カナヲ可愛いイラスト。 鬼滅の刃カナヲのかわいい表情6選キュンキュンすること間違いなし!

鬼滅の刃で『カナヲ』が話題に!

カナヲ可愛いイラスト

概要 『』のコンビ(またはトリオ)タグの一つ。 姉である、妹であるは深い絆で結ばれた仲の良いである。 家族をに殺されてからは姉妹二人で鬼殺隊に入隊、 おっとりしたカナエをしっかり者のしのぶがフォローするという体で、を取り仕切っていた。 また、蝶屋敷で働く女子たちにも共通しているが、お揃いの蝶を型どった髪飾りを付けている。 はカナエ、しのぶとの 血の繋がりはない。 だが幼い頃に実の親から酷い虐待を受け続けた末に人買いに売られ、連れられているという絶望的状況からカナエ、しのぶの二人によって救われている。 感情を無くし、名前さえ無かった女の子に『カナヲ』と名付け(恐らくカナ"エ"のエがヲ、つまり 「笑顔になるように」と思われる)、それ以降、カナエとしのぶはカナヲを蝶屋敷に引き取って実の姉妹のように接している。 今はしのぶの継子として鬼殺隊で活躍しているが、師弟を超えた家族のような存在となっており、更にカナヲ本人も気付いていなかった様だが、カナエとしのぶを心から慕っていて、二人を本当の姉のように思うようにもなっていた。 このため彼女もカナエとしのぶの妹として、とするイラストもある。 関連イラスト.

次の

[B!] 【鬼滅の刃】栗花落カナヲの可愛いイラスト画像まとめ【40枚】 │ アニビボ

カナヲ可愛いイラスト

概要 『』のコンビ(またはトリオ)タグの一つ。 姉である、妹であるは深い絆で結ばれた仲の良いである。 家族をに殺されてからは姉妹二人で鬼殺隊に入隊、 おっとりしたカナエをしっかり者のしのぶがフォローするという体で、を取り仕切っていた。 また、蝶屋敷で働く女子たちにも共通しているが、お揃いの蝶を型どった髪飾りを付けている。 はカナエ、しのぶとの 血の繋がりはない。 だが幼い頃に実の親から酷い虐待を受け続けた末に人買いに売られ、連れられているという絶望的状況からカナエ、しのぶの二人によって救われている。 感情を無くし、名前さえ無かった女の子に『カナヲ』と名付け(恐らくカナ"エ"のエがヲ、つまり 「笑顔になるように」と思われる)、それ以降、カナエとしのぶはカナヲを蝶屋敷に引き取って実の姉妹のように接している。 今はしのぶの継子として鬼殺隊で活躍しているが、師弟を超えた家族のような存在となっており、更にカナヲ本人も気付いていなかった様だが、カナエとしのぶを心から慕っていて、二人を本当の姉のように思うようにもなっていた。 このため彼女もカナエとしのぶの妹として、とするイラストもある。 関連イラスト.

次の

鬼滅の刃で『カナヲ』が話題に!

カナヲ可愛いイラスト

プロフィール 名前:栗花落カナヲ(つゆり かなを) 年齢:16歳 身長:156cm 体重:46kg 声優:上田麗奈 鬼殺隊の入隊試験に残った5人のうちの一人ですね! カナヲは炭治郎達とは同期ということになります。 基本的には薄っすらと微笑んだ表情をしていることが多いですが、実際は感情がほとんどありません。 言われたことをするだけという女の子でした。 その後は 炭治郎の熱意などもあって少しづつ人間としても成長していきます! そしてなんと、 カナヲは蟲柱の胡蝶しのぶの継子なのでした! カナヲの強さはどのくらい? 初期の時点で、 すでにカナヲの強さは同期たちから比べれば圧倒的なものでした! 全員が死にものぐるいで何とか生き残った試験に対して、カナヲだけはほぼ無傷。 楽勝ムードで合格というほどの差がありましたね〜。 後にわかったことですが、カナヲは蟲柱の胡蝶しのぶの継子だったんです。 「柱」というのは鬼殺隊で言うところの最強クラスの幹部ですね。 「継子」というのは、その柱から才能を認められた存在のことを言います。 ) 上弦の鬼相手に勝利 カナヲは鬼滅の刃でもトップクラスの強さを持つ上弦の弐・童磨を相手に勝利しました! 実際は伊之助とのタッグでの勝利なので自力というわけではないのですが。 そこらの鬼殺隊が何人束になっても、柱一人だけでも勝てない相手です。 そんな相手に鬼殺隊員二人で勝利したのは、かなりの快挙なのではないでしょうか? (もっと詳しく言うと、しのぶさんの術と合わせて三人での勝利ですね。 ^^) 鬼滅の刃作中でもトップクラスの強さの一人といえると思います〜! スポンサーリンク カナヲの能力や技は? 上記まででも軽く紹介しましたが、 カナヲの師匠は蟲柱の胡蝶しのぶです。 それじゃあ胡蝶しのぶの継子のカナヲ蟲の呼吸を扱うのかというと、そういうわけではありません。 ^^ 一応、蟲の呼吸と花の呼吸のどちらも水の呼吸からの派生ということは同じとなっています。 ものすごく便利な半面、自身に対する負荷も半端ないもので、失明の危険すらある、まさに捨て身の技ですね。

次の