テレ朝 羽鳥モーニングショー 意見。 テレ朝ワイドショーに医師が困惑「真逆の意見として放送された」 国会議員からは「事実誤認」と指摘 (1/2ページ)

玉川徹氏、岡田晴恵氏擁する『モーニングショー』一人勝ちへの違和感(高堀 冬彦)

テレ朝 羽鳥モーニングショー 意見

『羽鳥慎一モーニングショー』公式Twitterアカウントより 23日放送のテレビ番組『 羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に 新型コロナウイルス感染症の政府専門家会議メンバーで日本医師会常任理事の釜萢敏氏が出演し、政府の対応などについて説明した。 釜萢氏は検査数の少なさが指摘されている点について、現状のままで問題ないとの見解を示し、重症者の検査を拡充する方針を示した。 これまで同番組では、新型コロナ感染拡大をめぐる政府の対応について批判的なスタンスの放送内容になることも多く、今月5日には厚生労働省が公式Twitter上で同番組を名指しして反論する異例の事態も生じていた。 今回の同番組内での釜萢氏の説明について、インターネット上では、 「本物の専門家の正しいコメントが聞けて良かった」 「コロナの現状(予兆)や日本政府の対応(対策)について、具体的で論理的に明快に解説されて非常に参考になった(説得力があった)」 「内容が納得できます。 素晴らしいです。 現在の日本の新型コロナのフェーズにあった対策を論理的にご説明されています。 外国と簡単に比べていない、日本の対策を教えていますね」 と評価する声がある一方、 「検査をやらない、スピード感は要らないの理論武装を披露してた」 「専門家会議のメンバーのこの人の話聞いてると絶望だよね 軽症者の検査する気なし 重症化してからだと治療しようがない人も多いのに 犠牲者増やしたり、集団感染を増やすだけ、って自覚ないのがこの国の専門家」 「今日のモーニングショーは衝撃的だった。 スピード感のなおじいさん達が専門家会議のトップに座っていて昔のスピード感でやってることが分かってしまった」 と厳しい意見もみられた。 ていう微妙な間.. という場面が何度もあった」 「今朝のモーニングショーはつまんなかったなぁ。 専門家委員の医者が一人で専門家じゃなくて行政官の真似事したおしゃべりが止まらない。 玉川さんがいないとまったく見てもしょうがない番組になるのね」 と残念がる声も多い一方、 「今日の、放送は玉川さんが居なくて、ゆっくりとゲストの先生の話が聞けて安心しました。 この、番組がいかに、玉川さんの独善的な意見に左右されているんだな~と思います」 という意見もみられた。 もし今回の放送に玉川氏が出演していたら、どのような展開になっていたのだろうか。 (文=編集部).

次の

テレ朝ワイドショーに医師が困惑「真逆の意見として放送された」 国会議員からは「事実誤認」と指摘 (1/2ページ)

テレ朝 羽鳥モーニングショー 意見

ここでメインMCの羽鳥慎一から話を振られた岡田教授は「どのみちこれから夏ですから、このコロナウイルス、高温多湿と紫外線が大っ嫌いですから、下火にはなってくると思うんですね」とコメント。 ただ、クラスターの発生には要注意だと語り、「これから秋冬に向けて対策ということに意識を集中していくべきかなと思っております」との持論を明かした。 このコメントが大問題だというのである。 「一般論として、インフルエンザを含むコロナウイルスが高温多湿に弱いというのはよく知られた話。 ただ、新型コロナウイルスもそうなのかどうかはまだ検証が済んでいないのが実情です。 東南アジアは現在、暑気と呼ばれる一年で最も暑くなる時期ですが、シンガポールやインドネシアは日本よりも感染者数が多く、とくにシンガポールは人口が570万人と日本の5%にも満たないにもかかわらず感染者数は1. 7倍ほどに及んでいます。 それゆえ岡田教授が安易に『高温多湿と紫外線が大っ嫌い』と公言するのは、とても専門家とは思えないほどに根拠の薄い発言ではないでしょうか」(医療系ライター) 5月2日付の朝日新聞デジタルでは、シンガポールの医師が「ある環境においては機能する期間が短くなるというだけ」と説明する記事を掲載。 ウイルスの寿命が短くなっても、生きている間は「十分に人を死に追いやるだけの力がある」と警告している。 また紫外線に関しても「ウイルスがほこりの下についているような状態なら、効果はありません」と明言しているのだ。 「この説明を聞けば、岡田教授の言う『大っ嫌い』というのが実情に合わない表現で、いかに素人じみているかがわかるというもの。 果たして岡田教授は高温多湿になったら、自身のコロナ対策をゆるめるおつもりなのだろうか。 (北野大知).

次の

玉川徹の嫁や家族は?テレ朝モーニングショーで態度悪すぎと批判!

テレ朝 羽鳥モーニングショー 意見

かつて頻繁に『羽鳥慎一モーニングショー』出演していた田崎氏だったが 安倍政権の御用ジャーナリストの代表格、田崎スシローこと田崎史郎氏。 田崎氏にある異変が起きているのにお気づきだろうか。 と言っても、反安倍に転じたとかそういう話ではない。 河井克行・前法相と河井案里参院議員が買収容疑で逮捕された問題でも、「常識外れかも知れないですけれども、政治の世界ではあり得ることなんですね」「陣中見舞い、当選祝いのかたちなら許される」と正当化したり、河井夫妻と安倍首相は親しくないと吹聴したり、相変わらず安倍擁護活動を展開している。 ところが、そんな田崎スシローが最近、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)にめっきり出演しなくなっているのだ。 田崎氏といえば『ひるおび!』(TBS)への出演が有名だが、安倍政権に不祥事が発覚したり、批判の多い法案の審議中など、政権のターニングポイントになると決まって『モーニングショー』にも出てきて、官邸の意向を代弁、ありえない論理で政権を擁護し、玉川徹氏らと舌戦を展開してきた。 ところが、ここしばらくその田崎氏の姿がみられなくなってしまったのだ。 いったいどうしたのだろうか。 田崎氏といえば、昨年にも「桜を見る会」問題の最中、ジャパンライフとの癒着を理由に、一時期テレビ出演を辞退していたことがあった。 しかし今回は、上述のとおり、河井前法相夫妻逮捕や持続化給付金をめぐる電通との癒着問題などをめぐり、『ひるおび!』や『とくダネ! 』(フジテレビ)などに出ては政権を擁護している。 出演していないのは、『モーニングショー』だけである。 本サイトであらためて確認してみたら、緊急事態宣言発出された前後の4月第2週は毎日のように出演していたのだが、4月9日を最後に、もう2カ月以上も『モーニングショー』に出演していないのだ。 まず、考えられるのは、視聴者の抗議で番組側が田崎氏を降ろした可能性だ。 『モーニングショー』は玉川徹氏や青木理氏ら政権批判を厭わないコメンテーターも出演していることからもわかるように、リベラルからの支持が強い番組。 そのためか、田崎氏に批判的な視聴者の声が多かった。 とくに今回のコロナ禍で『モーニングショー』は安倍政権のコロナ対応批判をリードし、安倍政権の杜撰なコロナ対応に疑問や不満を抱く人々の支持を集めていた。 そのため、田崎氏の露骨な政権擁護に対して抗議や批判がいつも以上に巻き起こっていた。 たとえば、4月6日放送回では、コロナでの死亡者数が正確なのかという議論のなかで、田崎氏が「肺炎で亡くなった人のことをあとでCT検査をして、コロナかどうかいちいち判断している」という誰が考えてもありえないデマ解説をし、橋下徹氏にまで批判されていた。 また、9日放送回では、西村康稔コロナ担当相が休業要請の2週間先延ばしを自治体に求めた問題でも、大嘘が発覚している。 田崎氏は西村担当相に直接、電話で聞いたとして、「西村さんは専門家の意見として伝えただけ」と擁護。 その「専門家」として、厚生労働省のクラスター対策班メンバーの西浦博・北海道大学教授の名前を出したのだが、当の西浦教授がそうした発言をしていないと否定し、〈休業は補償つきで今すぐやらないといけません〉とツイートしたのだ。 こうした言動に対する抗議、批判の声を受け、きちんと政権批判をするために、『モーニングショー』は田崎氏を出演NGにしたのだろうか。 そう思っていたら、どうやら事情はまったく逆だったようだ。 「実は、田崎さんのほうから『モーニングショー』出演を断っているそうです。 テレ朝にどう説明しているかはわかりませんが、田崎さん本人というより、奥さんから出ないでほしいと言われたらしい。 田崎さんは、最近「週刊文春」(文藝春秋)のインタビューでも、大学時代の半同棲生活や時事通信で干されていたときに奥さんに支えられた話などをしていましたが、愛妻家。 あの世代にはめずらしく、夫婦で仕事の話などもけっこうするようです。 ほかの番組と違って、『モーニングショー』では玉川徹などに激しく反論されてボコボコにされることも多いから、見ていられないってことなんじゃないのかな」(テレビ局関係者).

次の