ライ ザップ コロナ。 ライザップ、新型肺炎で「経営再建」に漂う暗雲

【スタジオYOU】同人誌即売会(コミックライブ/おでかけライブ/オンリーイベント)情報

ライ ザップ コロナ

2020. 24 2020. 24 2020. 7 2020. 5 2020. 29 2020. 7 2019. 18 2019. 13 平素は弊社サービスをご利用いただき誠にありがとございます。 このたび通信の安全性を確保するため、2019年12月25日(水)をもちまして、フィーチャーフォン向けモバイルサイトを終了いたします。 ご利用のお客様にはご不便をおかけいたしますが、何とぞご理解いただきますようお願い申し上げます。 2019. 27 2019. 17 2019. 17 2019. 4 2019. 3 2019. 2 2019. 19 2019. 19 2019. 4 2019. 22 2019. 22 2019. 14 2019. 8 2019. 8 2019. 19 2019. 5 2019. 26 2019. 21 2019. 7 2019. 23 2019. 23 2019. 17 2019. 8 2019. 8 2019. 19 2019. 17 2019. 9 2019. 28 2019. 27 2019. 25 2019. 21 2019. 1 2019. 31 2019. 24 2019. 4 2018. 20 2018. 20 2018. 18 2018. 3 2018. 27 2018. 31 2018. 26 2018. 22 2018. 4 2018. 29 2018. 11 2018. 31 2018. 27 2018. 23 2018. 27 2018. 26 2018. 23 2018. 20 2018. 20 2018. 13 2018. 10 2018. 22 2018. 19 2018. 15 2018. 31 2018. 27 2018. 27 2018. 29 2018. 23 2018. 31 2018.

次の

#1 設定集&HからDへ

ライ ザップ コロナ

先ほど東京地裁がジャーナリスト・伊藤詩織さんに対して元TBS記者・山口敬之氏から性暴力を受けたことを認定し、損害賠償330万円の支払いを命じました。 同時に山口氏が伊藤さんに起こした1億3000万円の名誉棄損訴訟は棄却されるなど、全面的に山口氏側の非が認められる格好となりましたが、どうしても見逃せないポイントがあります。 詳細は以下から。 まず見てもらいたいのが「月刊Hanada」2019年10月号。 小川榮太郎氏の「 【伊藤詩織氏を告発する! 】性被害者を侮辱した「伊藤詩織」の正体」という記事が掲載されました。 2019年11月号では「 【告発! 「伊藤詩織」事件の闇】「伊藤詩織」は性被害者なのか」という記事。 あくまで性被害者でない……と言わんばかりのタイトルです。 2020年1月号では「 【徹底追及『Blak Box』! 巨大ネットワークの正体】「伊藤詩織」に群がる面々」として、今度は伊藤さん周辺の人物をターゲットにしています。 別の月刊誌では対談記事を載せるなど、小川氏は山口氏を積極的に支援しています。 ちなみに山口氏に対する「月刊Hanada」のバックアップはこれらの記事だけでなく、編集長・花田紀凱氏が自らの番組に出演させることも。 つまり雑誌ぐるみで伊藤さんを攻撃していたわけです。 「 "伊藤詩織問題"。 山口氏の言い分を真に受けた視聴者から「山口さんがかわいそうだ。 こんな変な女に引っかかって」などのコメントが寄せられています。 性暴力が認定された今、これらの記事や動画は伊藤さんの名誉を毀損するものになるのでは……という気がしてなりません。 ・18:00追記 なお、山口氏を積極的に支援している小川榮太郎氏は「少数意見の偏重で国民は幸せになれるのか?」といったキャッチコピーが躍る本で対談するなど、杉田水脈議員と意見を共にすることでも知られています。 杉田議員の寄稿が炎上した後の「新潮45」ではLGBTを「性的嗜好(正しくは性的指向、性的嗜好はフェチなどを指す)」と断言した上で性犯罪と同列に並べて語るなどして、彼女をバックアップしていました。 そしてそんな杉田議員はをはじめ、各所で伊藤詩織さんを叩いていた人物。 さらに杉田議員の盟友・はすみとしこさんも強く侮辱するイラストをアップし、BBCで報じられた伊藤さんの泣き顔に「」とコメントするなど、むせ返るような悪意をぶつけています。 上記の例だけでも、伊藤詩織さんが保守を自称する人々から、どれだけ徹底的に蹂躙されてきたのか分かるのではないでしょうか。 ・次の記事.

次の

【スタジオYOU】同人誌即売会(コミックライブ/おでかけライブ/オンリーイベント)情報

ライ ザップ コロナ

神戸市のランドマークであるメリケンパーク一帯は夜になると美しいライトアップで彩られる。 新型コロナウイルス対策で外出自粛が求められる中でも多くの人が見物に訪れており、悩ましい状況を生んでいる。 市は大型連休期間中、時間を短縮する措置をとった。 1日午後7時半。 メリケンパーク一帯では普段通り、「BE KOBE」のモニュメントやモザイク大観覧車、ポートタワーなどライトアップされていた。 日は沈んでいるが、パーク内はライトで照らされ明るい。 スケートやキャッチボールを楽しむグループや、飲み会を開く女性グループ、カップルら多くの人たちで周辺はにぎわっていた。 姫路や大阪ナンバーの車も止まっていた。 週3回公園を散歩するという近くの主婦(69)は「今日は一段と人が多い。 明るいとどうしても人が集まる」と話す。 毎日、愛犬の散歩で公園を利用する会社員の男性(44)は「(緊急事態宣言に伴う)外出自粛が呼びかけられている間はライトアップを止めた方がいいと思う」と語った。 一方で、友人と散歩していた40代の会社員男性は「ライトアップは見るだけで気持ちが和む。 社会が暗く落ち込んでいる時こそあった方がいい」と話した。 県警神戸水上署によると、前週末も大勢の人たちでにぎわっていたという。 4月25日の夜には大阪などの県外ナンバーを含め車50台、80人ほど。 翌26日夜は車30台、50人ほどが集まっているのを確認した。 普段、パーク一帯では日没から午後11時半にかけ、ライトアップが行われている。 神戸市によると、夜の観光推進や美しい景観づくりが目的だという。 政府が緊急事態宣言を出した4月7日以降もライトアップは続けられ、16日には医療関係者への感謝を込めて夜の街を青色に照らすライトアップも週1回のペースで始まった(5月の実施については検討中)。 モザイク大観覧車では30分おきに「ありがとう」のメッセージが表示された。 こうした珍しいライトアップを見に来る人も少なくない。 神戸水上署はメリケンパーク一帯での騒音対策に加え、人出を抑制するため、市にライトアップ時間の短縮の協力を要請。 神戸市は大型連休中の1~6日は午後9時半までに短縮することを決めた。 神戸市の担当者は「メリケンパーク一帯のライトアップは地元への愛着や誇りにつながっており、今の時期には心の癒やしにもなる」とした上で、「(一帯の)利用は地元の人たちの運動や散歩など最低限にとどめてほしい」とする。 (笹山大志).

次の