岡田晴恵 モーニングショー 出てない。 岡田晴恵は医師免許もないのに話し方が偉そうで胡散臭い?モーニングショーまとめ

逃げ得は許さない! SPA!ゴー宣、今週も玉川徹・岡田晴恵の罪を追及!

岡田晴恵 モーニングショー 出てない

新型コロナ報道で絶好調の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日)。 同時間帯の情報番組の中でも、ダントツの高視聴率を維持している。 そこへ新たな目玉企画が誕生か。 レギュラーコメンテーターの玉川徹(57)と政治ジャーナリストの田崎史郎氏(69)の舌戦である。 *** 民放プロデューサーが言う。 「コロナ報道で『モーニングショー』は、公衆衛生学を専門とする岡田晴恵教授と、呼吸器内科の大谷義夫先生というスターを生み出した。 岡田教授は国立感染症研究所の元研究員という立場から意見を述べ、大谷先生は呼吸器内科では全国屈指の患者数をかかえるクリニックの院長として意見を述べる形で、視聴率に貢献しました。 さらに玉川さんは、政府批判を繰り出すという構図でした。 しかし、新型コロナの感染拡大で、大谷先生はテレビ出演どころではないのか、最近は出ていません。 その代わり、というわけではないのでしょうが、新たに注目されているのが、元時事通信の政治記者で政治ジャーナリストの田崎さんです」 田崎氏は、これまでも「モーニングショー」に出演している。 今回は3月25日以来の出演だが、4月6日から4日連続で出演し、連日、玉川と舌戦を繰り広げネット上でも話題となっているのだ。 簡単に振り返ってみよう。 7日に緊急事態宣言が出されるということで田崎氏が出演した。 ベテラン政治記者が、官邸内部の動きなどを解説したわけだが、日本の新型コロナの死者数が少ないことを巡り、ゴングは鳴った。 玉川:(PCR)検査してないのに、感染者、分からないじゃない! 山口:でも死者数というのは1つの目安になりますよね。 玉川:それは感染が確認された人で亡くなった人の死者数でしょ。 田崎:そうではなくて、肺炎で亡くなった人も、後でCT検査してコロナウィルスかどうかいちいち判断しているんですよ。 玉川:全部じゃありませんよ。 田崎:いや全部やってんですよ。 結果として今の死者数が出てきてるんで。 玉川:それは、今までずーっと最初からですか? 田崎:最初から。 玉川:最初から全ての病院に対して、1日に400人以上、肺炎で亡くなる人全員にPCR検査やっているんですか? やってないじゃないですか! 田崎:PCRじゃなくて、「CT検査しなさい」と言ってるんですよ。 結局、この日は時間切れとなった。 あわせて読みたい関連本•

次の

テレ朝「玉川徹」に田崎史郎氏が思わずホンネ 「羽鳥モーニングショー」は絶好調

岡田晴恵 モーニングショー 出てない

新型コロナ報道で絶好調の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日)。 同時間帯の情報番組の中でも、ダントツの高視聴率を維持している。 そこへ新たな目玉企画が誕生か。 レギュラーコメンテーターの玉川徹(57)と政治ジャーナリストの田崎史郎氏(69)の舌戦である。 *** 民放プロデューサーが言う。 「コロナ報道で『モーニングショー』は、公衆衛生学を専門とする岡田晴恵教授と、呼吸器内科の大谷義夫先生というスターを生み出した。 岡田教授は国立感染症研究所の元研究員という立場から意見を述べ、大谷先生は呼吸器内科では全国屈指の患者数をかかえるクリニックの院長として意見を述べる形で、視聴率に貢献しました。 さらに玉川さんは、政府批判を繰り出すという構図でした。 しかし、新型コロナの感染拡大で、大谷先生はテレビ出演どころではないのか、最近は出ていません。 その代わり、というわけではないのでしょうが、新たに注目されているのが、元時事通信の政治記者で政治ジャーナリストの田崎さんです」 田崎氏は、これまでも「モーニングショー」に出演している。 今回は3月25日以来の出演だが、4月6日から4日連続で出演し、連日、玉川と舌戦を繰り広げネット上でも話題となっているのだ。 簡単に振り返ってみよう。 7日に緊急事態宣言が出されるということで田崎氏が出演した。 ベテラン政治記者が、官邸内部の動きなどを解説したわけだが、日本の新型コロナの死者数が少ないことを巡り、ゴングは鳴った。 玉川:(PCR)検査してないのに、感染者、分からないじゃない! 山口:でも死者数というのは1つの目安になりますよね。 玉川:それは感染が確認された人で亡くなった人の死者数でしょ。 田崎:そうではなくて、肺炎で亡くなった人も、後でCT検査してコロナウィルスかどうかいちいち判断しているんですよ。 玉川:全部じゃありませんよ。 田崎:いや全部やってんですよ。 結果として今の死者数が出てきてるんで。 玉川:それは、今までずーっと最初からですか? 田崎:最初から。 玉川:最初から全ての病院に対して、1日に400人以上、肺炎で亡くなる人全員にPCR検査やっているんですか? やってないじゃないですか! 田崎:PCRじゃなくて、「CT検査しなさい」と言ってるんですよ。 結局、この日は時間切れとなった。 あわせて読みたい関連本•

次の

“コロナの女王”岡田晴恵教授、リモート出演しない理由がヤバ過ぎる!

岡田晴恵 モーニングショー 出てない

18日放送の『モーニングショー』 テレビ朝日系 での白鴎大学教育学部の岡田晴恵教授の発言が、物議を醸している。 この日、番組ではコロナ禍で売上げが大幅に下がり、大打撃を受けている飲食店の現状などを報じていたが、その中で岡田教授は、「第二波をどのように乗り切るかが私たちに提示されていない」と政府の対応を批判。 「私はサイエンスとして、感染者と非感染者を分けて、接触させない。 で、非感染者で経済を回しましょう。 そのことに注力することがこういう業界を救うし、生き残りじゃないのかな、と」と自身が一貫して提示し続けている、PCR検査の徹底による感染者と非感染者を分けるという対策を改めて主張した。 さらに岡田教授は、現在の外出自粛対応は100年前のスペイン風邪の対策を引き継いでいると言い、集団免疫を獲得しようとし致死率が上がったスウェーデンの現状も指摘しつつ、「それなのに、なぜ第二波の政策と言うのが国民の前に提示されないのか。 多分、みなさんも心折れそうだと思いますけど、実は一番心が折れそうなのは私かもしれないと思ってます」と照れ笑いを浮かべていた。 しかし、岡田教授のこの発言について視聴者からは、「政府が自分の言うこと聞いてくれないから心折れそうなの…? 」「専門家会議に参加している専門家が言ってるなら分かるけど、テレビで言ってただけじゃん」「自分にどれだけ影響力があると思ってるんだろう」といった批判的な声が上がっている。 「『モーニングショー』と言えば、コロナ禍の当初からPCR検査の徹底などを訴え、政府の方針を批判的に報じていましたが、蓋を開けてみると、日本は世界と比べて死者数を抑えることができたという結果に。 政府対応と真逆の対応を提唱してきた『モーニングショー』へ集まっていた疑問の声は、この結果を受けて大きな批判となってしまっています。

次の