ファン ザン テン。 ヤーコプ・フェルトハイゼン・ファン・ザンテン

《不吉の悪魔龍 テンザン》

ファン ザン テン

KLM機のファン・ザンテン機長はブレーキを解除し離陸滑走を始めようとしたが、副操縦士が管制承認が出ていないことを意見した。 17時6分6秒、副操縦士は管制官に管制承認の確認を行い、17時6分18秒、管制官は管制承認を出した(航空交通管制の項目に詳しいが、計器飛行方式をとる旅客機はまず管制官と交信しフライトプランの確認を行い、『離陸後に目的地までフライトプランどおりの航路を飛ぶための承認』を得る。 これが管制承認である)。 管制承認はあくまで「離陸のスタンバイ」であり、「離陸を始めてよい」という承認ではないが、管制官は承認の際に「離陸」という言葉を用いたためKLM機はこれを「離陸を始めてよい」という許可として受け取ったとみられる。 17時6分23秒、副操縦士はオランダ訛りの英語で "We are at take off"(これから離陸する)または "We are taking off"(離陸している)とどちらとも聞こえる回答をした。 管制塔は聞き取れないメッセージに混乱し、KLM機に「OK、(約2秒無言)待機せよ、あとで呼ぶ(OK, … Stand by for take off. I will call you)」とその場で待機するよう伝えた。 この「OK」とそれに続く2秒間の無言状態が後に問題とされる。 パンナム機はこの両者のやりとりを聞いて即座に不安を感じ「だめだ、こちらはまだ滑走路上をタクシング中(No, we are still taxiing down the runway)」と警告した。 しかしこのパンナムの無線送信は上記2秒間の無言状態の直後に行なわれたため、KLM機では「OK」の一言だけが聞き取れ、その後は混信を示すスキール音しか記録されていない。 2秒間の無言状態によりATCの送信は終わったと判断してパンナム機は送信を行ったが、ATCはまだ送信ボタンを押したままだったので混信を生じた。 しかもATCとパンナム機の両者はこの混信が生じたことに気付かなかった。 これにより、パンナム機は『警告がKLM機とATCの双方に届いた』、ATCは『KLM機は離陸位置で待機している』、KLM機は「OK」の一言で『離陸許可が出た』とそれぞれ確信したため、KLM機は離陸推力へスロットルを開いた。 霧のためKLM機のクルーはパンナムのB747がまだ滑走路上にいて自分たちの方向に向けて移動しているのが見えなかった。 加えて管制塔からはどちらの機体も見ることができず、さらに悪いことに滑走路に地上管制レーダーは設置されていなかった。 だが衝突を回避するチャンスはもう一度あった。 上記交信のわずか3秒後に改めてATCはパンナム機に対し「滑走路を空けたら報告せよ(Report the runway clear)」と伝え、パンナム機も「OK、滑走路を空けたら報告する(OK, we'll report when we're clear)」と回答した。 このやりとりはKLM機にも明瞭に聞こえていた。 これを聴いたKLMの機関士はパンナム機が滑走路にいるのではないかと懸念を示した。 事故後に回収されたKLM機のCVR(コックピットボイスレコーダー)には以下の会話の録音が残っている(カッコ内は原語であるオランダ語)。 KLM機関士:「まだ滑走路上にいるのでは? (Is hij er niet af dan? )」 KLM機長:「何だって? (Wat zeg je? )」 KLM機関士:「まだパンナム機が滑走路上にいるのでは? (Is hij er niet af, die Pan-American? )」 KLM機長/副操縦士:(強い調子で)「大丈夫さ! (Jawel! )」 おそらく、ファン・ザンテン機長は機関士の上司であるだけでなく、KLMで最も経験と権威があるパイロットだったためだろうが、機関士は重ねて口を挟むのを明らかにためらった様子だった。

次の

ファン・ザンテン機長 Foursquare'de

ファン ザン テン

概要 [ ] の決勝大会でと互角に勝負して、その後の所属となる。 パイロットとしては天性の素質の持ち主で、アードラー曰く「機動兵器に対する適応力が非常に高く、どんな機体でも少し扱えば本人が意図せずともコツを掴み完璧に乗りこなす」という。 性格は、ゲームでも戦場でも同様に敵を撃ち落とすことを快楽とする享楽主義者。 戦場ではその異常なイデオロギーが爆発し、道徳心や命の価値観をあまり持ち合わせてはいない。 DCが崩壊したあとはの下に付き、が与えられる。 だが、アードラーが仕込んだに取り込まれて自身のイデオロギーが暴走、発狂状態へと陥る。 最期はリュウセイにより引導を渡される形でヴァルシオン改ごと葬られた。 しかし、それは自分自身さえも完全に失ってしまう「」の始まりに過ぎなかった…。 登場作品と役柄 [ ] [ ] 初登場作品。 この作品のみ決勝以前にDCに行ったらしく、大会は不参加。 主人公双方のストーリーがほぼ同時進行といえる前半部分で、テンザンの初陣の相手は選んだ主人公による差の1つである。 なお同様のケースであるリクセントへの救援時にも登場する。 アニメ版の設定に基づき、バーニングPTの優勝者がテンザンとなった。 また、最期のリュウセイとのやり取りが『DW』準拠のものになった。 リュウセイとの出会いなどが描かれた。 最期はゲームと同様死亡してしまうが、エアロゲイターに「 」に改造される事なく、地球人テンザン・ナカジマとして死亡した事を考えるとある意味救われたと言えなくもない。 基本的な部分はDWに準拠するが、撃墜されてコクピットブロックごと海に沈んだ後にそれらをエアロゲイターに回収される様子が描かれており、その後はゲーム本編と同じくゲーザに改造されてしまう。 パイロットステータス設定の傾向 [ ] 射撃と命中が高いが、あくまでゲーム慣れの延長という扱いなのか天才は持っていない。 リュウセイは念動力を持っているため作中ほどの差はなく、実際のステータスよりも強敵扱いされている部類といえる。 を持っているのは、粘着質な彼らしいところか。 人間関係 [ ] リュウセイのダークサイド的側面といえるキャラで、『新』時代のリュウセイと対応させられることもある。 彼とはゲームで繋がりがあるが、同類と見ていた。 逆にリュウセイは命の価値を知らないテンザンを否定した。 リュウセイと同じくゲーム繋がりで、DCの元同僚。 気弱だった彼のことは特に見下していた。 「自分と同じようになる」と指摘したが、リョウトの心は真っ直ぐであり続けた。 初戦闘の際にラトゥーニを欠陥品呼ばわりしたため、リュウセイの怒りを買ってしまう。 彼からは適当にあしらわれており、テンザンはその「スカした」態度が気に食わない。 その才能をアードラーに高く評価され、目を掛けられていた。 内部では最終的にアードラー派に付き、が与えられた事に喜んでいたが、彼に利用される形となる。 ゲイムシステムの暴走で錯乱した後、アードラー本人も血祭りに上げると言い放ったが、実現することはなかった。 彼の代わりにウェーク島基地の司令官となった。 この際に家族の仇討ちに拘る彼の姿勢をバカにするような発言をしたため、殺意をも込めた警告を受けている。 戦争をゲームと考える点でよく似ている。 しかし彼は戦争をビジネスだとも考えており、引き際を見極めて手を引いた。 一方テンザンは自分の実力で相手を倒すゲームを純粋に楽しんでいた。 名台詞 [ ] 通常時 [ ] 「ホッ!」「~だっての」 口癖。 「たかがゲームじゃねぇか…。 そんなに熱くなるなって…」 『ディバイン・ウォーズ』第1話でリュウセイに突っかかられての一言。 彼らしからぬクールな発言であり、このシーンを契機に彼のファンが増えたとか。 「へへッ、こいつ…ビビってやがんのか? それとも、ビギナーか? いよーし、栄光のPT撃墜マーク一つ目…頂きだ!」 『OG1』リュウセイ編4話「フィアー・ゲーム」でのリュウセイとの戦闘前会話。 「チェッ、仕損じたか。 それにしても、あいつ…機体の動きがバーニングPTくせえな………」 「ッ、まさか…な」 同話でのリュウセイとの戦闘後、一戦交えただけでリュウセイの癖を見抜いている。 「ちっ!リセットして出直しだっての!」 撃墜時のセリフ。 他にも「セーブ」「コンティニュー」などの再開に関するゲーム用語を含んだセリフがしばしばあり、ゲームプレイヤーに対するメタ的発言が目立っている。 「へ、へへっ……マジでゲームオーバーたぁな……」 「忘れんじゃねぇぞ、リュウセイ……てめぇは俺と同類だ……いずれてめぇも同じ目に遭うぜ……」 「そう! 戦争っていう最高のゲームでなぁ!! ハッハッハッハ!! ヒャーッハッハッハッハッハァ!!」 『OGs』と『ディバイン・ウォーズ』でリュウセイに撃破された台詞。 戦いをゲーム感覚で行なっているものの現実との区別がついている為か、狂乱時と違い最後の最後で正気に戻っている。 狂乱時 [ ] 「血祭りだ…血祭りに上げてやるぜえ…どいつもこいつも!ヒャーッハッハッハッハァ!!」 に取り付けられたゲイム・システムに精神を冒され、狂気を剥き出しにした後のセリフ。 狂乱時は顔アイコンも白目になっている。 テンペストよりはマシだが、結局同じ事である。 「ヒャッハッハ、相変わらずカッコいいなァ、てめえは。 ああカッコいい、カッコいい!だがな、てめえだって同じ人殺しなんだぜえ!?プチプチプチッと敵兵を殺す人殺しなんだぜえ!?」 「そんなになってまで…!」と歯噛みするリュウセイに皮肉を飛ばしつつ、お前も自分と同じだと突きつけるが… 「馬鹿言ってんじゃねえ!コンティニューすりゃいいんだよ、コンティニュー!そうすりゃヒットポイントも全回復だっての、ヒャハハハ!!」 「それでレベルを上げりゃ、日本どころか世界制覇も出来るっての!!ヒャハハハ! ヒャーッハッハッハッハ……!!」 ゲイム・システムに取り込まれた状態でリュウセイに撃墜された時のセリフ。 もはや現実とゲームの区別がついておらず、彼は高笑いを残して爆散した。 だが…。 「プチプチッ?そうだよプチプチ。 プチプチぷちプチプチプチプチィィ プッチぷちプチプチィィィィッ」 『Record of ATX』の対の一幕。 もはやこの状態から発せられる言葉は「プチプチ」のみ。 このときのテンザンの顔は八房氏の描き込みの細かさも手伝ってもはや顔芸レベル。 凄まじいことになっている。 搭乗機体 [ ] ・タイプT 初搭乗機体。 早く戦いたいがために強引に受領したものだが、アードラーの意向により見逃された。 ぶっつけ本番での操縦な上にテストタイプ故の不安定な機体だったにも関わらず、難なく乗りこなしていた。 リュウセイ編では、遭遇したリュウセイらの部隊と初実戦まで行い、複数を相手取って優勢に立ち回る活躍を見せた。 しかし、元々バーニングPTでも重装甲・高火力の機体を好んで使っていたテンザンには、リオンは肌に合わなかった模様。 『OG1』キョウスケ編で搭乗。 この機体での訓練も行っていたが、リオン同様お気に召さなかった模様。 『OG1』リュウセイ編のウェーク島基地攻防戦にて搭乗したが、戦闘は行わずそのまま撤退した。 この機体での訓練も行っていたが、リオン同様お気に召さなかった模様。 、 正式に受領した機体。 バーニングPT時代のスタイルとも合致する性能のためか気に入り、以後愛機とした。 余談 [ ]• 名前の由来は恐らく、日本海軍が九七式艦上攻撃機(以下、九七式艦攻)の後継機として開発・実戦配備した艦上攻撃機『天山(てんざん)』と、それを開発した航空機・航空エンジンメーカーの『中島飛行機』であろう。 対比される相手であるの名前を、同じく日本海軍の艦上攻撃機である『流星(りゅうせい)』と読み替えて引っ掛けたネーミングだと思われる。 スパロボシリーズのプロデューサーの一人「菊池博」からと思われる。

次の

ファン・ザンテン機長 Foursquare'de

ファン ザン テン

1.ファンコイルユニットとはどういうもの? ファンコイルユニットとは、ファン(送風機)とコイル(熱交換機)をひとつの箱に収めた空調機です。 室内の空気を吸いこんで、エアフィルターでちりなどを取りのぞいた後、コイルで温度と湿度を調節して、また室内に戻します。 この仕組みだけ見ると、エアコンとそう変わらないように思えるでしょう。 しかし、エアコンは室外から空気を取り入れて冷媒配管で温度を調節するのに対し、ファンコイルユニットは温度や湿度の調節に水を用います。 ですから、エアコンの室外機に相当する部分がかなり大がかりになるのです。 ビルの屋上で、盛んに水を滴らせる大型のファン付き機械を見たことがある方もいるでしょう。 これが、ファンコイルユニットの冷却装置になります。 3.ファンコイルユニットの構造や特徴は? ファンコイルユニットは、外気を取り入れる大型の機械が1台あり、そこから各部屋へ配置される機械へと枝分かれしています。 ファンコイルユニットというと天井に取り付けるタイプをイメージしている方も多いでしょう。 しかし、床に置くタイプのものや壁掛け型、さらに、任意の場所に付けられるダクト接続型などがあります。 ですから、冷媒配管を利用するエアコンよりも、設置場所が自由に選べるのです。 ちなみに、ファンコイルユニットを製造しているメーカーは、エアコンを製造していることも多いでしょう。 メーカー名を聞けば分かる方も少なくないと思います。 また、メーカーによっては病院用、ホテル用など用途に合わせて特化した製品を作っていることもあるのです。 ですから、設置する場所に合わせてメーカーを選んでもよいでしょう。 関連記事 4.ファンコイルユニットのメリット・デメリットは? では、ファンコイルユニットにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか? この項で詳しくご紹介します。 4-1.ファンコイルユニットのメリットは? ファンコイルユニットは、中央制御タイプの空調設備ですが熱源水の流量調整で温度制御が容易です。 ですから、部屋ごとに異なる温度に設定することもできます。 中央制御ですから、1台ずつ個別に設置されているエアコンよりも省エネで運転できるでしょう。 また、設置場所が自由に選べるのも魅力のひとつです。 部屋の用途によっては、天井に送風口が設置できないこともあるでしょう。 ファンコイルユニットの場合は、床下にも設置できるので、天井や壁が全く使えない場所でも設置できます。 4-2.ファンコイルユニットのデメリットは? ファンコイルユニットのデメリットというと、水源の確保と室外機の置き場所の確保を第一にあげる人が多いでしょう。 ファンコイルユニットは水で空気の温度を調節します。 ですから、運転には大量の水が必要です。 大規模な施設の場合は元が取れますが、小規模な施設の場合は普通のエアコンよりもコストがかかるでしょう。 また、水の温度を調節する機器もエアコンの室外機の数倍も大きいのです。 ですから、壁面にはまず設置できません。 屋上がある場合は屋上に置けばよいのですが、そこが使えない場合は地面に置いてダクトを引っ張らなければならないのです。 そのため、ビルの設置場所によっては工事費がかかることもあるでしょう。 ファンコイルユニットは空気清浄の機能もあります。 大規模なビルほど、窓があってもあかないことが多いので、空調による空気清浄は不可欠です。 しかし、ファンコイルユニットの場合は部屋ごとに送風口が設置されています。 そのため、フィルターの掃除に大変手間がかかるのです。 特に、ホテルや病院など部屋数が多い場所では、フィルターの取り外しや洗浄だけでも、時間がかかるでしょう。 ですから、専門の掃除業者などを置いて対応しなければなりません。 また、オフィスのようにビルの部屋を使う時間がばらばらの場合は、かえってコスパが悪くなるでしょう。 5.ファイルコルユニットの管理はどうすればいいの? ファンコイルユニットの管理は、そう難しいことではありません。 大切なのはフィルターの掃除くらいでしょう。 ですから、建築物環境衛生管理技術者は、清掃業者と契約を結び、日々のお手入れをしてもらえばよいですね。 フィルターが汚れていれば、空気も汚れます。 ですから、フィルターの清掃だけはこまめに行いましょう。 特に、喫煙者が多数いる施設では、フィルターにヤニがこびりついて目詰まりすることも多いです。 今は、喫煙は定められた場所でしか行えないビルが大部分ですが、喫煙所のフィルター掃除はより一層こまめに行いましょう。 また、定期的な空気のチェックも欠かせません。 ビルの中で空気が汚れてしまうと、利用者に健康被害が出るだけでなく、ビルそのものが使えなくなるでしょう。 ですから、建築物環境衛生管理技術者は、定期的に空気の成分をチェックして、その結果を定められた期間保管しておかなければなりません。 異常が出た場合は、すぐに原因を突き止めましょう。 空気に異常が出た場合はすぐに対策を取らないと健康被害が出るかもしれません。 関連記事 おわりに 今回ファンコイルユニットの特徴や構造、さらにメリット・デメリットなどをご紹介しました。 ビルの空調など普段は意識しないことがほとんどです。 しかし、メンテナンスを怠れば、最悪の場合ビルそのものが使えなくなってしまうでしょう。 ですから、建築物環境衛生管理技術者の方は、こまめな点検とメンテナンスが必要です。 また、空調はそう簡単に取り換えることはできません。 ですから、築年数がたったビルはそれだけ空調設備も古いのです。 新しいビルの場合は、空調設備がコンピューターでコントロールできるものもあります。 たとえビルの天井の上や壁の中に設置された配管のどこで不具合が起きてもすぐに分かるようになっているでしょう。 しかし、古いビルも場合はそのような設備はありません。 ですから、不具合箇所を見つけるのも大変なことがあります。 不具合が起こる前に発見することも大切なのです。

次の