表参道 ペイン クリニック。 表参道ペインクリニック(札幌市西15丁目駅/内科)【口コミ・評判】|EPARK

港区のペインクリニック内科/ペインクリニック科の病院・クリニック 11件 【病院なび】

表参道 ペイン クリニック

備考: スポーツ整形外科、ペインクリニック 南青山の並木通りと青山通りの交差点からほど近くのビル2階にある落ち着いたクリニックです。 現代社会生活を送ることからくる首・肩・腰のこり、痛み、スポーツでの痛みや疲れ、不意のケガ、慢性的に続く痛みやしびれの症状、交通事故、労災に対して、迅速的確な診断、即効 性のある治療を提供させていただきます。 それ以外の症状でお困りの事やセカンドオピニオン、他院紹介、団体での予防接種に関してもお気軽にご相談ください。 疲労回復や体調改善、二日酔い、病中病後などを目的としたプラセンタ注射、にんにく注射も行っております。 これからも皆様の身近な主治医としてよりいっそうお役に立ってまいります。 医師は整形外科・スポーツ・リハビリの専門医。 肩こり、腰痛、関節痛に精通した理学療法士と共に患者様をサポートいたします。 「かかりつけ医」として内科のご病気や漢方治療にも積極的に診察させていただきま す。 お気軽にご相談ください。 診察に加え、レントゲン、超音波などで検査をおこない、縫合、サポーターやギプス固定などの処置をさせていただきます。 その一方で、体のゆがみによる特有の肩こりや腰痛に悩まされている方が爆発的に増えております。 患者さんに痛みの根本的な原因をわかりやすく説明し、お薬やブロック注射で早期に痛みをとり、リハビリテーションで予防する治療をご提案いたします。 また、培養幹細胞治療に関しては、当院と提携している医療機関へのご紹介も可能です。 再生医療にご興味がある方は、一度カウンセリングにお越しください。 資格など 医学博士 日本整形外科学会認定 専門医 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医 日本整形外科認定スポーツ医 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 日本足の外科学会 日本再生医療学会 参考情報: ペインクリニック, ボトックス注射 けいれん性疾患 , C型肝炎, 肥満, 高血圧, 漢方,... その後、ピラティスインストラクターの資格を有する理学療法士がマンツーマンでリハビリを指導していき ます。 呼吸と連動しながら体幹バランスを整えるピラティスを用いたリハビリを行うことで、正しい姿勢や体の使い方を身につける事ができ痛みの根本的な原因にアプローチします。 リハビリを通し体の正しい使い方や動かし方を身につけることで、怪我の再発予防だけでなくパフォーマンスアップまで可能です。 小さなお子様から高齢の方、プロレベルで活躍するアスリートの方まで通院されています。 他院で解決できなかったお体のお悩みお気軽にご相談下さい。 ポイント PCR検査と抗体検査に「陰性証明書 診断書 」まで全て合わせたセットもご用意しております。 備考: 最終受付は終了時間の30分前とさせていただきます。 予約制となります。 電話またはウェブ予約 詳しくはホームページをご覧ください。 前身である慶愛クリニック 1990年開院 を引き継ぎ、昨年 2017年 12月に内藤町に移転開院いたしました、御苑アンジェリカクリニックです。 「アンジェリカ」は女性の漢方として有名な「当帰 トウキ 」の西洋名です。 内科、婦人科等の一般診療に加え、漢方や鍼灸 なども併用して皆さまの健康をサポートします。 地域の方々のお役に立てるよう、スタッフ一同努力してまいります。 何卒よろしくお願い申し上げます。 われわれ二人は大学病院で永年にわたり麻酔科学 ペインクリニック および神経 内科学の教育、研究、診療に従事してきました。 この間、たくさんの難渋する痛みにも出会い治療をして参りました。 とくに、頭痛については専門的知識を生かして頭痛診療の向上活動に積極的に参加して参りました。 これらの経験を生かし、患者様の立場に立って医療を行いたいと思っております。 どうぞお気軽にご来院ご相談くださいませ。 参考情報: ペインクリニック, ボトックス注射 けいれん性疾患 , C型肝炎, 糖尿病, 肝疾患, 甲状腺疾患,...

次の

表参道駅周辺 リウマチ科の病院・クリニック 53件 【病院なび】

表参道 ペイン クリニック

院長 : 大森 英哉 略歴 1964年札幌生まれ 札幌西高等学校卒 1989年札幌医大卒業後 同大麻酔科学講座入局 関連病院麻酔科勤務(旭川赤十字病院、日鋼記念病院、北見赤十字病院)この間 関東逓信病院(現:NTT東日本関東病院ペインクリニック科)で神経ブロック法の研修、関西医科大学心療内科にて心身医学研修後 北見赤十字病院にてペインクリニック・心療内科を開設、痛み治療への心身両面からのアプローチを展開し開業に至る。 資格 医学博士、麻酔標榜医、日本麻酔科学会指導医(平成7年~18年) 日本ペインクリニック学会専門医 日本心療内科学会登録医 所属学会 日本ペインクリニック学会 日本心療内科学会 日本心身医学学会 ドクターからひとこと 表参道ペインクリニックは痛みの診断と治療を専門におこなうクリニックです。 平成25年5月に旧札幌1条クリニックを継承し、今年で4年目を迎えることとなりました。 このたび利便性の向上から平成28年4月にクリニックを移転し、引き続き診療を継続していきます。 クリニックのコンセプトは痛みを正確に診断し、適切な治療とマネージメントを提供することの3本の柱をモットーにしております。 からだの痛みだけでなく、緩和医療やこころの痛みにもアプローチした医療をスタッフ一丸となって展開していきたいと考えています。 表参道ペインクリニックの特徴 当クリニックの治療方針 1. 診断を重視した薬物療法や神経ブロックを中心とした身体治療 当院は、痛みの原因をまず診断追求しそのうえで薬物療法や神経ブロック法、運動療法やリハビリを選択し最適な治療を提案します。 神経ブロックの専門医としてのより安全で適切な神経ブロック療法のためエコーやレントゲン透視も利用し、皆様にはできるだけ痛くない神経ブロックを提供します。 機能的痛みや身体疾患への治療 体の病気は原因がはっきりしている病気(たとえば腰椎ヘルニア、がん、狭心症など)のほかに、検査や画像では異常が見つからない機能的な病気も実に多くあります。 ストレス性という呼び名で呼ばれることもある頭痛や腹痛、痙攣性疾患(眼瞼けいれんや顔面けいれん)、手や腋の多汗症、帯状疱疹後の神経痛、三叉神経痛、肋間神経痛、坐骨神経痛は最も得意とする専門分野です。 こころの痛みへの治療 私は身体的診断治療のほかに、心身医学アプローチを専門にしております。 慢性の痛みを抱えると心理的に気持ちが落ち込み、ますます痛みにとらわれてしまう悪循環に陥ることがあります。 また痛みがあることから行動を極端に制限してしまうこともたびたび見られます。 このような長引く痛みに伴う破滅的な考え方や誤った痛み行動を修正することが心身医学アプローチといえます。 薬物療法や漢方治療のほかカウンセリング的な精神療法、自律訓練法なども取り入れ提供したいと考えています。 がんの痛みへの治療 今や2人に1人が癌にかかる時代となり、早期発見・治療とともに癌の痛み治療も進歩がみられております。 適切な鎮痛剤の選択、病気に見合った治療法を提供いたします。 また、私は長らく緩和医療の分野も携わった経験をいかし、在宅での癌の痛み治療への関わりを実践してまいります。 当ペインクリニックで行える治療 各種神経ブロック 腰痛に対する硬膜外ブロック、神経根ブロック、肩関節痛や上肢痛への腕神経叢ブロックや星状神経節ブロック、肩、膝への関節内注射など外来で行う神経ブロックはできるだけ痛くない治療を心がけるとともに、より安全確実に実施する目的でエコーやレントゲン透視、高周波熱凝固を利用したブロックを行っております。 ボトックス注射 ボトックス注射は顔面けいれんや目の周辺のぴくつきの眼瞼けいれん、首がゆれてしまう痙性斜頚、脳梗塞や脳出血後の麻痺に伴う上下肢の強いつっぱり(痙縮)および重度な腋の多汗症に保険適応があります。 目じりや眉間、額のシワ、胸郭出口症候群、歯ぎしりなどにも有効性が認められていますが、実施にはついては保険外診療となりますのでご相談ください。 漢方処方、認知行動療法 心身症(からだの症状に精神的ストレスが強く関与している)の治療には心身両面からの治療となります。 西洋薬の安定剤や睡眠薬のほかに漢方処方には有効処方が多いため併用することがあります。 また間違ったものの考え方(認知)も長引く痛みと関係していることがあるために、修正や教育が必要となり認知行動療法も実施いたします。 癌の痛みの治療 癌の痛みに対して医療用麻薬の適切な治療を提供いたします。 また難治性の癌性疼痛への神経ブロックの提供や、できるだけ最後まで自宅で過ごしたい方への訪問在宅診療も手掛けるため、持続皮下注射やポート付き点滴、硬膜外注射によるPCA(自己調節鎮痛剤)を普及発展させていきたいと考えております。 帯状疱疹後神経痛の予防 50歳以上のかたを対象に帯状疱疹の予防、帯状疱疹後神経痛の重症化の予防を目的に水痘ワクチンの摂取の普及を勧めております。 高齢化のますます増加する現在、公費にてワクチン接種の早期実現のためにも、その啓蒙活動を継続していきます。

次の

港区のペインクリニック内科/ペインクリニック科の病院・クリニック 11件 【病院なび】

表参道 ペイン クリニック

体の痛みは、つらいものです。 その痛みを和らげてくれるペインクリニックです。 遠方からも治療に来る病院です。 、 私の知人がこの病院の神経ブロックで、ひどい腰痛の痛みから解放されます。 知人の話ですと、効果は一年で無くなるそうです。 一年間は無痛なので、病院に行かないです。 彼は一年後にこの病院に来て神経ブロックします。 これをして一年間は、普通に会社に勤めています。 これを数年繰り返しています。 定年まで、これで頑張ると言っています。 痛みから救われている患者さんは、大勢います。 先生は元北海道大学医学部の麻酔科の助教授だったそうです。 うなずけます。 まだ一般的になってはいない、先を行く治療です。 いつも患者さんで一杯です。 表参道ペインクリニック関連キーワード:医療その他by.

次の