ドル 円 見通し 東京 オリンピック。 ドル円今後の見通し。どうなる?2020年の最新予想

ドル円予想2020!消費税増税と東京オリンピックが最重要である理由

ドル 円 見通し 東京 オリンピック

先ほどの米10年債入札が低調な入札となったことから、利回りは下げ幅を縮小し、若干ドル買いの反応も見られたものの、全体的には小幅な動きに留まっている。 リスク選好の雰囲気は一服しているもののドル売りが根強くドル円は再び107円台のレンジに下落してきている。 明日のFOMCの結果待ちといった雰囲気が強い。 政策は据え置きが確実視されている中で、先週の予想外に強い米雇用統計や経済再開への動向をFRBがどう見ているか注目される。 今回は声明やパウエル議長の会見のほか、経済見通しも公表される。 FRBは慎重姿勢を温存し、必要なら追加緩和を強調してくる可能性も高いと思われる。 しかし、市場もそのこと自体は既に十分に織り込んでいるものと見られ、予想以上に楽観的もしくは悲観的な見方を示してくるようであれば、過熱感が高まっている市場も敏感に反応してくる可能性は留意される。 74 MINKABU PRESS編集部 野沢卓美 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

円高予測が多い中、ドル円為替レートは2019〜2023年まで長期ドル高・円安入りと予測する宮田直彦氏

ドル 円 見通し 東京 オリンピック

新型コロナウイルスの影響で来夏に延期になった東京オリンピック(五輪)について、国際オリンピック委員会(IOC)は14日、オンラインで理事会を開き、最大8億ドル(約856億円)を新たに負担することを決めた。 日本側との分担比率については言及しなかったが、延期による追加経費は総額3千億円程度と見積もられており、日本側に大きな負担を求める姿勢をより明確に打ち出した。 大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は15日、オンラインでの記者会見で、IOCと負担額について事前の議論はなかったと明かし、IOCにさらなる負担を求める考えを示した。 IOCのバッハ会長は、理事会後の電話会見で「我々が負担すべき責任として、最大8億ドルという枠組みを用意した」と述べた。 8億ドルのうち6億5千万ドル(約697億円)を東京大会の運営費、1億5千万ドル(約160億円)を国際競技連盟や各国・地域オリンピック委員会の支援に充てるとしている。 運営費には放送事業なども含まれる見通しで、組織委にいくら入るかは不明。 武藤事務総長は会見で「具体的な内容は聞いていない」と述べた。 3千億円とされる追加経費は精査中で、確定のメドは立っていないという。 日本側は聖火リレーの規模縮小など、100項目を超える見直しの検討を始めたばかりで、負担額でIOCに先手を打たれた形となった。 さらなる負担を引き出せないと組織委は資金不足になる可能性が高く、開催都市の東京都が負担することになる。 しかし、コロナ禍で都税収入の大幅な減少が見込まれ、日々の生活に苦しむ人も増えるなか、「五輪に何千億も投じるのは理解されないだろう」と都関係者は語る。 武藤事務総長は「日本側の主張もしっかりしていきたい」と述べた。 IOCはこれまで、延期に伴う….

次の

ドル円今後の見通し。どうなる?2020年の最新予想

ドル 円 見通し 東京 オリンピック

新型コロナウイルスが中国で感染が拡がった際に、東京オリンピック・パラリンピックの開催が危ぶまれるとの見方を持った人も多かったのではなかろうか。 しかし、いまのところ、IOCも日本政府も予定通り開催するとの立場を貫いている。 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が5月末あたりで収束の兆しが見えなければ、延期される可能性が出てくる。 しかし、延期そのものは各所のスケジュールを狂わせることになり、果たしてそれも可能なのか。 中止の可能性もないわけではない。 ではもし東京オリンピックが中止となった場合に、日本にはどのような影響が出てくるのか。 宿泊施設や旅行業などには、それでなくても新型コロナウイルスによって打撃を受けているだけに、多大な影響を被りかねない。 ただし、すでにインバウンド需要は極端に後退していることもあり、日本経済全体でみればその影響は一部に留まる可能性はある。 それでも、すでに国のオリンピック関連支出は1兆円を超えているとも報じられているように、巨額の財政負担も生じている。 もし中止となれば、すべてが無駄になるわけではないにしろ、予定された収入が得られないとなれば負担は大きくなる。 延期とされはさらに追加負担が発生する可能性もある。 前回の1964年の東京オリンピックの閉会後、日本国内で不況が発生した。 これは東京オリンピックを控えて公共投資が活発化し、東海道新幹線や首都高速道路、東京モノレール、そして黒四ダムといった大型の公共工事が次々に行われたことでの反動という側面もあった。 1965年に入ると、サンウエーブや山陽特殊製鋼など大手企業の破綻が相次ぐ。 株価も急落し続け、信用不安も広がりをみせ、山一證券へ日銀特融が実行された。 いわゆる「昭和40年不況」と呼ばれるものである。 これを受けて戦後初めてとなる「国債発行」が準備されたことでも知られる。 これと同様のことが起きるということは現状は考えづらい。 しかし、このまま新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が続き、東京オリンピックが延期もしくは中止となり、国内景気の後退が顕著となれば、同様の事態が起きないとも限らない。 リスクシナリオとして意識しておく必要もあるのではなかろうか。 さらに国の財政面では1965年当時に比べ、現在はさらに大きく悪化している。 もし国内での景気悪化とそれに伴う財政拡大が起きた際には、あらためて1965年と同様に日本の財政の悪化が意識される事態となる懸念もないとはいえない。 ___________________________________ 牛さん熊さんの本日の債券(朝)2013年5月1日 ___________________________________ ・・・・・・・・・・まずは、朝方 熊「今日から5月、まさに新緑の季節となるが」 牛「マーケットは新たな動きを見せるのか、それとも五月病になってしまうのか」 熊「ちなみに五月病とは、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称である」 牛「すでに債券市場は4月4日の異次元緩和以降、そのような症状が現れているような」 熊「その影響がどの程度残っているのか、今日は10年国債の入札が予定されている」 牛「昨日の債券相場の下落を見る限り、業者さんもヘッジ等を進めているようにも」 熊「市場は多少なり安定を取り戻しつつあるものの、投資家さんも慎重姿勢か」 牛「利率は0.

次の