クリスタ ipad サブビュー 読み込み。 ムービーの読み込み

クリスタのサブビュー機能!複数表示の使い方を覚えよう

クリスタ ipad サブビュー 読み込み

詳しくはテキスト機能の欄をご覧ください。 実行するには、ネットワーク環境が必要です。 0に付属の「PowerTone3 for ComicStudio」を、素材インストールのPowerToneボタンからComicStudio形式に変換してインストールした場合のコンバート方法は• [パワートーン素材集](花Vol. [PowerTone素材集 里中満智子](Vol. [セルシス製 トーン素材集](Vol. 1~3)• [サム・トレーディング トーン素材集](Vol. 1~3)• [マクソン トーン素材集](Vol.

次の

クリスタ 画像読み込み ipad

クリスタ ipad サブビュー 読み込み

この講座は クリスタ(CLIP STUDIO PAINT)の アニメーション機能の 使い方を解説する講座です。 デジタルで アニメを作りたい方、自分の絵を動かしてみたいという方にオススメの講座になっています。 初めて クリップスタジオでアニメ制作をする方を対象とした内容なので、基本からしっかり学ぶことができます! クリップスタジオペイントのアニメ機能を解説! アニメ作りでクリスタがカバーしている工程 まず初めに、アニメーションの制作工程とクリスタがカバーしている範囲を確認していきましょう。 アニメーションで作画を行う工程は、主にこのようになっています。 ・絵コンテ ・レイアウト ・原画 ・動画 ・動画検査 ・仕上げ CLIP STUDIO PAINTでは、その工程のほぼ全てをカバーすることができます。 クリスタでのアニメ制作 準備編 それでは早速本編に入っていきましょう。 まずは「準備編」ということで用紙を設定するところから解説を行っていきます。 記事で分かりづらい点はぜひ動画もご覧くださいね!(*この動画は音声なしになっておりますので、その点ご注意ください) CLIPの画面から用紙テンプレートを作成していきましょう。 「作品の用途」から「アニメーション」を選択します。 小さく表示されたメニューで赤い動画マークのボタンです。 ファイル名を記入後、「基準サイズ」を入力していきます。 基準サイズはレイアウト用紙の標準フレームにあたります。 使用しているレイアウト用紙から数値を割り出し、入力します。 「演出フレーム」は安全フレームにあたる項目です。 その下にある「作画サイズ」も念のために確認をしておきましょう。 さらにその下にある「余白」もレイアウト用紙の余白を参考に記入します。 「作品名」を記入し、タイムラインはコンテを参考に設定します。 右上にあるOKをクリック紙、アニメーション用のキャンバスが作成されました。 続いて、レイヤーパレットの構成も設定しましょう。 レイアウト用紙がスキャンできました。 これで用紙が準備できました。 続いて「レイヤー」内にラフ原画フォルダを作成します。 次にセルとなるレイヤーを作成します。 まずは1つ作成します。 セルとなるレイヤーを続けて複数枚作成していきます。 パレットに色をつけ、必要なレイヤーを見つけやすくします。 これらの設定が終わったら、テンプレート素材として保存します。 保存しておくことで、次のカットにうつる時に便利です。 クリスタでのアニメ制作 レイアウト 次にレイアウトの工程に移ります。 そもそも、 アニメ制作においてレイアウトというのは、ラフの画面構成として原画を作成することをいいます。 また、ラフな原画作業も含まれることもあります。 この講座では、このコンテのカット14の原図を作成します。 「ファイル」から先ほど登録したテンプレートを開きます。 メニューが表示されるので右下の「テンプレート」をクリックします。 画面が立ち上がるので、登録したテンプレートを選択します。 ここで、先ほども出てきたフォルダの構成イメージを確認しておきましょう。 ・フォルダ(親):ラフ原画、原画など工程別に管理するもの ・アニメーションフォルダー:せるを管理するフォルダー ・レイヤーフォルダー(セル):一枚のセルとして扱える。 線画と色彩でレイヤーを分けたい場合などに使用 ・レイヤー:色鉛筆と影指定でレイヤーを分けています 原図レイヤーを作成します。 まずは背景のアタリをとります。 アタリのレイヤーは透明度を下げておきます。 新しいレイヤーを作成し、アタリに合わせてパース定規を設定します。 パース定規を使うことでデスクトップで簡単にパース線を引くことができます。 パース定規自体の使い方は動画の6:45あたりから始まりますので、ぜひ確認してみてくださいね! 次に新規作成したレイヤーに絵を描いていきます。 パースに沿って、定規を使っているように線を引くことができるはずです。 原図が完成したら、ペンの色を選択して人物のラフ原画を描いていきます。 覚えておくと便利な様々な機能がクリスタには搭載されています。 例えば「投げなわ選択」で指定したい範囲を囲むと「選択範囲ランチャー」が出現します。 「拡大・縮小・回転」をクリックして選択しると、選択した箇所を動かせるようになります。 その他にも「左右反転」や「ズームイン」など、よく使うコマンドはショートカットを登録しておくことができます。 動画31:00からの参考をぜひご覧ください。 (チャプターを使用して選択することもできます) 人物を描き進めていきます。 色鉛筆と同じように色を塗っていきます。 A-1のセルが完成です。 セルごとにフォルダに番号を振って管理していくと、レイヤーをわかりやすい状態にしておけるのでオススメです。 続いて、タイムラインを右クリックしてA-2を設定します。 A-2のセルを書くために、参考としてA-1をライトテーブルパレットに置き、透明度を下げて透かしにしておきます。 白紙のレイヤーをコピーして描画用のレイヤーを作成し、描いていきます。 以降はこの繰り返しになります。 完成したラフ原画をタイムラインのコマに指定すると簡単にプレビューを見ることができます!これで動きの確認もバッチリです。 調整後、中割りの指示を行います。 最後に、タイムシートを作成します。 取り込んだら、見やすいようにタイムシートのレイヤーをレイヤーの最上部に持っていきます。 また、向きが合っていない場合は回転させましょう。 タイムシートを記入する。 タイムラインを参考にセルの配置とタイミングを指定します。 また、カットの尺やカメラワーク、特殊効果の指示も書き込みます。 レイアウト ラフ原画の完成です! 演出・作画監督によるチェック 次は、各工程で発生する、演出さんや作画監督さんによるチェックの操作方法を紹介していきます。 レイアウト、ラフ原画は、演出のチェックと作画監督のチェックを受けます。 一般的にレイアウトラフ原画に対して、チェックを受けます。 演出さんのチェック用アニメーションフォルダをセルを作成します。 チェックする方は修正レイヤーを作成し、修正の指示を書き込みます。 作画監督の場合も、チェック用のレイヤーを作成して指示を書き込みます。 アニメーション用の原画を作成する 続いて、原画のパートに移ります。 原画では、演出さん・作画監督さんのチェックを反映させ、レイアウトラフ原画を清書していきます。 早速作業に取り掛かっていきましょう。 まずは原画用のフォルダーを作成します。 レイヤーフォルダーを必要分コピーしましょう。 作成したレイヤーフォルダをタイムラインに設定します。 その後、ライトテーブルにラフ原画と作画監督さんの修正を登録し、清書を行っていきます。 清書していきます。 利き手が書きづらいカーブは左右反転して描いていきましょう。 どんどん書き込んでいきます。 影指定は「塗りつぶしツール」で行います。 塗りつぶしツールにはわずかな隙間を隙間と判断しない「隙間綴じ機能」があるため、色がもれず便利です!隣接する範囲もドラッグしたまま塗ることができます。 クリスタでのアニメ制作 動画パート いよいよ動画のパートに入っていきます。 ここでは原画のクリンナップと中割りを行っていきます。 原画データを受け取った動画マンは、まず動画用のタイムシートを作成します。 タイムシートに書き込んでいきます。 動画用のタイムシートを作成することで必要なセルの枚数も把握することができます。 このカットの動画枚数は12枚なので、レイヤー(セル)を12レイヤー作成します。 動画のセルレイヤーをタイムラインに指定していきます。 クリンナップを行うため、タイムシートを非表示にします。 原画A-1をアニメーションセルパレット内の「セル固有のライトテーブル」に登録します。 透明度を下げて透かしのようにし、レイヤー(セル)に描いていきます。 「サブツール」の「曲線」を使えば、滑らかな曲線が描けます。 書き込みを行っていき、原画のクリンナップが完成しました! 全て完成しました。 次に中割りを行っていきます。 ライトテーブルパレットに原画の一枚目と二枚目を登録し、それぞれの透明度を下げて透かして見ると、その間も簡単に把握することができます。 このようなイメージです。 続いて、中割りのあたりを取り、作画します。 (動画最後の「参考」でもご確認いただけます。 最後に影の指定を行います。 影指定は、影指定レイヤーに行います。 塗りつぶしツールを選択し、色を選び、仕上げていきます。 クリスタでのアニメ制作 動画検査パート いよいよ、クリップスタジオペイントがカバーする最終工程「動画検査」に入っていきます。 動画検査では、動画の品質をチェックしていきます。 線や中割りの品質や、指示に対しての作業ミスはないかなど、細かくチェックを行っていきます。 フォルダ内にあるのは動画マンによって作成された動画データです。 まずはモーションのチェックを行います。 次に、タイムシートの指示通りかをチェックします。 動きは問題ないのですが、耳が描かれていないことに気づきました。 前後のセルの透明度を下げ、修正レイヤーを作成して修正を行っていきます。 書き忘れがあった「耳」が描かれました。 これで検査が完了です! 検査済みのデータと、検査前のデータがわかるよう、ファイル名を変更して保存します。 ここでは、データの末尾に「d」と記入し、動画マンに戻します。 その後、動画マンは動画検査より戻されたデータを修正し、仕上げに渡します。 この時、「PaintMan 向け出力」にチェックを入れて書き出しましょう。 また、タイムシートなど必要なデータも書き出します。 アニメーション制作 PaintManでの仕上げ PaintManでアニメーションを仕上げていきます。 CLIP STUDIO PAINTならPaintManとの連携も問題ありません。 書き出されたデータはそのまま読み込むことができます。 レイヤーの情報もしっかり分かれています。 クリスタでのアニメ制作の参考 ここでは本編で触れな買ったショートカットの設定や、インターフェースの設定などについて解説していきます。 記事では簡単に触れていく程度にしていますので、ご興味のある方は動画をチェックしてみてくださいね! まず1つ目はインターフェースの設定です。 インターフェースは操作画面のことです。 操作画面に出しておくと便利なパネルを紹介しています。 作成したインターフェースはワークスペースとして保存しておくことができます。 タイムラインやツール、サブツールなど、様々なパネルを紹介しているのでぜひチェックしてみてくださいね! よく行う操作はショートカットとして設定しておくことをオススメします。 アニメーションを確認する「指パラ」機能はぜひ設定してみてください。 装飾キー(shiftやCtrl、Altなど)と数字の組み合わせを登録します。 本編ではAltが選択されていましたね。 以上でCLIP STUDIO PAINTのアニメーション機能の使い方講座は終了です。 かなりボリュームのある内容ですが、デジタルでアニメを作り始める方が知っておいて損がない内容が纏まっていますので、ぜひブクマなどして復習しながら身につけて下さいね! CLIP STUDIO PAINTを使ってみよう!.

次の

ムービーの読み込み

クリスタ ipad サブビュー 読み込み

イラスト制作向けのCLIP STUDIO PAINT PRO クリスタで最も基本となる機能を搭載したモデルが、CLIP STUDIO PAINT PROです。 主にイラスト制作向けの機能が搭載されており、お絵描きソフトを初めて使う人にも向いているでしょう。 また基本的にはイラスト向けですが、簡単なマンガやアニメの制作も可能です。 まずはPRO版を足掛かりにして、慣れてから次のバージョンに移行することもおすすめです。 PRO版はiPadでも使えますが、有料での利用となります。 月額なら480円で、年額なら2,800円(月額約233円計算)になってお得なため、長く使うなら年額での利用がおすすめです。 上級者向けのCLIP STUDIO PAINT EX 更に拡張した機能を使いたいなら、上級者向けのCLIP STUDIO PAINT EXがおすすめです。 EXバージョンもiPadでの利用が可能であり、PROよりも搭載されている機能が多いです。 PRO版がイラスト制作向けであるのに対して、EX版は本格的なマンガやアニメの制作に適しています。 イラスト機能はもちろん、PRO版にない複数作品を管理する機能が搭載されており、利便性は更に高いです。 できることが多く便利なソフトではありますが、機能を使いこなすには慣れが必要なため、初心者ならまずはPRO版で試してみると良いでしょう。 EX版は月額980円、年額だと7,800円(月額650円計算)で利用できます。 アライアンス専用モデルのCLIP STUDIO PAINT DEBUT 残念ながらiPad版にはありませんが、クリスタにはアライアンス専用モデルとして、CLIP STUDIO PAINT DEBUTもあります。 シンプルなUIを搭載しているのが特徴で、機能は縮小されているものの、描き心地はPRO版やEX版と遜色ありません。 入手場所が限られていて、pixivのプレミアム会員になったり、ペンタブレットの購入をしたりした特典として利用できます。 また一部イベント会場では販売していたり、イラストのコンテストの応募特典となっていることもあります。 イベント用やプレゼント用といった位置づけであり、クリスタの導入バージョンとして使用されることも多いです。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! iPad版クリスタの特長 iPadで使えるクリスタには、次のような特長があります。 6カ月間無料で使える• 1カ月あたり約233円から使える• PC版クリスタとほぼ同じUI• ショートカット機能が使いやすい• PC版とデータの共有が可能 基本的な特長を知って、iPad版のクリスタへの理解を、更に深めていきましょう。 6カ月間無料で使える クリスタのアプリは有料での利用となりますが、一部条件を満たすと6カ月間無料で使えます。 クリスタは申し込み時にPRO版かEX版かを選べ、最初にEX版を選ぶと6カ月間は無料で利用可能です。 最初からPRO版を選んでしまうと、初月から料金がかかります。 そのためまずは6カ月間無料でEX版を試し、その後PRO版に落とすか継続してEX版を使うか考えることがおすすめです。 1カ月当たり約233円から使える 有料アプリで出費を気にする人も多いですが、クリスタは年額で支払うと1カ月当たり約233円という安さで利用できます。 これはPRO版の料金ですが、EX版でも年額支払いなら1カ月の負担は650円で済みます。 それぞれ月額だとPROで480円とEXで980円なのでまとめて支払ったほうがはるかにお得です。 年額と月額で1年間使う場合では年間の出費が倍近く違ってきます。 クリスタを使い続けるなら今後も費用を払い続けることになるため、少しでも出費を抑えるためにも年額での支払いがおすすめです。 PC版クリスタとほぼ同じUI クリスタはもともとPC版のソフトとしてリリースされており、後発のiPad版もほとんど同じUIを搭載しています。 そのため同じ機能が使え、PCでクリスタを使っていた人もスムーズにiPadへの移行がしやすいでしょう。 反対にiPadから始めた人でもPCへの移行がしやすく、シーンに合わせて両方を使い分けしやすい点は魅力の一つといえます。 ショートカット機能が使いやすい イラストやマンガの制作に特化したソフトであるクリスタには、創作を手助けする便利なショートカット機能が搭載されています。 iPad版だとショートカットキーをタップするだけで簡単に操作できるため、戻るや進むといった頻繁に使用する操作がより便利に行えるでしょう。 またショートカットキーはアレンジが可能であり、よく使うものをタップしやすい場所に配置できます。 カスタマイズ次第で使い勝手はより高まり、設定の自由度の高さも魅力の一つです。 PC版とデータの共有が可能 iPad版のクリスタはPC版とでデータ共有が可能であり、両方のデバイスを使いたい人におすすめです。 PCで作成したデータをクラウドからiPadに移せるため、長年PCで作業をしていた人もiPadへの移行がしやすいです。 またiPadからPCへのデータ移動も可能であり、仕上げたい箇所によって使用するデバイスを変えることもできます。 データを共有できることで自宅から外出先まで幅広いシーンでの作業が可能です。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! iPad版クリスタの注意点 便利に使えるiPad版のクリスタですが、一部注意点もあります。 便利なように見えて、意外な落とし穴があるため、どのような点に注意が必要なのか知っておくことが大切です。 2つの注意点を把握して、デメリットも考慮した上でiPad版のクリスタを使うかどうか決めましょう。 買い切り版はない iPad版のクリスタはPRO版、EX版ともに買い切りでの利用はできません。 月額か年額での支払いが必須となり、買い切り版が欲しい場合はPCかクリエイティブタブレットを選ぶ必要があります。 年額まとめて支払うと安価で利用できますが、それも長く続くと出費は増えます。 買い切りならまとまった出費が必要ですが、コストは一定でありどれだけ長く使っても追加で費用がかかることはありません。 一定期間を超えると、年額で使う方が買い切りよりもコストが高くなるため、かなりの長期間利用を考えるなら、買い切り版の購入を視野に入れても良いでしょう。 使えない機能がある PC版とほぼ同じUIで使える機能も多いですが、PC版と比較すると全部の機能が使える訳ではありません。 画面の色の取得• スキャナでの画像の読み込み• 印刷 一例を挙げるとこれらの機能はiPad版のクリスタでは使用できません。 他にも使用できない機能はいくつかあり、あくまで携帯版のソフトであることは理解しておきましょう。 もちろん使えない機能があっても便利であるのは確かで、これらの機能がそもそも不要なら問題はありません。 iPad版では何ができ、何ができないのかを把握して、利用するかどうか決めることが大切です。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! iPad版クリスタを使う時にあると便利なもの iPad版のクリスタはそれ単体でも便利に使えますが、アイテムを揃えることで更に便利に使えるようになります。 利用環境を整えるアイテムは多数ありますが、まずは次の2つがあると便利です。 ペーパライクフィルム• 片手デバイス これらがいかに機能するのかを知り、自分に合ったアイテムを揃えて利用環境を向上させましょう。 描き心地をよくするペーパーライクフィルム ペーパーライクフィルムとはその名の通り紙のような質感を持ったフィルムです。 これをディスプレイに貼り付けるとまるで紙にペンで描いているような描き心地になり、タブレット特有の滑りやすさを解消できます。 iPadはディスプレイがガラス素材でできており、付属のペンを使っても滑ってしまうことが多いです。 紙のイラストに慣れている人はタブレットに移行すると特に描きづらさを感じやすいため、描き心地を変えられるフィルムを貼っておくと、ストレスなく作業しやすいでしょう。 作業効率を上げる片手デバイス ペンを持っていない方の手で使える片手デバイスを装着すると、各種機能へのアクセスがしやすくなり、作業効率を上げられます。 例えば右手でペンを持って描いているなら、左手用の片手デバイスを使います。 片手デバイスではタッチひとつでキー操作が可能であり、文字の入力やペンや色の切り替え、ショートカットキーの実行など幅広い操作が可能です。 カスタマイズ次第で便利なツールとなり、空いた手で操作できるため作業の邪魔にもなりません。

次の