軟飯 作り方 炊飯器。 【離乳食】軟飯を炊飯器で作りたいのですが・・

炊飯器での軟飯の作り方【3合&1合のときの水加減】おかゆモードじゃなくても大丈夫!

軟飯 作り方 炊飯器

軟飯は、10ヵ月~1歳頃の離乳食後期から食べさせ始めます。 いつからおかゆから軟飯に移行するのかの目安は、赤ちゃんがよく口を動かして、バナナくらいの柔らかい食材は歯茎で潰して食べられるようになったらです。 赤ちゃんの様子を見ながら、水加減を調整して徐々におかゆから軟飯に近づけていきましょう。 この頃の赤ちゃんは自分で食べたいという意欲も出てくるので、手づかみ食べが始まります。 軟飯は、おやきやおにぎり等の形を作りやすいので、手づかみ食べにも最適です。 赤ちゃんが食べやすく興味を引くような形にすることで、食べることへの関心も高まり食事がより楽しくなります。 軟飯に切り替えたばかりだと、水分量が少ないので便が固くなる等、慣れるまでは赤ちゃんの体調に変化が現れる場合があるので注意が必要です。 また、赤ちゃんの成長スピードは人によって違うので、いつから軟飯に切り替えるかは赤ちゃんの成長に合わせて様子を見ながら判断しましょう。 米の分量の2倍の水を入れ、通常通り炊飯するだけで簡単に軟飯が作れます。 炊飯器を使えば一度にたくさん炊けるので、数回分の軟飯を作りたい時に便利です。 作り方(米1合分)• 米をとぎ、炊飯器に入れたら2合の目盛りまで水を入れる。 30分程、そのまま浸水させる。 通常モードで炊飯する。 大人用に普通の固さのご飯と一緒に軟飯を炊くことも可能です。 湯飲み茶碗等の深めの耐熱容器に、軟飯用に米と水を1:2の割合にして入れます。 大人用に米と水を通常の分量で炊飯器に入れたら、米と水を入れた湯飲み茶碗を炊飯器の中央に置きます。 そのまま通常モードで炊飯すれば固さの違うご飯が炊き上がります。 米と水の分量は炊飯器で炊く時と同じで、米1合が約150gなので、水は300㏄入れて炊きます。 炊飯器と違い、途中でご飯の固さを確認しながら水加減や加熱時間を調整できるので、好みの固さの軟飯にすることができます。 作り方(米1合分)• 米をとぎ鍋に入れる。 水を300㏄入れたら、そのまま30分程浸水させる。 強火にかけ、沸騰したら弱火にして20~30分好みの固さになるまで炊く。 火を止めて10分程蒸らす。 離乳食用の軟飯に限らず、鍋で大人用のご飯を炊くことも可能です。 炊飯器で炊くご飯とは一味違う美味しさを楽しめます。 離乳食作りを機会に、下記の記事を参考にしてパパ、ママも鍋で炊くご飯を味わってみてはいかがでしょうか? 軟飯を使ったアレンジレシピ1つ目は、鯛の炊き込みご飯です。 米と一緒に薄めのだし汁で野菜と魚も柔らかく炊き込みます。 香りが良くて、赤ちゃんの食欲をそそるご飯です。 鯛は骨のない刺身用を使い、臭みを取るために先に茹でるのがポイントです。 薄めのだし汁 150㏄• 鯛の刺身 4~5切れ• 椎茸 1個• 人参 40g• ほうれん草 葉の部分4~5枚 鯛の炊き込みご飯の作り方• 米をとぎ、炊飯器に入れる。 野菜は細かく切り、鯛は茹でておく。 炊飯器にだし汁、鯛、野菜も入れて通常モードで炊飯する。 炊きあがったらご飯と具をよく混ぜて完成。 軟飯を手づかみでも食べやすいおやきにしています。 納豆ご飯が苦手な赤ちゃんも、見た目が変わると食べやすくて気に入ってくれるかもしれません。 手づかみしやすいように、薄く広げて焼きましょう。 材料(1食分)• 軟飯 80g• ひきわり納豆 大さじ1杯• しらす 大さじ1杯• 片栗粉 大さじ1杯• サラダ油 適量 納豆入りおやきの作り方• 軟飯に納豆、しらす、片栗粉、納豆付属のたれを混ぜる。 フライパンに薄く油をひき、1を薄くのばして弱火で焼いていく。 じっくりと両面を焼き、焼き色がついたら完成。 軟飯を使ったアレンジレシピ4つ目は、ツナとキノコのリゾット風です。 キノコは歯ごたえがあるので、細かく刻んであげると赤ちゃんでも食べやすいです。 牛乳とチーズで、少し洋風の味付けになっているレシピです。 材料(1食分)• ご飯 70g• 椎茸 みじん切りで小さじ1杯• しめじ みじん切りで小さじ1杯• 玉ねぎ みじん切りで大さじ1杯• 小松菜の葉 みじん切りで小さじ1杯• 水 大さじ3杯• 赤ちゃん用野菜スープ(粉末) 小さじ1杯• 牛乳 大さじ1杯• 粉チーズ 小さじ1杯 ツナとキノコのリゾット風の作り方• 野菜はみじん切りにし、レンジで1~2分加熱する。 鍋に1の野菜とツナ、水、赤ちゃん用野菜スープを入れて、ひと煮立ちさせる。 ご飯と牛乳、粉チーズを加え、弱火で2~3分煮込んで完成。 リゾットは冷ご飯と冷蔵庫に残った材料を使って手軽に作れるので、赤ちゃんだけでなくママのお昼ご飯にもピッタリです。 赤ちゃん用のリゾットは薄味で作り、大人用は味付けを足せば同じ材料でご飯を作ることもできます。 美味しいリゾットのレシピは、下記の記事も参考にしてみてください! RELATED ARTICLE 美味しい軟飯を赤ちゃんに食べさせよう! 今回は軟飯の作り方やいつから軟飯に移行するのか等をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?炊飯器や電子レンジを使えば、水の量調整するだけで簡単に軟飯を作ることができます。 軟飯を使えばレシピの幅も広がり、赤ちゃんの食事もより楽しくなるでしょう。 離乳食としていつから赤ちゃんに与えて良いのか、成長の早さは人によって違うので、迷うこともあるかと思います。 赤ちゃんの体調を観察しながら、少しづつ軟飯にトライしてみてください! 毎日の離乳食作りは、手間も時間もかかりとても大変です。 少しでも育児の負担を減らし、赤ちゃんとの生活を楽しむために、下記の記事で紹介している便利グッズを是非活用してみてください!.

次の

ごはんのおいしい炊き方(炊飯器編):白ごはん.com

軟飯 作り方 炊飯器

離乳食の進み具合はその子それぞれ。 一度試してみて「やっぱりまだ早かったな。 」と感じたら元に戻すのもいいでしょう。 離乳食の形態を変えた途端に、便の状態が変わることもあるけど… じつは、息子は軟飯に変更した途端に、便が硬くなりました。 しかし、とりあえず毎日出ていたので、5倍粥に戻さず、そのまま様子を見ることに… すると数日後にはすぐに普通の便に戻りました。 離乳食の形態を変えると、便が硬くなったり、反対に下痢気味になることもあるかもしれません。 それは、食事の形態が変わったことに、お腹がまだ慣れていないからだと言えます。 わが家は、食事の水分がへった分、お茶など他の水分を普段よりも多く飲ませるよう工夫して、数日様子を見ました。 食事の形態を変えて、便の状態に変化が見られた時は、数日様子を見てみましょう。 それでも、良くならない場合は、食事形態を元に戻すなど工夫してみることをおすすめします。 (特に下痢が続く場合は、消化不良を起こしていることがあるので、要注意です。 ) 軟飯の作り方 電子レンジ編.

次の

離乳食の軟飯の作り方!炊飯器では?レンジでは?冷凍保存はいつまで持つ?解凍の方法は?

軟飯 作り方 炊飯器

スポンサーリンク 軟飯は炊飯器に専用モードがなくても大丈夫! 炊飯器によっては「軟飯」の機能がついていないタイプもありますよね。 軟飯を炊くオススメな方法 お米3合の場合は、お米3合を入れて水を5合の目盛りに合わせます。 離乳食に使う場合は、時期や進行状況によって調節してください。 炊飯器や米によって水加減は違ってきます。 新米の場合は水は少なくてすみますし、古米の場合なら水を多く吸ってしまい固い仕上がりになります。 一度炊いてから、好みの固さになるように水加減を合わせてみて下さい。 お米1合で軟飯を作りたい場合は、米1合に対して水は2合の目盛りよりもやや少なめにしてください。 柔らかいのがいい場合は、2合分の水でも大丈夫です。 柔らかすぎるかなと思った場合でも、保温の状態にしておくといいでしょう。 離乳食でよく軟飯を使う場合は、多めに炊いて一回分ずつに小分けして冷凍保存しおくと手間がはぶけて便利です。 冷凍保存したご飯は、1週間は持ちますよ。 軟飯は吹きこぼれに注意。 炊飯器は普通モードで水量調整 うちの炊飯器は全粥モードで炊くと5倍粥が出来ます。 おかゆを作るのに便利なモードですが、子どもの離乳食の時期に合わせて色々炊いてみました。 失敗した例は、こんな感じです。 米1合、水3合・・・普通の3倍粥でした。 これと同じ米、水で通常の炊飯モードで炊いてみました。 最後のほうになってから、水が多すぎるというエラーメッセージが出ました。 そこで米1合、水2合で炊飯モードで炊いてみました。 この時の炊飯釜の目盛りは、水は3合のラインまで来ている状態です。 これがベストな炊きあがりでした。 見た目は粒が残っている柔らかい軟飯が出来あがりました! 何回か炊いて、一番いい状態を見極めるのがポイントかもしれませんね。 少しずつ水の量を減らしていくといいと思います。 赤ちゃんが美味しく離乳食を食べることが出来るといいですね! 炊飯器のおかゆモードで軟飯と野菜を一度に調理? あるママの場合を聞いてみました。 私の場合は、米1合に対して0. 5の目盛りの水でおかゆモードで炊いています。 これで炊くと、いい感じの軟飯ができます。 離乳食が軟飯になってからも、美味しそうに食べてくれていますよ。 おかゆの目盛りにはしましたが、間違えて炊飯モードで炊いた時は、仕上がりが硬めになってしまいました。 「おかゆモード」は違うんだと思いました。 炊飯器でご飯と一緒に野菜を炊く、オススメな方法 それは、炊飯器の真ん中に野菜を入れたマグカップを入れて炊く方法です。 ジャガイモ、人参、キャベツ、ホウレンソウ、大根などなんでもいいです。 ご飯と一緒に野菜も柔らかく炊けて便利です。 ニンジンやサツマイモ、ブロッコリーなども柔らかくなりますが、形はそのまま残っているので手に持って食べることが出来ますよ! 離乳食の軟飯は炊飯器でまとめて作って冷凍。 1週間程度で食べ切って おかゆは赤ちゃんの離乳食に欠かせないものです! おかゆはいろな作り方がありますが、どんな方法でも赤ちゃんに影響なく食べることが出来るならOKです。 自分にあった方法で、毎日の離乳食作りを頑張りましょう。 離乳食が始まったころのおかゆは、10倍粥をすりつぶしたおかゆから食べさせて行きます。 離乳食が順調に進んでいったら、水の量を減らしていきます。 5~6ヶ月のころ・・・10倍がゆ• 7~8ヶ月のころ・・・7倍がゆ• 9〜11ヶ月のころ・・・5倍がゆ• 12ヶ月ころ・・・軟飯 と言った感じです。 離乳食が一日3回になっていくと、メニューに困ったり毎回毎回おかゆを炊くのも大変なことですね。 ですので一回に炊く量を多めにして冷凍保存しておくと便利です。 赤ちゃんの食べる量はまだそれほど多くはないので、冷凍庫の製氷機を使って凍らせると丁度いい大きさになって使いやすいですよ! 冷凍保存して、保存袋に入れて空気を抜いた状態で保存します。 冷凍保存して使う場合は、1週間を目安に使いきるようにしましょう。 今さら聞けない「軟飯」の読みを知っている?炊飯器で作るときの水の量は? 「軟飯」とは?読み方について なんめし?という声も聞こえてきそうですが、正解は「なんはん」と言ったり。 「なんぱん」と読みます。 軟飯とは、普通のご飯よりも水を多くして柔らかい状態のご飯のことを言います。 スマホやパソコンに入力する場合は、「なんはん」と入れると「軟飯」という言葉が表示されますが、「なんぱん」と入力しても変換はされませんでした。 ご飯には軟飯の他にも、全粥などの区別があります。 普段食べているご飯は、米1合に対して水の量は、1. 2倍くらいです。 全粥の場合は、米1合に対して水は5倍で作ります。 軟飯はその間くらいの固さになり、多くの場合は米1合の対して水は2倍くらいで作っています。

次の