まち カド ま ぞ く 感想。 まちカドまぞく 11話 感想

まちカドまぞく 11話 感想

まち カド ま ぞ く 感想

第12話「伝えたい想い!! まぞく新たなる一歩!! 」 ー明日からまた修行だね。 シャドウミストレスさん。 ( 桃) 優子と桃の百合濃度が高すぎてむせる…!最高すぎた最終回です。 そして、「天の声」の正体がまさかのーー。 というわけで、まちカドまぞく 第12話(最終回)「伝えたい想い!! まぞく新たなる一歩!! 」の感想・考察記事になります。 作品全体を通したネタバレがあるので、未視聴の方はご注意を! (注意: 管理人は原作未読です。 ご了承を) まちカドまぞく 12話のあらすじ・ネタバレ 優子は清子がヨシュアの眷属になっていたことを知ります。 「一人で悩む桃を許せない」と優子は思い、吉田家を出て行った桃を追いかけることになります。 落ち込んでいるであろう桃を求め、優子はミカンに話を聞きます。 ミカンは桜の失踪に動揺し、町内でまぞくと魔法少女は接触できないはずだった、と伝えます。 以上です。 12話の感想と考察 主要キャラクターも全員登場し、大満足の最終回でした!弱る桃と、桃を引っ張る優子の関係が本当に尊い…。 買い支えていきたいですね…! 出会うはずの無い2人が出会った理由 ミカンの口からも、EDのナレーションでも触れられたように、皆が住むこの街では、 結界の仕業で魔法少女とまぞくが出会うことは通常ないようです。 優子と桃が出会った理由について、ミカンは「不思議な力が働いたのかも」と言っています。 もちろん、優子が桃に出会うことを願い、百合パワーで2人を引き合わせた…というのも素晴らしいことですが、個人的には11話で考察した内容が関わってくるんじゃないかな、と思います。 優子の中に、桜は生きているという案ですね。 優子の中に「魔法少女」である桜の眠っているのであれば、桃と優子が出会えたことの説明にもなります。 ヨシュアも「灯台下暗し」の場所にいましたし、 実は桃が探していた人物が自分の手の届く場所にいた…というのはシナリオ的にもしっくりくる気がします。 ちなみに、桜の話題が出た際に、ミカンは「自分の恩人」と言っていました。 残念ながら、ミカンと桜の関係は深く扱われませんでしたが、 「まちカドまぞく」のすべての謎を紐解くには桜の存在が不可欠なようです。 優子の「告白」、「いなくならない」ことを望む桃、桃の動揺 12話のメインイベントで会った、優子の(事実上の)告白イベント。 優子は桃が桜を探せるようになるために、自分の眷属になるように伝えました。 「まぞくらしく欲ばりに生きるのだ!」というかっこいい優子の姿は、魔法少女のそれです。 一連の流れの中で、自分が好きだったのは 優子が桃を1人にしようとしていないことです。 自分も1人では弱くて戦えないから、協力して2人で戦おうと言っています。 口下手な優子らしい桃への誘い方です。 優子の発言に対して、桃は優子が自分自身の言葉で自分に語り掛けてくれたことに驚き、喜びます。 このときの桃の表情をあえて映さない演出が憎い…! ちなみに、最後のシーンでしおんが言っていた「凄い笑顔」も描かれませんでした。 いつか桃の完全な笑顔を見たいものです。 桃が返した言葉は「シャミ子はいなくならない?」というものでした。 突然消えた自分の義姉・桜。 普段はクールに見える桃が、どれだけ桜の失踪で1人で苦しんでいたかが分かるセリフになっています。 突然1人になったから、誰かと一緒になるとまた相手が消えるかもしれない…という思いから、桃は怖いのかもしれません。 でも、それすらも全て汲み取って桃と2人でいようとする優子。 「シャミ子 からは逃げない」と伝える桃。 言葉で語り合う以上の幸せな空気が2人の間を流れる名シーンでした。 ちなみに、桃が桜をどれだけ大事に想っているかはこのセリフからも読み取れます。 桃「何で追いかけてきたの?シャミ子のお父さんを封印したのは うちのお姉ちゃんでしょ。 もう仲良くする理由なくない?」 いつも「姉」と言う桃が「お姉ちゃん」と呼んでいます。 多分、それがいつもの桃から桜への呼び方であったはずで。 突然優子が登場した動揺から、桃の本心が垣間見える1シーンになっています。 ショタ・ヨシュアと愛のこもったナレーション ヨシュアがとんでもないショタ属性のキャラだった…だと!? ツンツンしてる清子さんに、元気いっぱいの少年・ヨシュアくん…。 さて、この作品の中で最大の衝撃であった天の声がヨシュアだったという事実。 この1つ1つが父から娘に伝えられたメッセージだと考えると、心に来るものがあります。 よく聞くと、その大部分が ずっと優子を見守っていて、優子に「強くなってほしい」という気持ちが伝わってくる物になっていたという…。 「頑張れシャミ子。 洗濯物は知識と経験量だ。 タグの見方を誤るな」というナレーション(3話)からは、ヨシュアが家庭的な夫だったことを感じられますw あの見た目で、この声はどうなんだ、とも思いますがそこはご愛敬ということで。 最後まで溢れる小ネタと2期に繋がる?謎のキャラ 最後までまちカドまぞくらしい小ネタが多く登場しました! 自分が一番笑ってしまったのは、犬のくだりです。 飼い主の お姉さんが「犬ちゃん」と言っていましたが…え、いぬって名前の犬なのw 他にも「メソポタハーフ」というパワーワードが登場したり、桃のデートの服装が明らかにミカンに選んでもらった服装だったり、98円のワカメがくっついていたりと、細部まで本当に面白い作品でした。 ところで、街中を優子とリリスが歩いている際に、気になる自分が2人…。 明らかに普通の人間じゃないように見えるお二方、彼女らの正体は一体…? というかそもそも人間なのか…?w 原作はまだまだ続いているようなので、この2人(匹?)が今後物語に登場することはあるのでしょうか。 この先の物語も見たいところですね! 「まちカドまぞく」全体を通した評価・レビュー・感想 独特の早いテンポで繰り広げられるやり取り、くすっと笑えるギャグが大好きな作品でした。 文句なしに面白い!と断言できるアニメです。 何度も書いていますが、 シリアスになりすぎないシリアス感を出すのが上手な作品だったと感じます。 ただ、最終回だけはギャグで桃・優子のやり取りに決着を付けるのではなくて、あくまで2人のやり取りで、より2人の中が深まるような展開を用意していてくれました。 キャラクターも一癖も二癖もある人ばかりで、見ていて飽きなかったのも見どころの1つです。 ツンデレ・クーデレだらけのキャラの中で、真っすぐな性格をしていた杏里と良子がいることで、バランスが取れていたように思います。 最後になりましたが、 原作者の伊藤いづもさん、そして「まちカドまぞく」に関わられた全ての皆さん、素晴らしい作品をどうもありがとうございました!! アニメ「まちカドまぞく」12話感想まとめとご挨拶.

次の

これで勝ったと思うなよぉ!! 『まちカドまぞく』アニメ全12話の無料一挙放送、6月13日(土)19時より放送

まち カド ま ぞ く 感想

第12話「伝えたい想い!! まぞく新たなる一歩!! 」 ー明日からまた修行だね。 シャドウミストレスさん。 ( 桃) 優子と桃の百合濃度が高すぎてむせる…!最高すぎた最終回です。 そして、「天の声」の正体がまさかのーー。 というわけで、まちカドまぞく 第12話(最終回)「伝えたい想い!! まぞく新たなる一歩!! 」の感想・考察記事になります。 作品全体を通したネタバレがあるので、未視聴の方はご注意を! (注意: 管理人は原作未読です。 ご了承を) まちカドまぞく 12話のあらすじ・ネタバレ 優子は清子がヨシュアの眷属になっていたことを知ります。 「一人で悩む桃を許せない」と優子は思い、吉田家を出て行った桃を追いかけることになります。 落ち込んでいるであろう桃を求め、優子はミカンに話を聞きます。 ミカンは桜の失踪に動揺し、町内でまぞくと魔法少女は接触できないはずだった、と伝えます。 以上です。 12話の感想と考察 主要キャラクターも全員登場し、大満足の最終回でした!弱る桃と、桃を引っ張る優子の関係が本当に尊い…。 買い支えていきたいですね…! 出会うはずの無い2人が出会った理由 ミカンの口からも、EDのナレーションでも触れられたように、皆が住むこの街では、 結界の仕業で魔法少女とまぞくが出会うことは通常ないようです。 優子と桃が出会った理由について、ミカンは「不思議な力が働いたのかも」と言っています。 もちろん、優子が桃に出会うことを願い、百合パワーで2人を引き合わせた…というのも素晴らしいことですが、個人的には11話で考察した内容が関わってくるんじゃないかな、と思います。 優子の中に、桜は生きているという案ですね。 優子の中に「魔法少女」である桜の眠っているのであれば、桃と優子が出会えたことの説明にもなります。 ヨシュアも「灯台下暗し」の場所にいましたし、 実は桃が探していた人物が自分の手の届く場所にいた…というのはシナリオ的にもしっくりくる気がします。 ちなみに、桜の話題が出た際に、ミカンは「自分の恩人」と言っていました。 残念ながら、ミカンと桜の関係は深く扱われませんでしたが、 「まちカドまぞく」のすべての謎を紐解くには桜の存在が不可欠なようです。 優子の「告白」、「いなくならない」ことを望む桃、桃の動揺 12話のメインイベントで会った、優子の(事実上の)告白イベント。 優子は桃が桜を探せるようになるために、自分の眷属になるように伝えました。 「まぞくらしく欲ばりに生きるのだ!」というかっこいい優子の姿は、魔法少女のそれです。 一連の流れの中で、自分が好きだったのは 優子が桃を1人にしようとしていないことです。 自分も1人では弱くて戦えないから、協力して2人で戦おうと言っています。 口下手な優子らしい桃への誘い方です。 優子の発言に対して、桃は優子が自分自身の言葉で自分に語り掛けてくれたことに驚き、喜びます。 このときの桃の表情をあえて映さない演出が憎い…! ちなみに、最後のシーンでしおんが言っていた「凄い笑顔」も描かれませんでした。 いつか桃の完全な笑顔を見たいものです。 桃が返した言葉は「シャミ子はいなくならない?」というものでした。 突然消えた自分の義姉・桜。 普段はクールに見える桃が、どれだけ桜の失踪で1人で苦しんでいたかが分かるセリフになっています。 突然1人になったから、誰かと一緒になるとまた相手が消えるかもしれない…という思いから、桃は怖いのかもしれません。 でも、それすらも全て汲み取って桃と2人でいようとする優子。 「シャミ子 からは逃げない」と伝える桃。 言葉で語り合う以上の幸せな空気が2人の間を流れる名シーンでした。 ちなみに、桃が桜をどれだけ大事に想っているかはこのセリフからも読み取れます。 桃「何で追いかけてきたの?シャミ子のお父さんを封印したのは うちのお姉ちゃんでしょ。 もう仲良くする理由なくない?」 いつも「姉」と言う桃が「お姉ちゃん」と呼んでいます。 多分、それがいつもの桃から桜への呼び方であったはずで。 突然優子が登場した動揺から、桃の本心が垣間見える1シーンになっています。 ショタ・ヨシュアと愛のこもったナレーション ヨシュアがとんでもないショタ属性のキャラだった…だと!? ツンツンしてる清子さんに、元気いっぱいの少年・ヨシュアくん…。 さて、この作品の中で最大の衝撃であった天の声がヨシュアだったという事実。 この1つ1つが父から娘に伝えられたメッセージだと考えると、心に来るものがあります。 よく聞くと、その大部分が ずっと優子を見守っていて、優子に「強くなってほしい」という気持ちが伝わってくる物になっていたという…。 「頑張れシャミ子。 洗濯物は知識と経験量だ。 タグの見方を誤るな」というナレーション(3話)からは、ヨシュアが家庭的な夫だったことを感じられますw あの見た目で、この声はどうなんだ、とも思いますがそこはご愛敬ということで。 最後まで溢れる小ネタと2期に繋がる?謎のキャラ 最後までまちカドまぞくらしい小ネタが多く登場しました! 自分が一番笑ってしまったのは、犬のくだりです。 飼い主の お姉さんが「犬ちゃん」と言っていましたが…え、いぬって名前の犬なのw 他にも「メソポタハーフ」というパワーワードが登場したり、桃のデートの服装が明らかにミカンに選んでもらった服装だったり、98円のワカメがくっついていたりと、細部まで本当に面白い作品でした。 ところで、街中を優子とリリスが歩いている際に、気になる自分が2人…。 明らかに普通の人間じゃないように見えるお二方、彼女らの正体は一体…? というかそもそも人間なのか…?w 原作はまだまだ続いているようなので、この2人(匹?)が今後物語に登場することはあるのでしょうか。 この先の物語も見たいところですね! 「まちカドまぞく」全体を通した評価・レビュー・感想 独特の早いテンポで繰り広げられるやり取り、くすっと笑えるギャグが大好きな作品でした。 文句なしに面白い!と断言できるアニメです。 何度も書いていますが、 シリアスになりすぎないシリアス感を出すのが上手な作品だったと感じます。 ただ、最終回だけはギャグで桃・優子のやり取りに決着を付けるのではなくて、あくまで2人のやり取りで、より2人の中が深まるような展開を用意していてくれました。 キャラクターも一癖も二癖もある人ばかりで、見ていて飽きなかったのも見どころの1つです。 ツンデレ・クーデレだらけのキャラの中で、真っすぐな性格をしていた杏里と良子がいることで、バランスが取れていたように思います。 最後になりましたが、 原作者の伊藤いづもさん、そして「まちカドまぞく」に関わられた全ての皆さん、素晴らしい作品をどうもありがとうございました!! アニメ「まちカドまぞく」12話感想まとめとご挨拶.

次の

【感想】まちカドまぞく 3巻 アニメ最終回のその先へ!明らかになっていく秘密と謎

まち カド ま ぞ く 感想

第10話「ご先祖は進化する!! メガネが映す暗黒世界」 ーシャミ子は今、私がプロデュース中だから。 ( 桃) いつもに増して際どい発言が多かったような…。 桃さんや、そろそろ優子を妻として迎え入れて同棲してはいかがでしょう? というわけで、まちカドまぞく 第10話「ご先祖は進化する!! メガネが映す暗黒世界」の感想・考察になります。 10話までのネタバレがあるので、未視聴の方はご注意を! (注意: 管理人は原作未読です。 ご了承を)• まちカドまぞく 10話のあらすじ・ネタバレ 光り輝くプロテインを飲まされるなど、今日も桃に特訓される優子。 しおんはご先祖像を発見し、依り代を作ってご先祖像を動かす実験をします。 優子が作った粘土の手足は酷い動きを見せますが、桃は見事な人形型の依り代を作ります。 以上です。 10話の感想と考察 別室で桃に襲われた?みかんの「そこにアイスはやめて、呪い出ちゃうから!」は色々と想像を膨らませる素晴らしいセリフでした 笑 「不器用さ」と「器用さ」が入り乱れる2人 桃と優子の「器用さ」と「不器用さ」の対比が面白い回でした。 まずはAパート。 リリスの依代を作るべく、優子と桃が奮闘するのですが、完成した物には雲泥の差がありました。 優子が作った手足付きのご先祖像はGのような見た目 笑 をしていて、桃が作った方はかわいい人形でした。 では、優子が不器用で、桃が器用かと言うとそうとも言えないわけで。 Bパートでは相変わらずお菓子を食べて昼食を済まそうとする桃と、桃の為においしい料理を作る優子という対比が描かれました。 最後には、字のきれいさで再び桃は器用(字が上手い)、優子は不器用(字が上手くはない)という面が見られました。 自分はブログ内の記事で、これまでクールなのにかわいいもの好きの桃、ポンコツなのにたまにかっこよくなる優子の魅力を何度も書いてきました。 桃が可愛いもの好きであったりと「 1人のキャラの特性を決めつけない」という面白さがここでも見られたような気がします。 途中までクールに物事をこなしていた桃が、攻撃用ステッキでフライパンをダメにして見たりと 突如ポンコツ化する部分(優子も同様)にまちカドまぞくの魅力を感じます。 桃の良子への発言の真意とは~消された表札の名前~ 桃から気になる発言が2つありました。 詳細は明かされていませんが、この辺りは7話で語られた、今はいない桃のお姉さんに関連しているのではないでしょうか。 何も言わずに桃のお姉さんが姿を消したのであれば、桃の発言とも整合性が取れます。 特に優子と良子は姉妹の関係なので、桃からしても思うところはあったのかもしれません。 妹の立場から、良子に感情移入できる部分も多かったのではないでしょうか。 もう1つ気になったのは、千代田家の表札。 桃の名前の上が消されたような表札になっています。 恐らく、 桃の上に書かれていたのは姉の名前でしょう。 名前は漢字1文字のようですね。 お金持ちの千代田家という面を考えると、わざわざ表札を新しいものに変えていないことから、 桃の姉に対する「きっと帰ってきてくれるはずだ」という想いを感じ取ることができます。 桃さんの尊き発言と行動をまとめてみた いつもに増してぐいぐい優子に迫っていった(なお、優子は気が付いていない模様)桃。 彼女の尊さ満点の言動や行動をまとめてみます。 そもそも優子をモデルに人形を作る時点で相当愛が重い! ちなみに、桃は尻尾の動きからリリスの考えていたことを見抜きました。 以前、桃は優子の尻尾の動きから優子の心情をずばりと当てる場面がありました。 この辺りも、 桃がいつも優子を見ていることが間接的に分かる素晴らしいシーンですね。 桃を看病したときに確かに寝込みは襲っているし、今も飯炊きまぞくとして料理を作りに行っているのであながち間違いではありませんw 優子が完全に無自覚だった部分。 これまでの優子とのやり取りを思い出していたのか、 「良ちゃんの解釈は~」と呟く場面の桃は完全に恋する乙女のそれで、かわいいです。 意識している桃、身に覚えがない優子。 あの手この手で優子を家に呼ぼうとする魔法少女・千代田桃。 手口の狡猾さからどっちがまぞくなのか分かりません 笑 ちなみに、この後良子のアルバムに危機管理フォームの優子の写真が桃によって入れられていたことが判明したわけですが… 桃は一体いつの間に正面から優子の写真を撮影したんでしょうか。 ちょっと素敵な優子のメモ さらっとギャグテイストに流されていたけれど、好きだった場面。 それが優子が桃について知っていることを箇条書きにしていた部分です。 その内容は ・めん類が好み ・ソースよりしょう油 ・字がきれい の3つでした。 注目すべきは上の2つで、桃の好きな料理や味覚について書いてあります。 元々食事に興味の無い桃が麺やしょう油の味付けを好きになった理由って… 優子と桃の食事を振り返ってみると ・フードコートのうどん ・病気になった際に優子が作ったうどん ・今回のやきうどん はい、 どう考えても優子と食べた料理に引きずられてうどん好きになっています、本当にどうもありがとうございました。 めん類が好みなのではなく、よくよく見てみると めん類が「好みになった」のが桃の真実のはず。 そこに気が付かず、今日もうどんを作りに行く優子…尊さの極みです。 続・面白ポスターのご紹介! 最後に、前回も紹介した学校の掲示板について紹介します。 今回の掲示板の張り紙やポスターはこちらです! トリタロウ(名前をコメントで指摘してくださったゾノさん、ありがとうございます!)の貰い主が決まっていたり、と芸の細かさが発揮されています。 最も面白かったのは標語「 マザボは何の予兆もなく壊れる」です。 マザボはパソコンの核となる部品のことですが、この 標語が今回もBパートのパソコン壊れた騒動に繋がっています。 また、ポスターとは全く関係ないですが、例のメモを書く際に優子が使っていたペン。 「ふわたり銀行」って不穏すぎるでしょww 小道具や背景で、不意に笑わせてくる安定感は流石です。 アニメ「まちカドまぞく」10話感想まとめと11話に向けて.

次の