オリオン バス ツアー。 旅行会社 株式会社オリオンツアー

夜行バスの精神障害者手帳の割引で予約が一番わかりやすかったのはオリオンツアーだった

オリオン バス ツアー

オリオンツアーの会員制都市間バス用車両(天領バスの車両) 株式会社オリオンツアー(英文名称:Orion Tour Co. , Ltd. )は、に本社を置き、・・に営業所を持つ第1種登録の。 長官登録旅行業第692号。 グループに属する。 業務内容は主に旅行商品の企画・販売で、各地区の旅行代理店への卸し(ホールセール)、『』・『』等への雑誌媒体、自社ホームページを中心としたネット販売と展開している。 商品内容は国内旅行で、幅広く行っている。 新たに携帯サイトを開設し、携帯電話より24時間、(オリオンバス)の受付が可能になった。 今後、等も携帯サイトにおいて販売する予定である。 元々はスキーバスを専門に取扱っていた旅行会社であり、旧社名(豊和トラベルサービス)から4月に現社名に変更。 に創立30周年を迎えた。 に向かう夜行バスからが見られることもあり、ブランド名を決定した。 [ ] 2012年には株式会社を設立し、バス事業に参入した。 - 経営破綻前はオリオンツアーのツアーバスに運用されていた。 - オリオンツアーのツアーバス専用車両を導入するなど、主な運行受託事業者として知られていた。 2013年7月31日以降は 運行の高速乗合バスを受託するほか、自社運行の高速乗合バスを運行開始した。 (いずれもオリオンバス専用車を転用)。 - オリオンバスの九州路線を担当。 - 一部のスキーバスを提携運行している。 - オリオンバスの東北 青森・2014年3月まで 、関西路線の一部を委託、運行している。 - オリオンバスの北陸路線の一部を委託、運行している。 外部リンク [ ]• などしてくださる()。

次の

オリオンツアーのスノボレンタル全部付きなどがさらに充実!【2019最新版】|スキー市場情報局

オリオン バス ツアー

今回、初めてオリオンバスを利用しました。 経路は、博多発ー京都着の夜行便です。 乗車時間約10時間と少し。 最低最悪のバスでした。 まず、席が狭い。 私は長身で足が長い。 さらに足に障害があり伸ばすこともできずとても窮屈で足がしびれてくる。 トイレがない。 こんな長距離を走行するのに便意を催した場合どうするのか。 ちなみに、この日、鹿児島から博多までの高速バスは座席に余裕があり足も伸ばせトイレ付。 で、私はそのことを山口県の休憩地で乗務員に伝えたのですが。 足に障害があること。 前のほうに2列の空き席があること。 特に我慢が出来なかったのが、隣に男性がタバコ臭くて我慢できない できれば、席を変更していただきたい旨を伝えました。 返事は、「できない」とのこと。 なぜできないのか?その理由。 変更は会社で禁止されている。 変更すると他の乗車客のやっかみの苦情が来る。 などなど で、私がこういった。 「それで私の足が限界にきて動けなくなったらどうするのか?」 それに対して乗務員が言ったこと(あきれます) 「救急車を呼びます」 こいつアホだと思いました。 途中停車して救急車を呼ぶよりも、 さっさと席替えしたほうが他の客に迷惑がかからないことが理解できないのか。 こんな臨機応変に客に対して対応できないなんて今どきのサービス社会では考えられない。 だって、国際線でも国内線でも飛行機なら席の移動を勝手にしても何一つ注意されたことがない。 あいている席があって、事情のある客なら臨機応変に対応することもできないこんな会社のバス 二度と利用はするまい。 で、いまだに足はしびれている。 今回偶然オリオンバスさんを利用させていただきました。 今までは別のバスを利用していたのですが乗った瞬間に雰囲気すごいなって感じました。 全席フルリクライニング状態でものすごく快適でした。 後ろの人を気にする必要がなくて配慮を感じました。 走り出してから乗車の際の注意、みたいなビデオも流していただいてすごく丁寧なバスなんだなぁという印象を受けました。 1番前に席順と名前の表を貼ってくれているので休憩から戻った際にも自分の席が分かりやすい。 運転手さんも人がいい感じで受け答えや話し方に好印象を覚えました。 一瞬で帰りもこのバス使おう。 と速攻で予約しました。 なにかにレビューを書こうと思い立ったのも初めての経験です。 それだけ感動したし快適でした。 こんなことを書くのは失礼かもしれませんがたかが高速バス1つでここまで感動できるのってすごいなって思いました。 次回からもここのバスを利用しようと思っています。 余談ですが、行きも帰りも席が1番前だったのが個人的ではありますがすごくよかったです笑.

次の

オリオンツアーの口コミ・評判 | みん評

オリオン バス ツアー

はい!それでは、メディアでも取り上げられることが多く、話題の旅行会社「 オリオンツアー」について、ご紹介しますね 【オリオンツアーって?】 オリオンツアーは東京都中央区に本社を持つ旅行会社です。 格安な国内旅行を多数取り揃えています。 特にスキーツアーが有名で、関東の旅行会社では一番となっています。 資本金、朝発スキーツアーの運行台数などもトップレベルです。 また、誰しも耳にしたことのある大手旅行会社「」の100%子会社でもあります。 更にそのオリオンツアーの子会社としてバス会社があり、安全には全社を通じて特に力を入れています。 バス会社選定基準や、安全運行協議会の開催など、安全を第一に考えたさまざまな取り組みを続けているのです。 なお、オリオンツアーで販売している夜行バスについては株式会社O. Bという別会社の運行となります。 こちらもオリオンツアー100%子会社であり、もちろん同様に安全への取り組みへも力を入れているので安心です。 青森から福岡まで夜行バス「オリオンバス」を多数運行しています。 【オリオンツアーの日帰りバスツアー】 オリオンツアーは「」や「」「HIS」などと比べると、日帰りバスツアーの運行は後発組です。 しかし、テレビなどのメディア取材で数多く特集され、注目が集まっています。 どこの旅行会社においても、最少催行人数が集まらないと開催されない……というのがツアーの特徴ですが、オリオンツアーでは人気の高まりによって、催行決定となるツアーが増えてきています。 出発地は新宿発がメインとなっており、行き先は千葉を中心に静岡、山梨、栃木、神奈川など。 そして、その企画内容も実にさまざまです。 ウィンターイルミネーションや、など絶景を見に行くプラン。 また、海鮮浜焼き食べ放題、果物狩りなどのお腹いっぱい満足できるプランも人気です。 、などのテーマパーク、日帰り温泉なども魅力的ですね。 海鮮浜焼きと鴨シーなど、魅力のプランを組み合わせたお得なツアーがたくさんありますので、老若男女問わず「行きたい!」と思えるツアーがきっと見つかります。 テレビで特集される黄色いバスは現在は1台のみです。 黄色いラッピングのバスがあるという事は必ず毎日1台は運行されるので、出発決定のツアーが必ずあると言う事です。 また、 黄色いバスにはコンセントも付いているのでバスに乗車している間は充電切れの心配はありませんね。

次の