ニコン z50。 ニコンZ50って防塵防滴じゃなかったの?

ニコンZ50って防塵防滴じゃなかったの?

ニコン z50

Nikon Zシリーズ最新モデルが登場 2018年秋にニコンにおけるミラーレス一眼カメラとして誕生したZシリーズ。 これまでに 高画素モデルであるZ7と スタンダードモデルであるZ6が発売されてきましたが、これらは どちらもフルサイズセンサーを搭載していました。 当初は今話題のフルサイズミラーレス一眼に特化したシリーズかと思いましたが、今回ご紹介していく Z50は、ZシリーズながらAPS-Cセンサーを搭載していることが特徴的です。 各社ミラーレス一眼カメラの開発については発展途上の段階で、今後の展開が各社で大きく異なるところですが、ニコンではミラーレス一眼シリーズの最新モデルとして、APS-Cセンサーを搭載したZ50を発表しました。 Zシリーズのイメージを崩さないまま、ライト層にも気軽に扱うことができるモデルとして発表されています。 外観レビュー ここからはNikon Z50における大きさや重さ、デザインなどの外観面について実機を使用してご紹介していきます。 一眼レフでは実現できなかった携帯性 これまでニコンでは多くのAPS-Cセンサーを搭載した一眼レフカメラの開発を行ってきました。 今回ご紹介しているNikon Z50は、 小型・軽量が特徴の一つでもあるミラーレス一眼のタイプとなっています。 Nikon Z50でも ミラーレス一眼らしいコンパクトさを感じることができ、その大きさはこれまでの主流であった一眼レフと比較すると大幅に軽量化を実現しています。 一眼レフの良いところを受け継いだ操作性 一眼レフから全てを大きく変えた訳ではありません。 Nikon Z50では、 一眼レフ開発で培った使いやすさを追求した操作性を継承し、ボディにおけるボタン配置やダイヤルの使い勝手など、 ニコンらしさを感じることのできる操作性を実現しています。 また、撮影時の操作で必要なボタンやダイヤルは、シャッターボタンの周囲およびボディ上部と背面の右側に寄せており、 カメラを構えた際にカメラを支える右手だけで操作のほとんどを完結することができる設計になっています。 大型3. 2型タッチパネルディスプレイを搭載 背面の画像モニターには、 3. 2型104万ドットの大型・高精細モニターを搭載し、タッチパネルも採用したことから スマートフォンのような直感操作も可能としています。 また、モニターでは チルト式の可動モニターを採用しており、上下の広い範囲で自由な角度調整が可能となっています。 性能レビュー 続いてカメラの本質となる撮影性能面についてご紹介していきます。 カメラボディとしてはこれまでFマウントで展開されてきた一眼レフよりもコンパクトを実現していましたが、画質や各シーンにおける撮影性能についてご紹介しています。 5-6. 3 VR, F4. 5-6. 構造面で優れていることからFマウントよりも更に質の高いレンズ開発が可能となったNIKKOR Zレンズを使用することで、 伝統と最新技術が合わさった高画質を得ることができます。 既に発売となっているZマウント用のレンズも共通のマウントであることから使用することができ、 今後着実に増えていくZマウント用レンズという将来性にも可能性を感じます。 思い描く理想へ近づける[Creative Picture Control] Nikon Zシリーズになってからフィルター機能として搭載されている [Creative Picture Control]ですが、Nikon Z50でも 一押しの機能として搭載されています。 [Creative Picture Control]では、 画像における仕上がりのイメージを調整することができるフィルターで、これまでは撮影後にフィルター加工が必要であることや、RAW現像による調整が必要でしたが、撮影時に[Creative Picture Control]を使って 仕上がりイメージを確認しながら撮影することができます。 様々なフィルターが用意されていますが、そのどれもが色々なシーンで使うことのできる優しくも印象的なイメージへと仕上げてくれます。 初心者だけにとどまらない性能や機能性 Nikon Z50は、使い勝手の良い操作性や[Creative Picture Control]などの機能面などから初心者にもおすすめできるカメラですが、 初心者だけに留まらず、既にカメラを趣味にされている中級以上の方にもおすすめできるモデルです。 この辺りの 対応ユーザー層の幅広さはニコンならではとも言えるでしょう。 上記でご紹介した性能・機能面以外にも細かいシャープネスの調整が可能である 「ピクチャーコントロールシステム」の搭載や、撮影シーンに合わせてカメラが最適な設定を自動的に行ってくれる 16種類のシーンモードなど、カメラを簡単で気軽に使いたい初心者の方から、細かい部分まで調整したいこだわりを持った方まで、 誰もが満足できるモデルです。 5-6. 3 VR, F5. 5-6. 5-6. 5-6. 5-6. 3 VR, F4. 5-6. 3 VR, F5. 5-6. 3 VR, F5. 5-6. 3 VR, F5. 5-6. 3 VR, F8, ISO400, 30. 5-6. 3 VR, F11, ISO110, 19. 5-6. 5-6. 5-6. 3 VR, F6. 5-6. 3 VR, F4. 5-6. 3 VR, F4. 5-6. 3 VR, F6. 5-6. 3 VR, F4. 既に大きな盛り上がりを見せているミラーレス一眼市場ですが、 どのメーカーが優位な状況に立てるかというのは現段階では何もわからないと言えます。 ソニーは既に多くの製品を開発しており、現時点では優位ですが、追いかけるようにキヤノンやニコンも持ち味である技術力を活かした製品開発を進めています。 発展途上だからこそどのメーカーにもチャンスはありますが、ZシリーズにおいてAPS-Cセンサー搭載のモデルを発表したというのは、一つの変化として面白みを感じるところです。 フルサイズセンサー搭載モデルで下位モデルを作るわけではなく、APS-Cセンサー搭載モデルとして発表したことは 直接的なライバルとなるキヤノンとは少々異なる戦略で、今後のユーザーによる反応が気になるところです。

次の

Nikon (ニコン) Z50 実写レビュー

ニコン z50

画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く ニコン Z50 を2ヶ月以上使ってみて、軽量小型で使いやすく ミラーレスカメラの特色を活かしたカメラという感じがする。 A3プリントサイズ以下の画質に不満は無く、Zマウントと 優れたレンズ設計によりフルサイズとの差は実質認められない。 5-6. 3、JPEG 50mmから225mm、絞り開放 ISO Auto 640から20000 JPEGの表記: JPEGで撮影後明るさ、自然な彩度を少し調整する位は JPEGとし、 16bit TIFFに変換後1EV以上の明るさの調整や 色調整、HDR処理等をする場合はJPEGと表記しない。 8 を持ち出していたが、 こんな軽量小型のカメラ、レンズでこれだけ撮れるとは 思ってもいなかった。 鳥羽の火祭りの写真ギャラリーは ポルトガルの旅行は台風並みの暴風雨で、傘を2本壊してしまう突風にも襲われた。 8 だけの、こんな軽量小型な機材で海外旅行するのは初めての経験で不安だったが、もし大きく重い機材を持っていったら疲れ切ってしまったはず。 カメラバッグも小型の Retrospective 5 と ポーチ Stuff-it! 、メディアケース併用 (詳細下記) 結果的に良い写真が撮れ、楽しく写真撮影できた。 写真は撮れてナンボの世界 Nikon Z50、50-250mm、ISO 8000 暴風雨の中必死で撮影し、ホテルに帰って写真を 確認し、サンタクロースが運転しているのが わかってびっくりした。 カメラをバッグから出す時突風で落下させ、金属製フードが曲がる衝撃を加え、かって他社のカメラでマウントが変形してしまったことを思い出しひやっとしたが、何もなかった。 プラマウントも、沈胴も大丈夫で奇しくも衝撃試験をした。 予備のバッテリは1個しか持って行かなかったが、 こまめに電源オフすると1日バッテリ交換せず持つ。 ポルトガルには 4日しかおれなかったが、 悪天候の中良い写真が撮れた。 もう一度ゆっくり行きたい。 ポルトのレロ書店 3枚の写真を手動で パノラマ合成した。 撮影許可を得ている。 Nikon Z50 50-250mm F5 小雨が降る悪い条件だったが、濡れた路面に光が反射し、良い雰囲気を出してくれた。 撮影方法については下記 50-250mm はすごく存在感のある写真が撮れる。 絞り開放からシャープで、画面端部まで収差はほとんど見えない。 20万円を超えるレンズならわかるが、こんなに安いレンズでこれだけ撮れるのは経験がない。 驚きだ。 Nikkor Z はいずれも素晴らしく、F1. 8単焦点レンズは軽量なので Z50 に付けても違和感が無い。 8 S は36mm相当になり、ポートレート撮影では自然な感じに撮れる。 モデル撮影では意気込みを見せる為レンズは大きいほどよい。 シャンパンゴールドのイルミネーションの丸の内で撮影 本当はもう少し早い時間の方が暗部が暗くならず、空がダークブルーになってきれいに撮れる。 Nikon Z50 50-250mm 200mm F5. 6 ISO8000 ノイズ低減 LOW JPEG 信頼を置いている Ricci が Z50 と Z6 の高感度性能を比較している。 ISO 1600までは差がほとんど無い。 ISO 3200でわずかな差が認められるが 日常使いでは大きな差は無い。 ISO 6400ではカラーノイズ、細部描写に差が認められるようになるが、使用目的や鑑賞サイズによっては両者とも問題ない。 ISO56000では細部描写を失い、D50の方が劣るが、以外と差は大きくない。 この暗さの写真としては使えないことはない。 D50 はAPS-Cサイズカメラとして低感度特性が良いことが比較テストでも実証された。 6を基準にする。 両方とも開放からシャープで、完全に実用できる。 移動時以外は沈胴させずに使っていつので、普通のレンズと変わらない。 5-6. 3 は沈胴させるとパンケーキ並みに小さいのがよい。 移動時以外レンズを沈胴させず、すぐ撮影できる状態にしている。 5-6. 5-6. 3 で24mmから約400mm相当をカバー 絞りF6. 3はF5. このレンズは化け物(:下の左から Z 16-50mm、Z 50-250mm、Z 24-70mm、F 70-200mm、F 70-300mm) Z50 のキットレンズは価格や重さを考えると信じられない。 (勿論レンズの明るさ、センサーサイズが異なるが) 大きく重く高価なレンズの性能がよいのは、ある意味当たり前。 小さく軽く安いレンズの性能でメーカーの力がわかる。 Z 16-50mm のレンズ構成を見るとEDレンズ1枚、非球面レンズ4枚使っており、収差を徹底的に排除している。 Z 50-250mm はEDレンズ1枚、非球面レンズは使っておらず、オニオンリングが出ないので好ましい。 12群16枚と多くのレンズを使い収差等を排除している。 ダブルズームレンズがあればほとんどの撮影がこなせるが、単焦点レンズを持っていくと表現力がふえる。 レンズロードマップが更新され DX 18-140mm ズームレンズも出る。 薄型レンズ 28mm は42mm相当の準標準レンズになる。 D50 の売れいきが良ければZ DXレンズが追加されると思う。 ニコンの新らしいZレンズロードマップは デジチュータの例(夜景の撮り方) ニコンのホームページに使用説明書や デジチュータが載るので参照ください。 なんでデジチュータみたいなわかりにくい言葉を使うんだろう。 動画説明書とかYouTube説明書とすれば誰にでもわかる。 私の場合シャッタータイミングを優先し、又失敗が無いよう、撮影中はほとんどカメラの設定は変更しない。 カメラを構える前にカメラの設定を変更するようにしており、ユーザーセッティングモード(U1とU2それにAモード3種類)を使う。 ISOと露出補正は専用のボタンを使い、動画ボタンは露出ブラケットに変更して使っている。 7EVで撮影し、後でHDR合成する。 (マニュアルで撮影することもある。 ) カメラの設定については いくらカメラやレンズが良くても、撮影技術知っていても素晴らしい写真が撮れるとは限らない。 素晴らしい写真を撮るには RAWで撮影しよう 高画質な画像を得るにはRAWで撮影することが重要で、私は全てRAWで撮影している。 (JPEG Fine同時記録) JPEGデータは8bit(256階調)でデータ量が小さいが、撮影時の多くのデータが失われており、後処理耐性が低い。 12bitでは4096階調、14bitでは16384階調となり、12bitでも14bitとの差はわからない程度。 風景写真では14bitにすればよい。 私はRAW現像後16bitのTIFFでデータ保存している。 ニコンは簡単に写真を整理したり、RAW現像したり、画像処理ができるソフトを無料で提供している。 初心者の人はまず をニコンのホームページからダウンロードして利用するとよい。 Capture NX-D を使うと 高度なRAW現像ができる。 右は Capture NX-D で ピクチャーコントロールを ドリームにした。 詳細は ワークフローについては Lily Deanne Lucido thinkTANKphoto Lily Deanne は、女性デザイナー Lily と 女性プロ・フォトグラファー が 女性プロ・フォトグラファーにインタビューしデザインされた カメラバッグだが、男性にとってもおしゃれでよい。 Retrospective 5 よりもう少し大きいLucide を購入した。 5-6. 3 が入る。 スリングタイプを使ってみると、ショルダータイプとバックパックタイプの 良さを合わせ持ち、バッグを肩にかけたままカメラの取出しやレンズ交換が でき気に入った。 ストラップを右肩、左肩に変えることができる。 表皮は布製で高級感があり、レインカバーが付属している。 フォトグラファーにとって最も重要なのは撮影データ。 SDカードは小さく、無くしてしまいがちなので、必ずメディアケースに入れ紛失しないよう身に付けている。 thinkTANKphotoのメディアケースはSDカード7枚が収納出来、紐に付いたクリップでポーチや、バッグ、ベルトに留めている。 thinkTANKphoto Stuff-it! は小さなポーチだが、じゃまにならないのがよい。 海外旅行ではパスポート、財布(チップの小銭はポケットに入れている)、 普段使いのクレジットカード(予備のカードは財布の中に入れている) iPhone等も入り重宝している。 Gitzo 2型4段トラベラー GK2545T-82QD、1型トラベラー GT1542T は旅行用に使う。 このような軽量の三脚では、Gitzo の堅牢さが効果を発揮する。 しかし、なるべく4段目の脚は伸ばさず、エレベーターは使わないようにしている。 風が強い時は、体で三脚を押さえるようにして支えるとよい。 Nikon Z50 と D500、D7500、D5600 の比較 Nikon Z50 Nikon D500 Nikon D7500 Nikon D5600 撮像素子 2088万画素 APS-Cサイズ(参考 Nikon D5 : 2082万画素 フルサイズ) 2416万画素 APS-C 使用可能レンズ Zレンズ、Fレンズ 一部制約有 Fレンズ 重さ 450g 860g 720g 465g 大きさ 126. 02倍 OVF、1倍 OVF、0. 94倍 OVF、0. 82倍 モニター チルト式、自撮り可 3. 2型 104万ドット チルト式 3. 2型 236万ドット チルト式 3. 2型 92万ドット バリアングル式、自撮り可 3. Z50 の位置付け:(分かりやすくする為の目安と考えるのがよい) Z50 はEnthusiastの分類で D500、D7500 に次ぐ位置付けで、Advanced Entryの D5600 より上位になっている。 EntryとAdvanced EntryにはZカメラは無く、今後 Z50 より軽量小型機 内蔵EVF無しかも が出てくる可能性はある。 ちなみに Z7 はPro FFの分類で、D5、D850 に次ぐ位置づけ、Z6 はEnthusiast FFのトップで、Z7 に近い位置にある。

次の

ニコンから新しいミラーレスが来た!Nikon Z50を完全レビュー

ニコン z50

Z50はニコンのZマウントでは初のDXフォーマットのカメラです。 DXフォーマットというのは、ニコンがAPS-Cセンサーサイズで採用するフォーマットの名称です。 ミラーレス一眼の競争が激化した2018年、ニコンが初めて投入したのがオールラウンドモデルのZ6でした。 そこからハイエンド向けにZ7が登場し、どちらもフルサイズを採用しているモデルでしたが、もっと身近に誰でも扱えるミドルレンジモデルとしてZ50が発売されました。 さて、カメラ初心者である筆者はこれまで写真なんてスマホで十分でしょなんて思っていたのですが、Z50使い始めたら意外と良機種で感動しました。 今回はZ50をレビューしてみたいと思います。 Contents• これは小さくなったZ Z50のボディの重さは約450gと非常に軽量です(バッテリー、SDカード含む)。 持っていても疲れにくいし、バッグにも入れやすいちょうどいいサイズ感。 Z7と比べてみましょう、左がZ7、右がZ50です。 モードの切り替えダイヤルが逆になったのと、Z50には小型のOLEDモニターがありません。 グリップの長さもZ50のほうが少し長く、非常にグリップしやすいと感じます。 入力インターフェースです。 Z7のほうはリモートレリーズ端子と、イヤホン端子が備わっています。 Z50はマイク端子はありますが、イヤホン端子はありません。 Z7はUSB-C端子ですが、Z50はmicro USB端子でした。 ここはUSB-Cにしてもらいたかったですね。 細かなボタン配置は異なるものの、2台とも似たデザインになっているため、操作の迷いはありませんでした。 画面は3. 2型の104万ドットのタッチパネル液晶。 個人的には大きくて見やすいなと感じます。 Z50にはSDカードが入ります。 Z7がSDカードではなくXQDカードだったため、評価が別れやすい部分だったと思います。 撮影してみた ニコン Z50を持ってでかけてみました。 天気はあまりよくなかったですが、いくつか撮った写真を載せてみます。 やっぱりニコンなので、見たままの色の再現度がそのまま現れていて、日差しの当たった紅葉の色づいた木々が綺麗に撮れています。 特に今日は夕焼けが非常に綺麗で、スマホでは微妙に明るく補正されてしまう空も青と赤のグラデーションが綺麗に写っています。 Z50が非常に軽くてコンパクトなサイズなので、持ち歩くにはちょうどいいサイズ感だなと思います。 「あ、この風景撮りたい!」と思ったらサッと取り出してすぐに構えることができるのがすごく良い。 今回15-50mmの本体付属のレンズを使用。 ニコンは1. 5倍計算なので、35mm換算で24-55mm程度になります。 24mmだと大体スマホの広角レンズと一緒くらいの画角になるので、スマホでカメラを構える感覚と近いものを感じます。 背面液晶は180度チルト式なので、自撮りも容易にできます。 180度チルトにした状態でシャッターボタンを押すと、自動でセルフタイマーが始まる自撮りモードになりました。 Creative Picture Controlでエモい写真も撮れる Z50には20種類ものエフェクトで写真の表現が変わる 『Creative Picture Control』が搭載されています。 効果の度合いも調整可能なので、自分の好みに合わせて調整して、独創的な写真に仕上げることもできます。 個人的にはあまり使うことがない機能ですが、たまに使ってみるとすごくエモい写真が撮れたりするので面白いですね。 グラファイト トイ Z50は小さいながら、色の再現性、表現力に優れた画質を持っていると思いました。 標準レンズは35mm換算で24~75mmと普段のちょっとしたスナップ写真には使いやすい画角です。 このサイズ、軽さは他のカメラには負けないニコンならではの強いアドバンテージです。 普段フルサイズを使っているカメラ熟練者もサブ機として、カメラ初心者で一眼デビューしたい人にとってもおすすめしたい機種です。 レンタルはこちら 像面位相差AF画素搭載のニコンDXフォーマットCMOSセンサーと画像処理エンジンEXPEED 6を搭載。 カメラ有効画素数は2088万画素、常用ISO 100~51200、拡張ISO 204800。 高速、高精度にピント合わせを行うハイブリッドAF。 顔認識、瞳AFも可能。

次の