急性 咽頭 炎。 急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)とは

急性咽喉頭炎について

急性 咽頭 炎

こんにちは、ファストドクターです。 急性咽頭蓋炎についてお伝えします。 急性咽頭蓋炎の特徴・症状 急性咽頭蓋炎の特徴 急性喉頭蓋炎は、感染などによって炎症が喉の奥の喉頭蓋という箇所に起きている状態です。 喉頭蓋が腫れて、気道という空気が通るところが狭くなります。 非常に進むのが速く、完全に気道が塞がる場合もあるので、急いで治療する必要があります。 特に、小さい子供の場合は、治療しないと死亡することもあります。 主な急性喉頭蓋炎の原因は細菌による感染です。 細菌としてはほとんどがB型インフルエンザ桿菌です。 インフルエンザ桿菌が原因の急性喉頭蓋炎は、ヒブワクチンが普及することによって少なくなってきています。 この他の急性喉頭蓋炎の原因菌としては、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌、EBウイルスなどがあります。 2歳~7歳の小さな子供に多く、シーズン性、男性女性による違いはありません。 急性咽頭蓋炎の主な症状 喉の激しい痛みと発熱が突然あります。 非常に喉の痛みは強く、食べ物やつばを飲み込む時に特に強くなります。 呼吸するのは前傾している姿勢の方が楽であるため、前かがみに自然になる場合が多くあります。 痛みが喉仏の上の方を押すとあります。 話し方の特徴的なものは、声がくぐもったものになることです。 ヒューヒュー音が空気を吸う時にします。 重症化すると、唾液が痛みがあるので飲み込めなくなって、口から垂れたままになります。 狭い気道になることで、呼吸困難になります。 急性咽頭蓋炎の感染経路 人から人に感染するインフルエンザ菌B型の細菌は、直接感染した粘膜や皮膚に触れたり、感染した人のくしゃみや咳で出た飛沫を吸ったりすることによって感染します。 しかし、ワクチンがインフルエンザ菌B型にはあるため、急性喉頭蓋炎はワクチンを接種することによって予防できます。 日本においては、子供の定期接種にこのワクチンが2013年から導入されています。 急性咽頭蓋炎の診断と検査 急性咽頭蓋炎の診断は、症状や経過から行います。 数時間~1日以内に症状が急に悪くなる場合は、急性咽頭蓋炎の可能性が大きくなります。 参考に検査はなりますが、速く進むので治療を検査よりも優先します。 口から無理に喉頭蓋を見ると、窒息のリスクがあるため、急性喉頭蓋炎の可能性が非常に強い場合は行いません。 レントゲン検査は、腫れが喉頭蓋に起きていないかを調査します。 CT検査は、精度がレントゲン検査よりも高く、喉頭蓋の周りの状態が確認できます。 診断する以外に、咽頭膿瘍などの同じような別の病気を探すためにも効果が期待できます。 喉頭ファイバー検査は、炎症が喉に起きているか詳細に調べます。 喉の奥を、口や鼻から胃カメラよりも細いものを挿入して観察します。 しかし、医療機関ですぐに実施できるところは限定されています。 窒息のリスクがある場合は、気道確保をこの検査よりも優先する必要があります。 血液検査は、炎症の値がアップしている場合が多くあります。 培養検査は、血液や喉の細菌を検査するものです。 急性咽頭蓋炎の治療法 急性咽頭蓋炎の治療法としては、 ・必要な場合は予防的な気管切開という気道確保を行う ・粘膜の腫れと炎症をひかせる作用があるステロイドと抗生剤を点滴する ・粘膜とステロイドを収縮させるアドレナリンをプラスしたネブライザーの薬剤を吸入する ことが挙げられます。 改善するまでの期間としては、症状が軽い糖尿などの基礎疾患の場合は4日間~5日間、症状が重い場合は2週間程度かかる場合もあります。 窒息するほど危ない場合は、気管切開を緊急で行います。 息が苦しい場合は、気管切開を座った状態で行うこともあります。 このような場合はあまりありませんが、急性喉頭蓋炎と近くの病院で診断されて総合病院を紹介されたような場合は、可能な限り早く受診しましょう。 自宅に戻って着替える用意などをしているうちに、症状が悪くなって窒息する場合もあり得ます。 急性咽頭蓋炎の予防 急性喉頭蓋炎の場合は、免疫が一旦かかるとできると言われています。 しかし、一旦かかった場合はよく再発するなどとも言われることもありますが、医学的には解明されていません。 また、喉が乾くのを防止すれば、急性喉頭蓋炎を予防することが期待できると言われています。 タバコや空気による乾きに注意して、マスクを普段から着けたり、部屋の中を加湿したりしましょう。 急性喉頭蓋炎の予防法としては、HIBワクチンで急性喉頭蓋炎の要因と言われているヘモフィルスーインフルエンザB型菌を予防するものがあります。 日本においても、HIBワクチンは定期摂取として採用されており、受けるのは2ヶ月~6ヶ月の間がいいと言われています。 風邪であると考えていた赤ちゃんなどが急に夜間に悪くなって、呼吸が困難になった場合は死亡するリスクがある病気です。 ほとんどの場合は、早く見つけて治療を適切に行うと治ると言われています。 症状が軽いということでそのままにしないで、医師に必ず診てもらいましょう。 お近くの救急医療機関をお探しの方 下記の方はすぐに救急車か救急医療機関を受診してください。 意識がない• 頭を強く打った• ろれつが回らない• 手足の動きが悪い、または動かない• 吐血している• 頭をひどく痛がっている• 我慢できないひどい痛み• けいれんをおこした、けいれんしている 夜間往診をご希望の方 下記の方は救急医療機関か夜間往診をご検討ください。 感染症の疑い• 喉の痛み、激しい咳• 今まで経験のある頭痛• 今まで経験のある痛み• めまい、嘔吐、下痢• アレルギー.

次の

Vol.28 「急性咽頭炎」「急性気管支炎」「急性鼻副鼻腔炎」|矢野先生のコラム|健栄製薬株式会社

急性 咽頭 炎

[どんな病気か] 喉頭には、飲み込んだ飲食物がに入らないように喉頭を閉鎖する蓋(ふた)((こうとうがい))がありますが、この喉頭蓋に細菌が感染し、そこが腫(は)れる病気です。 B型インフルエンザ菌が感染しておこることが多いものです。 欧米では、子どもにおこりやすく、急激に呼吸困難がおこる病気として恐れられています。 日本では、成人がかかることが多いのですが(30歳代に発症のピークがあります)、ときに、子どもにもおこります。 [症状] などのかぜの症状とともに、咽頭痛(いんとうつう)(のどの痛み)、嚥下痛(えんげつう)(飲み込む際の痛み)がおこり、唾液(だえき)(つば)も飲み込めなくなって、よだれをたらします。 声も、こもった声になります。 発症してから2時間くらいで、急速に呼吸困難におちいります。 [検査と診断] 頸部(けいぶ)側面のX線検査を行なうと、喉頭蓋が丸く腫れた陰影として映ります。 喉頭ファイバースコープ検査でも、喉頭蓋が腫れているのが見られます。 [治療] 診断がついたならば、入院のうえ、治療します。 補液と、インフルエンザ菌を含めた細菌に有効な抗生物質がで用いられます。 また、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬(ステロイド薬)も使用されます。 そのほか、抗生物質、副腎皮質ホルモン薬、血管収縮薬を含んだ液剤をネブライザーで噴霧し、喉頭蓋の腫れをとります。 重い呼吸困難がある場合には、気管内挿管(きかんないそうかん)やなどの処置がとられます。 日常生活の注意としては、唾液が飲み込めないほどの咽頭痛が突然おこったときには、急いで耳鼻咽喉科(じびいんこうか)の診察を受けることが必要です。 生命に危険がありますので、休日や夜間であれば、救急車の出動を要請しましょう 喉頭の組織の一部に喉頭蓋(こうとうがい)があります。 喉頭蓋は、喉頭を塞(ふさ)ぎ、食べ物が(きどう)に入らないようにする役割をはたしています。 急性喉頭蓋炎は、この部分に生じる、細菌感染による喉頭蓋粘膜下組織(こうとうがいねんまくかそしき)の蜂巣織炎(ほうそうしきえん)の1つで、B型インフルエンザ菌の感染が原因といわれています。 欧米では、に多い病気とされているのですが、日本では成人にみられます。 喉頭蓋が丸くふくれ、(せいたい)や気管が観察できません。 呼吸困難が急速に進み、数時間で(ちっそく)の危険があります。 朝、元気だった青年が、夕方、変わり果てた姿になることも、年間数例みられます。 いずれにしても油断をすると生命にかかわります。 出典 家庭医学館について の解説 どんな病気か 気道の一部である声門(声帯のあるところ)のすぐ上に喉頭蓋という部分があります。 急性喉頭蓋炎では、喉頭蓋が急激にはれるため、気道をふさぎ、はれがひどい場合には 窒息 ちっそく に至る危険性がある病気です。 欧米においては子どもに多くみられますが、日本では成人例も少なくありません。 原因は何か 通常は細菌感染が原因で、そのほとんどはB型インフルエンザ菌です。 症状の現れ方 発熱、のどの痛み、飲み込む時の痛みなどが初発症状として多くみられますが、その後数時間のうちに、呼吸困難や 喘鳴 ぜんめい (息を吸う時にぜーぜー音をたてること)が現れてきます。 さらに進行すると窒息に至ることがあります。 検査と診断 間接喉頭鏡検査や喉頭ファイバースコープ検査で、喉頭蓋のはれを確認することで診断します。 喉頭蓋のはれがひどいと、通常は観察できるはずの声帯が観察できず、気道 狭窄 きょうさく の所見がみられます()。 治療の方法 軽症例以外は、ほとんどの場合が入院治療を行います。 呼吸困難がない場合は、細菌感染に対して抗生剤、喉頭蓋のはれを軽くする目的でステロイドホルモンの点滴を行いながら、呼吸困難が増強しないか厳重に観察し、治療します。 呼吸困難が著しい場合や、短時間のうちに呼吸困難が起こると思われる時は、気管内 挿管 そうかん や気管切開術により緊急気道確保の処置を行います。 気道をしっかりと確保し、窒息の危険を免れれば、急性喉頭蓋炎自体は抗生剤の投与によって治ります。 病気に気づいたらどうする 早急に耳鼻咽喉科の診察を受けてください。 呼吸困難がある場合は、できれば入院施設のあるところに救急受診してください。 塩谷 彰浩.

次の

急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)とは

急性 咽頭 炎

見出し一覧• 急性咽頭炎の症状や原因とは 急性咽頭炎はのどの病気で、細菌が原因でなるものです。 咽頭と呼ばれる箇所が炎症を起こしている状態で、子供のほうが大人よりも発症する確率が高い病気です。 症状としては、声枯れや咳、のどに感じる異物感や熱、痰、声が出ないなどがあります。 急性咽頭炎の原因は、のどにウイルスがつくことで炎症を起こすため、乾燥している日や風邪の流行している時期はうつらないように、たっぷりと睡眠と休息をとり、のどを乾燥させないよう過ごして下さい。 咽頭炎には、急性咽頭炎と慢性咽頭炎があり、違いは症状の違いで判断出来ます。 急性咽頭炎になる原因は、ウィルスや細菌による感染が主で、咽頭の腫れ、声が出ない、熱、咳、痰などの症状が現れます。 一方、慢性咽頭炎は、咽頭に慢性的に不快感や異物感を感じる状態になります。 慢性咽頭炎は、喫煙やアルコール、ハウスダストや空気の悪い環境、ガスやほこりなどを日常的に吸うことで発症します。 急性咽頭炎になったり、治ったりを繰り返すことでも慢性咽頭炎になります。 病状がなかなか良くならない場合は、まず喫煙とアルコールを控えるようにして下さい。 のどに痛みが出て食欲不振になることもあるので、消化の良い食事メニューを考えるようにしましょう。 消化の良いバナナやのど越しの良い豆腐など、食欲がなくても栄養補給の出来る物を摂取するようにしましょう。 他にも消化の良い食べ物には、お粥や半熟卵、キャベツやじゃがいもなどがあります。 消化が良いと胃にも優しいので、体力的にしんどい状態の食欲不振には栄養が高く、消化の良い食事に切り替えてください。 日頃から体力をつけることで、免疫力や抵抗力がつきます。 予防には規則正しい生活と体力をつけることも心がけましょう。 赤ちゃんの急性咽頭炎はウイルスの感染が殆どですが、ウイルスに対する治療薬がないので鎮痛剤や解熱剤を使用することになります。 赤ちゃんがなってしまった場合は、ミルクや離乳食を嫌がる時があります。 親御さんは無理に飲ませようとせず、水などで水分補給させてあげるようにして下さい。 室内も過湿に気を配りましょう。 急性咽頭炎で入院する可能性とは 急性咽頭炎は、基本的には処方された薬で治療するので入院する必要は無いと言えます。 手術する方法を選択した場合には入院する必要があり、 1週間〜10日ほどの猶予を見積もった方が良いと言えます。 急性咽頭炎は、急激な喉の痛みと熱などが伴い、放っておくと慢性咽頭炎の原因になってしまうことがあります。 のどを刺激しないようにして、食事内容の改善を測りながら、薬で治療する方法が一般的と言えます。 自然治癒と保存療法による治療が可能なので、入院する可能性の方が低いと言えます。 治療方法に手術を選択しなければ入院する可能性はありませんが、医療機関の受診は必ず行うようにしましょう。 Sponsored Links 手術の費用は数万円から数十万円が相場ですが、30万円以上かかる場合もあります。 急性咽頭炎は俗にのど風邪とも言われるので、風邪の流行している時期は、帰宅時にはしっかりと手洗いをし、うがいも欠かさないようにして下さい。 外出時にマスクを常用しても良いですし、疲れている時に、ウイルスがのどにつきやすいので疲労回復に努めるようにしましょう。 乾燥も良くないので、室内では加湿器などを利用するようにしましょう。 急性咽頭炎では、手術を選択した場合以外では、入院する可能性は無いと思いますが医療機関で薬や抗生剤を処方してもらい、服用して治すようにしましょう。 急性咽頭炎は、数日から数週間程度で直るもので2週間程度の長期に渡る場合は耳鼻咽喉科で担当医に相談されるようにして下さい。 急性咽頭炎は抗生剤で治す?効果的な治療法や予防法とは 急性咽頭炎は、消炎薬などの薬で治療する方法と咽頭への薬の塗布で治療する方法などがあります。 抗生剤で治すこともあります。 市販の風邪薬では効果が出ない場合もあるので、病院で処方される薬を服用するようにしましょう。 予防方法には、禁煙やアルコールの摂取量の調整、ストレスの軽減、生活習慣の見直し、環境の改善、適度な運動、アレルギーや花粉症などの対策などがあります。 慢性咽頭炎は、急性咽頭炎をくり返すことでなりますが日々の喫煙やアルコールの過剰摂取、ストレスが原因になっていることもあります。 不規則な生活や運動不足などからくるストレスも原因になるので生活態度を見直すことも大切になってきます。 定期的にランニングやウォーキングなどの運動をするようにして下さい。 運動は発汗や代謝を促すので、運動嫌いな方でも定期的にすることで無意識のうちにストレス解消になっているものです。 運動が苦手な方も簡単な運動から日常生活に取り込むようにしましょう。 急性咽頭炎は、インフルエンザウイルスやアデノウイルス、コクサッキーウイルスなどの風邪ウイルスによるものが多く、発熱や食欲不振になることもあります。 また、喉に乾燥が良くないため、室内の乾燥を避けるよう保湿器などを使用するようにしましょう。 治療方方の1つとして、ストレス軽減にも努めて下さい。 ストレスはホルモンバランスの乱れなどから感じやすくなる場合もあるので、ホルモンバランスの調整を心がけましょう。 ホルモンバランスと整える方法では、便秘や下痢などの排泄(デトックス)に注意し、夜22時〜夜中の2時のホルモン分泌の多い時間に就寝を取るようにしましょう。 不眠や寝つきの悪さからホルモンバランスが乱れることもあるので、就寝前にはぬるいお風呂などにつかり血行を良くして就寝するようにしましょう。 急性咽頭炎の治療方法には、抗生剤などの薬物療法だけでなく手術をする方法もあります。 手術は、1週間〜10日程の入院が必要で全身麻酔で行います。 予防方法では、検査の方法として耳鼻咽喉科の診察を受けるようにして下さい。 自分で出来る治療法はうがい薬でうがいをするようにしましょう。

次の