リモート ワーク 監視。 従業員がちゃんと働いているかを5分ごとに監視できるツール…悪の手先か、孤独を癒やす福音か

サボりを監視するリモートワークに疑問。メリット潰してどうするの?

リモート ワーク 監視

コロナウイルスが広まるにつれ、リモートワークを推奨する企業や、生産性の低下を防ぐためにオンライン会議ツールを使用する企業が増えている。 デフォルトで常時オンのグループビデオ会議ソフト「Sneek(スニーク)」のようなツールを使う人もいる。 Sneekの特徴的な機能は「フェイス・ウォール」。 ウェブカメラで1分から5分ごとに自動的に撮影した従業員の顔写真の一覧だ。 「Sneekは誰かを監視するように設計したわけではない」と共同創業者のデル・クリーはBusiness Insiderに語った。 「アプリの名前をSneek(こっそり入る)にしたことで、我々は最悪のスパイ企業のようになってしまった」 在宅勤務は、従業員を直接管理しにくいように思うかもしれない。 しかし、常時接続のビデオ会議ツールを使えば、数分おきに従業員のウェブカメラ画像を自動的に撮影できるようになる。 ここ数週間、アメリカだけで5万人以上が感染しているコロナウイルスの拡散を遅らせるため、世界中の企業が自宅での勤務を推奨して、オフィスを放棄せざるを得なくなっている。 リモートで仕事をしながら高い生産性を維持するために、のようなツールを使う企業もある。 このソフトウェアには、チームごとの「フェイス・ウォール」機能があり、勤務時間の間、ノートPCのカメラで撮影した従業員の写真を常に更新する。 共同創業者のデル・クリー(Del Currie)がBusiness Insiderに語ったところによると、Sneekのユーザーはここ数週間で急増しており、在宅勤務への移行が急速に進んでいることがわかる。 ユーザー数は1万人を超え、にはアメリカン・エキスプレス(American Express)、レゴ(Lego)、フレッドペリー(Fred Perry)、GoFish digitalなどが名を連ねる。 このソフトウェアでは、Webカメラで1分または5分ごとに自動的に写真を撮るように設定できます。 Sneekのデフォルト設定では、同僚が自分の顔をクリックすると、受信者が「承認」をクリックしなくても、即座にビデオ通話が始まる。 ただし、管理者が許可している場合は、手動でのみ通話を受け入れるように設定することもできる。 クリーがBusiness Insiderに語ったところによると、一部のユーザーはこのソフトウェアにうんざりしているかもしれないが、これによってより活動的なオフィスを構築できるという。 「Sneekは誰かをスパイするようには設計していない。 我々はアプリを Sneek(こっそり入る)と名付けたことで最悪のスパイ会社になってしまった」とクリー。 「多くの人がプライバシーの侵害だと思うことは理解するが、それが目的ではない。 いい仲間がいて、一緒に仕事をしているときにはいつでも連絡を取り合いたいと思っているチームもたくさんある」 Sneekの機能がのプリヤ・アーナンド(Priya Anand)によって報じられた後、BasecampのCTOで共同創設者のデイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン(David Heinemeier Hansson)は「ぞっとする」とツイートした。 This shit makes my skin crawl. — DHH dhh クリーは、The Informationの記事が掲載された後、同社が「ツイッターで有名になった」ことを認めた。 Sneekはに触発された部分もあるとクリーは述べているが、同社にはハンソンのフォロワーから「従業員を虐待し、歯車とみなすものだ」というメッセージが届いている。 Sneekの目的は監視ではなく、職場カルチャーの醸成だとクリーは言う。 「我々は10年以上在宅勤務をしてきたが、最大の問題点は孤独感で、それは人々の精神衛生に影響を与える」と、彼は言う。 「チームメイトがそこにいることが確認できるだけで、すべてが変わる」.

次の

従業員がちゃんと働いているかを5分ごとに監視できるツール…悪の手先か、孤独を癒やす福音か

リモート ワーク 監視

こんにちは! 全国の中小企業の業務をIT・IoTで安全快適にするお手伝いをしています、の前田です。 この記事では、リモートワークの監視ツールと社員のモチベーションについてお伝えしていきます! 新型コロナウイルスの影響もあり、リモートワークを導入する企業が増えてきました。 リモートワーク導入でよい効果が得られる反面、社員の不安も増えてきているようです。 「オンオフの切り替えができずダラダラしてしまう」 「上司がいないため相談しにくく、一人で長時間悩んでしまう」 「ちゃんと評価してもらえるかわからないのでやる気がでない」 このようにリモートワークをしている社員の不安を軽減し、目標としている成果を上げるために、リモートワークの監視ツールが注目されるようになりました。 リモートワークの監査ツールは社員のモチベーションアップに役立ちます。 本記事では、リモートワークの監視ツールを利用して社員のモチベーションアップにつながるお話をしていきます。 リモートワークの監視ツールを上手く活用して社員の不安を軽減し、仕事の効率性や生産性をあげていきましょう。 1% 「勤務者の移動時間の短縮」48. 5% 「通勤弱者(身障者、高齢者、育児中の社員等)への対応」26. 0% 企業はリモートワークを導入することで、 定型的業務の効率性(生産性)の向上の効果が得られることを期待しています。 社員の通勤時間が短縮されたり、満員電車のストレスが軽減したりと社員の負担を軽くすることにより、 個々の能力を引き出しやすくなるとみているのです。 実際に、企業側からのリモートワーク導入効果については、「非常に効果があった」又は「ある程度効果があった」と回答した割合が 81. 6%となっていますので、企業としてはリモートワーク導入に手ごたえがあると感じていることになります。 リモートワークで社員のモチベーションが下がる?! 一方、社員側はリモートワークの導入をどのように考えているでしょうか? 国土交通省のでは、雇用型テレワーカー側からのプラス効果として「通勤時間・移動時間が減った」と回答をした人の割合が53. 4%と最も高く、次いで 「自由に使える時間が増えた」という回答が50. 6%となっています。 その反面、雇用型テレワーカー側からのマイナス効果として「仕事時間(残業時間)が増えた」と回答した人の割合は28. 7%ともっと高く、次いで「業務の効率が下がった」という回答が27. 0%となっています。 (引用:国土交通省の) 「仕事時間(残業時間)が増えた」 「業務の効率が下がった」 すなわち、リモートワーク導入により社員のモチベーションが下げてしまう場合もあるということです。 良い効果ばかりではないんですね。 こういった場合、社員のモチベーションをアップするためにはどうすればいいのでしょうか? リモートワーク定番の監視ツール6選 まず、社員のモチベーションをアップさせるためには、リモートワークによる不安を取り除いていきましょう。 そのためにリモートワークを導入する際には、 リモートワークの 監視ツールを活用するとよいでしょう。 監視ときくと、あまりいいイメージはありませんが、職場において上司が部下、同僚とコミュニケーションがとりやすいように、リモートワークにおいても職場と同様に 上司と部下、同僚とコミュニケーションがとりやすい環境をつくるのです。 リモートワーク定番の監視ツールは次の6つです。 1 クラウド型勤怠管理システム 2 ビジネスチャット 3 Web会議システム 4 オンラインストレージ 5 グループウェア 6 人事管理・評価システム それでは、リモートワークの監視ツールがそれぞれどんなものなのか紹介していきます。 リモートワークであってもお手持ちのパソコンで「今から仕事開始します」「休憩取ります」「仕事完了いたしました」と 簡単で高度な勤怠管理をおこなうことが可能になっているのです。 さらに勤怠管理だけでなく、休暇管理、各種申請など機能が充実しており、シフト管理、出勤管理、スタッフ管理、データ集計が簡単におこなえます。 細かな勤怠ルールに対応する豊富な機能があるため、仕事のメリハリもできるようになるでしょう。 例:KING OF TIME、ジョブカン勤怠管理など 相談しやすい環境を!「ビジネスチャット」 ビジネスチャットは、社内の情報を共有するときにとても便利です。 仕事をするうえで、「報・連・相」は欠かせないため、社内で必要な情報をスピーディーに共有し、コミュニケーションをしっかりとることが出来ます。 リモートワークであっても「上司がいないから相談しにくい」と一人で何時間も悩むことなく、ビジネスチャットを使えば 早期に問題解決することができます。 さらに、ビジネスチャットは、1対1だけでなく、1人対複数人によるコミュニケーションが可能です。 したがって一度で複数の人に向けて情報の発信ができるようになり、例えば プロジェクトチームに必要な情報を瞬時に共有することが出来るのです。 人事管理・評価システムを導入することで、人事評価を明確にし、昇給・昇格の判断基準を客観的に判断することができます。 リモートワークをしている社員と通常勤務している社員とで 人事評価の不公平さを軽減することができます。 また、複数の人事担当者間で同じ情報を共有でき、新しいプロジェクトへのメンバー決定の材料として活用したり、不足している技術者や能力者の採用をする判断基準にも活用できます。 「オンオフの切り替えができずダラダラしてしまう」 「上司がいないため相談しにくく、一人で長時間悩んでしまう」 「ちゃんと評価してもらえるかわからないのでやる気がでない」 リモートワークしている社員と通常勤務している社員とでは 業務形態が違うため、上司の目が行き届かない、成果主義になりやすいという面があります。 よってリモートワークしている社員の不安につながりモチベーションが下がることになります。 リモートワークの監視ツールを活用することで、職場において上司が部下、同僚とコミュニケーションがとりやすいようにリモートワークにおいても職場と同様に上司と部下、同僚とコミュニケーションがとりやすい環境をつくることができます。 さらに、リモートワークしている社員と通常勤務している社員と業務形態に合わせた人事評価制度を取り入れることで不安軽減となります。 リモートワークの監視ツールは、社員のモチベーションをアップさせ、仕事の効率性や生産性をあげ、 企業が目指している成果を得られる手助けとなるツールなのです。

次の

話題の「社員PC監視ツール」がテレワークを骨抜きにしてしまう、根本的理由 (1/4)

リモート ワーク 監視

リモートワークがいよいよ本格的に普及しそうになっています。 そこでこの記事では組織をリードする経営者、経営陣のためにリモートワークに必要なツールから考え方、ルールなどについて解説します。 リモートワークとは所属している会社に出社せずに、離れた場所から働くという意味です。 コロナ禍で世界中がリモートワークに向けて動いています。 「リモートワーク=離れた場所から働く」というように言葉にすれば非常に単純なことに思えるかもしれませんが、実際にリモートワークを組織の一部、または全体で導入するにはこれまでとは違った考え方やルールが必要になってきます。 特にリーダークラスの人たちはマネジメントの仕方やリーダーシップの取り方に違いが生まれてきます。 私たちの組織も設立当初からずっと全メンバーがリモートワークで活動していますので、この記事ではそういった経験も踏まえ、リモートワークで働く仕組みを解説したいと思います。 リモートワークによるデメリットを知っておこう まずリモートワークのデメリットをご紹介します。 出勤もしなくていい、余計な会議も減りそう、というように一見すると生産性が上がりそうなリモートワークですが、デメリットもあります。 リモートワークで生産性が下がる 一説によるとリモートワークで生産性が下がる、というデータもあるようです。 これは誰も見ていないとついついサボってしまったり、仕事の優先順位を自分一人では付けられなかったり、子供やペットの世話があったり、さらに昨今のようなパンデミック下では、ニュースが気になって仕事に集中できない、ということもあるでしょう。 したがって、リモートワーク=生産性が上がる、と単純に言えないことを理解しておく必要があります。 創発の欠如 創発とは、社員同士のコミュニケーションによってそれまでなかったようなアイデアや気づき、知の創造が発生するということです。 有名なのはホンダの「ワイガヤ」ですね。 仕事もプライベートも関係なくわいわいがやがや話す機会を創ることでイノベーションを生み出してきたと言われています。 もちろん、リモートワークでもミーテイングは問題なく出来る時代です。 しかし、創発というのは内容も進行も決まりきった会議からは生まれにくいものです。 リモートワークでのミーテイングというのは必要な時に必要なだけ行う、ということになるので、ワイガヤのような雰囲気を生み出すのはなかなか難しいと思います。 自己完結する仕事を行うだけであればリモートワークは適しているかもしれませんが、みんなで新しいアイデアを生み出すという意味ではデメリットもあるかもしれません。 全体像や所属意識の欠如 リモートワークによって生まれる大きなデメリットは、全体性と所属意識の欠如です。 私自身はリモートワークを15年以上実践しているのでもう慣れていますが、そうでない人は一日中一人で働くということに孤独を感じるかもしれません。 所属意識というのは人の本能的な欲求ですが、リモートワークだとそれが感じずらくなります。 また、リモートワークを進めると分業化が進むので、リーダークラスの人は各メンバーの仕事に全体像を提供してあげる必要があります。 つまり、自分たちがどこに行こうとしているのか、何の目的でこの仕事をやっているのか?というビジョンやミッションを常に見せていく必要があります。 今の時代は十分すぎるほどツールがそろっていますので、いろいろ試してみて使いやすいものを選ぶと良いでしょう。 ビデオ会議 使用するビデオ会議システムを選択します。 、あたりが有名ですね。 共有カレンダーシステム すでにクラウドのカレンダーシステムを使用しているかもしれませんが、使用していない場合は、やなどを使うと良いでしょう。 チャットツール これも既に使っている人が多いと思いますが、社内コミュニケーション用のチャットツールを選びましょう。 Slack、チャットワークなどが有名です。 物理設備 ノートPC、ヘッドフォン、カメラ等も当然必要です。 大切なのは、これらのツールをメンバー全員が簡単に使いこなせると思わないことです。 ITに弱い人もいますので、全員が問題なく使えるように教えてあげる必要があります。 リモートワークを成功させるためにリーダーが捨て去るべき価値観 冒頭で言った通り、「リモートワーク=離れた場所から働く」という単純な解釈だけではなく、リーダーには考え方や価値観の変化が求められます。 もはやリモートワークへの移行は不可逆の変化と言えますので、リーダーの方々はこれを機会に自分のマネジメントの仕方やリーダーシップの取り方を考え直してもいいでしょう。 リモートワークではもうこのような監視によるマネジメントは必要ないというか、そもそも物理的に不可能になります。 ましてリモートワーク中に、常に部下を監視するためにカメラとマイクを常時オンにするように強制したり、休憩を取るのも許可制にしたりすれば、部下は「あ、この人(組織)は自分を信頼していないんだな」と感じ取り、お互いの信頼関係は即座に悪化します。 さらにこの上司はリモートワークに慣れていないんだな、という印象を与え、愛想をつかされるかも知れません。 ワークライフバランス 「え、リモートワークってワークライフバランスを促進するんじゃないの?」と思うかも知れませんね。 たしかに社員からするとリモートワークする際には仕事と日常生活のバランスを取る必要があるかもしれません。 リモートワークを始めればすぐに気が付きますが、特に家にいる場合には仕事だけに集中するのは難しいのです。 仕事中に配達物が届くときもあれば、急に家族が帰宅することもあるかもしれません。 なので、9時から17時までは仕事に集中してね、というのは土台無理なのです。 働く時間=成果 長時間労働が必ずしも成果につながるとは限らない、というのはもう多くのリーダーが頭では理解していることだと思います。 しかし、実態として、「会社にいる時間が長い人が良く働いている人である」という価値観が多くの会社で残っていると思います。 リモートワークではこの考え方は本格的に捨てなくてはいけません。 先述した通り、そもそももう社員がいつからいつまで働いているのかというのは監視できなくなっています。 また、さらに、働いている時間とはどんな時間なのか?という根本的な問いかけが必要になります。 これまでは「会社にいる時間=働いている時間」でしたね。 しかしリモートワークになると会社にいかないので、何をしている時間が働いている時間なのかよくわからなくなります。 パソコンに向かっていれば働いていますか?そうではないですね。 同僚とチャットしながらYoutubeで動画を見ているかも知れません。 パソコンに向かっていなければ仕事をしていませんか?これもそうではないですね。 コーヒーを飲みながら提案書の構想を練っているかもしれません。 これは多くの実験などで示されていますが、良いアイデアが生まれるのは根詰めて働いている時ではなく運動している時やボーっとしている時だとされています。 このように、何をもって仕事の成果とするか?をリーダーは考え直さないといけないでしょう。 リモートワークのルールと仕組み では次にリモートワークのルールや仕組みについて考えていきましょう。 先に述べたデメリットをなるべくカバーするようなルールと仕組みを導入していきます。 全体像の共有 社内に会社のビジョンやコアバリュー、ミッションなどを掲げている会社も多いかも知れません。 それによって日々、社員が仕事の全体像を目で確認できるようになります。 リモートワークになるとそれが出来なくなるので、リーダーはこれまで以上に、仕事の全体像、組織の方向性や目的をメンバーに伝える、または話し合う機会を設ける必要が出てきます。 そのために会議のやり方を工夫したり(後述)、成果と優先順位を明確にして伝える必要が出てきます。 なのでリーダーはリモートワークを導入する前に、今一度、組織の体制と各役職の役割を考え直しましょう。 オンライン会議のリズム あなたの会社では会議のリズムが決まっていますか?なければ創りましょう。 どんな会議をいつやるのか?すでに決まっている会社であっても、リモートワークにする場合には、より会議の間隔を詰めたほうが良いケースがほとんどです。 ただし、一回の時間は逆に短くします。 基本、オンライン会議はオフライン会議ほど集中力が続きません。 なので短くします。 仕事中に何か疑問が生じた際、ちょっとあの人に聞いてみる、ということが出来なくなる、または返答にタイムラグが生じるので、後々疑問が生じそうなことや確認すべきことは会議中にすべて解決できるようにしましょう。 最低限必要だと思われるのは、週次の1on1ミーテイングと毎日のチェックイン(朝礼)です。 オンライン会議のやり方 会議のやり方もオンラインに適したものにしましょう。 先ほど言った通り、オンライン会議では集中力が続きません。 なので、旧来型組織のように上司が一方的に話す、というような会議では誰も聞いてくれません。 まずはオンライン会議のルールを社内で決めましょう。 例えば、次のような項目がお勧めです。 資料は事前に共有する・・・オンライン会議システムではだいたい画面共有できる機能が付いていますが、事前に全員に送付しておいたほうが確実です。 資料はシンプルにする・・・何度も言いますが、オンライン会議は集中力が続かないので、資料はシンプルに、伝えたいことが簡潔に伝わるようにしましょう。 進行役(ファシリテーター)を指名する・・・進行役の役割はタイムキーパー、議論が主題を外れないようにすること、全員に話題を振ることです。 メモ係を決める・・・会議は録画するのが基本ですが、メモ係もいたほうが良いでしょう。 目の係は主要な決定事項、そして誰が何をするのかという明確な行動計画を関係者に共有するのが役割です。 3分前にログインする・・・だいたい何人かはマイクやカメラが上手く設定できない、というトラブルがありますので、3分前にログインして動画確認をするようにします。 挨拶をする・・・ちゃんと参加していることを示すために挨拶しましょう。 マイクは必要時以外はミュートにする・・・ミュートのオンオフがわからない人もいますので事前に教えてあげましょう。 カメラはオンにする・・・オンラインだと話しても相手の反応がわかりにくい、というデメリットがあります。 ただカメラはオンにしておいたほうがまだましです。 全員が発言する・・・ファシリテーターは全員に発言権を持たせましょう。 オンライン会議において発言できない人は疎外感を感じるものです。 逆に言うと発言しない人は、その会議に参加しなくてもよい人だったと言えます。 決定事項だけ知ればいい人にはメモや録画を共有しましょう。 時間を決める・・・これはオフラインの会議と同じですね。 資料を見せれば伝わることは可能な限り事前に共有しておきます。 参加者が退屈しないようにディスカッションをメインにしましょう。 録画し共有する・・・参加できなかった人や関係者のために会議内容は録画し、共有しましょう。 創発を促す リモートワークのデメリットとして創発の欠如がある、という話をしました。 これを何とか解消できないものでしょうか?方法としてはたとえば、公式のミーテイングのほかにフリーディスカッションのミーテイングの時間を取るとか、オンライン飲み会をやるなどの案があります。 仕事のことでもプライベートのことでもなんでも話せる場を作るわけです。 リモートワークだと普段は口数がどうしても少なくなりますので、フリーディスカッションの場を作ると意外とみんなガヤガヤと話し出すものです。 リモートワークに必要となるスキル 最後にリモートワークに必要となるスキルを挙げてみましょう。 もちろん、基本的なITスキルは必要なので、それはここでは省いています。 孤独と付き合う 私は一人でいるのが大好きなので全く孤独を感じることが無いのですが、そうでない人もいるようです。 一人で過ごす、というのは実は現代では非常に贅沢なことであると考えてみましょう。 特に都心で暮らしていれば、どこに行っても人がいます。 そんな中で一人で過ごす時間を取るというのは貴重な機会なのです。 なのでこれは自分の本来の生活のリズムを取り戻したり、落ち着いて考え事をしたりする機会であると考えましょう。 生産性を上げる習慣作り 1人で生産的に仕事を行うための習慣作りをしましょう。 家事スキル これは意外と重要です。 家の中が汚かったり、散らかっていたり、食事が貧しかったりすると生産性が落ちます。 普段家事をしないという男性は、この機会に生活をきちんとすることを心がけてください。 これは社内で働いている時にも言えますが、リモートワークの場合にはさらに気を付けなくてはいけないことです。 運動 これはスキルというか習慣ですが、運動をしましょう。 当たり前ですが、リモートワークだと普段よりも運動量が減ります。 その分、カロリー消費が無くなるので肥満の原因になります。 あと運動によって色々と良い脳内物質が出るとされています。 ノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンなどです。 メンバーのやり切る力(グリット)を育てる リモートワークでは上司の監視下に置かれない自由がある代わりに、各メンバーの「やり切る力」が下がることが考えられます。 なのでリーダークラスの方々は各メンバーに、今何が最優先されることなのか?そして、いつまでにそれをやらなくてはいけないのか?を常に伝える必要があります。 これは先ほどの1on1や朝礼などで行います。 (幸いなことに、やり切る力は筋肉と同様に育てられるといわれています) ライティング リモートワークでは口頭でのコミュニケーションよりも文面でのコミュニケーションが圧倒的に増えることになります。 そのため、リーダーはライティング能力を向上させることが大切です。 言葉で自分が伝えたいことを正しく伝えること、かつ簡潔に明確に。 意外とこれが苦手なリーダーも多いのです。 オープンなコミュニケーション 旧来型組織では、社員が仕事用の「仮面」を被って出社します。 言い方を変えれば、「本来の自分」を押し殺して、「仕事用の別の人格」で出社するわけです。 実はこれが生産性を妨げることにつながっているのではないか?という調査があります()。 リモートワークでは出社することがないので、これからの時代、仮面を被らずに仕事をするのが当たり前になるのかもしれません。 そんな時に求められるのはオープンなコミュニケーションです。 仕事用の自分も、普段の自分もない、いつも同じ自分でコミュニケーションをするということです。 リーダーは人間臭さを部下に見せることになりますが、逆にそれによって信頼関係が増すことになるかもしれません。 これに関しては別サイトのORG MAPで記事をアップしていますので合わせてご参照ください。 以上、リモートワークで組織をリードするためのヒントをご紹介してきました。 最後にお伝えしておきたいのは、今回はこのようなパンデミックで強制的にリモートワークが増えたわけですが、逆にこれは組織運営の仕組みを変えるチャンスかも知れないということです。 過去の要らない考え方や方法論はやめ、新しい仕組みを導入し、人がより生産的に、効果的に働くことが出来、そして仕事も人生も充実したものにするにはどうすればよいのか?という問いを与えられているのだと思います。 ぜひいい機会だと思って自社の働き方、そして自分自身のリーダーシップ、マネジメントの在り方を見直してみてください。 なお、仕組み経営ではリモートワークに限らず、組織の仕組みづくりをご支援しています。 詳しくは以下に記載していますのでぜひご覧ください。 「エグゼタイム仕組み戦略サクセス・フォーミュラ」を体系化し、経営者の働く時間に依存せず会社が成長するビジネスモデル構築を支援。 経営者に寄り添い俯瞰したサポート力には定評がある。 清水直樹 一般財団法人日本アントレプレナー学会 代表理事 仕組み経営株式会社 取締役 大学卒業後、マイクロソフト日本法人に入社。 その後、海外不動産の紹介会社を起業した後、モバイルコマース事業の創業メンバーとして参加。 上場を目指すが経営メンバー同士の空中分解によって頓挫。 海外の経営ノウハウをリサーチし続け、世界No. 1のスモールビジネスの権威、マイケルE. ガーバーと出会い、日本におけるマスター・ライセンシーとなる。 現在は、日本の中小企業がワールドクラスカンパニーになるための支援活動に力を注いでいる。

次の