ゼノギアス wiki。 ゼノギアスの登場人物

『ゼノギアス』が当時のスクウェアRPGファンに与えた衝撃を、未プレイの方々に味わっていただきたい! 【思い出ゲーム特集】

ゼノギアス wiki

みなさん、こんにちは! 『電撃PlayStaion』などでライターのお仕事をしているまさんです。 もっとも実際には、のちに『聖剣伝説4』が発売されましたが、とにかく当時の旧スクウェアがそんなCMを立ち上げるくらい、気合の入ったRPGだったことは間違いありません。 実際にプレイしてみると、そのキャッチコピーが誇大広告ではないとわかるくらい骨太な作品で、好きなシーンを何度も見返すため、本作専用のメモリーカードを用意して、セーブデータを小分けにして保存したものです。 そんな自分のようなファンが他にもたくさんいるのか、今でもPlayStation Storeのゲームアーカイブス版が、ダウンロード数の上位にランク入りしています。 さて、この作品が評価されている最大の理由をあげるのなら、なんと言ってもその練られたストーリーにあるでしょう。 とにかく伏線の回収の仕方と、話の盛り上げ方がバツグンにウマい! SF的なオープニングから、普通のファンタジーRPGの舞台としか思えない牧歌的なラハン村へと移行する演出は、この作品がただのRPGではないことを予感させてくれます。 始めたばかりでは意味がわからない描写や何気ない場所に隠された伏線も、ゲームをラストまで進めると納得できるように描かれているので、クリアした後に何度も最初からやり直したくなるんです。 ただ、それ故に、適当に1周目を流しプレイしてしまうと、話をあまり理解できずに終わってしまうかもしれません。 とはいえ、初見ではわかりにくい用語も多いので、無理に1周目から理解しなくてもいいと思います。 まずは、単純な盛り上がるシーンやキャラクターの掛け合いを楽しみつつ二転三転するストーリーを堪能し、2周目以降のプレイで伏線をじっくり解釈しながら遊んでみるのがオススメですね。 この村で起きる悲劇がすべての引き金になるのですが、それを引き立てるための平和な描写が胸に来ます。 激しいシーンと平和なシーンの区切り方が絶妙なんです。 物語がおもしろいと先ほどから主張していますが、それはやはり、登場するキャラクターにもきちんとした個性が存在しているから。 主人公のフェイをはじめ、町の物知り先生・シタン、最初は敵対する立場として登場するヒロイン・エリィ、親友としてともに戦うバルト、緑色のおじさん・リコ。 3000G……じゃなくて銃使い・ビリー、父親から巨大ロボットを与えられた少女・マリア、謎だらけのロリ・エメラダ……と、どのキャラにも見せ場と活躍があり、かつ泣けるエピソードや燃えるエピソードがきっちりと盛り込まれています。 個性的な仲間たちは、バトルでも大活躍してくれます(緑の人以外)。 なお、初めてプレイした人は、もしかすると序盤のフェイの性格にイライラするかもしれません。 その性格にもゲーム中できちんと理由が語られるので、温かい目で見てあげてください。 物語に感情移入してイライラした人ほど、逆に感動できると思いますから。 本当は、どういったイベントがどうおもしろいのかを個別に語っていきたいところですが、ネタバレせずに初見を遊んでもらいたい作品なので、あえて今回も詳細には触れません。 とにかく、この作品は息もつかせぬイベントが盛りだくさん! 燃える後継機入手イベントや、ロボットに乗れないで潜入&捕まるというお約束のイベント。 どんでん返しにつぐどんでん返しに、意外な人物の過去……と、良質なロボットアニメを見ているかのようにお話を楽しめるとだけ言っておきましょう。 ある意味でアニメ的な演出で今なら受け入れられそうですが、当時としては早すぎたのかもしれません。 この画面写真についてもあえて説明はしないので、当時のファンが抱いた驚きを、実際にプレイして感じてもらいたいですね。

次の

『ゼノギアス』が当時のスクウェアRPGファンに与えた衝撃を、未プレイの方々に味わっていただきたい! 【思い出ゲーム特集】

ゼノギアス wiki

エリィはトランスティナ越えの魔法アタッカー! 『FFBE』で、2018年4月20日17時から登場した『ゼノギアス』コラボの新キャラクター、、、、、の特徴についてまとめていく。 0点 星6:15. 0点 星7:22. 5点 星6:13. 5点 星7:22. 0点 星6:14. 5点 星5:8. 0点 星5:8. 0点 星6:13. 5点 【の特徴】 ・特定のアビリティを1ターンに常時3回、最大5回使用可能 ・風属性の強力なチェイン向き全体魔法アビリティを習得 ・火・水・土・無属性の強力なフィニッシュ向き全体魔法アビリティを習得 ・LBが非常に高威力 トラストアビリティで、1ターンに3回アビリティが使用可能な魔法アタッカー。 連続使用時に威力がアップする、、、による、火・水・風・土属性の全体魔法攻撃が優秀。 風属性ののみ5ヒットとなっており、のなどとチェインをするこも可能。 星7が2体いれば、からのを毎ターンつかうことができるので、エレメントチェインで絶大なダメージを出すことができる。 以外の3属性のアビリティに加え、SPアビリティのは1ヒットで高火力なため、フィニッシュ技として使用するといいだろう。 SPアビリティを使えば、敵全体の火・水・風・土属性耐性を100%ダウンしつつ、で1ターンに5回行動できる。 MP消費は激しいが、凄まじい瞬間火力を出すことも可能だ。 5点 星6:15. 0点 【の特徴】 ・Wアビリティを習得するりょうてもちアタッカー ・火・水・風・土・光・闇属性攻撃が可能 ・精神依存の魔法攻撃も可能 により、1ターンに2回アビリティを発動できるりょうてもち物理アタッカー。 火・水・風・土・光・闇属性の攻撃を扱えるのが特徴的で、属性耐性もダウンさせることが可能。 ひとつの属性に縛られず、さまざまな属性を切り分けて戦うことができるので、戦などで活躍できる。 なかでも優秀なのが闇属性物理攻撃の。 属性攻撃のなかでもっとも威力が高いだけでなく、とチェインをすることができる。 SPアビリティのを使えば、自身の全ステータス250%アップし、が使用可能となる。 は、1ターンに3回攻撃アビリティを使えるようになるため、瞬間的な火力に期待できる。 や、SPアビリティのによる精神依存の魔法攻撃が可能。 精神を上げるのは難しいが、物理攻撃が通りづらい敵には有効な攻撃手段なので覚えておくといいだろう。 0点 星6:14. 5点 【の特徴】 ・敵全体のステータス弱体が可能 ・味方の攻撃に火、水、風、土属性を付与できる ・トルネド、フラッド、絶・明鏡系のチェインアビリティを持つ さまざまな役割を持つキャラクター。 で味方1体の物理攻撃に火属性を付与しつつ、LBゲージを500増加、MPを徐々に回復する効果が付与できる。 ほかにも、水・風・土属性を付与できるため、無属性の武器を持つキャラクターと相性がいい。 ヒット数が多いアビリティも豊富で、は系、は系、SPアビリティは系とチェインが可能。 ほかにも、敵の攻撃をひきつけるや、味方全体に物理回避効果を付与するなどもあり、非常に汎用性が高いキャラクターだ。 5点 【の特徴】 ・全武器種を装備できるWアビリティ持ちのアタッカー ・トルネド、フラッドの類似アビリティを習得 ・自身の物理攻撃に闇属性を付与できる で攻撃アビリティを1ターンに2回発動できるアタッカー。 物理攻撃のは黒魔法の、魔法攻撃のは黒魔法のと相性がいい。 ほかにもで闇、で火、で風属性攻撃もできるため、5属性を扱うことが可能。 物理と魔法アビリティがあるが、基本的にはなど攻撃ステータスを上げるのがおすすめ。 すべての武器種を装備できる特徴もあるので、好きな武器を装備させよう。 0点 【の特徴】 ・火、土属性の物理攻撃ができる 敵単体へのダメージを与える物理攻撃アビリティを豊富に習得するキャラクター。 火属性のと、土属性ので属性攻撃ができるほか、やで、敵1体に攻撃をしながら、確率で混乱状態にすることも可能だ。 5点 【の特徴】 ・味方のステータス効果を打ち消しつつ強化が可能 ・死んだふりで1ターンだけ戦闘離脱できる ・味方の回復や蘇生が可能 味方1体のステータス効果を解除しつつ、ステータスをアップできると、任意のタイミングで1ターン戦闘から離脱できるなど、独特な動きができるキャラクター。 相当の、相当ので、わずかながら味方の回復もできる。 今回の注目キャラクター 2体による、からのエレメントチェインが非常に強力。 1ターン目攻撃回数はのほうが上回るが、1ターン目移行も継続して戦うことができるほか、を使えばさらなる火力で敵を一掃することも可能。 風属性に限定されてしまうので、耐性を持つ相手には弱いが、ほかにも多くの魔法攻撃を持つため、どのような状況下でも戦力になる。 とももちろん優秀なキャラクターなので、狙う価値がある。 は、りょうてもちアタッカーなので火力が高く、属性攻撃が豊富なので、さまざまな戦闘でアタッカーとして活躍できる。 も多くのアビリティで味方をサポートしつつ、攻撃に参加できるので、パーティーの枠がきびしい際にはうってつけのキャラクターだ。

次の

『ゼノギアス』が当時のスクウェアRPGファンに与えた衝撃を、未プレイの方々に味わっていただきたい! 【思い出ゲーム特集】

ゼノギアス wiki

HTML ConvertTime 0. 086 sec. 突起の判定によってはゴミになってしまうな・・・ -- 2018-01-25 木 22:02:02• 脚の使用感がストライカー履いて滑走するウィッチみたい -- 2018-01-25 木 23:03:49• RG構えたら前が羽みたいのに遮られてなんも見えん酷すぎぃ -- 2018-01-26 金 03:55:30• 案の定低い遮蔽にカバーしたら立ってるのと同じくらい判定がはみ出す模様 -- 2018-01-26 金 14:45:22• コアを完全に隠せる最強胴体だから軽量乗りは必須だぞ!!!!(突起に判定はないのでこの状態でもコアを抜かれる) -- 2018-01-26 金 21:05:29• ヴェルトールもそうだけどフェイのスキルと相性悪すぎるんだよなぁ。 無意味ではないけどもスキル名的には攻撃関係が良かった -- 2018-01-30 火 16:54:24• がっかりという意味ならある意味原作通りじゃないか? ヴェルトールで指弾撃ちながら -- 2018-01-31 水 03:34:59• スキル内容だと内養功がしっくり来る -- 2018-01-31 水 09:12:30• そういやヴェルトールの腕の関節はおおわれてて生物臭くて若干きもさがあるのに設定上生物らしさがあるゼノギアスはおおわれてないせいで機械感あるのがなんか残念 この部分だけ逆の方がいい気がする -- 2018-01-29 月 05:48:42.

次の