アメリカン エクスプレス 審査。 ANAアメリカン・エキスプレス・カード/アメックス審査結果について。

招待制のアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの審査と評判

アメリカン エクスプレス 審査

REASON アメックスを持つべき3つの理由• 世界中で通用するステータスの高さ• 利用者視点で考えられたサービスの充実度、手厚さ• アメックスを持つことそのものに価値がある! 1. 世界中で通用するステータスの高さ アメックスブランドのカードを持つ上で最大のメリットは、その「ステータス性」の高さにあると言っても過言ではありません。 実際に、アメリカなどでも「 ステータス性の高い、富裕層向けのカード」として認識されており、世界中で通用すると言えます。 そのため、海外旅行時にはアメックスを所持していれば、ある意味「身分証」の代わりにもなりますので、ホテルやレストランの利用時にも安心できます。 様々なカードブランドやクレジットカードの種類がある中で、「ステータス性」や「見栄えの良さ」を重視するのなら、アメリカン・エキスプレスは最適なカードブランドでしょう。 こちらも読まれています 2. 利用者視点で考えられたサービスの充実度、手厚さ アメリカン・エキスプレスのカードは、様々なシーンで役立つサービスや付帯保険が「利用者目線」で考えられており、充実していて利用しやすい内容になっています。 例えば、アメックスの一般カードであるグリーンカードであっても、 国内外の提携している空港ラウンジが「同伴者1名無料」で利用することができます。 同伴者は有料としているカードも多い中で、気兼ねなく同伴者も無料で利用できるのは積極的に利用したくなるポイントです。 また、旅行時には空港から自宅までの荷物の運搬が重くて大変ということも出てくると思いますが、アメックスなら荷物の無料宅配サービスもあるほか、飛行機の遅延が原因で発生した食事や宿泊の費用も負担してくれる充実ぶりです。 ここでご紹介したサービスはほんの一例ですが、他にも海外でのトラブルやレストラン予約などもサポートしてくれる専用デスクも用意されておりますので、いざという時に頼りになります。 他社ではなかなか真似のできない豊富なサービスが、アメックスの魅力の一つです。 こちらも読まれています 3. アメックスを持つことそのものの価値 アメリカン・エキスプレスのクレジットカードを持つべき、と言える理由の3つ目は、ずばり「アメックスそのものの価値」です。 ステータス性の高さも理由として挙げましたが、ステータス性が高いカードは他にもあるなかで、「世界」で通用するハイ・ステータスブランドとして、持っているだけでも価値があると言えます。 アメックスブランドのクレジットカードは、日本でも、海外でも同じデザイン、カードフェイスですので、クレジットカードが普及している国であれば誰がみても「アメックス」と認識できますので、 海外旅行などによく行かれる方には特におすすめです。 アメリカン・エキスプレスを利用するメリット アメリカン・エキスプレスのカードを持つべき理由を解説したところで、実際にアメックスを使うとどんなことが良いのか、というメリットの部分をご紹介していきます。 アメックスの特徴の一つとして、アメックスブランド内のカードランクよりも、実際は一つ上のカードランクに匹敵するということがあります。 というのは、アメックスの一般カード、つまりスタンダードクラスのカードは「グリーン」のカードフェイスを持つ通称「グリーンカード」ですが、サービス内容や年会費、ステータス性の高さからすると「ゴールドカード」クラスと言えるからです。 アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードも同様に、内容・ステータス性は巷でいう「プラチナカード」クラスになっています。 そのため、スタンダードカードの「グリーンカード」を申し込んだとしても、サービス内容は「空港ラウンジの無料利用 同伴者も1名まで無料 」や、手荷物宅配サービス、旅行将棋保険などの、一般的には「ゴールドカードランク以上で付帯する」サービスが受けられるのが大きなメリットです。 ゴールドカードは「プラチナカード」クラスのメリット! アメリカン・エキスプレスはスタンダードなグリーンカードでも、一般的なゴールドカードクラスのサービスが受けられますが、さらにその上の「ゴールドカード」は、一般的な「プラチナカード」クラスのサービス・メリットがあります。 例えば、 アメックス・ゴールドカードには「プライオリティパス」のスタンダード会員の権利が無料付帯してきますが、。 これは「プライオリティパス」のスタンダード会員は通常年会費99米ドルが必要なサービスで、しかも対象の空港の対象ラウンジを1回利用するにつき「27米ドル」相当のお金が必要です。 アメックス・ゴールドカードは無料でこのスタンダード会員の権利が付くのに加え、プライオリティパスの対象の空港ラウンジ利用が「年に2回まで無料」になっているので、それだけでも大きな価値があります。 海外旅行傷害保険などの付帯保険もグリーンカードよりも充実しておりますので、海外出張や旅行が多い方には「ゴールドカード」の方がよりオススメです。 アメックスにはゴールドカードよりハイクラスなカードもある アメリカン・エキスプレスのスタンダードシリーズで初めての1枚を直接申し込めるのは「グリーンカード」もしくは「ゴールドカード」のみで、実はその上に2種類の上位カードが存在します。 利用状況などに応じてカードランクをどんどん上げていける、というのもアメックスのメリット・魅力の一つです。 上位カードを入手するには、グリーンカードやゴールドカードをしっかり使っていくことが必要ですので、まずは申し込みができるカードから申し込み・発行していきましょう。 ゴールドカードより一つ上の「アメックス・プラチナカード」 一般的にゴールドカードよりもランクの高いカードと言えばプラチナカードが挙げられますが、アメックスも例に漏れずゴールドカードの上は「プラチナカード」になっています。 よりハイステータスなカードを求める方にとっては目指したい1枚だと思いますが、プラチナカード以上は特別な「招待 インビテーション 」がなければ申し込みすらできません。 プラチナカードを手に入れたければ、「アメックス・ゴールドカード」をしっかり利用し、インビテーションを待つしかありません。 最強のステータスカード「アメックス・センチュリオン」 アメックスの最上位カードは、ブラックカードである「アメックス・センチュリオンカード」です。 アメックス・センチュリオンカードは、限られた一部の方にしかインビテーションが来ない「お金持ちしか持てない」クレジットカードの1つです。 日本国内はもちろん、海外でもその信頼性やステータス性は大きな影響力を持っています。 最強のブラックカードである「センチュリオンカード」も、手に入れるためにはまず「グリーンカード」もしくは「ゴールドカード」の申し込みからのスタートになりますので、上位カードを目指したい方は、まずは申し込み可能なプロパーカードを発行してもらうことから始めなくてはいけません。 アメリカン・エキスプレス利用時の注意点 アメリカン・エキスプレスブランドのカードはステータス性も高く、サービス内容も他社と比較して満足のいく充実したものですが、実際に利用するとなるといくつか注意点があります。 CAUTION アメックス利用時の注意点• 年会費は若干「高め」• 普段使いではメリットを感じにくい• JCB・VISAと比べると使える店が少ない? 1. アメックスの 年会費は若干「高め」 アメリカン・エキスプレスに憧れはあっても申し込みに躊躇する、という方が多いのは、アメックスの年会費が他社よりも高めに設定されていることが要因の一つと言えます。 とはいっても、例えばアメックス・グリーンカードは年会費12,000円 税抜 と一般的なゴールドカードと同じ程度の設定で、サービス内容を加味すると「割高」感はありません。 アメックスのクレジットカードは名称上のカードランクよりも、 実質は一つ上のランクの内容・ステータス性ということを踏まえれば年会費も納得のいくものになると思います。 アメックスを新たな1枚として検討する際は、見かけ上のカードランクよりもサービス内容が充実していることなどをしっかり理解した上で行えば、年会費が高いという悩みは解消されるでしょう。 ただし、旅行などには全く行かない、サービスも使わないとなるとやはりこれだけの年会費を支払うのがもったいなくなってしまいますので、その場合は年会費の安いクレジットカードも視野に入れると良いですね。 普段使いではメリットを感じにくい アメリカン・エキスプレスのカードは、サービス内容・質ともに非常に充実していますが、スーパーやコンビニ、ちょっとした買い物などの「普段使い」しかしていなければあまりその魅力を感じられないこともあります。 というのは、アメックスは「旅行」や「会食」といった非日常のシーンにおいて強みを持つサービスが多く、普段使いで実力を発揮するのが難しいからです。 このことから、強いこだわりを持って「アメックスブランド」を希望している方以外は、普段使いにしか利用しない場合、使わないサービス・付帯保険のために年会費を支払って維持するのは厳しいと感じる可能性があります。 JCB・VISAと比べるとアメックスは使える店が少ない? アメリカン・エキスプレスは現在JCBと提携しており、JCBが使えるお店のほとんどでアメックス・カードも利用できます。 そういった意味では、JCBよりも海外利用も強みがありますので問題はないかと思いますが、実際にはJCBをOKとしているお店でもアメックスを断られるケースがあります。 中には、アメックスのカード番号が他社よりも少ないことでネット決済に利用できないケースもあります。 このことから、国内ではアメックスはやはりVISA、JCBと比較するとやや使えるお店の数に頼りなさを感じるかと思いますので、不安な方はVISAやJCBをサブカードとして持つといった「工夫」が必要でしょう。 こちらも読まれています アメックスのクレジットカード、持つべきはグリーンか、ゴールドか さて、アメックス・カードにいざ申し込もう、と思ったところで、はじめは「グリーンカード」か「ゴールドカード」か、どちらにするか迷うかと思います。 ここでは、どちらのカードを最初に選ぶのがよりおすすめかを解説します。 王道はグリーンカードからゴールドカードへ グリーンカードとゴールドカード、どちらのカードを選ぶかを迷っているときは、まずはサービス内容と年会費を照らし合わせてみましょう。 ある程度収入に余裕があり、海外旅行関連のサービスや付帯保険もバンバン利用する、という方は初めから「アメックス・ゴールドカード」が良いですが、そうでなければ最初の1枚は「アメックス・グリーンカード」がおすすめです。 というのは、アメックスはスタンダードクラスの「グリーンカード」でも十分なサービスとステータス性を兼ね備えているため、お試しとして利用してみるのなら、年会費が支払いやすい価格のグリーンカードの方が維持も楽だからです。 王道パターンとしては、グリーンカードをまずしっかり利用し、利用履歴を積んでゴールドカードの招待状 インビテーション を受け取り、ゴールドカードへとランクアップしていくという流れでしょう。 サービス内容にこだわりがある場合を除き、迷う場合は「グリーンカード」から申し込んでみてください。 プロパーカードと提携カードは別物として捉えよう セゾンアメックス、ウォルマートカードなどの「提携カード」の中でも、ゴールドカードやプラチナカードといったカードランクが存在することがありますが、そもそもこれらはアメックスのプロパーカードとは「別物」ですので、同列に捉えないように注意してください。 アメックス・グリーンカードと言えば、提携カードの券面がグリーンなものを指すのではなく、一般的にプロパーカードのみを表現していますので、覚えておきましょう。 マイルの貯まるアメックスがある!? アメックスが直接発行しているカードの中で、意外と見落としがちなのが無期限で「マイル」が貯めやすいタイプのカードです。 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの名称通り、空の旅を楽しむ機会が多い方に特にオススメの内容になっています。 マイル・ポイントをしっかり貯めることがメインになっているカードですが、同時にアメックス・グリーンカードなどの「アメックスが直接発行するカード」をすでに所持している場合は申し込みができなくなります。 詳しい内容は後の章でも紹介いたしますが、「グリーンカード」、「ゴールドカード」以外にもこうした選択肢がありますので、旅行好きな方は検討する価値があります。 アメリカン・エキスプレス・カードの審査は厳しい!? アメリカン・エキスプレスカードの審査は他社と比べて厳しい!という話は聞いたことがないでしょうか。 この章では、現在は実際のところどうなっているのか、審査の難易度などを解説します。 アメックスグリーンの審査基準は他のゴールドカードクラス 結論から申し上げますと、アメックスの審査基準がカードランク的に他社と比べて「極端に厳しい」ということはありません。 目安でいうと、 グリーンカードの審査基準が「他社のゴールドカードクラス」と考えましょう。 昔は審査の厳しいイメージのあったアメックスですが、今では「20歳以上」で「定職についている」という条件で、もちろん他社での延滞や金融事故情報がない方であれば申し込み可能となっています。 年収などの具体的な条件は開示されていませんが、ある程度の年収 一説では300万円以上とも が「安定して」得られていることが重要だと考えられます。 そう考えると、今やアメックスといってもそれほど審査の難易度は高くないと言えますね。 アメックスゴールドの審査基準は下がっている!グリーンが作れれば問題なし 章の前半では「アメックス・グリーンカード」の審査基準について触れましたが、実はアメックス・ゴールドカードも審査基準としてはグリーンカードと大差ないと言われています。 ですので、グリーンカードの審査に通るレベルの方であれば、十分に申し込みをする価値はあります。 ただし、アメックスは利用状況や信用情報に応じて「利用可能額」を随時変えてくるブランドでもありますので、極端にいうと使い始めは与信枠が「20万円」だけということも考えられます。 アメックス申し込みに至るまでの信用情報や属性が良いという場合は、はじめから大きな枠が与えられるケースも存在しますが、基本的にはゴールドカードといっても、信用を勝ち取るまでは低い与信枠からのスタートになりますので、そこは承知の上で申し込みましょう。 こちらも読まれています アメックスが初年度年会費無料で試せることがある 不定期ではありますが、アメリカン・エキスプレスが行なっている入会キャンペーンとして、「初年度年会費無料」というものがあります。 アメックスに憧れはあるけど、はじめから高い年会費を支払うのは抵抗がある、もしくは「お試し」をしてみたいという方にはぴったりのキャンペーンですよね。 基本的にアメックスは他社と異なり「初年度年会費無料」などのキャンペーンは少ないので、迷っているなら「初年度年会費無料」を行っているタイミングがチャンスです。 公式のホームページでは「初年度年会費無料」表記がありませんので、直接申し込んでしまうとキャンペーンの対象外になってしまう可能性があります。 初年度年会費無料の優待を受けたい方は、ぜひキャンペーン開催時に本サイトから申し込むようにご注意くださいね。 おすすめのアメリカン・エキスプレスカード3選! アメリカン・エキスプレスカードはたっぷりと魅力の詰まったブランドということをお伝えできたところで、最後にプロパーカードの中でも特におすすめの3枚をご紹介していきますね。 アメリカン・エキスプレス・カード グリーン まず迷っているならこの1枚! とおすすめしたいのが、「アメリカン・エキスプレス・カード グリーン 」、通称「グリーンカード」です。 特におすすめなのは、空港での搭乗までの待ち時間を快適なものにしてくれる「空港ラウンジ」サービスで、ゴールドカードでも同伴者が有料なカードがあるなかで「同伴者1名まで無料」という手厚さです。 また、トラベル予約サイトでの優待利用や手荷物無料宅配サービス、旅行傷害保険も最高5,000万円まで利用付帯するなど、「旅」に特化したサービスも多く、頻繁に旅行する方には年会費以上の価値があります。 海外の旅行先からでも、日本語で24時間レストランの予約や緊急支援を行なってくれるサービスもありますので、旅先で頼りになる1枚ですね。 ここでは解説しきれない多くの特典が盛りだくさんの「グリーンカード」は、初めてのアメックスにぴったりと言えます。 アメリカン・エキスプレス・ゴールド 年会費は29,000円 税抜 と一般的なゴールドカードよりも高い印象を受けますが、サービス内容は「プラチナカード」クラスです。 グリーンカードと比較すると、やはり世界で共通する「ステータス性」の高さが魅力で、海外でもステータス・シンボルとして一目置かれるハイクラスなカードです。 気になるサービス内容として特におすすめなのが、「プライオリティパス」のスタンダード会員権が無料付帯すること、それに加え年に「2回」まで通常27米ドルかかる利用料が無料になることです。 プライオリティパスは、空港ラウンジのいわゆる「VIPラウンジ」が利用できる会員サービスで、一般的な空港ラウンジよりも上質な空間でゆったりと待ち時間を過ごすことができます。 それ以外にも、ゴールドカードは旅行保険が一部「自動付帯」となるなど、グリーンカードに比べてさらにサービスの幅が広がって、年会費が高くなるだけはある内容です。 グリーンカードよりも一歩先のサービスを求める方に最適なカードです。 年会費は10,000円 税抜 と比較的安く設定されている本カードは、簡単にいうと「マイル」を貯めることに特化したアメックス・カードです。 ポイントは提携している15の航空会社のマイルに移行できるほか、「無期限」でじっくり貯めることができます。 そのほかにも、対象となる航空会社の航空券や対象旅行代理店の指定旅行商品購入で3倍のボーナス・ポイントがつくなど、とにかく旅行関係でポイントが貯めやすいカードです。 「空港ラウンジ」や「手荷物無料宅配サービス」をはじめとする、グリーンカードに付帯している「旅行傷害保険」や「グローバル・ホットライン 海外からの日本語電話支援 」などのトラベル関連サービスもきちんとついているので、安心して旅行に持っていくことができます。 マイルをたくさん貯めたい、空の旅に頻繁にいくという「トラベラー」の皆さんにおすすめの1枚です。 まとめ|アメックスを活用して生活を豊かに アメリカン・エキスプレスカードはその年会費と高いステータス性から「敷居が高い」と思われがちなブランドですが、実際には審査難易度も厳しすぎることもなく、「年会費に見合った」素晴らしいサービスを提供しているカードです。 アメックスを持っている、そのこと自体に価値を感じる方が多いほど、世界で共通する「ステータス・シンボル」として最強とも言えるカードですので、憧れの1枚として今まで悩んでいた方は、ぜひキャンペーン期間中に「おためし」として申し込んでみてはいかがでしょうか。 付帯サービスを使いこなせば、今よりも生活が格段に豊かに、過ごしやすくなることは間違いなしです。 旅行に頻繁にいく方、会食の機会が多い方、アメックスそのものに魅力を感じている方は、ぜひこの機会にご検討下さいね。

次の

アメリカン・エキスプレス・カード/アメックスの10秒審査

アメリカン エクスプレス 審査

アメリカン・エキスプレス・カード発行のクレジットカードを申し込んだ場合、だいたいどのくらいで自宅に郵送されてくるのでしょうか?• 今回はアメックスの申込から自宅に届くまでの日数について、簡単に紹介させてもらえればと思います。 急ぎでアメリカン・エキスプレス・カードが欲しい方は参考にどうぞ。 アメックスが自宅に届くまでの日数について: ネット経由での申込は意外と早い: まず、アメリカン・エキスプレス・カードをインターネット経由で申込した場合にかかる日数は、だいたい1週間から10日程度。 アメックスではスピード審査を導入しているので、審査自体は即日、もしくは2~3日程度で終わることが多いようです。 アメックスが届くまで:7~10日程度• 審査自体の完了:即日から3日程度 つまり申込日かその翌日くらいにはアメックスの審査に通過したかどうかがわかり、晴れて審査通過できている場合にはそこから5~7日程度で自宅まで届けてもらえる…ということ。 たぶんみなさんが想像しているよりも、アメックスの発行スピードは早いのですね。 何事にも例外はある: ただ何事にも例外事項があり、個人事業主や契約社員といったクレジットカード審査に時間がかかる職業の方が申し込んだ場合や、年末年始やゴールデンウィークといった審査自体が難しい期間にはもう少し時間がかかることも。 また、北海道や沖縄といった、そもそも物理的に配送が遅れてしまいがちな地域にお住まいの方も、入手が遅れる可能性がありますが、それでもプラス2~3日といったところでしょうか(一部の離島を除く)。 つまり遅くても2週間もあれば届くものと思われます。 郵送で手続きをすると発行が遅い: 尚、これらの所要日数についてはあくまで『ネットから申込をした場合』の話。 紙の申込用紙を使い、郵送で手続きをした場合には最大で3週間程度の日数がかかる場合もあるようなので、急いでアメックスを作りたいという方はネット経由で申込をするようにしてください(下記リンク先より)。 やはりネット申込は入力した情報が即座にアメックス側に届く分だけ、審査スピードも早くなるメリットは大きいですね。 郵送による申込だと誤字脱字も多くなる分だけ、審査時間が余分にかかります。 アメックスゴールドも発行日数はかわらない: では、アメックスグリーンやアメックスゴールドといったグレードの違いで、アメックスの発行スピードが変わるのか…といえばこれは変わりません。 同様に個人事業主や法人経営者向けのビジネスカードでも一緒。 どのアメックスを申し込んだ場合でも、だいたい2週間足らずで自宅に届けてもらえると思います。 提携カードは発行が遅い可能性あり: 但し、ANAなどの航空会社やホテルチェーンなどと提携しているアメリカン・エキスプレス・カードの場合には、発行までにかかる日数がプロパーカード(通常のカード)よりもかかる可能性があります。 こちらはアメックス以外の審査が必要になる分、どうしても日数がかかってしまうのですね。 この他にもJALアメリカン・エキスプレス・カードやセゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードなど、アメックスが直接発行しているクレジットカードではなく、他社がアメックスのブランドを借りて発行しているカードについても発行日数はバラバラ(いわゆる提携アメックス)。 アメックスには直接発行のものと他社発行のものがある 発行日数が早くなるものもあれば、アメックスよりも発行が遅れてしまうものもあるのでご注意ください(詳しくは各公式サイトにて)。 :審査スピードが遅くなる可能性大• :三菱UFJニコスが発行を担当• :クレディセゾンが発行を担当 以上、アメリカン・エキスプレス・カードは申込してからどのくらいで届くのか?ネット申込をした場合に必要な、審査日数を紹介…という記事でした。 アメックスを申込したいけれども、使いたい日までに届くか不安…という方に、参考になれば幸いです。 すぐにカードが欲しいなら: とにかくすぐにクレジットカードが欲しい…という方は、申し込んだその日のうちに入手可能な即日発行対応カードを狙ってみてください。 詳しくは下記記事を参考にどうぞ。 cardmics.

次の

価格.com

アメリカン エクスプレス 審査

アメリカン・エキスプレス・カード(American Express Card)のグリーンカードは、ステータスカードの登竜門だけあって、はじめて申し込みをする人にとっては審査落ちの不安がつきものです。 「相当な収入がないと審査に落とされるのではないか」とか、「普通の人よりも収入が多くなきゃ申込みを断られちゃうんじゃないの?!」と思う人もいるようですが、本当にそうなのでしょうか? 審査落ちの不安を解消する情報まとめ ここではアメックスグリーンの申込みを検討しているけど「審査が心配」という不安を解消して、もっと気軽に「アメリカン・エキスプレス・カード」に申込みできるようにアメックスグリーンの審査に関する情報をまとめてみました。 カードの申し込み基準 アメックスといっても、申し込みの基準は他社カードとそれほど変わりはなく、下記の条件を満たしていれば申込み可能です。 アメックスグリーン• 国内・海外旅行で利用できる特典が魅力• 20歳以上で、定職についていて、ローンなどの金融商品の延滞記録がなければ申込可能ということになりますから、そんなに難しいこともないと思われます。 あえていうなら、流通系のクレジットカードと比較してパートやアルバイトの申し込みが不可というのが若干厳しいと感じるくらいでしょうか。 あくまでも申込資格なので審査に通るかどうかは別ですが・・・ また、年齢制限の部分で、まちなかに溢れているクレジットカードの申込資格が18歳以上なので、そのへんだけ少し厳しくなるかもしれませんが、もともとアメリカン・エキスプレス・カードカード自体が「大人のカード」として作られているカードで、特典やサービスも他のクレジットカードとは異なった特徴のある商品なので、10代では申し込みができないのも納得できる部分ではありますよね。 実際のグリーンの審査はどうやって行われるのか? アメックスグリーンの公式サイトにも審査に関する情報はあまり載せられていません。 一般的にクレジットカードやカードローンの審査基準に関することは企業秘密であったり、個人情報を保護するためにも公開されていないからです。 そうはいっても、気になる査基準については下記の記事で詳しくご紹介しています。 【関連記事】 ここでは、 アメックスグリーンの審査基準について、 公式サイトにある審査に関する質問からグリーンの審査レベルに合うものを抜き出して分析してみます。 Q:年金受給者でもカードの申し込みをすることができますか? A:はい、個人のお客様様対象のカードであれば、お申し込みいただけます。 Q:連絡先が携帯電話のみであってもカードを申し込めますか? A:固定電話がなく、携帯電話のみという方もアメリカン・エキスプレスのカードをお申し込みいただけます Q:アルバイトなのですが、申し込みできますか? A:アルバイト、パートの方の申し込みは不可となっています。 Q:以前、審査に通らなかったのですが、再度申し込みできますか?以前、審査に通らなかったのですが、再度申し込みできますか? A:はい、以前お申し込みいただいた時点より 3ヶ月以上経過しているようでしたら、再度お申し込みいただけます。 収入を重視の傾向!? 年金受給者がOKである一方、パート・アルバイトは不可となっていますよね? この部分から推測すると、 アメックスグリーンの審査ではおそらく「安定した収入があること」を重要視しているのではないかと推測できます。 一方で、連絡先が携帯電話でもいいので、自宅に固定電話を持たない、若年層に対しても受け入れ体制ができていることが分かります。 この点からも、やはり、重視してるのは安定した収入のような気がします。 安定した収入があれば毎月の引き落としの心配もないので、ステータスが高いから審査が厳しいイメージのでアメックスグリーンであっても審査に通る事は十分可能であるということです。 過去に審査落ちしているなら? 過去に審査落ちして再チャレンジしたい人の場合は、申し込みの基準をクリアしていて金融事故(滞納など)がないなら、 以前の審査落ちから3ヶ月以上経過していることと、 収入が以前よりも増えているかを審査に通るひとつの判断基準としてはいかがでしょうか?• 年収が300万円以上、勤続年数が3年以上というのが基準• アメックスカードの中で最も低い審査基準なのがグリーンカード。 それに続き、ゴールド・プラチナ・センチュリオンとランクがある。 年収よりも重要なのは勤続年数。 3年はないと厳しく安定した収入とみなされない• 同時に別カードに申し込みすると落ちやすい• 信用情報機関の情報も確認するが現状の重視の審査が行なわれる• 社内独自の判断が重視される 口コミ情報の分析 流通系のクレジットカードのように簡単に審査に通るというわけにはいかなそうですが、 正社員として3年以上同じ場所に勤務をし国内に定住する20歳以上の金融事故のない方であれば、グリーンカードに関しては申し込みするのには問題ないといえます。 あと、年収300万以上なら・・・という噂ですが、「平成26年分民間給与実態統計調査結果」でみると、女性の年間の平均給与が女性272万円なのですね。 もちろん、非正規雇用を入れた平均なのでもっと稼いでいる女性もいるわけですが、 女性の平均給与272万円から考えると、口コミの年収が300万円以上というのはそれなりに信憑性があるような気もします。 ただ、個人的にはアメックスグリーンがステータスカードという側面を考慮して、もう少し高めに見ておいたほうがいいような気がしますね。 もし、金融事故がないのに通らないとしたら? 金融事故がないし、年齢・年収・勤続年数も問題ない、でもアメックスグリーンの通らないとしたら、• 大きなローンを組んだ 直後(住宅ローンなど)• 他社のクレジットカードを作りすぎ というのが考えられます。 あくまでも推測レベルの話ですが、審査が通るか通らないかの見えない基準のひとつに、一個人あたりの与信枠というのがあるのです。 その与信枠を他社のカードでそれを使い切っているということですね。 住宅ローンは本来はそれほど影響しないはずなのですが、直後というのが落ちるポイントになるのかもしれません。 ひとつの参考にしてみてください。 もし、心配なら使っていないクレジットカードやカードローンは解約してからの申し込みしてみるのもひとつの方法だと思います。 アメリカン・エキスプレスが登録している信用情報機関 審査のお話が続いたので、参考までに、アメリカン・エキスプレスが登録している信用情報機関をご紹介しておきますね。 下記のような機関で、支払いの延滞はしないないなどチェックされるのです。 cic. zenginkyo. jicc. jp 信用情報機関はクレジットカードの審査を行う時に深く関わってくるとことです。 クレジットカード会社は申込者に対して適正な審査や与信の判断の為に個人信用情報機関に加盟しています。 また法律で義務付けられていることでもあります。 この信用情報機関に登録されたクレジット利用履歴を元に審査等を行います。 国内には3つの認定をうけている信用情報機関があります。 個人の氏名や住所等の個人情報や利用しているローンの支払い状況や勤務先、年収等の属性などを登録、管理している機関です。 加盟している銀行や消費者金融に情報を提供しています。 アメックスは、国内にある3つの信用情報機関の全てに登録しています。 クレジットヒストリーを慎重に調べている姿勢が見受けられますね。 信用情報機関を使うと、申込者がどの会社のクレジットカードやカードローン、ローン商品を使っていてもその借入金額や返済状況などが全て確認できます。 1つの情報機関にはなかった情報が他の情報機関には登録されている事実もあることから抜け道がないように感じられます。 そのため「審査落ちが不安」という噂があるのかもしれません。 では、アメックスの審査は本当に厳しいのか、申し込み資格を他社のカードと比較してみましょう。 一般的なクレジットカードとの比較 クレジットカードは多くの種類があって申込みできるかどうかの判断の為に年齢制限や年収制限を設けている商品もあります。 アメリカン・エキスプレス・カードの場合は上記で紹介している通りですが、他のクレジットカードはどうなのかちょっと比較してみましょう。 オリコカード• MasterCard ・Visa ・ JCBと好みのブランドを選べる人気のオリコカード。 この商品も原則として、年齢18歳上の方が申込み可能です(高校生は不可) となっています。 具体的な例は上記のようになりますが、その他クレジットカード発行会社が提示する条件として、• 18歳以上の方• 18歳以上で電話連絡可能な方• 年齢が20歳以上であること• 定職についていること とうのが審査に関する違いとなります。 年齢以外は、審査基準は変わりません。 結局のところ、アメックスはステータスカードという側面が強調されると「審査落ちが不安」となるのでしょうが、アメックスグリーンに関しては数年間、定職についていれば十分申し込めるカードという位置づけでお考えになってもいいのではないでしょうか? アメックスの審査にチャレンジするなら、 キャンペーンを適用させるのがおすすめです。 お試し的に申し込みして、審査に通ったら使ってみると気楽に考えてもいいと思います。

次の