銀河 英雄 伝説 小説。 銀世界

大作のリメイク『銀河英雄伝説 Die Neue These』が不評だった理由

銀河 英雄 伝説 小説

実は、私は大の『銀雄伝(ぎんゆうでん)』ファンです! と、言っても原作小説からではなく、ゲームきっかけでOVA(俗に言う石黒版(1988-))を見始めたのですが…… それにしても、OVAをレンタル店で借りたときは、本伝110話、外伝54話、劇場版3話…… と、かなりの話数で「これは長くなるぞ!」と思っていたのですが、いざ第1話を見始めると夜な夜な一気に視聴し、毎日のようにレンタルショップに通ったものです。 インターネット配信なんて、まだない時代ですからね(笑) まぁ、それほどに魅力的な作品なのですが、そんな超大作のリメイクと言うことで、私をはじめファンは放送開始前から悲喜こもごも。 いざ2018年のリメイク版『銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』が放送されると、案の定、ネットが荒れました。 余談ですが、邂逅(かいこう)とは「めぐりあい」と言う意味があるそうですよ。 ただ、色々なサイトや書き込みを縦覧していくと、残念ながら全体としての評価は『あまりよくない(60点)』と言った感じでしょうか? もちろん、『銀河英雄伝説』に限らず、アニメが実写化されたり、実写映画がハリウッド化されたりすると、それらを忌避するファンがアンチユーザーにまわることも多々ありますので判断は微妙なんですが、配信サイト『Amazonビデオ』での評価も3. 2点(5点満点)と冴えない結果に終わっています。 2019年には続編となる劇場版『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱』の上映が予定されていますが「大丈夫なの?」と心配する声もありますので、今回はここまで雲行きが怪しくなった理由(=不評)について分析していこうと思います。 なんと言っても、ラインハルト・フォン・ローエングラム役の堀川りょうさんや、ヤン・ウェンリー役の富山敬さんをはじめ、潘恵子さん(グリューネワルト伯爵夫人アンネローゼ)、森功至さん(ウォルフガング・ミッターマイヤー)、若本規夫さん(オスカー・フォン・ロイエンタール)、速水奨さん(アーダルベルト・フォン・ファーレンハイト)、榊原良子さん(フレデリカ・グリーンヒル)、三石琴乃さん(カーテローゼ・フォン・クロイツェル)、石塚運昇さん(ヨブ・トリューニヒト)、小林清志さん(アドリアン・ルビンスキー)と、書き切れませんが、現代のアニメでゲストとして呼ばれる大御所の方々が脇役を固めていますからね。 このあたりは制作委員会方式の現在の制作費事情と、手探りの通信販売で成功を収めた石黒版OVAの制作費事情と異なりますので、一概に評価するのは難しい部分がありますが、映画やドラマ同様、脇役までしっかりとしたキャストで固めようとするとそれなりの制作費が掛かると言う証左なのかもしれません。 あとは、石黒版で出演された声優さんが、そのままの役を引き継げば話題はあったのかもしれませんが、大きな話題になったのは、石黒版でヨブ・トリューニヒトを演じた石塚運昇さんが、ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ(石黒版CV:納谷悟朗さん)として出演されたことくらいでしょうか。 他には、パウル・フォン・オーベルシュタイン役の諏訪部順一さん(石黒版CV:塩沢兼人さん)や、アンドリュー・フォーク役の神谷浩史さん(石黒版CV:古谷徹さん)が登場したときに「石黒版の演技を意識されていたかな」と言った感想がネットで多く出回るくらいだったと思います。 正直、キャスティングに関する懸念はリメイクが発表されたときから予想できていたことなので、ラインハルト役の宮野真守さんや、キルヒアイス役の梅原裕一郎など現在の実力派さんがキャスティングされても、このあたりは仕方ないと言えるでしょう。 1クールで納めるには無理がある 声優陣に関しては前述の通り劣勢となることが予想できたわけですが、それを差し引いても低評価なのはなぜでしょう? ヒントはOVA版のプロデューサーを務められた田原正利氏の記事にあると言えるでしょう。 そもそも『銀英伝』のアニメ化はTVシリーズを想定していました。 それはあれだけの長い原作を映像化する媒体として、当時はTVシリーズしかなかったなかったのですから当然のことでした。 (少なくとも同時期の某作品のように全10巻ある作品を90分にまとめるような蛮勇は私にはありません) (アニメ『銀河英雄伝説』プロデューサー 田原正聖(正利)) ファンの方なら記事の意味がおわかりですよね。 今回『銀河英雄伝説 Die Neue These』の最終回(第12話)となった「アムリッツァ会戦(前哨戦)」は、石黒版での第15話にあたります。 つまり、単純な話数計算で言うと石黒版から2割程度カットされているわけです。 実際のところ、原作の小説ファンの間では「石黒版も省略しすぎ」との声が一部であるようですが、110話にも及んだ石黒版からさらに削ってしまっては、内容が薄まるのは当然と言えます。 結果、銀河英雄伝説の魅力である「キャラクターの人生(個々のストーリー)」や「1400年にも渡り設定された銀河系の歴史」が蔑ろになってしまった印象がぬぐいきれないわけです。 例えば、第8話の「カストロプ動乱」。 石黒版では、動乱を鎮圧するために首謀者を降伏させる作戦(犠牲者を少なくする)を立案するキルヒアイスに対し、当初は軽んじる態度を見せていたベルゲングリューン。 しかし、その指揮ぶりに感化される様子が細かく描写されていましたが、本作ではほぼ省略。 加えて、その優しさ故にリップシュタット戦役で倒れるキルヒアイスですが、本作では赤毛の天然パーマや、下級兵士にも敬語で接する部分は陰を潜め、髪の色が異ならなければ「どっちがラインハルト?」と見間違えてしまうほど威厳のある上官として描かれてしまいました。 同様に、不良中年でおなじみのワルター・フォン・シェーンコップが好中年(?)になり、好青年のブルームハルトが髭面のおじさんに変貌するなど、こういったキャラクターデザインや設定で離脱したファンも多かったように思います。 まぁ、フレデリカ・グリーンヒルが美人キャラに変貌したのは、女性キャラが少ない銀河英雄伝説ではアリかもしれませんね(笑) クラシックは偉大だった アニメ以外にもゲーム化されている本作でおなじみの曲と言えばラベル作曲のボレロです。 この曲が聞こえてくると「左翼艦隊、前進せよ」と言うミュッケベルガーのセリフが脳裏を過ぎりますが、石黒版ではボレロの他、多くのクラシックが艦隊戦で使用されています。 当時、クラシックコンサートで演奏されることの少なかった、ニールセン作曲の交響曲第4番が「アムリッツァ会戦(石黒版)」で使用され、コンサートで演奏されるようになったのは有名な話です。 アニメと言うとファンタジー(フィクション)要素が強いのですが、全編にわたりクラシックを使用したことによって、本作にリアリティが加わるとともに、歴史感が身近なものになったと推測します。 そう考えると、クラシックからオリジナル音楽に転換したことによって、他のSFファンタジーアニメと同列になってしまったように感じます。 せめて、音楽だけでもクラシックなら、ゲームファンや石黒版のファンをつなぎ止めれたかもしれません。 まとめ 今回のリメイクにあたり、アッテンボローが序盤から登場しないなど、原作を大切にしつつ、石黒版とは全く異なる側面(キャラクターデザイン・音楽など)から製作しようとしたのは理解できます。 また、原作小説・ゲーム・パチンコなど銀河英雄伝説の入口は様々ですが、どうしても石黒版が脳裏に焼き付いているため、比較されるのも仕方ないことだと思います。 しかし、クオリティの高い映像によって、銀河英雄伝説の魅力である個々のキャラクターや歴史の描写に深みが増すかと思いきや、広く浅くで終わってしまい、イケメンや美人になったキャラクター、艦隊描写のグラフィックなどビジュアル面で誤魔化された側面が否めません。 冒頭にも紹介しましたが、Amazonビデオをはじめ各方面からの評価が微妙となると、まだまだ、スタートしたばかりですが、長い原作の最終回までリメイクがたどり着くことができるのか率直な疑問が過ぎります。

次の

暁 〜小説投稿サイト〜: 銀河英雄伝説~新たなる潮流(エーリッヒ・ヴァレンシュタイン伝): 目次

銀河 英雄 伝説 小説

銀河英雄伝説外伝のあらすじ・作品解説 銀河英雄伝説外伝は、1986年より出版された日本のSF小説である。 著作者は日本の作家・田中芳樹。 銀河系に進出した人類と統一化された宇宙社会を舞台に、弱体化した連邦に変わって建国された銀河帝国と帝国に反対する勢力間の対立、各勢力に所属している主人公達の戦いを描いたスペースオペラ仕立てのストーリーとなっている。 宇宙艦隊や白兵戦など、架空戦記小説としての色合いも強い。 本作は発行より累計1500万部を売り上げた「銀河英雄伝説」シリーズの外伝作品となっている。 本編第1作が1982年に初出版され、以降1987年にかけて全10作品が出版された中、1986年に「星を砕く者」を皮切りに、1989年出版の「螺旋迷宮」までの全4作品が出版されている。 これら4作品は全て長編小説であるが、他にも外伝作品として短編小説も全4篇が掲載されている。 本作は本編シリーズと共に初出版が80年代と古く、出版元の絶版を含め全5つの刊行リストが存在する。 銀河英雄伝説外伝の評価 総合評価 4. 50 4. 50 1件 栄達する前のラインハルトとキルヒアイス 本編では一巻にして既に元帥近くにまで昇進していましたが、本編はそれに至るまでの経過の一つです。 惰性のように繰り返される同盟との争いでラインハルトが才幹を示した話、姉であるアンネローゼに皇帝の寵愛を奪われてラインハルトともども暗殺を図るベーネミュンデ伯爵夫人の話、反乱軍の討伐での不祥事をきっかけにミッターマイヤーとロイエンタールと知り合った経緯。 こうしたことがメインに据えられています。 この巻はヤンも同盟の話もちょっと出てはきますが、基本的に帝国側に重点が置いてあります。 油の乗った文体と流麗なレトリック、語彙の豊富さなど著者のこの頃の実力の高さには読んでいて酔うような快楽があって何度も読み返しました。

次の

【小説】銀河英雄伝説10巻結末までのネタバレと感想まとめ

銀河 英雄 伝説 小説

1巻ネタバレとあらすじ 現代より数千年先の未来、世界は貴族と皇帝による独裁国家「銀河帝国」と 民主主義を掲げる「自由惑星同盟」により戦乱の世が乱れていた。 女と見間違える美貌と金色の髪が特徴的な若き天才「ラインハルト」は 赤髪の青年、腹心の「ジークフリード=キルヒアイス」と共に窮地に陥っていた。 圧倒的戦力差で自由惑星同盟の軍に囲まれてしまったのだ。 部下たちは皆、青い顔をするが、ラインハルトはその天才的頭脳で難を乗り切る。 そんな天才、ラインハルトが唯一ライバルと認める男「ヤン=ウェンリー」 どこか昼行燈のような雰囲気のあまり覇気がない黒髪の青年だが ひとたび戦場に出ると「魔術師」などと呼ばれる卓越した頭脳で勝利を掴みとる。 「ラインハルト」と「ヤン」二人の天才により長く続いた戦争にも動きが出る。 ヤンは、長年自由惑星同盟を苦しめた「イゼルローン要塞」を部下たちと無血で奪い取り ラインハルトは姉のアンネローゼが皇帝の後宮に入れられた貧乏貴族でありながら 恐ろしい速度で出世を果たし、帝国打倒の為力を蓄えていた。 1巻ではこのラインハルトとヤンの過去や人格に焦点を絞り物語が描かれていく。 2巻ネタバレとあらすじ 帝国打倒を夢見るラインハルトはキルヒアイスの他に隻眼の軍師「オーベルシュタイン」を 迎え入れた事からその権力基盤を安定させ「ミッターマイヤー」「ロイエンタール」など 有能な部下を多く召し抱え、着々と軍部での影響力を高めていく。 一方、ヤンはイゼルローン要塞を奪い、帝国への圧力を強めたものの 自国のクーデター問題に手を取られ、有効活用できずにいた。 ヤンが動けない事で帝国優勢に動きそうだが、ここでラインハルトにも不幸が襲う。 キルヒアイスの死である。 キルヒアイスはただの腹心ではなく、幼馴染にして共に帝国打倒を誓った同士 自身の半身ともいえる存在なのだが、ラインハルトを恨む貴族による暗殺から ラインハルトを守る為、その身を晒し、若き才能を絶ったのだ。 キルヒアイスを失い、ラインハルトが悲観に暮れた事で 帝国、自由惑星同盟共に緊張状態を維持したまま時代が流れる。 3巻ネタバレとあらすじ ヤンには弟子とも子供ともいえる子供が一人いた。 名は「ユリアン=ミンツ」 ユリアンは16歳にして初陣を飾り、その才覚を発揮する。 一方、ラインハルトは亡きキルヒアイスの為にも銀河の覇者となる為再び立ち上がり イゼルローン要塞攻略の為、別の回廊にあるガイエスブルグ要塞をぶつける事を決断。 しかもそのタイミングでヤンは査問会にかけられるため一時帰国している。 さらに、第3勢力、フェザーンが帝国と自由惑星同盟が手を結ばないよう裏で暗躍しだす。 4巻ネタバレとあらすじ イゼルローン奪還に失敗したラインハルトは内政に力を入れる。 帝国貴族の特権をはく奪し、独裁の一部緩和を敢行した。 民や下級貴族からは拍手喝采だが、貴族から不興を買い、暴走した一部の貴族が フェザーンを通じる。 これによりラインハルトは出兵の理由をえて 温めていた侵略計画「ラグナロック」を始動。 あえてイゼルローンを無視してフェザーンを占領、そしてフェザーンからの新ルートで 自由惑星同盟への侵攻を決意したのだ。 5巻 ネタバレとあらすじ 「ラグナロック」により自由惑星同盟に向かうラインハルト達。 しかし、別働隊としてイゼルローンにも念のため戦力を送った。 イゼルローンで善戦するヤン達だが、ラインハルトの接近を察するとイゼルローンを放棄 本国へと急行する。 そしてついに激突するヤンとラインハルト。 まるで詰将棋のように追い詰めるラインハルトに対しヤンはゲリラ戦法を行う。 激突し、一進一退の攻防を繰り返す二人だが、ヤンの攻撃がラインハルトの旗艦を補足。 自由惑星同盟の勝利に終わるかと思われたその時 ラインハルトの部下が自由惑星同盟の首都を抑えた事で帝国の勝利に終わる。 ラインハルトは不本意な勝利に納得できないが、幼帝の廃嫡などを上手くまとめ上げ 銀河帝国の皇帝の座に就くことに成功する。 そしてその瞬間、自由惑星同盟を抑えたラインハルトは全銀河の皇帝となったのだった。 6巻 ネタバレとあらすじ 銀河皇帝となったラインハルトは世界を束ねる為に四苦八苦する。 一方、軍を退役したヤンは自身の副官、フレデリカと結婚。 夢の年金生活を送る。 しかし、ヤンの活躍ぶりを危険視する帝国上層部の動きを知った 帝国の顔色をうかがう事になった自由惑星同盟のトップは暴走、ヤンを拘束してしまう。 ヤンは仲間たちにより救出されるが居場所を失い、逃亡を開始する。 7巻 ネタバレとあらすじ 仲間たちと逃亡したヤンは古巣、イゼルローン要塞の奪還に赴く。 一方、自由惑星同盟はヤンの不在により完全に崩壊、事実上、完全に帝国支配化に そしてラインハルトもヤンに対し挑発するかのような演説を全銀河に対し発表。 二人の天才が再びイゼルローン要塞を舞台にぶつかりあう。 8巻 ネタバレとあらすじ イゼルローン要塞での激戦は壮絶を極めた。 ヤン一党対全銀河という構図にも関わらず ヤン達は一歩も引かず、ラインハルトは綺羅星のように輝く将軍や軍艦などを次々と失う。 しかし、圧倒的戦力による力押しはやがてヤン達を追い詰めるが ラインハルトはヤンが降伏する前に和解交渉の電文を送る。 元々和解を求めていたヤンはあっさり了承するが 「地球教」を名乗るテロリストによってラインハルトと会う事叶わずこの世を去る。 宿敵が帰らぬ人となった事を知ったラインハルトは イゼルローン要塞を接収せず撤退を決める。 9巻 ネタバレとあらすじ ヤンを失ったメンバーはユリアンとヤンの妻、フレデリカによって結集する。 一方、ラインハルトは地球教のテロに頭を悩まされる。 そして陰謀によりロイエンタールは帝国に弓引く反逆者とされてしまう。 しかし、ここで弁解してもオーベルシュタインにより疑われることは必定。 そこでロイエンタールはあえてこの汚名を被り本当に帝国に反逆する。 結局、親友、ミッターマイヤーによりこの反逆は終局を迎えるが 帝国は多くの有能な将官をミッターマイヤーとラインハルトは気心の知れた友人を失う。 そして皇帝、ラインハルトは心の弱さを自覚し 支えにと今まで支えてくれた文官のヒルデに求婚し、二人は結ばれる。 10巻結末ネタバレとあらすじ ラインハルトとヒルデの結婚、そして二人の間に子宝が恵まれる。 そしてヤンの意思を引き継ぐユリアンとの最終決戦を開始する。 一方、地球教のテロもさらに悪化し、オーベルシュタインもその毒牙にかかる。 さらにラインハルトまでもが病魔に侵されてしまう。 ユリアン達の武装解除により戦争はなんとか終結、ヒルデは男の子を出産。 さらに地球教の排除にも無事成功するがその代償はあまりに多く、大きすぎた。 そしてラインハルトは全ての終了と共にその輝かしい魂を昇華し天へと召される。 ユリアンは民主主義の理念を後世に伝える為、その後も活動を続ける。 そして、ヒルデとその子により帝国の世は続いていく。 読者感想まとめ これほど重厚な話は他にないと思う。 まさに私にとって青春を共に過ごしたバイブルです。 民主主義の良さは銀河英雄伝説で初めて知った。 勉強になる小説です。 漫画好きを自称するなら一度は読んどくべき。 文章が嫌いとかいらないからマジで。 日本アニメ界の最高傑作。 原作とかアルスラーンの100倍以上面白い。 年月を全く感じさせない不朽の名作。 何度読んでも嵌ってしまいます。 ライトノベルでありながら司馬遼太郎に匹敵する戦後の日本文学でもトップクラスの作品。 人生を楽しむ為に一度は薦めたい本。 これを読んだら人生感が変わると思う。 まとめ 圧倒的世界観と死の美学ともいわれる戦争が丁寧に描かれた傑作「銀河英雄伝説」 主人公が途中で亡くなるなど前代未聞の展開が多々ある作品ですが 多くの方から最高傑作、バイブルなどと手放しの称賛を受けています。 そして2018年4月からのアニメ放送を今から楽しみですね。 以上「銀河英雄伝説」の内容についてまとめてみました。 最後までお読みいただきありがとうございます。

次の