ライジング ジャパン エクイティ。 ライジング・ジャパン・エクイティ株式会社 · ライジングジャパンエクイティ · 〒100

企業の成長戦略とプライベート・エクイティ・ファンドの活用|MA Channel:ちょっとためになるコラム|日本M&Aセンター

ライジング ジャパン エクイティ

エクイティファイナンスとは? エクイティファイナンスとは、企業が新株を発行して、事業のために資金を調達することを意味します。 「エクイティ」(株式資本、自己資本)を増加させる資金調達方法のため、このような呼び名になっています。 エクイティファイナンスで資金を調達することで、貸借対照表の資本が増加します。 エクイティファイナンスで増資をする方法 新株を発行して増資をする方法は、大きく分けると下記の4種類があります。 公募(時価発行増資) 時価で新株を発行し、資金調達をする方法を公募と呼びます。 そのため、公募は時価発行増資とも呼ばれます。 額面ではなく時価で新株を発行するということは、自社の株価が高ければ高いほど、少ない発行株で多額の資金を調達できますので、大きなメリットとなります。 株主割当増資 株主割当増資は、新株を発行する際に、その割り当てを受ける権利を、既存株主に保有株数に応じて与える増資方法です。 株主は、割り当てられた新株の申し込みや払込みをする義務は特になく、割り当てられた新株の数すべてを申し込む必要もございません。 既存の株主から申し込みがなければ、その権利は失効するだけです。 なお、株主割当による新株の払込み金額は、通常は時価より低い金額で発行されます。 第三者割当増資 第三者割当増資は、株主であるかどうかを問わず、特定の第三者に新株を引き受ける権利を与えて増資する方法です。 この増資方法は、取引先や業務提携先などとの関係を安定させたいときや、自社の株価が低くて通常の増資ができないときによく使われます。 転換社債型新株予約権付社債 一定の価格で発行する企業の株式に転換できる権利がついた社債(転換社債)を発行する方法です。 英語では「Convertible Bond(CB)」と呼ばれています。 転換社債型新株予約権付社債は、株式に転換できるというメリットがありますので、普通社債と比べると利回りは低くなります。 なお、株式への転換は、あらかじめ価格(転換価格)が決められていますので、株価がその価格以上に値上がりしたときには、大きな利益を得られる可能性があります。 また、株式に転換しなければ、普通社債と同じように毎年一定の利払いがあり、満期には額面金額が償還されます。 エクイティファイナンスで資金調達するメリット・デメリット 資金調達において多くのメリットを持つエクイティファイナンスですが、メリットとともにデメリットも存在します。 その両面を整理しておきましょう。 エクイティファイナンスのメリット エクイティファイナンスは、原則的に返済期限がない資金調達方法となります。 そのため、金融機関から借入れをするときのように利息の支払いをする必要がなく、必要な資金が無駄なく確保できます。 それだけでなく、株主を増加させることにより資本が増えることから、財務体質を強化する効果もあります。 エクイティファイナンスのデメリット 株主にとっては新株として発行株式が増えた分、一株の価値が薄まります。 そのため、株主割当以外のエクイティファイナンスの場合、既存株主に対して合理的な説明を行って、理解を得る必要があります。 また、新株の多くを第三者が握った場合には、経営に口出しをされ、会社の支配権や配当方針に影響が出る可能性もあります。 エクイティファイナンスとデットファイナンスとの違い 企業が資金調達する方法には、金融機関などから資金を借り入れるデットファイナンスという方法もあります。 デットファイナンスはエクイティファイナンスとは異なり、いわゆる借金です。 そのため、返済義務と返済期限があり、借入金額に応じて利息も必要になります。 エクイティファイナンスで資金を調達すると会社の資本が増加するのに対して、デットファイナンスで資金を調達すると会社の負債が増加するといった違いがあります。 エクイティファイナンスで資金調達を成功させるために エクイティファイナンスは株式発行する会社側にとってはメリットが多くても、既存株主には株式価値希薄という負担がかかる資金調達法となります。 そのため、エクイティファイナンスを乱発することなく、会社の成長や収益の改善につながるときにだけ実行するようにしましょう。 しかし、エクイティファイナンスを実現するまでには、株主への説明や会社法で定められている手続きなどが必要となります。 資金調達までは、ある程度の期間を要することを頭に入れておきましょう。 2018年9月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

次の

中小企業成長支援ファンド「ライジング・ジャパン・エクイティ第二号投資事業有限責任組合」に出資を行う組合契約を締結|中小機構のプレスリリース

ライジング ジャパン エクイティ

主要入居企業• UACJ• 産経デジタル• 総合メディカル 東京オフィス• 産経新聞出版• サンケイビルウェルケア• 物産フードサイエンス 東京本社・東京営業所• Spelldata• 日本設備工業• サンケイリアルエステート投資法人• 医療法人社団 渡邊内科• 産業経済新聞社 東京本社• 梶谷綜合法律事務所• ソコテック・サーティフィケーション・ジャパン• ニッパウエンジニアリング• 総合メディプロ• SANS JAPAN プロジェクト事務局• シー・アイ建築認証機構• サンケイビル・アセットマネジメント• 中和機械• メジャーヴィーナス・ジャパン• UACJ鋳鍛• 稲葉総合法律事務所• 潮書房光人新社• 北海道二十一世紀総合研究所 東京事務所• セントラルビルメンティナンス• 東京ライニング• キャリアパワー 大手町支社• サニーメタル• 安田日本興亜健康保険組合• ミロク情報サービス 東京第一支社• MSCI• NRIセキュアテクノロジーズ• 野村総合研究所 大手町分室• 双日建材• センチュリー法律事務所• ライジング・ジャパン・エクイティ• ソニ-生命保険 東京中央LPC第1支社• ソム・テック 東日本支店 等 入居施設• 情報の正確性を保証するものではございません。 最新の情報は企業公式サイト等でご確認ください。

次の

ライジング・ジャパン・エクイティ株式会社

ライジング ジャパン エクイティ

2020年6月19日• 2020年6月5日• 2020年6月5日• 2020年6月5日• 2020年6月3日• 2020年5月29日• 2020年5月8日• 2020年5月4日• 2020年4月28日• 2020年4月17日• 2020年4月2日• 2020年4月1日• 2020年4月1日• 2020年3月31日• 2020年3月30日• 2020年3月27日• 2020年3月26日• 2020年3月24日• 2020年3月24日• 2020年3月11日• 2020年3月6日• 2020年3月6日• 2020年3月6日• 2020年3月2日• 2020年2月21日• 2020年2月14日• 2020年2月14日• 2020年2月7日• 2020年2月7日• 2020年2月6日• 2020年2月5日• 2020年2月3日• 2020年1月31日• 2020年1月31日• 2020年1月23日• 2020年1月23日• 2020年1月23日• 2020年1月17日• 2020年1月10日• 2020年1月7日• 2020年1月6日.

次の