飛び降り自殺 確実。 【夢占い】自殺の夢の意味20選|友人・目撃・飛び降りなど状況別に夢診断

本当に怖い「飛び込み」の世界、知っておきたい4つの知識 (5/9)

飛び降り自殺 確実

5 なぜ、豚肉は塊のままだったのか では、なぜ、この生肉がバラバラにならなかったのでしょうか。 その理由を知るために「数字を回してみる」ことにしました。 1986年に、ある女性アイドルが飛び降り自殺を図りました。 この時、彼女はビル6階の屋上、約20mから飛び降りましたので、秒速19. 8m(時速71. 2km)という、相当なスピードで地面と激突したことになります。 問題は、 地面と激突した時の衝撃の数値化でした。 私は、(1)当時の彼女の体重44kg, 身長155cmというデータと、(2)わが家の長女の体幅を測定させてもらい、さらに(3)を参考にして、彼女が地面と激突した時の力(圧力)を算出しました。 その結果、地面と激突した瞬間、彼女の体には、重力の100倍から200倍の加速度がかかっていたことが分かりました。 彼女の全身には、瞬間的に4. 4トン〜8. 8トンくらいの負荷が発生していたことになります(以後、 8トン重と仮定して進めます)。 自殺現場の写真より、彼女がうつぶせの状態で地面に激突したものと仮定し(上図は江端が作成)、彼女の体表面積(1. 389m 2、)の半分が、地面との衝撃したものとして計算した結果、地面と衝突した時に発生した圧力は、 11. しかし、この状態でも、彼女の肉体は原型を留めていたのです(少なくとも手足は分離していなかった)。 次に、人体をバラバラに分断する力を算出する方法を考えてみました。 今回は、私が「生肉を食いちぎる力」を想定して計算することにして、私が生肉の塊から肉片を食いちぎる力を、約50kgと仮定しました()。 加熱されて分子間力が弱まった焼肉と違って、 生肉を食いちぎることは、相当にキツい体験でした(一度試してみてください)。 一方、肉を食いちぎる歯の面積のデータは手に入らなかったので、市販の切り餅に私の歯型をつけて、その面積を計測しました。 これらの数値より、私の歯が生肉の塊から肉片を食いちぎる力(圧力)の計算式は、以下の通りとなりました。 地球のどこから飛び降りを図っても、体はバラバラにならない では、人間をバラバラにできるだけの力を発生させうる飛び降り自殺の落下高度はどれくらいになるのだろうと思い、逆算してみました。 この結果、秒速349m(時速1258km、ほぼ音速と同等)が必要であることが分かりました。 実際は空気抵抗があって、こんな落下速度は出せないので(スカイダイビングの最高速度でも時速200km *1))、 計算上は、地球のどこから飛び降り自殺を図っても、体をバラバラにすることはできないことになります *2)。 このように、人間の体というのは、そうとう頑丈にできていることが分かります。 絶対もう二度とやりません。 *2)ただし、全ての骨が砕けて「グニャグニャ」「グチャグチャ」になるとは思います。 また、落下地点の形状(突起した岩の上とか)や、落下の角度によっては、体の一部が分離することもありえます。

次の

飛び降り自殺は

飛び降り自殺 確実

1〜2本一気飲みすると30分程で急激な血圧低下が起こり、単品よりも低血糖を起こす薬などと併用すると死に至る可能性が高い。 (ドリエル) およそ100錠から危険で目眩、頭痛、視力低下などが起こり、気絶すれば安楽。 早期に痙攣が起こると気絶している余裕はなく、そのまま苦痛が2〜3時間続き心停止する。 (ガスター) 約100錠で致命的で、縮瞳、呼吸困難、嘔吐などを繰り返し低血糖を起こして気絶し心停止する。 (バファリン) およそ50錠〜100錠で致命的で血液が徐々に酸性になり、体中の神経が刺激され激痛を伴いながら気管支などから出血し死に至る。 作用は劇的で数分で猛烈な痙攣、血圧上昇が起こり壮絶な苦痛を伴い死に至る。 (シキミ) 生の植物でありながら、その果実が[毒劇物]として認定。 その実は2〜3粒すり潰して飲むだけで致命的。 独特の芳香成分があり口当たりは悪い。 墓地や公園に植えられていて緑地公園で見つける事ができる。 (チョウセンアサガオ) 草全体に毒があり、特に実や種に高濃度のアトロピンやヒヨスチアミンという幻覚性成分が含まれている。 葉であれば10枚程度、実であれば2つ程度をすり潰した物を飲むだけで30分後には前後不覚の朦朧状態になる。 他の薬と併用する事で致命率が上がる。 Text. 2012. 平成24年5月10日 木曜日 一切の複写・転載・二次使用・無断掲載を禁ずる.

次の

自殺する人は「最後の瞬間」や「生き残ったとき」に何を思う? 体験談11選

飛び降り自殺 確実

A ベストアンサー 20年ほど前になりますが、 私が勤めていたオフィスビルで飛び降り自殺がありました。 私の席は窓際だったんですが、その窓のところを女性が落ちていったんです。 この世のものとは思えない、身の毛のよだつような断末魔の叫びを数秒聞きました。 私は飛び降り自殺は、飛び降りたときに意識を失うって聞いていたんですけど、 意識を失う場合もあれば、その女性のように意識を失わないで、地獄に落ちるような、 空恐ろしい恐怖を味わう人もいるのだと、初めて知りました。 その事件から4、5日は私は食事もまともに喉を通らず、 夜中にはその身の毛のよだつ声でうなされて目が覚め、 1カ月は耳からあのとても人間の声とは思えない恐ろしい声が離れませんでした。 私は死んでもあんな空恐ろしい死に方はしたくないです。 A ベストアンサー 本当に頭が下になるという前提で回答させていただきます。 落下しているとき重力による加速と、抵抗による減速がありますので、それぞれで考えてみたいと思います。 おっしゃるとおり、重力による加速は頭側も足側もおなじです。 そして抵抗についてですが、 重心が偏っている場合、重心から短いほうの部分のほうが質量は大きいのですね。 (偏ってる場合は重心で二つに分けたとき、その二つは同じ重さではないのです。 ) 質量が大きいほう(頭側)が速度変化を起こすのには大きな力が必要です。 逆に長いほうの部分(足側)は体積が大きくまた表面積もおおきいので、 頭側より大きな抵抗を受けます。 つまり重い頭側にくらべて軽い足側のほうが大きい抵抗を受け、 より減速してしまいますので、 進行方向に対し、頭が前になる姿勢になります。 バドミントン、インディアカの羽が玉を前に飛んでいくのと同じです。 ということで、頭が下になるのではと考えられます。 ところで、その本は読んだことは無いのですが、問答集のようですし、 その本に著者の回答はのっていないのですか? 内容をここに書くのはいろいろ問題がありそうなので、 回答が書かれているかなされていないか教えてください。 そしてその上で質問なされているものと判断させてもらっていいですか。 本当に頭が下になるという前提で回答させていただきます。 落下しているとき重力による加速と、抵抗による減速がありますので、それぞれで考えてみたいと思います。 おっしゃるとおり、重力による加速は頭側も足側もおなじです。 そして抵抗についてですが、 重心が偏っている場合、重心から短いほうの部分のほうが質量は大きいのですね。 (偏ってる場合は重心で二つに分けたとき、その二つは同じ重さではないのです。 ) 質量が大きいほう(頭側)が速度変化を起こすのには大きな力が必要です。 Q 自殺するのならば、 A.苦しまない B.失敗しない C.他人になるべく迷惑をかけない D.実現可能である。 E.恐怖感が少ない。 と言うのがベストだと思いますが、メジャーな自殺方法には大抵欠点が存在します。 例) 投身:Cが当てはまらず、外見が最悪。 そもそも痛そう 飛び込み:Cが当てはまらず、外見が最悪。 下手したら生き残る。 首吊り:高確率で苦しむ。 練炭:高確率で苦しむ、下手したら生き残る。 服毒:危険な薬物ほど入手難、よく生き残る。 また、苦しむ。 混ぜるな危険:高確率で周囲まで危険にさらす。 拳銃で頭を打ち抜く:拳銃の入手が難しい。 自傷:そう簡単には死ねない。 苦しむ。 何でこんな自殺方法がメジャーなのか、理解に苦しみます。 無味無臭、非可燃性のガスを使う方法が流行らない理由を教えて下さい。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー >苦しくないそうです。 妙に強気で断言されていますが、まさか経験があるわけではないでしょう? 窒素吸入による酸欠死ですか…。 確かに窒素中毒には他幸感があるらしいから、「苦しさ」の少なさ(推定)は魅力なのかもしれませんね。 しかし、「窒素を充満させた密室状態」を作るのは、「一酸化炭素を充満させた密室」を作るのと同様に難しそうですね。 (でもその詳細を述べていただくことは結構です。 万が一実行する人が現れても困りますからね)ただ、質問の答えとしては、少なくとも多くの自殺者が、自殺の方法や窒素吸入に対して私程度の知識とイメージしかもっていない、ということなのでしょう。 ちなみに、私は、A・B・Dの理由から、自分が自殺する時は首つりか飛び降りだな、と考えています。 じゃあ、何故首つりや飛び降りがA・Bに該当すると考えられるかですが(Dについては判り切っているので省略します)、まず「首つり」についてですが、柔道の「絞め技」の例にあるように、失神するまでの時間は数秒程度ですし、中には、「慣れてしまうと気持ちがいい」なんて人もいます。 また、飛び降りについてですが、ある程度以上のの高さから飛び降りたら、どう考えても「即死」です。 苦しむ時間は短いでしょう。 しかし、実際のところ自分は経験したこともないし、実験による検証も不可能です。 自分が現在得ることができる知識から「比較的に楽そうだ」と推測しているだけで、実際自分がその方法で自殺を試みたら「うわ~! 苦しいじゃんか! 騙された~~~(泣)」と思いながら死んでいくのかもしれません。 さて、多くの自殺者にとって、AやDはともかく、B・C・Eはそれほど重要でしょうか。 死にたいぐらいに悩んでいる、いわば正常な思考状態に無いような人が「なるべく人の迷惑にならないように…」と論理的で冷静な思考をいつも持ち得るでしょうか。 死にたい…死にたい…死にたい…とリフレインのように繰り返す思考の中で、ピークに達したその場所がたまたま駅のホームで、通過列車のアナウンスが流れたら、電車が止まって何万人の人に迷惑を…とか考える余裕もなく、発作的に飛び込んでしまうこともあるかもしれません。 また、いわゆる睡眠薬自殺や、リストカットによる自殺を繰り返すようなタイプには、「死」という目的より、「死にいたる過程を自覚すること」でむしろ生の実感を得ようとする未遂者が多いような気がします。 彼らにとって、むしろ「確実性」は自殺の方法として魅力的ではなく、むしろ、無意識な「迷い」から「引き返せるものなら引き返せる」不確実な方法の方が自殺の手段として魅力的なのでしょう。 誰にも迷惑をかけない自殺なんて存在しません)スーパー自殺方法をご存じというなら、その方法はそっと胸に秘めて、自分が実行なさる時のとっておきにしておいていただくことをお勧めいたします。 >苦しくないそうです。 妙に強気で断言されていますが、まさか経験があるわけではないでしょう? 窒素吸入による酸欠死ですか…。 確かに窒素中毒には他幸感があるらしいから、「苦しさ」の少なさ(推定)は魅力なのかもしれませんね。 しかし、「窒素を充満させた密室状態」を作るのは、「一酸化炭素を充満させた密室」を作るのと同様に難しそうですね。 A ベストアンサー 座高の高さがあれば十分可能ですし、それ以下でも可能です。 首つりと首縛りがあります。 ロープを首に回したときに、頸と直交するように廻すと頸縛りになり、大変苦しいです。 脳に回る血液を止めずに、還ってくる血液を止めてしまい、かつ、呼吸系統も止めてしまうので、顔は血圧の上昇でふくれあがります。 非常にむごたらしい顔で死ぬことになります。 苦しくても思考力はありますので、暴れることになります。 高さが必要な場合は、頸の骨を外してしまうような場合です。 首をつる場合は、ちゃんと頸動脈を止めるようにロープを廻します。 そうすることで、脳への血液を止めます。 極々貧血状態にしますので、血圧の上昇もなく、暴れようにも身体が反応できる思考力もなくなります。 よって、きちんとやれば、ドアノブでもベッドの枠でも可能と云うことになります。 格闘技などで絞めると云いますよね。 約7秒程で失神しますが、これを続けるとこうなるわけです。 還ってこれる内に血液を廻せば、お花畑まで行って還ってこれますけどね。 心肺蘇生が無ければそのまま河を渡ることになります。

次の