仮想通貨 おすすめ。 【仮想通貨おすすめベスト3】ビットコインはもう遅い!?これから上がりそうな銘柄とは!?

仮想通貨マイニングでおすすめの「ソフト」「PC構成」「通貨」まとめ

仮想通貨 おすすめ

ビットコインを始めるなら、まずは口座開設 仮想通貨にはビットコイン(BTC)をはじめ2,000以上の種類があります。 そんな仮想通貨を始めようと思い立ったらまず取引所で口座を開設してみましょう。 申し込みに必要な情報の入力などをは10分もあれば終わりますが、口座開設までには本人確認など約2~3日かかります。 また土日を挟むとさらに時間がかかるので注意してください。 コインチョイス編集部が最も利用している仮想通貨取引所は次の3つです。 既に口座開設したい取引所が決まっている人はページ一番下のリストをご覧ください。 仮想通貨を手にするには取引所・販売所が一番簡単 仮想通貨を始めたいと思ったら、取引所や販売所を使って日本円で購入するのが一番簡単です。 ビットコイン BTC には、マイニングやゲームをやって少しもらうなど入手する方法はいくつかあります。 ただし、マイニングをするには専用の機械を購入し、コンピューターの設定をしなければなりませんし、機械を動かすのと冷房が必要なので電気代もかさみます。 そして、個人でマイニングするというのはかなり難易度が高いです。 フォーセットという別の方法で少量のビットコインを手に入れる方法もありますが、 2日かけて50円分のビットコインを手に入れたとしても価格が2倍になっても100円です。 さらに、送金の時にかかる手数料でほとんど手元にはなにも残らないでしょう。 その他にポイントサイトなどで溜まったポイントでビットコインを買う方法などがありますが、ポイントを溜めるにも時間と労力が必要です。 なので今日から仮想通貨を始めたいという人は、自分に合った取引所を探して口座開設することをおすすめします。 口座開設に必要なもの 口座を開設するにあたってはどこの取引所でも次のものが必要になります。 パソコンかスマホ• 身分証明書 この他、未成年の場合は親からの同意書が必要となります。 口座開設の主な流れ 1. 個人情報を登録して登録を完了• 電話番号など 本人確認として使用する身分証明書として下記のものが必要です。 パスポート(顔写真のあるページと住所のページ)• 在留カード(裏面も)• 特別永住者証明書(裏面も)• 運転免許証(裏面も)• 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)• 住民基本台帳カード• マイナンバーカード(表のみ) この時点で自分の口座にビットコインを入金したり、少額ならトレードや出金ができる場合があります。 ただし取引所のサービス、特にトレードや出金周りを実行するには本人確認を完了せる必要があります。 仮想通貨に関する法律で取引所に本人確認が義務づけられているため必須です。 とはいえ本人確認は、該当する書類をスマホで撮影してその写真を送るだけでなので、サクッと済ませましょう! 3. 自宅で本人確認郵便を受け取る 以上が口座開設までの大まかな流れです。 次に仮想通貨取引所の口座開設をする前に確認しておきたい基礎知識を紹介します。 仮想通貨の取引所・販売所の違いとは まず仮想通貨の口座を開設しようとした際に目にする「販売所」と「取引所」の違いを理解しておきましょう。 販売所は、言葉の通り仮想通貨を売ってくれるお店のことです。 この場合、自分が売買する相手は仮想通貨を取り扱う企業になります。 一方で、取引所の場合だと、自分が売買する相手は同じ取引所を利用している個人になります。 取引所は「買いたい人」と「売りたい人」をつなぐ場所だとイメージすると分かりやすいかもしれません。 それぞれにはメリット・デメリットがるので、さらに詳しく知りたい人は下記のページを確認してみてください。 関連記事: そして実際に口座開設する際には、仮想通貨事業者として 金融庁に登録されている企業を選ぶのがおすすめです。 次に紹介するリストにある企業はいずれも金融庁に登録されている企業なのでこのなかから選んでみるのもいいかもしれません。 いざ口座開設が完了したのにもかかわらず、自分が取引したい通貨を取り扱っていなかったということがないよう。 あらかじめ取引したい通貨がある場合は確認しておきましょう。 例えば、日本円を入金する時や取引所の口座から出金する時、保有する仮想通貨を送金する時などです。 それぞれどれぐらい手数料がかかるのかは事前に確認した上でどの取引所で口座開設をするのか検討しましょう。 また取引所によってはさまざまキャンペーンを行い、それぞれの手数料が割引もしくは無料になっていることもあるので、一度確認することをおすすめします。 また仮想通貨取引所は、それぞれ独自のスマートフォン用アプリをリリースしています。 時間や場所を選ばずいつでも仮想通貨の取引をしたい人には必須です。 各取引所のウェブサイトではアプリの特徴を紹介しているので、使いやすそうか自分が必要としている機能が備わっているかを確認してみてください。 アプリも使いやすく、仮想通貨を始めたいという人に優しい取引所となっているのではないでしょうか。 編集部コメント アンケートに答えるだけでビットコインがもらえるサービスや、ビットコインがもらえる「インチェックでんき・ガス」、また仮想通貨の自動積立サービスの「Coincheckつみたて」など、ユニークな取り組みがあります。 ブロックチェーンゲームとのコラボイベントなど業界の発展に積極的な姿勢も特徴の1つです。 ビットコイン取引量が国内で最も多い取引所でもあります。 編集部コメント 取引画面はシンプルで初心者の方でも使いやすい仕様になっています。 「ビットコインをもらう」サービスも魅力的で、オンラインショッピングや旅行の予約などビットフライヤー経由で行うと、それぞれのサービスに応じたビットコインをもらうことできます。 日本円リアルタイム入金対応 土日もOK。 オフラインのコールト゛ウォレット採用。 マルチシクでハッキンク対策も万全! 編集部コメント ビットコインニュースなどのWebサイトも保持しており、バランスの取れた仮想通貨取引所で編集部の中でも、特に人気がある。 特徴に記載してあるが、取引手数料が0円が魅力的で、管理画面も見やすい。 取引画面は初心者にも使いやすい印象です。 また多機能チャートのTradingViewを導入し、専用のモバイルアプリを提供するなどレバレッジ取引を始めたい人にとっても利用しやい取引所になっています。 編集部コメント パートナー企業の連携による仮想通貨の電子マネーチャージサービスなど、取引だけに限定されない仮想通貨に関わるサービス提供が期待できます。 新規口座開設に対するキャンペーンも積極的に行っており、これから仮想通貨を始める人におすすめできる取引所の1つです。

次の

仮想通貨の種類一覧とおすすめ銘柄ランキング【2019年最新】

仮想通貨 おすすめ

こんにちは、仮想通貨に軽く2,000万くらいは投資しているイケハヤです。 成績は……秘密!! 仮想通貨取引所、どこがおすすめ? 最近またビットコイン価格が上がってきましたね! 「 ビットコイン買いたいけど、買い方がわからない……」 という人は、まだまだ多いんですよね。 これから買おうと思う方に、わかりやすく始め方を解説します! ビットコインを手に入れる方法。 まず必要になるのが「仮想通貨取引所」のアカウントです。 日本では「」「」あたりが主要なプレーヤー。 最近は後発&海外の取引所もぐいぐい伸びてきています。 手順的にはこんな感じで、ビットコインをゲットできます。 国内の取引所でアカウントを開設( 本人確認に数日かかります)• 取引所へ日本円を入金• 入金後、ビットコインを日本円とトレード! 取引開始まで少々時間がかかるので、暇なときにアカウントを作っておくといいでしょう。 さて、結論から申し上げると、 本格的に始めるなら、「」 「」 で口座を開設するのがおすすめです。 この2つで基本的には事足りますね。 FXやりたいなら「」「」とかが選択肢に入ってきます。 ビットコインは税率も高いので、個人的にはあんまりおすすめしませんが……。 これらの仮想通貨取引所、それぞれ微妙に特徴が違うんですよ。 どんな投資・トレードがしたいかにもよりますが、どこかひとつで十分……という感じでもありません。 以下解説です! 1位. いつの間にかNo. 1になった「」。 【bitbankの特徴】• 取引量は国内No. すべての通貨が「板」形式での取引なので手数料が安い• 手数料無料キャンペーンを開催• セキュリティに安心感あり 何気にめちゃくちゃ好条件なのが。 国内でも取引量No. 1の実績を誇っています。 coincheckなどがハッキング騒動でゴタゴタしている間に、No. 1の座を獲得した感じです。 bitbankは 板取引しか用意されていないので、完全な初心者はちょっと戸惑うかもしれません。 この画面の使い勝手がわかるなら、ぜひbitbankでトレードしましょう。 板取引は手数料が安いので、頻繁に売買するなら有利になります!イケハヤも板取引以外は使いません。 また、 bitbankはセキュリティに関しても評価が高いです(全通貨コールドウォレット、原則マルチシグ対応)。 今後コインの品揃えもよくなっていくでしょうし、まだまだ伸びそうですね。 登録まだの方は合わせてどうぞ。 【】 2位. 圧倒的な品揃えと手数料の安さ「」。 【Binanceの特徴】• 世界No. 1の取引所!• マルタ共和国拠点の取引所• 圧倒的な品揃え!• 手数料も業界最安クラス 業界の中では圧倒的なポジションにいるのが、マルタ共和国拠点の取引所「」。 2019年時点で、 世界最大の取引所となっています。 取引額で見ると、2位のcoinbaseとは3倍以上の差で引き離しています。 Binanceは業界を牽引する存在で、 直近だと「IEO」ブームを生み出しましたね。 Binanceに新規上場する銘柄は、いずれも高いリターンを誇り、投資家を世界中から集めています。 CEOのCZ氏のツイートです。 BinanceのIEOは、2〜8倍のパフォーマンスを叩き出してます! Projects that went through Launchpad. Congrats! 主要銘柄では唯一といっていい値動きです。 そんなBinanceですが、 日本語には対応していません。 Googleの翻訳ツールが右上から選択できるので、これを使えばわかるはず! なお、 日本円の直接入金には対応していません。 などでビットコインを購入し、Binanceに送ることでトレードが可能になります。 やや面倒ですが、IEO銘柄などを狙いたいなら登録必須です! 【 】 3位:アルトコイン品揃えとレンディングが魅力の「」 【coincheckの特徴】• ビットコイン以外(アルトコイン)は販売所形式なので、手数料が高い• コインの品揃えは国内トップ• 仮想通貨を貸し出して利息収入を得ることができる• デザインが優れているので、初心者にはうってつけ• ハッキング事件を経験 まずはcoincheck。 ここはなんといっても、取扱コインの種類が豊富! 他の取引所では扱われていない「LSK」「FCT」が上場しています。 トレードの選択肢が広いのはうれしいですね。 coincheckはデザインも優れているので、はじめての口座開設にはぴったりです。 「板取引とかわからない」という初心者の方は、ここから始めるのがおすすめですね。 加えていうと、 実はFXにも向いています。 レバレッジも低いのですが、比較的サーバーが安定しているので安心して利用できるんですよね。 bitFlyerはたまに落ちるんで……。 ビットコインFXをやってみたい人は、coincheckでもアカウントを作っておくといいでしょう。 2018年1月末に巨額のハッキングに遭い、ぶっちゃけ潰れるかと思ったのですが……なんと事件発生してから2日後に「全額補償」を発表しました。 前代未聞……! さすがにセキュリティ対策には力を入れていると思うので、一周回って?安心して使える取引所になっている気がします。 もちろん、取引所に大金は置かないようにすることは前提ですが……。 【 】 複数の取引所を使いこなそう。 銀行口座と違い、仮想通貨の取引所は複数使う意味があります。 機能的な違いがあるのは解説したとおりですが、 複数の取引所に資産を分散させることで、リスクヘッジできるんですよ。 上記の会社は十分に安定的な企業だと思いますが、それでも将来はわかりません。 いきなり破産して資産がチャラになる……とかもありえなくはないですね。 ハッキングとかも怖いです。 あえて一社に絞る意味はそこまでないので、面倒ですが複数口座を作っておくのをおすすめします。 資産が大きい場合は、ウォレットを使いましょう。 ぼくももちろんウォレットに保管してます! 関連記事: その他の取引所の特徴。 ついでに、その他の主要取引所の解説もしておきます。 :FXに強み• :アルトコインFXに強み• :不便なのでおすすめしません• :新興取引所。 特に目立った魅力はありません• ::新興取引所。 特に目立った魅力はありません• :セキュリティ、運用関係でゴタゴタが続いています。 あえて使う理由はなさそう• :国内市場の先行者ではあるが、目立った特徴はなし 2017年とはだいぶ地図が変わった感じがしますね。 やはりの躍進が印象的です。 2017年はマイナーだったのですが、すっかり筆頭プレーヤーです。 国内は非常に規制が厳しいので、Binanceのような飛び抜けたサービスは現状ありません。 規制は落ち着いてきたので、今後は差別化が進んでいきそうですね! 仮想通貨チャンネルやってます!。 ぜひ登録を! ブロックチェーンの基礎や、 イケハヤです。 「 収入に不満がある」 「 不労所得がほしい」 「 自力で稼げるようになりたい」 そんなあなたのために! 「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした 無料メール講座を作りました。 一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。 けっこう厳しめに教えてます。 優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。 途中で嫌になって解約する人もけっこういますw 無料でいつでも解約できるのでご安心を! このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。 1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです。 人によっては、もっといけるとも思います。 本メール講座では、以下のような内容を収録しています。 有料販売している教材のプレゼント• 稼ぐためのマインドセット• 情報商材詐欺にあわないための知識• 初心者がまずやるべきこと• ツイッターの使い方( 課題達成者には無料コンサル1回)• ブログアフィリエイトの始め方• コンテンツ販売で稼ぐノウハウ• YouTubeで稼ぐ方法• 最新おすすめ副業徹底解説• 副業を始めるときのベストな考え方• 資産運用の基礎的な知識• 絶対にやっておくべき節約術 などなど……。 伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。 繰り返しですが、すべて無料です。 noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。 最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

次の

仮想通貨の投資・おすすめ銘柄ランキング

仮想通貨 おすすめ

「仮想通貨ウォレットの種類が多すぎて、どれを選べばいいのかわからない…。 おすすめの仮想通貨ウォレットを教えてほしい。 」 2018年1月に起きたコインチェック事件では、取引所が不正アクセスの被害を受け、仮想通貨が大量に盗まれる事態となりました。 その事件以降、セキュリティの高い 「仮想通貨ウォレット」が注目を集めています。 今回は、安全に仮想通貨の保管ができる「仮想通貨ウォレット」について解説しながら、 おすすめの仮想通貨ウォレットをご紹介します。 この記事を読むことで、ハッキングや不正アクセスの被害を最小限に抑え、安心して仮想通貨取引が行なえます。 ぜひ最後までご覧ください。 ホットウォレットの特徴として、インターネット上であればいつでもアクセスが可能なので、利便性が高い点が挙げられます。 しかし一方で、ホットウォレットはハッキング被害に遭う可能性が高く、実際に2018年1月に発生したコインチェック事件も、仮想通貨をホットウォレットに保管していたために引き起こされました。 なのでホットウォレットは、 利便性が高い 反面セキュリティに問題を残していると言えるでしょう。 ちなみにホットウォレットの中にはさらに 4種類あり、主に下記の通りです。 コールドウォレットは、ホットウォレットとは異なり物理的に仮想通貨を保管するので、ハッキングされる恐れがなく 安全性が高いのが特徴です。 ただ一方でコールドウォレットは、 紛失したり物理的に壊れてしまうと仮想通貨が取り出せなくなるので、保管方法には十分注意する必要があります。 ちなみにコールドウォレットは 2種類あり、主に下記の通りです。 Blockchainは、ウェブウォレットの中で最も歴史がある老舗のサービスで、700万人以上のユーザーに利用されており、 信頼度が高いことで知られています。 またBlockchainは、送金の際に発生する手数料が業界最安値で、さらに仮想通貨の自分専用ウォレットを 無料で作成できます。 ちなみにBlockchainで対応している仮想通貨は、下記の4種類です。 Gincoは日本の企業が運営している仮想通貨ウォレットのサービスで、アプリをお手持ちのスマートフォンにダウンロードすることで、誰でも簡単に利用できます。 Gincoの一番の特徴は、シンプルで使いやすい操作画面で、 難しい仮想通貨の管理を初心者でも簡単にできる点です。 またGincoは、 クライアント型と呼ばれるハッキングに強い管理方法を採用しており、セキュリティ面でも安心して利用できるのも特徴的です。 Electrumは、パソコン上で利用できるビットコイン専用の仮想通貨ウォレットで、デスクトップウォレットが登場した初期の段階から存在しています。 特にElectrumはセキュリティの設定が簡単で、使いこなせば非常に硬い財布として機能します。 また、Electrumは 操作自体が簡単なので初心者の方でも機能をフル活用でき、慣れてくれば自分好みの設定で仮想通貨の管理が可能です。 GMOコインは、IT業界大手の「GMOインターネット」により運営されている国内最大級の取引所で、 これまでハッキング被害などの大きなトラブルがなく、初心者でも安心して仮想通貨が預けられます。 またGMOコインでは、入金・出金・送料などの基本的な 手数料がすべて無料なので、運用コストが非常に安いのも特徴的です。 下記の公式サイトから 無料で口座開設できますので、今から仮想通貨取引を始めたい方に一番おすすめできる取引所です。 Ledger Nano SはUSBタイプの端末で、これまで紹介しました4つのウォレットとは異なり、 仮想通貨を物理的に保存できます。 特にLedger Nano Sは、一個1万円以上もするにも関わらず全世界で10万人以上が利用しているので、人気の高さが伺えます。 また、Ledger Nano Sに対応している仮想通貨は27種類あり、さらにウェブウォレットと連携することで、 100種類以上の仮想通貨を保管することも可能です。 bitaddressのサイトでは、ランダムな数字を入力することで、自分専用のビットコインアドレスと秘密鍵を作成できます。 また、bitaddressサイト内の「Paper Wallet」をクリックすると、アドレスと秘密鍵の情報を紙に印刷できますので、 ビットコインを長期間保管する際は一番安全と言えるでしょう。 下記の公式サイトから 無料で利用できるので、一度確認することをおすすめします。 仮想通貨は電子データなので、現金のように実物を確認できず、パソコン上の数字のみで確認しなければなりません。 なので、別のウォレットから送金する際に、数字の入力を誤って間違ったアドレスへ送金してしまうケースがまれに発生します。 特に仮想通貨取引の場合、 間違ったアドレスへ送金された仮想通貨を取り戻すことはほぼ不可能なので、送金の際はしっかりとアドレスを確認するようにしましょう。 これはコールドウォレット全般に言えることですが、そもそも仮想通貨を保管している財布が紛失してしまうと、仮想通貨も消えてしまいます。 また、ハードウェアウォレットの場合は故障しても、購入時にパスフレーズと呼ばれる暗証番号さえ残しておけば復元できます。 なので 秘密鍵・パスフレーズ・アドレスは紙に書き留めておき、厳重に保管しましょう。 おすすめの仮想通貨ウォレット【まとめ】 今回は仮想通貨ウォレットの種類について解説しながら、おすすめの仮想通貨ウォレットを紹介しました。 要約すると下記の通りです。 おすすめの仮想通貨ウォレット• :ウェブウォレットの中で最も信頼度が高い• :日本の企業が運営しているスマホアプリ• :自分好みの設定ができるデスクトップウォレット• :国内最大級の取引所で、これまで大きなトラブルがない• :USB端末のハードウェアウォレット• のサイトを利用したペーパーウォレット 仮想通貨取引を行う上でウォレットは、セキュリティ面を考えると必ず導入すべきツールです。 まず初心者の方は 「GMOコイン」で口座を開設し、 「Blockchain」と 「Ginco」を利用ながら仮想通貨ウォレットの扱いに慣れましょう。 そして 「Electrum」や 「Ledger Nano S」を利用し、さらに 「bitaddress」も活用することで、お手持ちの仮想通貨を安全に管理できます。 特に仮想通貨を管理する際は、自分自身で可能な限りセキュリティ管理を行い、リスクを最小限に抑えることが大切です。 この記事を参考に、あなたも仮想通貨ウォレットを活用しながら安全に資産運用を行いましょう。

次の