カビ 取り ジェル。 カビ取りジェルの効果と使い方

カビ取りジェルで風呂天井や壁のカビ掃除に便利なのはコレ!垂れないよ

カビ 取り ジェル

ガンコなカビを取りたい時に、カビ取りスプレーではなく カビ取りジェルを使いたい時もありますよね。 しかし、世の中には色んな カビ取りジェルが販売されていてどれを選んで良いのか分からないという方もきっと多いのではないでしょうか。 そこで、こちらの記事では市販のカビ取りジェルを、実際に 「窓枠」や 「浴室」で使ってみた感想からカビペディア編集部の独断と偏見で 勝手にランキングを作成してみました! 用途に応じて、カビ取りジェルを購入される際に活用していただけますと幸いです。 カビ取りジェルとは? タイルの目地や、ゴムパッキンなどに発生した ガンコなカビを取るのに適した粘度のあるカビ取り剤のことです。 主に チューブタイプのカビ取り剤として販売されています。 スプレータイプのカビ取り剤と違う点は、カビ取り剤がカビ部分にしっかりと付着し 液だれしにくい為、繊維の奥まで繁殖したガンコなカビや、 細かい部分カビを除去するのに適しています。 ドラッグストアで手に入るものから、 通販サイトで手に入るものまで様々です。 デザインや容器もそれぞれ違いますので 用途によって使い分けましょう。 カビ取りジェルの使い方 カビ取りジェルのメーカーや商品によって多少は変わりますが、 カビ取りジェルの使い方について説明していきたいと思います。 準備するもの• カビ取りジェル• ゴム手袋• マスク• ゴーグル• 使い捨てダスターやキッチンペーパー• 歯ブラシ(あれば)• ラップ(頑固なカビの場合はパックします) カビ取りジェルは塩素系のものが多く、皮膚に直接触れると手荒れの原因となりますのでゴム手袋や使い捨てのビニール手袋を使用してください。 また、塩素ガスが揮発しますので 鼻や喉などの粘膜を守るためにもマスクを装着し、 必ず換気を行いましょう。 (塩素剤が苦手な方は、 防毒マスクがおススメです) カビ取りジェルの使用手順 大まかな、カビ取りジェルの使い方は• まず汚れを取っておく(ジェルの浸透を高めます)• カビ取りジェルを気になる部分に塗布する• 時間を置く(頑固なカビの場合はラップなどを上に乗せてパックすると良いでしょう)• 拭きとり、しっかりと乾燥させる このような流れで行います。 暗しい置き時間は、それぞれのカビ取りジェルの ラベルを確認してカビの酷さに応じて使い分けましょう。 カビ取りジェルの選び方 カビ取りジェルを選ぶ際には、 どこで使用するのか(風呂?タイル目地?ゴムパッキン?壁?天井?窓枠?)また、 カビの範囲はどれくらいなのか(カビ取りジェルは、部分的なカビ取りに向いているので、広範囲なカビを除去するのには向きません) また、カビ取りジェルの容器も、 ボトルタイプやチューブタイプ、スプレータイプなど色々とありますので• 風呂場ならスプレータイプ• 窓枠やパッキンならチューブタイプ• パッキン全体のカビならノズル式• カビ部分が多いなら大容量のもの• 塩素のニオイが苦手ならば低臭性のもの など、使いやすい形のものを選ぶと良いでしょう。 カビ取りジェルおすすめランキング7つ では、実際に「お風呂」や「窓枠」で使用してみて感じた 早速カビ取りジェルのおススメランキングをご紹介していきたいと思います。 今回は 市販のカビ取りジェル7種類を比較してみました。 5つの評価項目 今回、チェックした項目は• カビ取りの効果• ニオイ• コスパ• 使い勝手 の5項目です。 実際に窓際やパッキンのカビに使用し、 カビの落ちやすさや 気になる刺激臭の有無、また 容器の使いやすさや コスパ(容量に対する価格)に関する 総合点の高いと思った順番で発表していきたいと思います。 もちろん、この順位は今回カビ取りをしてみた結果と判断ですので用途や使用方法、使用感は個人差があるかと思いますので、 あくまで参考程度としてご活用ください。 成分は 次亜塩素酸塩、水酸化ナトリウム 1. 塩素系のカビ取りジェルです。 安定剤でトロっとした粘度を出しているんですね。 カビホワイトの用途は、 タイル目地や ゴムパッキンのカビ取りなどです。 持ちやすい ノズル式のボトルなので、ボトルを押せば気になるカビ部分にジェルを塗布することができます。 数十分放置して、カビ取りジェルをふき取ってみると、綺麗に窓枠のパッキンのカビが除去されていました。 価格は 1900円ほどですが、今回試したカビ取りジェルの中では 一番カビがよく落ちました。 カビ取り剤特有の 塩素臭さは若干あり、またジェルの粘度は軽めです。 少し液だれしやすいので 高い部分のカビ取りには ゴーグルを着用するなどして充分注意しましょう。 500g入っているのでコスパ高い。 成分は、次亜塩素酸ナトリウム・水酸化ナトリウム 0. 粘度があるので、ピタッと風呂タイルの壁にも付着しますね。 成分は、次亜塩素酸塩 水酸化カリウム 0. お手頃価格。 かなり落ちやすく使いやすいカビ取り剤です。 また、このカビ取りジェルはカビの中でも特に 「黒カビ」の除去に特化した商品です。 成分は次亜塩素酸、水酸化カリウム 1. 価格もリーズナブルで使いやすいです。 カビ除去効果もちゃんあり、窓枠の ガンコな黒カビもキレイになりました。 防カビに良いかも• お手頃価格。 少し押す力が必要 第5位は、カビトルデスPROです。 タイルの目地やゴムパッキンのカビ取りに適しています。 カビトルデス• 成分は、次亜塩素酸塩、水酸化カリウム 1. 防カビ剤が入っているので、カビの再発を防ぎたい場合にも良いですね。 カビトルデスPROは、カビを取りつつカビを防ぐ また 低臭タイプなので塩素のニオイが気になる方にも良いでしょう。 四隅は少しカビが残りましたが、 ラップを乗せてパックするなどして浸透しやすくすると良いでしょう。 デザインは素敵だがコスパは良くないかも?• 少し押す力が必要 第6位は、コスメのようなオシャレ容器の 「カビ取り119」です。 カビ取り119は、ノズルタイプなので、とても使いやすいです。 成分は、次亜塩素酸塩、水酸化カリウム 0. カビ取り119は、パッケージが可愛い! カビ取り119は、 うすいピンク色のジェルタイプです。 放置時間は 1~12時間ほどと長めです。 お風呂場などの密室で無い場合には、室内にいない方が良いでしょう。 また必ず換気をしましょう。 窓のパッキンに塗布して放置したら、キレイにカビが落ちています。 カビ取り効果もしっかりあります。 容量100gに対してちょっとお値段がお高めかな?といった印象です。 少し液だれがした 第7位はカビ取り侍です。 使いやすいノズルタイプです。 また 防カビ剤も配合しております。 今回、カビ取り侍を使用した際にやや 液だれしてしまったのでカビ取り時には様子を見て少しずつ塗布しましょう。 成分は次亜塩素酸塩、水酸化ナトリウム(2. 0%)、非イオン界面活性剤(ポリオキシエチレンアルキルエーテル)、ジェル化剤、防カビ剤、防錆剤、安定化剤。 カビ取り侍は防カビに〇 液体はやや拭きとりにくかったです。 また、カビ取り侍を使用する際には1~12時間ほど置くので、もしも大量に使用する場合にはできれば室内にいない方が良いかも知れません。 ペットや高齢者、子供は近くにいない方が良いでしょう。 置く際には乾燥しないように ラップを上から乗せると良いです。 まとめ 今回は、7種類のカビ取りジェルを使用して ランキング形式にしてみましたが、結果は以下の通りになりました。 1位 カビホワイト 2位 スパイダージェル 3位 黒カビくんジェル 4位 カビトルデスPRO 5位 カビとりいっぱつ 6位 カビ取り119 7位 カビ取り侍 ですが、どのカビ取り剤も非常に優秀で、気になる部分のカビはちゃんと落とせます! あとは、価格や容量、液だれの有無やニオイなど個人的な判断にはなりましたが、パッキン部分を集中的にカビ取りしたい場合には カビ取りジェルが非常に便利だということも判明しました。 カビ取りジェルを使用する際には、しっかりと 換気を行い、手袋やマスクを着用するなどして体を保護しながら安全にカビ取りを行いましょう。 【ひどいカビにお悩みの方へ】• 自力でカビ取りをしても何度もカビが再発してしまう• カビ臭さをどうにかしたい• ひどいカビが発生して自力では対処できない このように、ひどいカビにお困りの方は、一度カビ取りのプロに相談してみませんか?! 安全性の高い薬剤で、自社オリジナルの厳しい研修をクリアしたカビ取りの専門業者だからできる 技術力の高いカビ対策方法をご提案します。

次の

シリコンに生えたカビの取り方|頑固な黒カビはカビキラーで落とす!

カビ 取り ジェル

ゴムパッキン部分のカビは無理だったが、それ以外はキレイに落ちた。 今まで散々擦っても落ちなかった黒カビが消えてピカピカに!ただ、取り扱い説明の注意事項にも書かれてあるが、マスクや眼鏡、手袋は必須なほどに強烈。 試しに使ってみたところ、垂れないのでしっかり密着する。 カビの取れ具合は普通のような…強力な感じはしなかった。 パッキン用のジェルタプ風。 実際取りたかったカビが取れなかったのが残念。 市販のカビ取り剤は、ラップやキッチンペーパーで何度も湿布したりしたが全く落ちなかった。 しかし、スパイダージェルは噴きかけて6時間ほど放置しただけで、ほとんど落ちた。 2回くらいで、黒カビもなくなり、擦ったりする手間もかからず楽にキレイにすることができた。 テレビで紹介されていたスパイダージェルをみて早速注文。 購入してからも、しばらくそのままだったが、やってみたら綺麗にカビが落ちた。 シャワーホースのカビは、他のカビ取り剤では落ちなかったのだが。 また購入したい。 頑固なカビは、何度試しても落ちないので諦めていたが、テレビで紹介されているスパイダージェルをみて購入。 そうしたら…あんなに落ちなかったカビが落ちた。 シャワーホースに付いていたものがカビだったとは!まるで新品のようになって嬉しい。 予約してようやく手にはいった。 使ってみると、あらゆるカビが激落ちで感動モノ。 ただ「混ぜたら危険、換気を十分に」は絶対必要。 油断すると気分が悪くなるので注意。 取れないだろうと思っていたシャワーホースが30分で綺麗に!諦めていた天井も液垂れすることなく綺麗になった。 ただ、臭いがキツくて頭が痛くなり気分も悪くなった…換気、マスク、狭い範囲だけやったのに。 それだけ強力ってことだと思う。 今まで試してきたカビ取り剤はゴムパッキンには効果がなくて、シーラーでやり替えた方が早いくらいだったが、スパイダージェルは、ふきかけて半日置いて水で流すだけで綺麗になった。 ニオイも市販のカビ取り剤とほとんど変わりないし、リピしたい商品だ。 そしてカビ取り効果は市販のカビ取り剤と同じ。 それなら、市販の方が安い。 普通のカビ取り剤としては高すぎ。 期待外れだった。 全然ジェルではなく、普通にスプレーから液が出るだけなので、若干垂れにくいかもしれないが、ジェルではない。 値段も高すぎる。 スパイダージェルの特徴と人気の秘密 いくらカビ取り効果が強くても、浴室の壁や天井などはせっかく噴きかけても液垂れしてしまっては元も子もありません。 かといって、ドロっとしていては狭い範囲にしか使えない…など、今までの悩みを解決してくれるのがスパイダージェルなのです。 スパイダージェルは、液体スプレーとジェルタイプとの良いとこどり! 【スパイダージェルの仕様】 ・成分:次亜塩素酸ナトリウム、水酸化ナトリウム(0. スパイダージェルを噴きかけた後は、しばらく待つ.

次の

カビ取りジェル119の使い方口コミレビュー!築40年お風呂窓枠ゴムのカビに!|ひとやすみ

カビ 取り ジェル

天井や壁,床に塗り広げられる低粘度「とろみタイプ」新発売! ハイターや酢,重曹で落ちないカビににお勧めです。 従来のスプレータイプでは液垂れして垂れ筋が残ったり、ラップや湿布をしても落ちにくかった「シリコンゴムやゴムパッキン・コーキング」の深層部に根付いたカビを除去します。 しかも塩素の匂いはジェルに閉じ込めた超低臭タイプ。 安心してお使いいただけます。 浴室内の重度のカビにも対応します• 不快な臭いは、ほとんどしません• 知らない人に教えてあげたいです。 匂いも無いのに何故こんなに綺麗に消えるのか本当に不思議です。 キッチン用の洗剤も使うのが楽しみです。 感謝しています。 本当にありがとうございました 匿名様 迅速な配送ありがとうございました。 さっそくゴムパッキンの黒いカビ(何年もほったらかしにしていたキツイカビなのですが、、、)に塗ったところ、時間はかかったのですが4,5時間くらいでほぼ目立たなくなり、感動しました。 500mlよりももっと大きなサイズのご要望も多く頂いておりましたので、さらに倍の1Lサイズも発売開始させていただきました。 また、お客様のご意見により特大1Lサイズも、到着後すぐに使える専用トンガリボトルを採用いたしました^^ 今回は、風呂場のコーキング部分のカビがどうしてもとれなくて、インターネットで検索して、御社にめぐり合えました。 最初は、不安だったのでお試しでチャレンジしようと思っていたのですが、とりあえず、標準の200にしました。 問題の使用結果ですが、半信半疑でしたが、99%除去ですね。 もう、嫁ともびっくりです。 私の結果ですが、4時間位の放置が完璧でした。 もっと大容量を買っておくべきでした。 近くのホームセンターにも置いて欲しい希望ですが、あまり知られたくないような・・・・。 また、カビが発生したら、絶対購入しますので、宜しくお願いします。 有難うございました。 (ゴムパッキンです)優れものです。 因みに某大手メーカーのそれではビクともしませんでした。 何をしても取れなかった、お風呂の蓋のゴム部分にできた黒いカビが綺麗に無くなりました。 目に付いてストレスが溜まりきっていたので、すっきりしました。 刺激臭も全く無く、快適でした。 ありがとうございました。 大変満足です。 ありがとうございました。 でも、とても満足しています。 さすが、本職!って感じです。 塗布面のカビ以外の汚れ(皮脂汚れや石けんカス等)を浴室用洗剤などで取り、水洗いしてから、よく乾かせておきます。 (=カビの上に余計な汚れがあると、カビ除去ジェルの浸透力が落ちてしまいます) 2. 変色の恐れのある部分には養生テープなどを貼っておきましょう。 酸性タイプの製品やお酢、アルコールなどと混ぜると有毒ガスが発生して危険です。 ゴムパッキンの種類によっては、表面がコートされているものがあります。 カビ除去ジェルの効果が上手く発揮できない場合は、スポンジの硬い面(研磨面)で軽くこすってから、ジェルを塗布するようにすると良いでしょう。 まずは養生を。 3.カビを覆うようにジェルを塗布します。 4.およそ30分〜放置したあと、水洗いします。 5.残ったジェルは歯ブラシを使って落とします。 6.水洗いした後は、よく乾かせておきましょう。 3.洗い流せばすっきり。 このレベルは軽症です。 4.カビ具合にもよりますが、30分放置が目安。 5.カビに効いてきたのが写真でも分かります。 6.水洗いで終了。 4.段々と無くなって来ました!いい感じです。 5.1回目の作業でこれだけ綺麗に落ちました。 このような場合はコーキング自体の打ち直し(新品に貼り替え)をしてください。 また、まれなケースで、浴室内の壁面や天井ボードに紫色の斑点ができることがありますが、これらは色素を持つバクテリア跡やその他変質汚れであり、残念ながら落とすことはできません。 同系色での塗装や交換をお考え下さい。 部屋も汚く見えるので。 お問い合わせいただき、ありがとうございます。 お掃除のプロの方が難色を示されたようでしたら、ぜひ最終手段としてお試しくださいませ。 一度に完全ではなくとも薄くなるようでしたら、繰り返しお使いいただくことで(1日1回など)、改善の可能性が高くなります。 そして、もしよろしければその結果とご感想を、ぜひ当社までお寄せいただけましたら幸いです。 より効果的にカビジェルの成分を発揮できます。 また、耐熱・耐水性に優れるテープのため、結束用にもお使いいただけます。 本製品は酸性タイプの製品やお酢、アルコール、アンモニアなどと混ぜると有毒ガスが発生して危険です。 換気を良くして必ず単体でご使用下さい。 事前に目立たない箇所で変色が無いか確認してからご使用ください。 居間は畳で、洗い流すことができません。 浴室以外の場所は、作業後に、「1.ティッシュなどで拭き取る」「2.雑巾やタオルでの水拭きを繰り返す」作業を行なって下さい。 ただし、ご自身以外の方(作業を知らない方)がジェルに誤って触れたりしないよう、ご注意下さい。 【泡になる液体カビ取り剤】噴霧またはスポンジで塗り拡げることができますので、浴室内に生えてしまった「全体的・範囲の広い」カビ取りに。 なお、バスマジックリンのような浴室用洗剤の代わりに普段使いすることで、カビ防止&匂い防止にもなります。 【天井・壁・床面塗り広げ用とろみタイプ】ハケやスポンジで塗り拡げることができ、ある程度の粘度があるため「天井や壁面、床面」にとどまって=湿布したように効果的で安全性の高いカビ取りが可能です。 綿棒の先にジェルをつけて塗布すると良いでしょう。 耳かきサイズだけでなく、のどの殺菌消毒に使う、のどぬ〜るのように先端の房(ふさ)部分が大きめの綿棒も便利です。 なお、首より上の作業については保護具着用の上、特に注意して下さい。 なお日の当たる場所や高温になる場所には保管しないで下さい。 ジェル状態が液体に戻ることがあります。

次の