだと思います。 こちらはメッセージは入れることができませんが、例えばお孫さんが旅行先で撮った写真をその場ですぐにデジタルフォトフレームに送ることができます。 一緒に旅行に行くことができなくても自宅で同じ時間を共有しているかのような気分になれますね。 また体調が悪く寝た切りで心身ともに弱っているときは、家族の写真が心の励みにもなるのではないでしょうか。 杖 外出する時どうしても足腰が弱ってくると必要になってくるのが杖です。 杖と一言で言っても本当にたくさんの種類があります。 持ち手の形から素材、滑り止め用が付いていたりと多種多様です。 柄や色合いも様々ですのでおじいさまの好みを聞いてチョイスすることもいいと思います。 名前入りのお酒 いくつになっても男性はお酒が大好きなようです。 記念に名前のラベルを貼ったお酒や金粉の入ったお酒で乾杯するのは格別かもしれません。 「飲みすぎないように気を付けてね」などとメッセージを添えてもよいでしょう。 家族で温泉旅行 遠出をする体力的に大変な方には、近くの温泉に行くのはどうでしょうか。 年を取ってくると行動範囲がどうしても狭くなってきますので、みんなでちょっとお出かけ気分で行く温泉旅行は心も浮きたつのではないでしょうか。 ゆっくりと温泉に入っておいしいものを食べることは、 本人だけではなく家族にとっても日ごろの疲れを取りコミュニケーションをとるのによい機会になると思います。 寝具 やはり男性にとっても寝具は喜ばれると思います。 快適な睡眠は一日の活力へとつながりますので、元気で過ごしていただくためにも良い睡眠が大事ですよね。 百寿のお祝いの言葉の例文 長い人生を生きてこられたことはご苦労も多々あったことでしょう。 しかし、100歳を迎えられたことは嬉しいことですよね。 そんな気持ちをカードにしたためてみませんか? 例えば… 「百寿おめでとうございます。 今なお、お元気な様子は私たちの笑顔の元です。 いつまでも健やかにお過ごしください」 このように 家族のみんなが喜んでいることをお伝えするような内容のメッセージはいかがでしょうか。 書くときは読みやすいように少し大きな文字で書くのが良いでしょう。 そしてお元気に百寿を迎えられることは喜ばしい限りです。 百寿という一つの節目を迎え、いつも尊敬の念と感謝の気持ちをもって接していきたいものです。 おじいさま、おばあさまがこれからもお健やかにお過ごしいただけるよう、心からの感謝を気持ちをお伝えしましょう。

次の