レール ツェッペリン。 価格.com

【ロード・エルメロイ二世の事件簿】アニメ無料動画の全話フル視聴まとめ

レール ツェッペリン

概要 [ ] レール・ツェッペリン。 欧州の森をいまなお走り続ける伝説。 「列車」とあるように外観は巨大な蒸気機関車のものになっているが、内部は異界化されているため非常に広くなっている。 出発地点こそ駅になっているが、レールではなく霊脈に沿って駆動する。 このため、魔力に過敏な人間は慣れていないと酔いやすい。 列車の内部ではその名の通りのコレクションが大量に貯蔵されていて、魔眼のオークションが定期的に開催されており、売買のみならず摘出や移植まで一通り取り扱っている。 オークションの常連や売却希望者には招待状を発送しており、基本的にはそれが無いと乗車やオークションへの参加は出来ない。 顧客拡大が目的なのか、毎年「フリー枠」として先述したメンバー以外を対象とした招待状も数枚発送され、オークション前に参加希望者の争奪戦になるとか。 戦闘が目的の兵器ではないので武装の類いはないが、セットした魔眼の出力を百倍にして車両前方に出力する「魔眼投射砲」というべき仕掛けがある。 これに使用した魔眼は過剰出力で破壊されてしまうため、列車スタッフとしても奥の手である。 関連人物 [ ] 運営関係者 [ ] 明言はされていないが、魔眼蒐集列車の支配人である「ロズィーアンの家名を持つ上級死徒」は彼女のことだと思われる。 この支配人の死徒はとにオークションを台無しにされたことで魔眼蒐集列車からは手を引き、現在は配下と支配人代理にオークションの運営を任せている模様。 レアンドラ 魔眼蒐集列車のスタッフの一人で、オークショナーを勤める女性。 豪華なドレスに両目を覆う革の眼帯という特異な姿をしている。 ロダン 魔眼蒐集列車のスタッフの一人で、車掌を勤める痩せぎすの男性。 支配人代行 かつて魔眼蒐集列車の支配人が残していった影であり、ロダンをはじめとする魔眼蒐集列車スタッフの前に現れる事さえ稀である。 心霊手術にも似た技術で、至難とも言われる魔眼の摘出を行える唯一の存在。 オークション参加者 [ ] かつてのオークション参加者。 オークション参加者。 『』において、過去にフリー枠で発送されていた招待状を億単位の金を出して購入し、出品されていた未来視の魔眼を競り落としたとのこと。 オークション参加者。 とはいえ買う側ではなく、自身の過去視の魔眼を持て余しており、摘出してもらう為に参加した。 オークション参加者。 レーマン家は魔眼の大家であるため、お得意様として何回か参加している模様。 ただし、魔眼の購入よりは売りに出されたものをサンプルとして観察する事と、レーマン家の人工魔眼を他の参加者に披露する事が目的のようである。 関連組織 [ ] 言及作品 [ ]• 『 case. 魔眼蒐集列車』 メモ [ ]• 『』作中で、のスキルに「レール・ツェッペリン」の名称が使用されている。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

リタ・ロズィーアン

レール ツェッペリン

まずH0ゲージの方です(メルクリン製番37777)。 実はH0ゲージの方はフィクションが入っていて実物は2軸なのですが、模型の走行(急カーブ対策など)を優先して台車を履いて4軸になっています。 またこのモデルは何回も製品化されていますが、これは最新版のデジタルサウンド付きです。 (トーマスを見た後に、ヒューゴの模型あるよと言ってプロペラ回転と爆音轟かせて走らせてみせたら親戚の子は喜んでくれました)。 ヒューゴはこの先端部分に顔があるのでちょっとイメージ変わりますが、左右のライト周りや運転席などはそっくりです。 後ろの形状もそっくりです。 シーネンツェッペリン実物はプロペラが2枚のときと4枚のときがありましたが、ヒューゴはこの模型と同じく4枚でした。 なおこの模型のプロペラは実際に木を削ってできています。 ヒューゴの車内シーンもありましたが、斜めの桟も再現されていました。 続いてZゲージの方です メルクリン製番8876。 中古で入手したのですが汚れなのか剥がれなのか不思議な金属感が出ています(本体はプラのはずなのに)。 こちらは実物やヒューゴと同じく2軸です。 なおH0もZもプロペラは回りますが、実際に走るのは車輪を駆動して走ります。 ***************************** 参考記事 okadoc さんのメルクリンH0 2枚プロペラ版の紹介記事(動画あり)。 もけいや松原さんの記事。 (製番H2621)のようです。 いわゆるウソ電です。 ヒューゴのスカイブルー塗装もウソ電に当たる?.

次の

【Fate】ロード・エルメロイの事件簿「魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン)」編キービジュアルが公開

レール ツェッペリン

概要 [ ] の学生。 に学ぶの一人。 メルアステア派からのスパイ。 略歴 エルメロイ教室を新たに受講することになった女学生。 初対面の自己紹介で自分がメルアステア派のスパイであると堂々と語った変わり者。 魔眼蒐集列車 レール・ツェッペリンにはオークション参加者の一人として乗車。 裏でと繋がっており、側の情報と引き換えに希少な魔眼を手に入れるための資金援助を受けていた。 ハートレスが本格的に行動を開始してからは犯人側の協力者として捕縛されるが、ハートレスに付き合って法政科を敵に回すつもりまではないとしてと司法取引を交わし、事態の収拾に貢献している。 この事件以降も引き続き平然とエルメロイ教室に在籍中。 人物 の大家レーマン家の娘。 年齢は16歳程度。 自称「魔眼女子」。 ピンクに染めたツインテールに真っ白なロリータファッションという派手な出で立ちの少女。 右目には星型の眼帯を着けており、その下に生身の眼球はない。 魔術刻印はうなじにある。 ことあるごとにポーズを決めたりと常にテンションが高く気さくだが、どこか掴みどころがなく食えない性格。 中立主義筆頭のメルアステア派からエルメロイ教室に派遣されたスパイであることを一切隠さずに公言している。 日和見主義的なメルアステアは本気で事を起こすつもりはないらしく、実際は間者というよりは一応の牽制役兼外交官といった立場になっている。 もともとは 鉱石科 キシュアに所属していた。 魔眼蒐集列車のオークションには何度も参加している常連客。 ただし目的は魔眼の移植ではなく、精巧な魔眼再現のための研究モデルの入手である。 能力 眼帯の下の右眼が宝石から作られた加工になっており、必要に応じて右眼を付け替えることで様々な機能の魔眼を行使できる。 加工魔眼はレーマン家の秘儀であり、限定的ながらノウブルカラーの魔眼すら再現するという。 作中で使用した魔眼は、相手の心理・感情を見抜く感情視の 孔雀石 マラカイト、視界にあるものを発火させる炎焼の 紅玉 ルビー、霊的な感覚を強化し霊脈探査などに用いる 菫青石 アイオライト。 全部で8種類ある模様。 登場作品と役柄 [ ] Fateシリーズ [ ] エルメロイ教室の一人。 人間関係 [ ] 先生。 スパイ対象。 愛人志望の相手。 協力者。 スパイになる以前からの付き合いだが、目的や正体など深いことは知らされていなかった。 ロードの内弟子。 ある意味では恋のライバルだが、その自覚が皆無な事に若干呆れている模様。 、、 エルメロイ教室の学友達。 「時計塔で抱かれたい男ランキング」が行われた際には、彼らと結託してトトカルチョの胴元になった。 フラットは「面白そうだったから」でスヴィンは 「自分が止めないとまずいから」という信じられない理由で参加。 なおカウレスの動機は 「最新式のワークステーションが欲しかったから」とろくでもなかった。 小説版では魔眼蒐集列車に同乗していたが、アニメ版では彼が乗車していなかったために出会ったのは事件後になる。 彼の番組の大ファンだったらしく、聞き込みで顔を合わせた際には感激してサインをねだっていた。 名台詞 [ ] メモ [ ] 脚注 [ ] 注釈 [ ] 出典 [ ] リンク [ ]•

次の