体脂肪計 あてにならない。 ダイエットの筋トレをしてる時、体脂肪が増えた理由とは?

BMIはあてになりません。体脂肪率やFFMIを気にしましょう[ FFMI計算機]

体脂肪計 あてにならない

スポーツジムなどに置かれている体組成計のInBody インボディ。 個人で買うとすると、100万円以上するようですが、気になるのは測定の精度ではないでしょうか。 3カ月間筋トレとダイエットをした前後で結果を比較してみたので、よければ参考にしてみてください。 ダイエット前と後を比較 左側が4月の結果、右側が7月の結果です。 数値の主なポイントをまとめるとこんな感じです。 4月 7月 体重 63. 8kg 58. 9kg 筋肉量 47. 3kg 45. 2kg 体脂肪量 13. 8kg 11. 1kg BMI 23. 3 21. 6 体脂肪率 21. 68kg 2. 47kg 右腕筋肉量 2. 83 kg 2. 50kg 体幹筋肉量 22. 9kg 21. 4kg 左脚筋肉量 7. 49kg 7. 49kg 右脚筋肉量 7. 62kg 7. 65kg 左腕脂肪量 0. 7kg 0. 6kg 右腕脂肪量 0. 7kg 0. 5kg 体幹脂肪量 7. 1kg 5. 2kg 左脚脂肪量 2. 1kg 1. 9kg 右脚脂肪量 2. 1kg 1. 9kg 腹囲 82. 6cm 75. 6cm 3カ月間のトレーニングと食事の内容 3カ月の間、週3〜4回ほどはトレーニングをしていました。 背中・腕・腹筋の日と胸・肩・腹筋の日を交互に行い、筋トレをする日に有酸素運動はあまりしていません。 食事は糖質、脂質をおさえて、晩ごはんは少なめにするなどカロリー制限もしていました。 筋トレをしない日は30分〜1時間ほどウォーキングすることも多かったですね。 結果で違和感のあったところ 結果で違和感があったのは脚の筋肉量です。 脚の筋トレは4月以降はほとんどしていなかったので、筋肉量を維持できていることが不思議でした。 仕事で身体を動かすことも少ないので、ウォーキングなどで筋肉量を維持できているのでしょうか…… 納得の結果だったところ 体幹の脂肪量が2kg近く落ちているのは納得できる結果でした。 腹囲が結構細くなっていたので、減っているだろうなという感覚があったからです。 ただ、体幹の筋肉量が思っていたより落ちているのはショックでしたが… 筋肉量を維持しながら体重を落とすというのはやはり難しいんですね。 あくまで参考程度に 結果を見て、納得の行くところもそうでないところもありました。 身体のなかの水分量によっても結果はちがってきますし、仕方ないのかなというのが正直な感想。 結局は自分がなりたいようになれるかが大事だと思うので、数値はあくまで参考程度にするといいのではないでしょうか。 おまけ:InBody インボディ について 通常の体組成計とのちがいがにもわかりやすく掲載されていました。 5つの部位に分けて測定する 右腕、左腕、体幹、右脚、左脚• 年齢や性別といった統計情報を参考にせず、純粋に数値を導き出す といった点が他の体組成計にない大きな特徴だそうです。 ただ、それでも精度には限界があると思いますね。。 市販の体脂肪計はもっとあてにならないので、家で使うのであれば、体重だけ測れるデジタルの安いものを買えばいいと思いますよ。

次の

体脂肪率は正直言ってあてにならない!実際の見た目と使用重量を大切にすべき!

体脂肪計 あてにならない

脂肪は電気を通しにくく、筋肉は電気を通しやすい 体組成計では両足または両手両足に微弱な電流を流すことで体脂肪率や骨格筋率を計測しています。 この方法をタニタでは生体電流インピーダンス法、オムロンではBI法(生体インピーダンス法)と呼称。 脂肪と筋肉またはそれ以外の器官や組織の電流の抵抗値の違いを判別して体脂肪率や骨格筋率を判定しています。 これはつまり、脂肪と筋肉は電気の流れ方に違いにより、脂肪と筋肉が身体ではどれくらいの割合を占めているかがわかるということですね。 さてその脂肪と筋肉の違いは何かというと…… 食後 飲酒後 入浴後 起床直後 運動後 (女性の場面)生理中または妊娠中 食後 もし食事中に飲料物を飲まなくても食べ物には豊富に水分が含まれています。 そのため食事をしたあとは体内の水分量は多くなります。 よって食後に体組成計にのると 体脂肪率は低めになります。 飲酒後 アルコール分は水分とはみなされないのは多くの方がご存知でしょう。 アルコールには利尿作用があるので、飲酒をすると逆に体内から水分が失われます。 よって飲酒後に体組成計にのると 体脂肪率は高めになります。 ただ、飲酒による水分不足を補うためや悪酔い防止のために水などの飲料を飲酒しながらたくさん飲めば逆に体内の水分量は増加します。 そうすると体組成計による体脂肪率はアルコール摂取量と水分摂取量により違ってきます(体重は一時的に重くなるはず 笑)。 入浴後 入浴すると皮膚から水分を吸収するので体内水分量は多くなります。 よって食後に体組成計にのると 体脂肪率は低めになります。 起床直後 起床直後は、 前夜の夕食から時間が経っていてお腹の中が空っぽだろうから体重はいちばん軽いよね と思って起床直後に体重を測っている方も多いかもしれませんね。 ただ、体脂肪率という点では、起床中には穏やかだった血液の流れが起床直後には乱高下します。 このため、このときに体組成計にのると水分量は不安定になり正常時と比べて 体脂肪率には差が出てしまいます。 運動後 運動すると汗をかきますよね。 汗をかけば水分補給もするでしょう。 そうすればおのずと体内水分量は変動するので、運動後に体組成計にのると 体脂肪率は起床直後と同じく正常時と比べて差が出てしまいます。 (女性の場面)生理中または妊娠中 生理中は血液の量が増えるので、体組成計にのると 体脂肪率は低めになります。 妊娠中はお腹の中の赤ちゃんが大きくなっていけば体重が増えるのは言わずものがなですが、妊娠するとお腹を守るためにお腹まわりに脂肪がつきやすくなるので実際に体脂肪率が高くなります。 とどのつまり、体組成計はいったいいつのればいいのか? ここまで読んできて、 夕食前かつ入浴前 に体組成計に毎日のっています。 時刻にすると18時台がもっとも多いですね。 この時間帯は前回の食事から時間が経っているし、真夏で暑くてどうしようもないというとき以外は他の時間帯よりも水分を摂らないことが多いからです。 お仕事や生活リズムは人それぞれですから、あなたもご自分の 身体の水分量が比較的安定している時間帯を選んで、できれば毎日同じ時間帯で体組成計にのってデータを記録してくださいね。 毎日同じ時間帯に測ってもデータはバラつく ところが! ですけれども、いくら 毎日同じ時間帯に体組成計にのっても、前日と比べてけっこう大きな差が出るのは仕方がないと思っていてください。 結局のところ体組成計は電流と身体の水分で測るわけです。 これらで厳密なデータが得られるかというと…… そんなことはさすがにないだろう というのが私の本音です。 しかも毎日同じ時間帯でも毎日同じ水分量というわけではありませんから。 私は体組成計に毎日のっているけれど、体脂肪率なんて前日と比べて0. 私は体重が64kgなので、0. 約300gです。 300gといったら中学のときの給食で出てくる牛乳の量(300ml)と同じじゃないですか。 この量の脂肪が毎日くっついたり剥がれたりしてるわけないのに。 また、測ったすぐ後にもう一度測ると体重0. 2kg減、体脂肪率0. だから厳密ではないのです。 でも体脂肪率などを測るためだけにMRIなんて、ちょっと現実的ではないですよね。 他にもスポーツジムなどに置いてある『』などの業務用体組成計で測るという手段もあります。 調べると接骨院や整体院などでも置いているところがあり、1回あたり1000円くらいで測れるので、定期的にインボディを使ってみるのもいいかもしれません。 ただインボディも生体電流インピーダンス法で計測しているので、原理は家庭用の体組成計と同じです。 厳密か? と問われたら厳密ではありませんね。 体組成計との賢い付き合い方 つまり 自分の身体の体脂肪率や骨格筋率を厳密に知るのはほぼ不可能ということです。 あまりあてにはならないとはいえ、数値として体脂肪率や骨格筋率を手軽に知るには家庭用の体組成計に頼らざるをえません。 だから体組成計とは、付き合い方を見直したほうがいいのですね。 どういう付き合い方かというと、 全面的に信頼するのではなく、得られるデータは参考値として、データそのものよりも日々の推移のほうを重要視するのです。 日々だと変動が激しく一喜一憂するだけなので、 週単位または月単位で上がった下がったを把握するのが体組成計の賢い使い方です。 スマホ連携できる体組成計がおすすめ 体組成計はスマホアプリと連携がとれるものが便利です。 自分でわざわざデータ入力する必要がなくなりますから。 アマゾンで見てみると、スマホ連携がとれる体組成計はたくさんありますが、聞いたことのないメーカーの機種がほとんどを占めてますね。 レビューを見るとサクラのような…。 不安ならば名のあるタニタやオムロンのものをお選びください。

次の

体組成計の体脂肪率はあまりあてにならないので参考程度にしたほうがいい件

体脂肪計 あてにならない

市販の体重計での体脂肪率は、絶対にあてにならない。 これの理由を解説していきたいと思います。 市販の体重計での体脂肪率は、絶対にあてにならない。 多くの人がダイエットのため、筋トレをして、市販で購入できる体 重計で、 体重や体脂肪率を記録し、ダイエットをしていると思いま す。 しかし、 この市販の体重計で表示される体脂肪率は、言葉を選ばず に言うと、無意味無価値です。 あんなものを見る必要は、ありません。 実は、 この体重計で測定される体脂肪率というのは、 ほとんどの体重計に乗ったりして、足の裏に弱い電気を流して、 そ の抵抗値を計測し、その値と統計値を照らし合わせたものです。 まず 冷静に考えて 身体の体脂肪は、皮膚の下だけでなく、内臓など、様々な場所に蓄 えているのに 体重計に乗っただけで、身体の体脂肪率が分かるわけがないです また 体重計に乗って、弱い電気を流して、抵抗値を計測するわけですが 、 この 抵抗値は、例えば水をたくさん飲んだ日と汗をたくさんかいて 、 身体が少し脱水している状態では、大きく変わります。 また、抵抗値と統計データを照らし合わせるわけですが、その統計 データもどのようにデータを収集したのか、怪しすぎます。 とにかく、 体重計の体脂肪率は、信用ゼロなので、あんなものを目 にしてはいけません。 では、 ダイエットの筋トレをしている時に、 体重が増えた場合、どう捉えたらいいのでしょう? 体重と体脂肪率の関係とは? それは、水分が最も体重を大きく増減させる これです。 本当に多くの人が、水による体重の増減を知らないのです。 水分で人間の体重は、簡単に1〜3kg増えたり、減ったりします。 例えば 昨日飲み会があって、めちゃくちゃお酒を飲んで、今朝体重を測っ たら昨日の朝より、1. 5kg体重が増えた この1. 一晩で、1. 5kgも体脂肪が増えたら、世の中の誰も体脂肪を減 らすことができません。 別の例で言えば 昨日は、筋トレは休みで、今日は、有酸素運動や筋トレで、多くの 汗をかいた。 明日の朝の体重で、 体重が1kg減ったとしても、 それは汗から出た水分です。 また 昨日筋トレをして、今日の朝体重が0. 5kg増えた。 この0. 5kgは、脂 肪でなく、水や筋肉や筋グリコーゲンという筋肉のエネルギーが筋 肉に溜まったとも捉えられます。 これらの例のように 体重の増減は、主に水で、かつ筋グリコーゲンや筋肉、そして体脂 肪と、様々な原因が考えられ、様々な捉え方が出来てしまうのです。 ですので、 体重と体脂肪を結びつけることは不可能です。 では、 ダイエットや減量を進める際に、どのように体脂肪の減少を 捉えることができるのでしょう? スポンサードサーチ.

次の