ブライトン 420。 ブライトンの次世代GPSサイクルコンピューター「ライダー420」登場|サイクルスポーツがお届けするスポーツ自転車総合情報サイト|www.smartcrowdz.com

視認性を向上させる高品質光学粘着ディスプレイ採用!ブライトン「RIDER420」

ブライトン 420

ブライトンから新型GPSサイクルコンピューター「Rider420」が登場。 シンプルながら77もの機能を搭載する実力派だ。 Rider420では新しいボディデザインを採用し、表示部分は高品質光学粘着ディスプレイにアップグレード。 よりクリアーな表示になり、さまざまな状況下でもあらゆる角度からデータを読み取ることができる。 またバックライトの調整機能が追加。 日中でも夜でも、より画面表示を見やすくなった。 測位機能は世界中の5つの測位衛星システム、GPS(米)、Glonass(ロシア)、BDS(中国)、Galileo(欧州)、みちびき(日本)に対応。 電源投入時でも信号を素早く受信し、建物や木々に囲まれた場所でも信号を受信することができる。 ルートナビゲーション機能は、ターンバイターン(方向指示)方式を搭載。 通りの名称や距離、曲がる方向を手前で案内する。 ルート作成はBryton Activeアプリで簡単に行えるほか、他のプラットフォームからgpx形式でルートデータを取り込むことができ、StravaやKomoot、Rider with GPSとの自動同期も可能だ。 簡単なペアリングで、スピードやケイデンス、心拍など各種センサーを利用できる。 Bluetoothはアップグレードされ、通信やデータ記録の安定性が向上した。 またペダル型パワーメーターにも対応。 クランク長を入力してキャリブレーションすることで、正確なパワーデータを得られる。

次の

ブライトン Bryton Rider 420 コスパ最高サイコンの実力とは③パーツインプレ

ブライトン 420

iGS20E唯一の欠点、それは データのアップロードにはパソコンが必須 ということ。 BluetoothやWi-Fiすら非搭載のiGS20Eは、データをSTRAVA等にアップしようと思ったら、いちいちmicroUSBケーブルでパソコンに接続せねばならないのだ。 個人的にはほぼ毎日パソコンを使うのでさほど問題ないのだが、さすがにこの方式は旧世代過ぎる。 また出先のライド記録を簡単に確認することができないのもちょっと悲しい。 せっかくGPSサイコンを使っているのに、友人とその日どれだけ走ったのか?を見ながらワイワイすることもできない。 ちょっとこれはどうにかしたい そんな時はたまにしかないのだが。 最上位機種iGS620がいつまでたっても発売されない問題 どうせ買い替えるなら値段もそこまで高くないし、ネタ的にもIGPSPORT最上位機種のiGS620でも買っちゃおうかな~なんて考えていた。 iGS620はiGS618の進化版で、旧型でちょっとした難点だった部分(液晶の視認性や起動時間など)が改善されているらしい。 ただこのiGS620がまぁいつまでたっても発売されない。 2019年10月発売と言いながら、国内外問わずいまだに販売店がないのだ。 アリババ経由で買えないことも無さそうだが、どうせ販売店から買ったほうが安いのであんまりそういうことはしたくない。 ちなみにiGS620登場のおかげかiGS618が値下がりしまくっているので、旧型でもいいよ!って人は今がチャンスかもしれない。 他の機種も検討してみる なかなか発売されない機種は仕方がないし、別にIGPSPORT製品にこだわっているわけではない。 どっちかというとIGPSPORTのスマホアプリはなんだかちょっと地雷臭が漂っているので、もし手が届くならもうちょっとだけメジャーなブランド(といってもマイナーだけど)のものに手を出してみたい感もある。 というわけで、他の機種を検討してみる。 格安GPSサイコンの比較 というわけでまずは最廉価なGPSサイコンを見てみる。 2019年は割といろんな機種が発売されたので、最廉価モデルでも選択肢はそこそこある。 0inch 1. 8inch 2. この機種、高度計が搭載されていないのだ。 数値がどれだけ当てになるかはさておき、やっぱりどれだけ登ったのかは知りたいのでパス。 1~2万円GPSサイコンの比較 もうちょっと価格帯を上げると、• IGPSPORT iGS50E• bryton Rider 420• bryton Rider 450 この辺りが視野に入ってくる。 モデル名 IGPSPORT iGS50E bryton Rider 420 bryton Rider 450 画面サイズ 2. 2inch 2. 3inch 2. というかパフォーマンスが高すぎる。 個人的にパワーメーターとかShimano Di2連携とかは全く必要がないのだけども、Rider 450ならそこまで網羅できてしまう。 ほぼできないことが無いといっても過言ではない。 しかもワールドツアーチームも使ってるって、あんまり興味ないけどマジですか。 そのうえ海外通販だとかなり安く買えてしまう…。

次の

bryton ブライトン Rider420のルートナビの使い方 │ ミニベロロード大好き!

ブライトン 420

スマホアプリでマップの作成 まず、サイコンにマップを送るためのデータを作成します。 今回はPCが無い環境を想定してスマホのアプリからサイコンへデータを送って使用することを想定します。 ブライトンの純正アプリのbryton Activeを立ち上げます。 もしbryton Activeインストールしてない場合は最初にインストールしてください。 関連記事 アプリを立ち上げたら画面下の【コース】のボタンをタップすると、以下の画面が表示されます。 その後赤丸で囲ってある【ルート作成】をタップします。 【ルート作成】の画面ではマップが表示されます。 始点と終点を入れてマップ上にルートを作成します。 今回は始点と終点のみを選択し、ルートはブライトンのアプリにおまかせしました。 今回は2点のみ選択しましたが、ご自身で複数の地点を追加してオリジナルのデータも作成することができます。 2つ目のピンを立てるとその間のルートが自動で登録されます。 右上のアップロードアイコンをクリックするとタイトルを付ける画面が表示されます。 その後、【アップロード】ボタンをタップしてください。 次にマイルートをタップします。 詳細画面が表示されると右上にある【サイコンに転送】アイコンをタップしました。 ここまでがアプリでルートを作成してサイコンにデータを送るまでの作業になります。 ルートナビを使ってみる サイコンRider420の電源をONにします。 メニュー画面から【ルートナビ】を選択。 【出発】を選択するとルートナビが開始します。 ロード中画面 画面が表示されました。 左上には1km先の錦通で右折するナビが表示されます。 右上は残りの距離が表示されます。 ルートナビを使いながら、走行データの記録をすることもできます。 次のページに送ると高度が表示されます。 ルートから外れると【ルート外】と表示されいます。 リルート計算などはしてくれませんので、自力でルートに戻ってください。 目的地に到着すると【到着済み】の画面が表示されます。 まとめ 使用して思ったことは、このナビゲーションで間違いなく、目的地にたどり着くことはできますが、快適に速く目的地に着くかどうかはまた別の話です。 ただ、途中で立ち止まってスマホのナビを確認するという作業に比べたら、止まる必要がないので、その分は快適だと思います。 今回は土地勘のある通勤路だっため、正しい評価はできてないと思うのであらためて見知らぬ土地で使ってみて評価をしたいと思います。 今回紹介した商品 関連する記事• 2020. 06 現在のKitt designから、カーボンバトンホイールが販売されていますが、そのバトンホイールに加え新たに2020年ニューモデルの小径車専用カーボン[…]• 2019. 30 岐阜の観光名所といえば白川郷や飛騨高山が有名です。 また何もないと思われている岐阜市。 しかし今回岐阜市内をポタリングしていろいろな発見があったので、今回[…]• 2019. 12 先日交換した11-32T のスプロケを試すため、友達を誘ってゆるいサイクリングに行ってきました。 最初の予定では岐阜市まで往復60km程度を想定してい[…]• 2019. 17 先月に引き続き今月もソロで100kmライドを敢行し無事走り終えることができました。 これで2回連続ミニベロで100kmを超えるロングライドを完走し多少[…]• 2019. 19 Tern Surgeを購入後はサイコン(サイクルコンピュータ)を付けるつもりはありませんでした。 購入の経緯は過去の記事に掲載 というのも、前に乗って[…].

次の