ハロウィン 意味。 ハロウィンの意味って何?今更聞けない由来や基礎知識!

【楽天市場】ハロウィン特集|ハロウィンっていつ?由来は?

ハロウィン 意味

10月31日に行われる 「ハロウィン」。 日本でもこの時期になるとハロウィンイベントや仮装などで、盛り上がり、街中がハロウィンで盛り上がります。 特に小さいお子さんがいるご家庭では、幼稚園などでもイベント行事が企画されたりしているのではないでしょうか? 子供達もハロウィンにはお菓子をもらえたりするので大喜びなのですが、 「ハロウィンって何?」と聞かれるとうまく答えられない親御さんも多いようです。 今回は、ハロウィンについて知っておきたい基礎知識! ハロウィンとは?由来や意味&起源は?また、ハロウィンになるとよく見かけるかぼちゃやジャック・オー・ランタン&トリックオアトリートの意味についてご紹介します。 ハロウィンとは?由来や意味&起源は? ハロウィンは、 キリスト教の祝日「万聖節」の前夜のお祭りで、毎年 10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられているお祭りのことです。 その昔、ケルト人の1年の終わりは10月31日でした。 この日は 秋の収穫を祝う収穫祭が行われていましたが、この1年の終わりの日の夜には、死者の霊がこの世に戻ってきて、黒猫を連れた魔女や悪霊が悪さをするとも信じられ、 秋の収穫を祝うとともに、悪い霊を追い払う宗教的な意味合いのお祭りも行われていたのです。 やがて、時代とともにケルト人が行っていたこのお祭りとキリスト教が融合し、現在のハロウィンの行事として残っていったのです。 現在では、カトリック教会で11月1日に祝われる 「諸聖人の日(万聖節)」の前夜に行われるお祭りとして認知されています。 「諸聖人の日(万聖節)」とは、カトリック教会の祝日の一つで、すべての聖人と殉教者を記念する日とされ、 日本で言うお盆のようなもので、死者の魂がこの世に戻ってくると考えられているため、その期間にお墓参りをしたり、亡くなった人に祈りを捧げたりします。 ハロウィンの語源は? ハロウィンは英語表記で 「Halloween」と書きます。 この「Halloween」の語源は諸説あり、カトリック教会で11月1日に祝われる「諸聖人の日」の前晩にあたることから、諸聖人の日の英語での旧称 「All Hallows」の 「eve(前夜)」、 「Hallows eve」が訛って、 「Halloween」と呼ばれるようになったとされている説や、 神聖な「hallow」と 夜「evening」が合わさり 「Halloween」となったいう説などがあります。 また、 万聖節(All Saints' Day)は、公式には 「Solemnity of All Saints」略して 「All Saints」と呼ばれるほか、 「All Hallows(オールハロウズ)」、「Hallowmas(ハロウマス)」とも表記されます。 「Halloween」という言葉には 「神聖な」を意味する 「Hallow」という言葉が含まれているのがポイントかもしれませんね。 スポンサーリンク 「Trick or Treat」は 「お菓子をくれないと、いたずらするぞ!」という意味で、子供達が唱えながらお菓子をおねだりするのですが、直訳すると、「Trick=悪巧み、いたずら」、「Treat=招待する、接待する、ごちそうする」などを意味します。 そして、ごちそうが何も差し出されないと、物乞い人や霊たちは、いたずらをします。 これが、トリック・オア・トリートの楽しいやりとりの原型となっています。 それから、1900年代初期にどこかのいたずらっ子が 「Trick or Treat!」と言ってお菓子をおねだりしはじめ、1952年のディズニーアニメ「Trick or Treat(ドナルドの魔法使い)」の中のセリフで使われたことで、世界中で認知され、 ハロウィンの決まり文句として定着したのです。 ちなみに、「Trick or Treat!」と言われた時には、 「Happy Halloween!」または 「Treat!」と答えてお菓子をあげるのが一般的です。 どうしてハロウィンには「かぼちゃ」なんでしょう? ケルト人の時代、1年の終わり10月31日には、霊がたくさんこの世にやってきます。 悪霊や魔物もうろつくので、悪霊にあの世に連れていかれたりしないように、 魔除けの意味も込めて、焚火を焚いたり、仮面をつけたりしていました。 こういった儀式と 「ジャック・オー・ランタン」の伝説とが混ざり、元々は「カブ」をくり抜いて中に蝋燭を立てて火を灯していましたが、「ジャック・オー・ランタン」の話がアメリカに伝わったのち、アメリカでの生産が多かったカボチャのランタンに変化していったのです。 スコットランドでは現在もカブ(ルタバガ)が使われています。 昔、あるところに「ジャック」という悪いことばかりする男がいました。 あるときジャックは、魂を取ろうとやってきた悪魔と出会います。 ですがずる賢いジャックは、悪魔をうまく騙して自分が死んでも地獄には行かない、という約束を悪魔とかわします。 そして、その後死んでしまったジャックは、生きている時に悪いことばかりしていたせいで、天国にも行けず、仕方なく地獄の門へと向かいます。 ですが、悪魔との約束のおかげで地獄にも入れてもらうことができません。 困り果てたジャックは「だったらどこへ行けばいいんだ?」と悪魔に尋ねると悪魔は「元いた所へ戻るんだ。 」と言いました。 ジャックは来た道をトボトボと戻りはじめました。 その道はとても暗く、風がひどく吹いていました。 真っ暗では道がわかりません。 ジャックは悪魔に頼みました。 「わしに明かりをくれ。 暗くて道がよく見えないから」と。 悪魔は地獄で燃えている火の塊を一つジャックにあげました。 ジャックはその火の塊をカブの中に入れてちょうちんを作りました。 そしてそれを手にいつまでもこの世とあの世を彷徨い続け、「提灯のジャック」 ジャック・オー・ランタン と呼ばれるようになりました。 これは、アイルランドの昔話が元になっていると言われています。 このお話がアメリカに広まるときに、カブから カボチャに変化したと言われています。 そしていつしか、ジャックの持つ提灯が 死んだ人々の魂のシンボルとなり、 10月31日には、魔除けや悪霊を追い返す意味を込めて、このジャック・オー・ランタンを家の戸口に飾るようになったのです。

次の

ハロウィンとは。意味や由来は?子供に簡単に説明するには?

ハロウィン 意味

秋の行事・イベント 2018. 02 Tsuyopon ハロウィンと宗教の関係! 宗教的意味やキリスト教では禁止されている? ハロウィンの時期が近づくと、コンビニや100円ショップでは一斉にハロウィングッズが並びだします。 このように、最近ではすっかり日本でもイベントとして定着した感があります。 でも、 ハロウィンの起源は?と聞かれると、答えられる人は少ないと思います。 ハロウィンは、「アメリカから入ってきた文化」というイメージが強いですよね。 すると、 「アメリカ発祥のものかな?」とか「キリスト教のイベントなのかな?」と考えがちですが、そのどちらもが違うのです。 今回は、日本でも存在感を強めている「ハロウィン」について、その起源などをご紹介します。 ハロウィンの起源は? 引用元: ハロウィンは、アメリカで生まれた文化ではありません。 また、キリスト教の風習でもありません。 では、一体いつ、どこの誰が、ハロウィンという風習を始めたのでしょうか。 ケルト人のサフィン祭が有力 ハロウィンの起源として有力とされているのは、 「古代ケルト人が行っていたサフィン祭」です。 「ケルト人」は、今から2000年以上前に、ヨーロッパの広い地域で暮らしていた民族です。 よって、ハロウィンを「いつ、どこの誰が始めたのか」と聞かれたら、 「2000年以上前、今のヨーロッパの地域にいたケルト人が始めた」という事になりますね。 今や日本でも当たり前となっているハロウィンが、こんなに昔の全然知らない民族の文化だったなんて、すごく意外ですよね。 ケルト人は、どうしてハロウィンの風習を行っていたのでしょうか。 「サフィン祭」とはどんなもの? 当時の時代に、まだ「ハロウィン」という言葉はありません。 後にハロウィンとなるのが、ケルト人が信じていた宗教のお祭り「サフィン祭」です。 このお祭りは一年の終わり、日本でいう「大晦日の夜」に行われるものでした。 しかし、 ケルト人の新年は11月1日から始まるとされていたので、「大晦日の夜」に当たるのは「10月31日」の夜です。 これが、現在でもハロウィンが10月31日に行われている理由なんですね。 サフィン祭の目的は「収穫を祝い、悪霊を追い払う」というものです。 ケルト人は、新年を迎えるタイミングで異界から死者や悪魔、悪霊がやってくると考えていました。 死んだ人達が帰ってくるのと同時に、人間に危害を加える悪魔・悪霊もやってきてしまうのです。 そこで、 悪霊を驚かせて追い払うために、仮装をしたり火を灯したりしました。 これがハロウィンの起源である「サフィン祭」の内容です。 現代のハロウィンで仮装をする理由も、ちゃんとサフィン祭に起源があったのです。 ちなみに、「特定の日に死者が帰ってくる」という発想は、日本のお盆と同じですね。 日本のお盆でも、死んだ人の霊魂が帰ってきてくれるの同時に、水辺などに近づくとあの世に引きずりこまれる、という言い伝えもあります。 2000年も昔の「ケルト人達」と、遠い距離と時間を隔てた「日本」に似たような信仰があったということは、とても面白いですね。 「サフィン祭り」は、なぜ「ハロウィン」になったのか? さて、ハロウィンの起源が、遠く昔ケルト人のサフィン祭にあることが分かりました。 ここで疑問となるのが、「サフィン祭が、なぜハロウィンになったのか?」というものです。 名前も変わってしまっていますし、ケルト人達はどこに行ってしまったのでしょうか。 その答えは、 「ケルト人が他民族に征服されてしまった」という驚きの理由にあります。 ケルト人達がいた時代のヨーロッパは、いくつもの民族が戦い、土地を奪い合って国を作っていました。 そんな時代の中で、ケルト人達は「キリスト教を信仰する他民族」に征服されてしまいます。 敗者であるケルト人達の文化は、勝者の民族の文化に飲み込まれました。 「サフィン祭」は、キリスト教の「万聖節」という文化と結びつき、「ハロウィン」へと変化していきます。 キリスト教の万聖節は11月1日に行われ、英語で「All Hallows(オールハロウズ)」と言います。 サフィン祭は、この前夜「eve(イブ)」に行われるものなので、「Hallows eve(ハロウズイブ)」となります。 この「Hallows eve(ハロウズイブ)」が少しずつ変化し「Halloween(ハロウィン)」になったと言われています。 起源となる「サフィン祭」が「ハロウィン」へと変わったのは、戦いに負けた民族の歴史が関係していたんですね。 どのようにハロウィンは広まっていったの? 引用元: 現代では日本でも定着してきているハロウィンですが、どのようにしてハロウィンは世界に広まっていったのでしょうか。 当然ながら、ハロウィンは全世界共通の行事ではありません。 ハロウィンに、全く興味を示さない地域も多くあります。 では、 ハロウィンが広まっている地域はどこかというと、主に「英語圏」となります。 その理由には、世界史の歴史の中にありました。 英語圏というと、まずはイギリス・アイルランドが上がります。 そのイギリスがかつて植民地としていた地域などにも、ハロウィンの文化は広がっています。 また、19世紀の初め、アイルランドにて大規模な飢饉が発生し、人々は大量の移民となってアメリカに渡りました。 この時より、ハロウィンの文化はアメリカでの大々的に認められ、大衆化していきます。 やがてアメリカ式のハロウィンは、世界に進出するアメリカの文化の一部として各国に広まっていきます。 アメリカに敗戦し、アメリカの文化を受け入れた日本のハロウィンも、これに当てはまっていますね。 これが、ハロウィンが世界に広まっていった流れとなります。 逆にこの流れに含まれてない地域は、ハロウィンの文化が広まっていない(無視している)ということになりますね。 キリスト教との関係は? 引用元: ハロウィンは、キリスト教のイベントだと思っている人がいるかもしれませんが、それは違います。 これまでご紹介したように、ハロウィンの起源はケルト人のサフィン祭です。 よって、キリスト教とは本来関係がありません。 そして歴史の中で、キリスト教を進行する民族により、ケルト人は征服されました。 征服者の文化の中で、サフィン祭は「万聖節」の前夜の祭とされ、「ハロウィン」となっていきます。 しかし、ここであっても、キリスト教はハロウィンとは関係がない立場を取っています。 たまたま万聖節の前の晩が、他民族の宗教の祭りの日なのだ、ということですね。 でも、キリスト教の万聖節は、5月13日に行われていたものです。 それを、わざわざ「サフィン祭」の翌日である「11月1日」に移動させているんです。 「万聖節=Hallows(ハロウズ)」の「前日=eve(イブ)」だから、「ハロウィン」になってしまったのですから、そんな日に万聖節を移動させたのは、なんだか意図的なものを感じますよね。 この意図については、以下の二つの説があるようです。 ハロウィンはキリスト教では禁止されている? 引用元: ハロウィンは、キリスト教の文化ではないので、キリスト教とは本来関係がありません。 よって、キリスト教の暦や宗教行事などには、当然「ハロウィン」はありません。 それでは「キリスト教はハロウィンの事をどのように考えているか」というと、これが複雑なようです。 キリスト教とは無関係な他の文化の行事だ、とただ無視する訳ではなく、 否定的な意見を表明しているケースが多いのです。 否定の度合いは宗派により違う キリスト教には、いくつもの宗派があります。 ハロウィンに対する否定的な見方はどの宗派にも共通してしますが、どこまで踏み込むかは宗派により異なります。 寛容なケースでは、信仰に影響を与えないよう注意は促しますが、参加自体は否定していません。 しかし、厳格なケースでは、ハロウィンへの参加を禁止しています。 日本にもキリスト教を信仰する人は多くいますので、 ハロウィンはキリスト教の文化だと勘違いしていると、こういった部分で問題が起きそうです。 相手の文化にも配慮して、お互いが楽しめるものにしたいですね。 まとめ 今回は、ハロウィンの起源とキリスト教との関係についてご紹介しました。 日本でも広まってきたとはいえ、ハロウィンの起源と歴史は知らないことばかりで驚きました。 新しい文化を楽しむ時には、その歴史も知ると新しい発見がありますね。 ハロウィンの日にちに関してはこちら ・ 安く手に入るハロウィングッズはこちら ・ それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

ハロウィン

ハロウィン 意味

ハロウィンとは毎年10月31日に行われる、古代ケルトを起源とする民間行事のひとつです。 古代ケルトでは、この夜に悪霊や魔女などが出てくると信じられていました。 そのため、悪さをする霊や魔女から身を守るために仮面を被ったり魔よけの焚き火などをしたと言われています。 現在では宗教的な意味合いは薄れ、子供たちが精霊やお化けに仮装してお菓子を貰ったり、ホラーを楽しんだりするイベントとなり多くの国で親しまれています。 アメリカやカナダではホームパーティーを開催して楽しむことも多く、近年日本でも多くの方が地域のハロウィンイベントに参加したり、ホームパーティーを開催する方も増え、注目が高まっています。 ハロウィンに向けてお家をホラー風に装飾するのもイベントの醍醐味のひとつで、子供のいるご家庭では親子で一緒に飾り付けをして楽しみます。 ハロウィンの歴史は非常に古く、2,000年以上昔の古代ケルト民族の宗教儀式のひとつ、サフィン祭が起源と言われています。 サフィン祭は、古代ケルト民族の一年の終わりである10月31日に秋の収穫を祝い、悪霊を追い払うものでした。 その日は、我々日本で言うところのお盆のように、死者の霊が家族に会いに来ると信じられていたと言います。 その後の歴史の中で古代ケルトの文化はキリスト教文化に吸収され、サフィン祭も変化してハロウィンとなりました。 現在のキリスト教各派で、起源がキリスト教では無いことから、宗教上関係の無い俗世のイベントと位置づけています。 ハロウィンは現在までに多くの国に伝わり、それぞれの国の文化と融合し独自の発展をしており、それぞれの様式が異なっています。 その中で、今日の日本で親しまれているハロウィンの様式はアメリカから伝わったもので、仮装をしたりやホラー映画を見たり、地域のイベントやホームパーティーに参加するのが一般的な楽しみ方となっています。 国際交流の場面では、お相手の国によって様式や宗教感が異なる事もあるため、互いの文化を尊重しあってハロウィンを一緒に楽しむことが大人のマナーと言えます。 ハロウィンの日の日没後、仮装した子供たちが近所のお宅を訪問して 「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」 と唱えてお菓子をおねだりします。 「Trick or Treat」とは「お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ」という意味です。 子どもたちにとって、お菓子がたくさんもらえる大興奮の一大イベント。 大人は子供(おばけや妖怪)を歓迎して、 「Happy Halloween! (ハッピーハロウィン)」 と答えてお菓子をあげましょう! その他にもアメリカの小学校ではみんなでお菓子交換をするイベントもあったりで、たくさんのお配り用スイーツは必需品だそう。 近年日本でも家族で参加できる地域のイベントがたくさん開催されるようになりました。 ハロウィン用のお配りスイーツは楽天市場でのまとめ買いがおすすめです!お菓子やグッズの準備はお早めがおすすめです。 アメリカ 世界中で人気爆発!現代ハロウィンの火付け役 アメリカ、カナダでは例年ハロウィンで子供も大人もペットも仮装して大盛り上がり!1ヶ月も前からハロウィンの準備は始まります。 お家をホラー風に飾り付けしたり、家族分の衣装とお配り用のお菓子を準備したりします。 ハロウィン本場のアメリカでは様々なシーンでもハロウィンの催しが行われます。 小学校や幼稚園・保育園では仮装パレードが開催され、親は子供の可愛い姿を撮影したり、子供達はみんなでお菓子交換をしたりします。 日が落ちると子供達は仮装してプラスチックのカボチャのバケツを持って、近所のお宅を「トリック・オア・トリート!」の合言葉で訪問してまわり、お菓子をもらうことは日本でも有名ですね。 その際には、玄関前にカボチャのランタン(ジャック・オー・ランタン)を置いてあるお家がハロウィンに参加しているという目印になっています。 中~高等学校で仮装パレードをすることはあまりなくなりますが、仮装して登校する生徒や先生も少数派ではありません。 お菓子交換も仲の良い友達とだけ交換したり、友達とパーティーに参加したりします。 大学生や若者たちはホームパーティーをしたりクラブに繰り出したり、仮装してお酒を飲んだり(飲酒は21歳以上のみ)して大騒ぎでハロウィンを楽しみます。 大人も例外ではありません、職場にももちろん仮装して出勤します。 仮装チャンピオンを決め賞金が出る会社もあるんだとか。 仕事のあとは友人の家に集まってお酒をのんだり、ホラー映画を見たりハロウィン料理を楽しんだりします。 アイルランド系移民によって伝わったハロウィンはアメリカで長い旅をして現在のハロウィンに成長し、現在は多くの国で親しまれるイベントになりつつあります。 全年代が楽しめる事や、特定の宗教的な意味合いが無いことから誰でも参加しやすい点が、ハロウィンが各国で受け入れられた要因のひとつかもしれません。 フランス 「お菓子をくれないと魔法をかけちゃうぞ」 フランスではハロウィンは、アメリカから輸入した文化として認知されています。 フランスでのハロウィン事情は日本ととても似ており、地域のイベントやホームパーティーなどでハロウィンを楽しむことが多いそう。 公立の学校では非宗教性を基本としている事から、宗教とは関係のないハロウィンは気軽に学校行事として開催されることが多く、子どもたちのハートを掴んではなさないハロウィンは年々存在感をましているそうです。 英語では「trick or treat! (お菓子をくれないとイタズラするぞ)」、フランス語ではいくつかありますが、フランスらしいものが「Des bonbons ou un sort」(お菓子をくれないと魔法をかけちゃうぞ)。 フランスでは古くから魔女が畏怖の対象のためこのような翻訳がされたそうです。 日本では、アメリカと比べて自由な仮装が多く見られるという声もありますが、アメリカでは伝統あるモンスターだけでなく、人気アニメやゲームのキャラクターや、有名人のコスプレをする人も最近では少数派ではありません。 多くの国でハロウィンの存在感が増してきていますが、それぞれの国で独自の文化と混ざり合い「よくわかんないもの」に昇華し特色を出しています。 日本でもコスプレ文化や、キャラ弁などの食彩文化がハロウィンと融合し日本らしいハロウィンの楽しみ方が見出されてきているように感じます。 ジャックオーランタンは直訳すると「ランタンのジャック」という意味で、アイルランドのジャックという名前の男の伝承が由来と言われています。 その昔、ケチで乱暴者で人をだましてばかりいたジャックが、ハロウィンの夜に魂を取りに来た悪魔に遭遇します。 ジャックは、悪魔を騙して10年間はジャックの魂を取らないことを約束させて追い払います。 そして、10年後に再びあの悪魔が現れますが、またしてもうまく騙しジャックの魂を永遠に取らないと約束させて追い払います。 その後に、ジャックは年をとって寿命で死んでしまいますが、生前ケチで乱暴者だったために、 天国に行くことが出来ませんでした。 しかたなくジャックは、地獄の門を叩きます。 そこにはあの悪魔がいました。 ジャックは「地獄へ連れて行ってくれ」と悪魔にお願いしましたが、悪魔との約束から地獄に行くこともできませんでした。 天国にも地獄にも行けないジャックは元の所に戻るように言われてしまいますが、行く先は真っ暗な闇が広がるばかり。 ジャックは悪魔に明かりが欲しいと頼み、悪魔のお情けで地獄の火を一つもらいます。 炎を運ぶランタンを持っていなかったジャックは、転がっていたカブをくりぬいてランタン代わりします。 それを持ったジャックは、今も安住の地を探して現世をさまよっているといわれています。 この伝承を元に、ハロウィンの日にカブでランタンを作る習慣ができたといいます。 アメリカでは、カブにあまり親しみがなかった事から、代わりにカボチャでランタンが作られ、後に一般的になったようです。

次の