約束のネバーランド ソンジュ 正体。 【約ネバ】ソンジュとムジカの謎!彼女たちの正体徹底考察

【約束のネバーランド】ムジカの正体は伝説の鬼!エマたちの希望 邪血の少女とは?【約束のネバーランド】

約束のネバーランド ソンジュ 正体

コンテンツ• 700年前は、農園のシステムがまだ不十分でした。 そのため、農園から人の提供ができないところも出てきます。 当然、飢餓で苦しむ鬼たちが出てきました。 その村の鬼たちはもう2年間、人を食べることができていませんでした。 そんな知性や人型を保て無くなる寸前の鬼を、ムジカが助けます。 彼女は人を食べなくても、人型と知脳を保てる超特異個体でした。 その血を一滴飲むだけで、他の鬼も同じく特異体質になれたのです。 彼女は血を分け与え、飢餓に苦しむ村を救った救世主となったのでした。 特異体質になった鬼も、彼女と同じくわずかな血で特異体質の鬼を増やすことができます。 村ではそうやって血を分け与え合うことで、飢饉を乗り越えたのでした。 ムジカがいつどこで生まれたのかは、現在明かされていません。 けれども、700年前には既に存在していました。 約束のネバーランドムジカの正体 エマ達の恩人であり友人でもある! ムジカは、最初エマたちを見つけた時は、何の興味もありませんでした。 さらには暮らしを楽にするために、農園へ連れて行こうとさえ思います。 しかしソンジュに言われ、エマたちを助けることにしました。 そしてエマたちに、美味しい食事も用意します。 出された物は、いたって人間らしい料理でした。 それから森を抜ける間に、この外の世界で生き残るための最低限の知識と技術を教えます。 火の起こし方から、食料の調達、料理、薬のせんじ方、弓の使い方など。 さらにエマは狩りの仕方を、ソンジュから教わります。 興味がなかった彼女も、6日間エマたちと共に過ごしたことで心境が変化します。 分かれる前夜、エマとムジカは2人きりで話をしました。 エマは、持っていたきょうだい達の写真を見せます。 ムジカは、笑顔を浮かべて見ていました。 たくさんのきょうだいが気になり、名前を尋ねたりもします。 その時のエピソードなどを語り合いました。 またエマが、虫を怖がっている姿に腹を抱えて笑います。 それからノーマンの話を聞き、エマがたくましくてはならなかったことを知ります。 ムジカは人間を見たのも、話したのも初めてだと話しました。 さらには、敵でもなく食料でもない存在とも付け加えます。 エマたちと友達になれて、本当に良かったと語るのでした。 そして神に心から、エマたちの進む道に希望の光が差すように祈るのでした。 別れ際、ムジカはエマにあるものを渡します。 それはエマたちを守るお守りだと話しました。 不思議なデザインをしたペンダントのようです。

次の

【約束のネバーランド】「鬼」の正体が明らかに!?【ネタバレ】

約束のネバーランド ソンジュ 正体

Contents• 七つの壁 ムジカ、ソンジュと別れを告げる子供達。 最後まで子供達の心配をするソンジュ。 ムジカはエマをみんなから離し、お守りを渡します。 そしてエマに「七つの壁」を探すよう伝えます。 エマ達が目指す未来はその先にあると。 新しい単語が登場しました。 森での6日間でソンジュから外の世界のことが語られました。 一気に話が進んだと思ったのですが、肝心なところは謎のまます。 そこに新たに「七つの壁」です。 全くもってわかりませんw ソンジュの正体 子供達を見送りながら、ソンジュはムジカに「えらく情が移ったな」と言います。 そして二人はエマ達が森に入った日のことを思い出します。 エマ達が脱走した後、ソンジュとムジカには脱走者の通達があったようです。 さらに農園に出せば半年は楽に暮らせると。 ムジカって動きがゆっくりなイメージでしたが、意外と軽快なんですねw ソンジュは子供達を農園には出さず助けることを選択します。 これにより森の地下での6日間に繋がります。 回想が終わり、ムジカはソンジュにエマ達を助けた本当の理由を聞きます。 信仰を歪め、社会を歪め、種族の姿を歪めた忌々しい約束を、エマ達なら壊すことができるかもしれない。 約束が壊れれば、また人間を狩れるようになる日が来るかもしれない。 ムジカはソンジュに「人間が食べたいのね」と尋ねます。 ソンジュは、ムジカは人間を食べたことも、食べる必要もないからわからないと言い、神がつくり出した命、つまり養殖ではなく天然の人間なら食べるとソンジュ。 ムジカは、エマ達が約束を壊せなかったらどうするのかとソンジュに聞きます。 ソンジュはエマ達が仲間を増やすと言っていたことを思い出します。 そして鬼の世界で生まれた人間でも、農園の外で増えれば子供世代以降は野生の人間、天然物になると。 天然物が増えればいずれ狩って食べることができる。 もう一度腹一杯に人間を食べたいと話すソンジュ。 約束は一つじゃない ソンジュはムジカに邪魔者を消してくると伝えどこかへ行きます。 ソンジュが戻るまでこの場所で待っているムジカ。 ソンジュがエマ達を助けた本当の理由を聞いたムジカですが、エマ達が目指す未来は、ソンジュが願い予想している未来とは別と考えています。 エマ達に頑張って勝ち取るよう心の中でエールを送るムジカ。 そして約束は一つではないと。 ミネルヴァがいると思われるB06-32を目指すエマ達。 エマはムジカから貰ったお守りを握りしめ歩みを進めます。 ミネルヴァに会い、二つの世界を渡る方法を聞く、絶対に生き残る、フィン達を助ける、様々な思いを抱き前進するエマ達。 やがて夜になり、現在地をエマが確認しますが、今いる場所がB06-32であることがわかります。 しかし、目指していたB06-32には、ミネルヴァどころか何もありませんでした。 まとめ 遂にB06-32に到着しましたが、そこには何もありませんでした。 51話でミネルヴァ登場、もしくは次回で登場かと期待していましたが、まさかの更地です。 ミネルヴァはもういないのか? まさかとは思いますが、ソンジュの言っていた邪魔者はミネルヴァのことで・・・ってのはさすがになさそうです。 ソンジュと言えば、本当は人間を食べたいことが判明しましたね。 しかも腹一杯w さらに鬼のネットワークのようなものでエマ達の脱獄を知っていました。 回想シーンではムジカは子供達を農園に出そうとしてる感じでした。 やはり二人とも鬼ということでしょうか。 ただ、ムジカは最後は完全にエマの味方のような印象です。 エマに渡したお守りがどのようなものなのか、そして七つの壁が何を意味するのかは謎ですが、今後もエマ達を助けるため登場するのではと期待してます。

次の

【約ネバ】ムジカの「ヤバすぎる正体」がついに判明!ソンジュとの関係とは?

約束のネバーランド ソンジュ 正体

人間を食べな鬼とエマの変化 エマたちとの会話でムジカたちが「 人間を食べない鬼」ことが明らかになります。 そして、この出会いによりエマの考えに変化がではじめる。 エマたちは、今まで鬼は人間を食べる怪物だと思っていたのだが、人間を食べない鬼もいることをこのときはじめて知ります。 出典:約束のネバーランド6 出水ぽすかほか 集英社 ムジカにはじめて会ったときのエマはかなり懐疑的でした。 騙されていた、あとで食べられるんじゃないかと怪しんでいたほどです。 現在のエマとムジカの関係を考えると信じられませんが、このときはGF農園から命からがら脱出した状態。 怪しむのも無理はありません。 なら、エマがムジカたちを信じようと思ったキッカケはどこにあったのか。 その立役者となったのがドンでした。 出典:約束のネバーランド6 出水ぽすかほか 集英社 鬼だろうと命を助けてくれた恩人を信じようと助言したドン。 この一言により、エマはムジカと距離を縮めていくことになります。 ミネルヴァや七つの壁の謎が明らかになり、約束を結びなおすという答えに辿りついたエマですが、鬼を殺さないと思うようになったのはムジカらとの出会いがあったからです。 単行本6巻のあの出会いは、約ネバの今後のストーリーにおけるとても重要な場面でしたが、ドンの助言がかなり重要だったんですよね。 ムジカと邪血の鬼 約ネバのストーリーが進むにつれて明らかになってきたムジカの正体。 人間を食べずとも退化しない鬼であることが明らかになります。 通常、鬼は人間を食べ続けなければ退化しはじめ、野良(のら)と呼ばれる知性のない鬼として彷徨うことになりなす。 野良となった鬼は、もはや鬼というよりも動物。 知性は完全に失われ人語を操ることもできず、人型すら保てなくなってしまう。 しかしムジカは別 なら、なぜムジカたちだけが、鬼の摂理に反して人間を食べずとも、知性を保ち続けることができるのか。 その秘密が15巻で明らかになります。 そのカラクリは、生まれながらに持っているムジカの特異体質にありました。 彼女に流れている血に秘密があったのです。 ノーマンは彼女を 邪血(じゃけつ)の少女と呼び、彼女の特別な血は、人間を食べなくとも人型の形質を保ち、知性も衰えない体質と話してした。 邪血の少女の歴史 出典:約束のネバーランド15 出水ぽすかほか 集英社 邪血の少女であるムジカの存在が確認されたのは、今から700年ほど前のこと、鬼が残した記録のなかではじめて登場します。 生年、出身の一切は不明、突如として出現したムジカは、飢餓の村々を回り、ほおっておけば野良になってしまう鬼たちを救っていきました。 ムジカの救済は「自分の血を飲ませること」。 彼女に流れる血を一滴でも飲めば、鬼は人間を食べずして退化を逃れることができたのです。 ムジカの血によって多くの鬼たちは救われたのですが、王家や五摂家はそんなムジカの力を、彼女の血を恐れはじめます。 理由は己の利権のため 農園を作り鬼たちに人間を定期的供給することは、王族が鬼社会を完全に支配するために、絶対に手放すことができないものだったからです。 人間を食べなければ退化してしてしまう鬼は、知性を保つため、野良にならないために、問答無用で王家に従わざるおえない状況です。 つまり、鬼たちは自分の命を王家や五摂家に握られているも同然、そして、農園を管理し続ける王家は未来永劫安泰を興じることが約束されている。 出典:約束のネバーランド15 出水ぽすかほか 集英社 ところが、そこに突如現れたのが邪血の少女。 彼女の血を飲めば人間を食べる必要がなくなる。 つまり、人間も農園も必要なくなり、王家の圧倒的権力に揺らぎが生じる可能性ができてきた。 王家と五摂家は邪血の少女と、さらに彼女の血を飲んだ鬼たちをすべて捕らえ、自分たちの利権を守るために皆殺しにしてしまった。 記録によれば、このとき邪血の少女も殺されたことになっているが、実際は生き延びており、それがムジカたちであったというのである。 ムジカに関する謎・伏線考察 エマたちの敵ではないことが分かったものの、ムジカやソンジュに関する謎は多くあります。 そこで、これまで登場したムジカらの謎について振り返っていきます。 結局ペンダントはなんだったの ムジカがエマに渡していたペンダント、その正体は七つの壁に辿りつくためのものでした。 ペンダントが活躍したのクヴィティダラ遺跡でのこと。 出典:約束のネバーランド12 出水ぽすかほか 集英社 ムジカからもらったペンダントを持っていたエマは、鬼のボスがいる場所へ行くことができました。 ただし、この方法は正しい方法ではなかったみたいです。 そのため、エマは正規ルートから鬼のボスに会うべく謎を解いていきました。 ペンダントのおかげで七つの壁のヒントを掴むことができた。 ムジカはなぜエマに協力するのか ムジカの存在は王家らにとっては非常に厄介な存在です。 ですが、記録の上では死亡扱いになっているため、鬼に追われているわけではありません。 ならなぜムジカは旅をし続けているのか。 これは、彼女の特異体質に関係がありそうです。 今の鬼の世界は、王家や五摂家どもが私利私欲を貪る世界。 バイヨン卿のGPなんてやりたい放題。 ギーラン卿のように精錬潔白な鬼は、厄介者として排除される始末、鬼の世界は腐りきってます。 出典:約束のネバーランド15 出水ぽすかほか 集英社 ムジカは今の鬼の世界の現状に「無秩序な姿になった」と嘆くセリフがあり、今の王族の支配体制に疑問を持っているのは明らかです。 エマが王家を倒す計画を手助けしたのも納得です。 また、エマにペンダントや七つの壁の存在も伝えたのも、約束を結びなおせる可能性をエマに見いだしていたからでした。 初対面からムジカはエマを信じていたんですよね ちなみに、ソンジュは人間と鬼が昔のように共に暮らす世界を思い描いていたようですが、エマの答えは違っていました。 つまり、ムジカの予想した通りになった。 レウウィスの記憶に映るムジカ ムジカについてはさらに謎が浮上しています。 それは第93話「決着」(単行本11巻)の中で登場します。 レウウィス戦でのこと。 出典:約束のネバーランド11 出水ぽすかほか 集英社 レウウィスが倒れる直前、彼の記憶の破片の中に突如としてムジカの姿がありましたが、これについても、ムジカが邪血の少女であることが判明した今なら分かります。 王家はかつて邪血の少女一派を捕えていますが、このときムジカと接触していたものと思われます。 レウウィスは王家出身ですからね。 ソンジュは元貴族出身の可能性 ムジカの秘密が明らかになりましたが、一つ気になるのがなぜムジカは生き残れたのかです。 記録には邪血の少女は死んだと記されています。

次の