マツコ と バブル 時代。 マツコの“時代特番”第3弾はバブル 3つのブロックからひも解く

マツコ、バブル最強のモテ車登場に大興奮 「色がいい」「超かっこいい」

マツコ と バブル 時代

ソアラのカセットから流れたKATSUMIの代表曲は最高でしたね。 後からもう一度YouTubeで曲を聴き直してみようと思います。 【今夜再放送】今夜23時59分〜日本テレビのマツコデラックスさんのバラエティー番組が再放送されます。 という声が多く見られました。 やっぱりKATSUMIはバブル時代のアイコン的な存在だったみたいです。 そこで現在のKATSUMIについてどうなっているのか調べてみました。 KATSUMI 歌手 の現在は?マツコとバブル時代 マツコとバブル時代の放送で気になって KATSUMI 歌手 の現在の近況を調べていると なんと本人のツイッターアカウントを発見。 ラジオも木場RainbowTown FMでパーソナリティを務めていて 定期的に生放送で近況を報告しているみたいです。 KATSUMIが聴きたくなったわ。 — darrellmay(ダレルメイ) architecturemay デビュー30周年となる現在も毎月1回、定期的にライブを開催していて 代表曲の『Just time girl』や『Yes,抱きしめて』を披露し 往年のファンを湧かせているようです。 ツイッターに色々と詳しい近況が投稿されてました。 まさにKATSUMI 歌手 さんはバブル時代の申し子ですね。 ですが今はこんな状況なのでライブは自粛されているようです。 再びライブが開催されるのをファンもきっと待ち望んでいると思います。 クリスタルボイスがたまらないのが『Yes,抱きしめて』だと思います。 どの曲も今でも色あせないPVと共にYouTubeで視聴が可能です。 KATSUMI 歌手 まとめ それにしてもまさかバブルの代名詞のKATSUMI 歌手 が 再びテレビでで見れる日が来るとは思ってもいませんでした。 マツコとバブル時代 特別編には感謝しないといけないですね 笑 ツイッターでも番組放送中にさっそくバブル歌手のKATSUMIが話題になっていましたが、 放送終了後には何とツイッターにトレンド入りして1位になって驚きました。 それだけ歌手のKATSUMIの曲に思い入れのある視聴者が多かったということでしょうね。 またKATSUMIのヒット曲をYouTubeで色々で聴直そうと思います。 バブル絶頂期の1990年にデビューして今も現役ってほんと凄いと思います。

次の

マツコデラックス、『バブル時代』の“ボディコン女子”や“モテ車”を振り返る!

マツコ と バブル 時代

タレントのが、さまざまな時代を探求していく日本テレビ系のバラエティー特番の第3弾『教師役の陣内孝則推定家賃70万の一軒家でひとり暮らしをしていた時代…とマツコ』が、12日に放送される(後11:59〜深0:54)。 番組では、世の中の森羅万象、さまざまなモノのピークを時代変遷トークとともに探っていく「時代のピーク決定バラエティー」。 「あるモノ」が最も妖しい輝きを放っていた時代をマツコ、ゲストともに、ディープに振り返っていく。 第1弾では『仲村トオルが地井武男にワッパを掛けられた時代…とマツコ』と称して「不良が最も輝く時代」、第2弾は『かたせ梨乃が進駐軍の前で踊り狂った時代…とマツコ』と称して「風俗が最も輝く時代」を探求していった。 今回は平成から令和となった今こそ「若者に見てほしい…狂乱のバブル時代」を、ゲストの土田晃之、友近とともに探求。 日本はバブルと呼ばれる超好景気に沸いた。 有名なゴルフ場会員権は、当時大きなステータスとなり、某有名ゴルフクラブの会員権はなんと4億円以上にまで跳ね上がった。 さらに、大学生サークルが開催するパーティーに参加する事が若者のステータスとなり、莫大な金も動いた…。 1回のパーティーで学生ながら5000万円の資金を動かしていたのである。 そして今では考えられない破格の不動産も紹介される。 「ファッション」 バブル時代に大流行したのが日本のデザイナーが手がけた高級ブランド…DCブランドである。 100以上のブランドが乱立し、飛ぶように売れた。 そして、芸能人たちも自分たちでアパレルブランドやタレントショップを立ち上げていく…。 そして、バブルファッションの象徴ともいえるボディーコンシャス、ボディコンが流行する。 ボディコン女子達を狂乱させたのが…宮殿ディスコやモンスタークラブ。 今宵は当時のディスコの世界もひも解いていく。 「恋愛」 恋愛観からみる日本のバブル時代も振り返る。 この時代に最もモテた職業…それは空間プロデューサーとヤングエグゼクティブ。 彼らがモテたのは一体なぜなのか…。 また、男女雇用機会均等法の成立で、バブル時代は女性が台頭した時代ともいえる。 恋愛においても、その影響がうかがえ、女性誌で一冊まるごとセックス特集を打ち出すファッション誌も出始める。 そして、この時代の恋愛を語る時に欠かせないものがある…モテ車だ。 スタジオには最強のモテ車と呼ばれたソアラも登場する。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

KATSUMI(歌手)の現在は?おすすめ曲やCMソングが気になる!マツコとバブル時代

マツコ と バブル 時代

この時代を象徴するステータスの一つが「ゴルフ会員権」です。 「小金井カントリー倶楽部」の会員権は、バブル時代になると1000万円から4億5千万までに高騰。 「小金井カントリー倶楽部」の他、主要なカントリー倶楽部の会員権も軒並み高騰したようです。 しかし現在では、大きなところで99. 6%も価格が下落。 こうした「ゴルフ会員権」の高騰からもバブル時代の異常な様子が見えてきます。 ドラマで高校教師が暮らしていた部屋の家賃70万円!? 「ゴルフ会員権」の他にバブル期を象徴する現象が不動産の高騰。 当時人気を誇ったトレンディードラマの設定からもうかがえます。 1989年に放送されたドラマ「愛しあってるかい!」 フジテレビ系。 番組のタイトルにもなっていますが、陣内孝則さん演じる高校教師が暮らしていた部屋の家賃は、推定で約70万円とのこと。 また、「東京ラブストーリー」 フジテレビ系 は1991年に放送されたドラマですが、江口洋介さん演じる医学生の暮らしていた部屋の推定家賃は20万円。 しかも、そこには当時の最先端の家電が置かれるなど非常にオシャレなものでした。 とはいえ、当然、普通の教師が推定約70万円の部屋で暮らせるはずはないのですが、そうしたファンタジーを違和感なく見せてしまったのがバブル時代のマジックなのかもしれません。 バブル期のモテ男ヒエラルキーの"意外"な最底辺と頂点 バブル期には、離婚率が急増するなど、日本の恋愛観にも大きな変化がありました。 この時代のモテ男をヒエラルキーで紹介すると、底辺にいるのが今では手堅い職業として人気の公務員です。 バブル期の価値観では「安定=カッコ悪い」なので、公務員の人気が無いようです。 ほんの30年程で現在の価値観とは大きく異なることに驚かせられます。 一方でバブル期のモテヒエラルキーの頂点に君臨したのが「ヤンエグ」と「空間プロデューサー」。 「ヤンエグ」とはヤングエグゼクティブのことで、若くして成功した青年実業家を指します。 「ヤンエグ」は古い言葉ですが、今でも成功したIT社長などが持ち上げられるので、当時も現在も変わらないと言えるのかもしれません。 驚いたのは「空間プロデューサー」ではないでしょうか。 「空間プロデューサー」とは、文字通り、建物など空間のプロデュースが仕事。 当時では南米・アマゾンをモチーフにした「ジャングルレストラン」のプロデュースなどで、実力を発揮したとのこと。

次の