ポリフェノール 効果。 ピーナッツの薄皮の効能 ポリフェノール「レスベラトロール」の老化予防効果 おおまさりが人気 NHKあさイチ

黒にんにくに含まれるポリフェノールの効果とは

ポリフェノール 効果

カカオポリフェノールとは? 今、食べ物に含まれている成分に対する関心が高まっています。 さまざまな成分の中でも、注目度が高いものといえばポリフェノール。 「動脈硬化予防に効果があるらしい」「カラダのサビ、活性酸素を退治してくれる……」などなど数多くの研究を通じて、その多彩な機能が次々に明らかにされています。 緑茶、赤ワインをはじめ、ポリフェノールが含まれた食べ物はいろいろありますが、チョコレートの材料、カカオ豆にもカカオポリフェノールがたっぷり含まれています。 実はこのポリフェノール、自然食品から摂取することが意外に難しいことはあまり知られていません。 では、比較的効率よく摂取できるものはないのでしょうか?実は、それこそ素材を丸ごと使うことができるカカオ豆なのです。 ポリフェノールが豊富に含まれ、しかも気軽に利用しやすい食べ物、その代表がチョコレートやココアというわけです。 カカオポリフェノール・カカオプロテインの さまざまな効果 { 血圧低下 } 血管が詰まり、細くなることで血圧は上昇しますが、カカオポリフェノールをとることで、血管を広げる作用が期待できることがわかりました。 { 動脈硬化予防 } 動脈硬化を引き起こす原因のひとつは、体内に生じる活性酸素によってコレステロールが酸化されること。 カカオポリフェノールは強い抗酸化力で、酸化を抑える働きが期待されています。 { 美容効果 } 見た目年齢が若くても、肌は年齢とともに老化します。 カカオポリフェノールは、肌老化の原因のひとつである「活性酸素」が引き起こすトラブルを防ぐことが期待されています。 { アレルギーの改善 } アレルギーの発症には過剰に作られる 「活性酸素」が関わっています。 カカオポリフェノールは、この活性酸素を生み出すさまざまな因子の働きを抑制することが報告されています。 { 脳の活性化 } 脳は加齢とともに記憶や学習などの認知機能が低下します。 カカオポリフェノールは、脳の栄養といわれる「BDNF」に働きかけ、認知機能を高められる可能性があります。 { 便通改善 } 便通をよくする方法には、便のかさを増すことと、腸内環境を整えることがあげられます。 世界で初めて抽出に成功したカカオプロテインの消化されにくい性質(難消化性)には便通改善の働きが期待されます。

次の

花粉症に効果的?ポリフェノールの注目すべき効果とは

ポリフェノール 効果

チョコレートの主な栄養成分と効果効能 チョコレートはお菓子というイメージがありますが、元々はカカオ豆をすりつぶした飲み物で、 「薬」として使用されていた時代もあるように、健康に良い食べ物と言うのは間違いありません。 チョコレートに含まれている注目の栄養成分は 抗酸化物質(=老化防止)と言われている カカオポリフェノールの他に、 カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などの ミネラル分や食物繊維も含まれています。 また フラボノイドや テオブロミンなど健康に良いとされる成分も含まれていますが、これらの成分はどのチョコレートにも十分に含まれているというわけではありません。 必ず カカオ分(カカオマスとココアバター)が 70%以上含まれているチョコレート( 高カカオチョコレート)を選ぶようにしましょう。 カカオポリフェノールにはお茶に含まれるカテキンと似た構造の 「エピカテキン」が含まれており、• 血圧を下げる• HDL(善玉)コレステロールを増やす などの効果があることが認められ 動脈硬化を防止する効果が期待されています。 動脈硬化の状態が続くと糖尿病などの生活習慣病や心筋梗塞などの命にかかわる病気になる可能性が高くなります。 実際に2015年に全国初の専門外来「嗜(し)好品外来」が埼玉県に誕生しました。 その主な目的は生活習慣病の予防で患者さんに高カカオチョコレートを日常に取り入れること推奨しています。 このように病気の予防治療で高カカオチョコレートが使われているのですね。 日本で一番患者数が多いガンは 胃がん(死亡者数は肺がん)ですが、 チョコレートをたくさん食べる国は死亡者数が少ないという研究結果が出ています。 春や近年は秋にも 花粉症で悩んでいる方が多いですがそのような方の活性酸素を抑える働きがあります。 カカオポリフェノールの以外の栄養成分の効果や効能は  咳(せき)を抑える(テオブロミンの効果)  脳卒中のリスクの低下  肥満の予防  歯周病予防の効果  集中力、記憶力を高める作用 リラックス効果  疲労回復効果  血圧の上昇を防ぐ効果 などが挙げられます。 「 肥満の予防」に関しては本当に?と疑問に思う方もいるでしょう。 実はチョコレートを食前に食べると血糖値がすばやく上昇するので食欲が抑えられる効果があります。 (もちろん食べ過ぎは禁物です) チョコレートを食べる際の注意点 本当に色々と効果効能があると言われるチョコレートですが注意点があります。 まず多くの方がチョコレートは高カロリーだと認識していると思われますがその通りです。 やはりどんなに健康に良い食べ物でもカロリーを摂りすぎると健康には良くありません。 特に 高カカオチョコレートは普通のチョコレートより カロリーも 脂質も高いのでいつも以上に気をつけなければなりません。 またカカオ豆には テオブロミンや カフェインが含まれていますが、それ自体はリラックス効果や脂肪燃焼を促進する効果などがあるので問題ありません。 ただしこれらはチョコレートだけではなくココアやガム、お茶、コーヒー、コーラなど、色々な食品に含まれているので、過剰に摂取すると利尿作用や興奮作用を高めてしまう危険があります。 そのため 幼児や 妊婦は特に気をつける必要があります。 (乳児死亡や流産を増やすリスクがあるという 研究報告もあります) また 頭痛や 偏頭痛に悩んでいる人も控えた方が良いです。 チョコレートに含まれている チラミンには 血管を収縮される作用があり、 食べ過ぎると片頭痛を引き起こす可能性があります。 チョコレートを食べる1日の量は? 高カカオのチョコレートは 100g(板チョコ1枚分)だけで 30代女性の1日分の脂質量が含まれています。 他の食べ物でも脂質をとってしまうので1日に食べる高カカオのチョコレートは 50g以内、できれば 25g位が理想です。 また抗酸化作用があるポリフェノールですが 効果は食べてから数時間あるので1日にまとめて食べるのではなく、 分けて食べるのがポイントです。 特にダイエットを考えている場合には食欲のある人は食前に、食事の量を減らしたいときは食べ終わった後に食べるのがおすすめです。 髙カカオチョコレートはどこで購入する? 最近はスーパーなどでもカカオの成分が高いチョコレートを販売しているのをよく見かけるのでそこで購入してももちろん良いですが、ネットでは多くの種類を取り揃えているのでそこからお好きなものを選ぶのも楽しいです。 アマゾンでは検索するときに髙カカオチョコレートだと検索結果がゼロとなるので、「カカオ チョコレート オーガニック」で検索してみてください。 高カカオチョコレートのまとめ 高カカオチョコレートはとても健康に良いことがわかりましたが、チョコレートは美味しいのでついつい 食べてしまうことが多いですよね。 でもどんなに体に良い食べ物でもやはり取り過ぎは逆に健康を害してしまうことが 多いので、くれぐれも一度にたくさん食べるのは気をつけましょう。

次の

知って得するチョコレートの効果!注意点や食べるタイミングも紹介

ポリフェノール 効果

ポリフェノールとは ポリフェノールは植物が紫外線によってできる活性酸素から身を守るために自ら作り出すもので、ほとんどの植物に含まれ主に植物の種や葉に多く存在しています。 ポリフェノールといっても種類は8000以上、カテキン・アントシアニン・タンニンなどは聞き覚えがあるはずです。 含まれる食品 特にポリフェノールが多いのは赤ワインですが、コーヒーも赤ワインに次いで多い食品です。 テレビなどでは赤ワインやココアをよく取り上げられますが、これらよりも私たち日本人はコーヒーや緑茶や野菜から摂取しやすいでしょう。 日本人に馴染みがある食品を挙げます。 若さと健康を維持するにはこの活性酸素の増加を抑制させることがポイントでポリフェノールにはその効能があると注目されています。 抗酸化作用 人間も加齢や不摂生などによって鉄と同様に錆びていき、それを酸化と言います。 空気中から吸った酸素の一部は活性酸素になります。 その酸化力で細菌感染を防いだり生命維持のため様々な器官をサポートしたりするなど大切な役割がありますが活性酸素が増えてしまうと自分の細胞まで傷つけてしまうという特徴をもっており、これがシワや病気の原因のひとつになっています。 ポリフェノールは体内の酸化を防止することが判明しています。 紫外線を浴びた肌はメラニン色素が生成されるのですが、たくさん浴びてしまうとお肌のターンオーバーが間に合わなくなりシミやソバカスを増やしてしまいます。 ある研究で首都圏の成人女性を対象に紫外線とコーヒーポリフェノールの関係を調査したところコーヒーの摂取量が多い人ほどシミが少ないという結果が得られています。 ゴマは古来より世界中で薬として活用されているほど万能です。 ポリフェノールを摂取することで活性酸素の増加を抑制させ脳神経を健全に保つことが可能です。 つまり、がんばらなくてはならないときにビターチョコレートを1かけ食べると集中力を維持することが可能なのです。 女性ホルモンの働きを助ける ポリフェノールの一種であるイソフラボンやゴマに含まれるリグナンは女性ホルモン(エストロゲン)の働きととても似ています。 女性ホルモンがどのような働きをするのかというと、新陳代謝を促進させ肌や毛髪のツヤを保ったり骨を丈夫にしたり脳の血液循環を良くしたり自律神経を安定させたり生理周期を安定させたりします。 こうやってホルモンの働きをみると女性ホルモンに似た働きをする大豆などのポリフェノールを含む食品を摂取するのが大切であることがわかります。 ちなみに消臭作用もありこの緑茶うがいは医師も推奨しています。 その結果、ポリフェノールを含まないホワイトチョコレートでは変化が見られませんでしたが、ビターチョコレートを食べた被験者では血圧の低下が見られたことから、ポリフェノールを含むビターチョコレートには血圧を低下させる効果があることがわかります。 また、蕎麦に含まれるルチンも血管を強化するという報告があります。 中性脂肪が増加する原因は運動不足と食べ過ぎです。 積極的に身体を動かすことが大切ですが、緑茶の効果を利用しましょう。 眼精疲労の回復 仕事でパソコンを操作するのは当たり前だし、プライベートでもスマートフォンに依存する私たちは日々眼精疲労と戦っています。 CMでおなじみのブルーベリーに含まれるアントシアニンは眼精疲労や涙液分泌量を改善することが判明しています。 ダイエット効果 コーヒーに含まれるコーヒークロロゲン酸は血糖値の上昇を抑制させる効果と脂肪燃焼効果があります。 ガン予防 まだはっきりとしたことはわかっていませんが、コーヒーにはガンを発生させるとされている胆汁酸の濃度を抑えることが判明しており、コーヒーを飲む習慣がある人はコーヒーを飲まない人よりもガンを患うリスクが低いとされています。 摂取量の目安 1日の摂取量の目安をご紹介します。 1日2杯程度にしましょう。 1日に7杯飲むと血糖値が下がったという報告がありますが、コーヒー同様にカフェインを含むので飲み過ぎは禁物、食事の後や休憩時にちょこちょこ飲む感じ良いでしょう。 それはきのこや豆類など不溶性食物繊維と合わせてバランスよく摂取しないと便秘などを引き起こし逆に腸内環境を悪化させるからです。 果物も含まれる糖質に注意が必要、食べ過ぎは太る原因になります。 たくさんたべるというよりバランスを重視しましょう。 過剰摂取は意味なし ポリフェノールの抗酸化作用は数時間で消滅するデリケートな成分なので過剰摂取は意味がありません。 効能を得るための摂取量はご紹介した目安くらいで十分、身体の酸化防止や健康維持の補助としてつまむ感覚で良いでしょう。

次の